第693回 「熊本地震災害に想う」

4月19日

先週起こった熊本地震は、「本震だと思われたものが前震だった」「震源が移動する」「今までにない回数・大きな余震が続いている」など、聞いている私たちも戦慄を覚える現状です。被災者の方々は本当に辛い日々をお過ごしのことと思います。心からお見舞い申し上げます。

693

熊本の友人の安否が確認できホッとしましたが、大変な事態はこれからもしばらく続くでしょう。人は、「想い」と「行動」の両方が大切ですが、熊本の皆さまのために、今自分は何ができるのか?…まずは、寄付しかありません。

調べると、寄付もずいぶんと多様化しています。ネット募金も多くなり、クレジットカード決済もできるようになって、非常に行動しやすくなっていると感じました。夫と話し合い、人・みらい研究所は被災された方々に渡る赤十字の義援金を、夫は熊本県の自治体に直接寄付することにしました。彼は旧・吾北村の出身なので「同じ村である南阿蘇村に寄付したい」との意向でした。

郵便局に行き、赤十字社への募金の振込用紙をカウンターに持って行くと、「手数料が◯円になります。」ん?「赤十字への義援金は、振り込み料が無料のはずですが?」と言うと「お調べしますので、お待ち下さい」。…寄付活動が始まったばかりとはいえ、係の方がご存じないのはちょっと腑に落ちませんでした。

そして南阿蘇村への寄付。見ていくと ふるさと納税サイト「さとふる」なるものがあり、ちょうど「ふるさと納税で南阿蘇村、菊池市を応援しよう」というキャンペーンをやっていました。

うん、ふるさと納税っていう手もあるね。仲介の「さとふる」は一切の収益をもらわないそうで、安心。「なお、お礼品はございませんのでご了承ください。」もちろん、そんなものはいりませんとも。

「南阿蘇村へ寄付する」をクリック→会員登録ページで、会員登録する・しないを選んで、寄付を行う→寄付金額を打ち込み→情報の入力で名前、住所、電話、メールアドレスなどを打ち込んでいきます。クレジットカード決済ができるので、非常に便利でした。

よく考えられているなあと思ったのは、寄付金の使い道も6つから選べるようになっていることでした。金額を細かく分けることもできます。ご参考までに。

1.指定なし
2.地域振興
3.公共施設の整備
4.社会福祉の向上
5.環境保全対策の推進
6.財政健全化

 

以前の震災で被災した友人が言っていました。

「きっと今は、身を守ること、目の前のことで精一杯で、身近な人との連絡もままならない状況なのでは…。」
「まずは電源が限られた中での身近な人との連絡や、生きるため、身を守るために最低限必要なことを、今は優先させてあげて欲しいな」

電源も限られている…。聞いてみて、ああそうだ、と初めて気がつきました。つい心配で「大丈夫?」とかメールしたりしがちですが、その方にとってはそれどころではないですものね。経験者だからこその重い言葉で、学びになりました。

避難所の物資も不足しているそうで気がかりですが、まずは道路などのインフラが整わないとどうにもなりません。どうか一日も早く復旧できますように。

そして心身共に疲れ果てていらっしゃる皆さまが、少しでも早く、長く安らげますように。

 

第662回 「関東・東北豪雨災害」

9月11日

一体誰が、こんな大変な災害になると予想できたでしょうか…。

栃木県、茨城県、宮城県で記録的な豪雨。大雨特別警報が出た上、茨城と宮城ではまさかの堤防決壊。家ごと流されたり、一面海のようになったりした街の様子を、ニュースでただ呆然と見ていました。豪雨被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

公共放送たるNHKはずっとニュースを流し続けていました。テレビだけでなくネットでも同時配信をし、情報が届きやすいようにしていましたが、被災地の方々は停電や浸水でそれどころではなかったでしょう。

合わせて7カ所の堤防が切れ、24カ所で浸水。まるで東日本大震災の津波を思わせる濁水の海の中、屋根の上やベランダ、電柱などで救助を待つ方々の姿がライブ映像でとらえられていました。濁流が押し寄せる中 救助要請が相次ぎ、消防・警察・自衛隊はボートやヘリコプターでの救助活動を続けています。

激甚災害にも指定された、今回の記録的災害。原因は「線状降水帯」と呼ばれる積乱雲の行列状態だったようです。昨年の広島の土砂災害もこれが原因だったそうですし、「’98豪雨」と言われた1998年(平成10年)、高知市が泥の海に沈んだ時もそうだったようです。

その時、ピーク時の高知市の時間雨量は129.5ミリ、2日間の降水量が800~1000mmに達する記録的な大雨となりました。雨には強い高知ですが、空前の豪雨に堤防が切れたわけではなく、越流して海になったのです。

662(写真は昨年8月の高知市浸水時)

わが家は床下浸水でしたが、それでもトラウマになって、しばらく雨の音が怖くてたまりませんでした。浸水がなかなか収まらない今回の被災者のみなさんは、どれだけ怖い思いをなさっていることでしょうか。胸が痛みます。

まるで震災の時の津波のような状況になっている今回の映像を見て、長女にニュースを見せないように気をつけています。長女は東日本大震災の後、震災の映像で心を病んでしまったからです。残念ながら、今も完治していません。

しかし、救いもありました。昨日・今日の災害に、早速ネットで緊急募金が立ち上がっているのです。

台風18号大雨被害 Yahoo!基金緊急募金

9月11日午後6時現在、約2万8千人の方々から、1400万円あまりの浄財が集まっていました。「寄付が2倍に。みなさまの寄付額と同額を、Yahoo! JAPANからも寄付させていただきます。」って その気概が頼もしい、Yahoo!
(寄付金上限は200万円、クレジットカードとTポイントでの募金です。)

ピースボート 災害ボランティアセンター

ここは現地に先遣隊を派遣する予定だとか。現地のニーズに合った支援をするそうです。(こちらは郵便振替、銀行振り込み、VISAとマスターカードが使えます。)

クレジットカードで募金もできる時代になったんだなぁとつくづく感じます。

机の前から動かなくても 心を届けられるのはありがたいです。
せめて少しだけでも、被災された皆さまのお力になれますように。

そして被災された皆さまのお気持ちが、早く 少しでも安らげますように
お祈り申し上げます。