第811回 「セリグマン博士のPERMA51」

8月1日

心理学の教科書にも載っている世界的権威、マーティン・セリグマン博士のポジティブ心理学のワークショップが2018年7月末、ついに開催されました。公式アシスタントとしては3月から学ばせて頂いていたので、感無量。写真は3日目のカンファレンスですが、ご覧下さい、すごい人数でしょう?千人くらいいたのかなぁ。最前列の左の方には鳩山元首相もいらっしゃいました。

このイベント、元々は矢澤祐史さんという方が、3年にわたり7回も博士にメールをし、99%断られるオファーをお願いし続けた熱い思いが形となったものです。矢澤さんの気概には、何度も圧倒されました。

ところでセリグマン博士曰く、ポジティブ心理学が誕生したきっかけは22年前の日本。アメリカの心理学会の会長だった時に初来日し、仏教の話を伺ったことだったそうです。

それまでは従来の心理学をベースに「人は心の病などの苦しみを解消すれば、幸せになれる」と信じていたのに、実際には苦しみを解消しても空虚になるだけの人を前に「ただ苦しみを取り除くのではなく、健全なものを積み上げるようにしたい」「いい人生を作るための心理学はないのか?」という思いが湧いたそうです。こうして、ポジティブ心理学は生まれました。

現在の日本は経済的豊かさは世界で6位なのに、幸福度はなんと58位だとか。
では、私たちがより幸せになるには、どうしたらいいのでしょうか?セリグマン博士は刹那的な快楽とは違う、ウェルビーイング(持続的な幸せ)を築くためには「PERMA(パーマ)」の5大要素を提唱されています。

Pは、Positive emotion(ポジティブな感情)
Eは、Engagement(夢中になる状態)
Rは、Relationships(良い人間関係)
Mは、Meaning(人生の意味や意義)
Aは、Accomplishment(達成や成功)

たとえば…

P:ポジティブ感情
土佐人は「脳と口が直結してる」人が多く、思ったことを臆せず表現しますよね。お酒好きで陽気なので「楽しい!」「大好き!」などのポジティブ表現は日常、多いように感じます。

E:夢中になる、何かに没頭する
「何かに集中して、時間があっという間にたった」。いわゆるフロー体験、スポーツでは「ゾーン」と呼ばれるものです。フィギュアスケートで金メダルを取った羽生結弦くんがその演技の最中は「風や川の中にドプンと入っている感覚、自然の中に溶け込んでいく感じだった」と語っていましたね。無心になり、今この瞬間に集中することです。

R:良い人間関係
「高知家は一つの家族やき。」という高知県のCMがありましたね。その通り、高知は人との関係性が近いし、お節介な世話焼き人が多い。お遍路さんに対してのおもてなし=お接待するなんていうのもそうでしょうね。良い人間関係が、ストレートに良い人生につながるのはご存じの通りです。

M:人生の意味や意義
セリグマン博士は、日本語なら「生き甲斐」ではないかとおっしゃっていました。生きる理由、「このために朝起きる」ことですね。沢山物を買うのは助けにならない、意義のある活動や人を助ける活動が必要とのことでした。でも「あなたの人生に意味はあるか?」は大きすぎる問いなので、「あなたは周りの人にとって大事な存在ですか?」でもいいそうです。

A:達成や成功
今までの4つがなくても、このAが重要、と追求されることも多いですね。成功なんてまさにそうで、勝つことさえできれば後の4つは犠牲にしても~、なんてことも珍しくありません。でも土佐人は成功するよりも、やりきることの方を重要視してるような気もするなぁ…。

このPERMAは驚くことに測定可能です。億を超えるネットのビッグデータから、「ツイッターなどで使う言葉の分析で、地域の心血管疾患の死亡率を予測できる」という論文まで出ているそうです。すごい時代!

そしてセリグマン博士は、PERMA51=「2051年までに世界中の51%の人が、ウェルビーイング(持続的な幸せ)を実現する」ことをめざしていらっしゃいます。スタッフの着用しているTシャツも、それをデザインしています。

ところが今回の日本のスタッフと来たら、せっかちなもんで
「2051年は遠すぎる!2025年までに、日本の25%の人がウェルビーイング(持続的な幸せ)を実現することをめざそう!」なんて花火を打ち上げちゃいました。PERMA25 JAPANです。いや~、なんて最幸なんでしょうか。(笑)

そしてもちろん私も、そのお手伝いをさせて頂ければ、と思っています。

第797回 「トライ&エラー」

4月27日

先月、ポジティブ心理学のセミナーを東京で受講したのですが、その時に「セリグマン博士ワークショップ」のサイトがフェイスブックで立ち上げられ、受講メンバーが70人ほど加入しています。そこで様々な情報交換がされているのですが、ある女性が面白い情報提供をしてくださいました。

「イェール大学で史上最多の1,200名が履修登録をしたというポジティブ心理学を扱う授業が、オンラインコースで無料で受講できるそうですよ」、そのサイトを貼ってくださっていたのです。ビックリ仰天!えぇー、アメリカの大学の本格的なポジティブ心理学のセミナーをタダで受講できるの~!?

早速、イェール大学のサイトを見に行きました。もちろん、英語です。
即、挫折して撤退。(笑)

でも、心は高揚していました。今までなら海外留学しないと学べなかったことが、在宅で学べるようになる。いわば在宅海外留学ができる時代が来るなんて!なんて良い時代になったんでしょうか。しかも、無料で!(笑)

その次に、またトライ。グーグル翻訳のソフトを使って、コースについての文章を翻訳してみました。結構長い文章で、意味のわからない文章の羅列になり、また挫折。(笑)そういえばセミナーメンバーの皆さんは、カレン先生に英語で質問してたもんなぁ。

3回目にチャレンジした時には、すべてを網羅しようとせずに大事そうな部分だけに着目してみました。するとこちらへ、というような誘導っぽい箇所を見つけ、クリックするとオンラインコースのサイトへ飛びました。やった!申し込みの名前、メールアドレスなどを打ち込んでいくと、無事に登録完了。まさにトライ&エラー、試行錯誤のよちよち歩きです。(笑)

その後、「Noriko Tsutsui さん、The Science of Well-Being にようこそ」という、あとは英語ばっかりのメールが送られてきました。講師のローリー・サントス教授からです。[Congratulations on taking part in this journey! ] (この旅に参加していただきありがとうございます!)こういう言い回しを読むだけで、わくわくします。

ビデオ視聴と資料読解はなんとか少しずつでもできると思いますが、レポート提出とライブディスカッションは長文の英文が不可欠なので、難しいでしょう。すべてできれば受講証明書ももらえるようですが、参加できることで十分♪

まあ欲張らずに亀の歩みで、できることをトライエラーで楽しもうと思っています。だって、幸せに生きるためのポジティブ心理学ですから!(笑)

第794回 「ポジティブ心理学!」

4月6日

春は、新しい学びが始まる季節ですね。私も先日、東京での「ポジティブ心理学」のセミナーに行って来ました。

ポジティブ心理学は、それまでの臨床心理学が心の病に対処するためのものだったのに対し、「どうすればもっと幸せになれるのか?」を追求する分野です。普通の人たちが「今の人生よりももっと充実した幸福な人生を送れるようにするため」に【ポジティブ】という名称が使われました。つまり、自分の心の道理を学んで、自ら幸せになっていく学問なのです。

会場は神楽坂HCスタジオ。面白いことに、LABプロファイル・トレーナーの同期がこちらの役員さんなんです。で、ランチをご一緒させていただきました。ご縁って、つながってますねえ。(笑)

ポジティブ心理学の創設者である、アメリカのマーティン・セリグマン博士が今年初来日し、7月27日・28日と2日間 ワークショップをなさいます。その学びをより深いものにするため、ワークショップの公式ファシリテーターを養成するアシスタント養成講座でした。セリグマン博士から直接教えていただけるだけで光栄なのに、アシスタントの学びもできるなんて これは相当ラッキーです!

会場にはたくさんの方々。皆さん、とても明るく熱心で、素敵な方々でした。日本のポジティブ心理学の第一人者でもある、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授も参加なさっていました。

今回はセリグマン博士の教え子である、カレン・ライビッチ博士(中央)のレクチャーを受けました。カレン博士は、アメリカ陸軍5万人にレジリエンス(回復力)のセミナーをなさっている、すごい実績をお持ちです。認知療法の権威、ジュディ・ソルツバーグ博士(右)とポジティブ教育のプログラムトレーニングの専門家、ゲイブ・パオレッティ博士(左)もサポートしてくださいました。

2日間でポジティブ心理学の代表的なワークを4つやり、その解説と 当日はどう参加者の皆さんをサポートすればいいのかをじっくり学べました。

これから7月に向けて課題図書を5冊ぐらい読まなければいけないのですが…大丈夫かなぁ?予定になかった勉強会も開催するようですが、スケジュール的に行けるかどうかも不安因子です。

でも、雲の上にはいつも青空。
そこは ポジティブに考えて乗り切ります!

夏に セリグマン博士にお目にかかれるのが楽しみです♪