第815回 「高知自動車道 崩落現場は今」

9月1日

2018年の夏は、豪雨ばかりが記憶に残ります。7月の西日本豪雨災害は、今もその爪痕を大きく残していますし、現在も猛烈な台風21号が不気味に北上しています。

高知自動車道上り線も7月に立川トンネル手前が崩落し、衝撃でした。西日本高速道路によると、高速道の橋が崩落したのは西日本で初めてだとか。本格的に直すのは年単位でかかるらしく、現在は大豊から新宮まで10kmほどが下り線を使った対面通行となっています。崩落後、初めて上り線を通ったときをリポートします。

大豊ICを過ぎると、すぐに片側1車線通行となりました。

車道の白線が引き直されて、右に寄っています。
「この先対面通行 速度落とせ」の看板が見えます。

そのまま走ると、何の違和感もないまま、下り線に出ました。移行があまりに早くて、写真が追いつかなかったほどです。

ここは高速道の上下線が並走していて高低差もなく、比較的工事もやりやすかったのではないでしょうか。

そして、10kmの対面通行が続きます。結構長いなと感じました。

高知自動車道は以前は2車線の対面通行でしたが、2008年から上下線が分かれ4車線化になりました。それから10年もたつので、「対向車が間近に迫る対面通行は緊張する」と夫が言っていました。

そして、崩落現場が真正面に見えてきました。
上り線はすぐ横を通るのです。

立川トンネルの手前の立川橋が、ざっくりと大きく崩落していました。
そのすさまじさに、言葉をなくします。

写真ではわかりませんがこの下にかけて、50mほど崩れているのです。唯一の慰めは、人的被害がなかったことでしょうか。すぐ近くに人家もあるので。

現場から少し走ると、対面通行も終わりです。
左に誘導する車線が描かれています。

戻りは少しだけ高低差があり、上って行きます。

元の上り線の続きに出ました。

何事もなかったかのように、上り道路は続くのでした。

立川橋は2007年12月に完成し、2008年3月から供用が始まりました。つまり、まだわずか10年しかたっていないのに崩れてしまったのです。改めて、高知自動車道は厳しい山岳道であることを突きつけられた思いでした。

高速道は命の道路です。止まった時にはしばらく高知でも食料品や日用品などが品薄になり、困ったものでした。全面復旧はまだ見通しが立たず大変だとは思いますが、関係者の皆さま、ぜひよろしくお願いいたします。

第807回 「悲しみの七夕」

7月7日

6月28日から降り続いた雨。降り始めからの雨量は7日(金)夜 現在、高知県本山町で1600ミリを超え、広島、岡山、愛媛など西日本を中心とした豪雨は死者が50人。岡山県真備町では大規模な浸水が起こり、安否不明者も多数という報道があり、未曾有の広域災害に、悲しみの七夕となってしまいました。

数十年に一度の、これまでに経験したことのないような重大な危険が差し迫った異常な状況で出される「特別警報」も一時、10以上の県に出されました。「直ちに避難してください」とのNHKアナウンサーの緊迫した声が耳に残っています。しかし、この避難のタイミングは本当にむつかしいものだと思います。

高知県中部の山間部に一人で住んでいる83歳の姑に「危ないので、明日こちらに出て来て」と電話したのは4日の水曜日でした。台風が通り過ぎたのに、一向に雨が止まない。何かおかしい、早く避難したほうが良いのではと胸騒ぎがして、車で1時間半の所へ迎えに行こうとしたのです。

ところが姑は「明日は出られない。県道に出る手前に倒木があって、車が通れなくなっているから」とのこと。(遅かったか!)すでに、県内のあちこちで土砂崩れが起きていたのです。そのあたりも道幅が狭く土砂崩れが多いため、迎えに行くのも一大決心でした。

「明日は、倒木を役場が対処してくれるから行けない」と言う姑。「でも、翌日では遅いかもしれない。土砂崩れの危険は刻々と増えるから」と言うのですが、なかなか聞いてくれない。(山で一人で生きるには、芯があることが大切ですからね。)仕方ないので、夜、夫から「倒木を撤去次第、出てくる」ことを説得してもらいました。

夫が言うには「こういう時には、地元に詳しいタクシーに頼むに限る。あんたじゃ、県道のどこが危ないとかわからんやろ」とのこと。ごもっともです…。

翌日、タクシー会社の社長さんが役場に確認を取ってくださり、すぐに役場も動いてくださったお陰さまで、無事に昼前に町に出てくることができたのです。姑の笑顔を見て、本当に心からホッとしました。やはり、頼りになるのは地元の方々です!

つくづく思うのですが、危険を顧みず、大雨の中を重機を動かして土嚢を積む建設業の方々、捜索をする警察の方々、救助に向かう消防や自衛隊の方々には頭が下がります。本当にありがとうございます。

またフェイスブックでは 大阪の地震に続いて、特別警報が出た多くの県の友人たちの否確認が簡単にでき、友人たちの無事とこのシステムに 感謝しています。

そして、悲しみと雨に耐えながら救助を待つすべての方々が どうか一刻も早く救出され、心から安心できますように…。

第805回 「大阪北部地震、お見舞い申し上げます」

6月23日

先週の2018年6月18日(月)7時58分頃、大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震が起こりました。お亡くなりになった方々に、心よりお悔やみを申し上げます。また被災された皆さまには、謹んでお見舞い申し上げます。

その日はたまたま、仕事で東京にいました。高知に帰るためにホテルで朝 荷造りをしていた時、テレビで地震速報が流れたのです。心が冷えました。

私が心理学の勉強を始めたのは大阪、大学は兵庫だったため、関西には沢山の友人知人がいます。幸いフェイスブックをやっている友人が多く、安否確認に非常に役立ちました。メッセージを送ると「大丈夫」と返信をくれたのですが、25階の高層マンションに住んでいる人は階段を使わなければならず大変とか、ライフラインのうちガスの復旧が遅れているとか色々あるようです。何より、皆さんいまだに心が安まらないことと思います。どうか、一日も早く復旧できますように。

高知も南海トラフ地震という命題を避けて通れず、人ごとではありません。海沿いの町などを車で通る時に「低い堤防の下に建物が並び、地震の時  津波は大丈夫なのか?」と心配になることがあります。しかし先週整体に行った時、先生に興味深い話を伺ったのです。

先生が以前、海岸沿いのある地区の高齢者に訪問整体に行った時、昭和の南海地震の話を体験者から聴いたそうです。事前に予兆を感じ取り、地震の時には全員すでに山へ避難が終わっていたとか。私は驚いて、訊きました。

「なんで地震が来るのがわかったのですか?」
「昔は井戸が沢山あったけど、その水がすべて水位が下がって、以前の地震を体験した古老が地震が来る、避難しろ!となったらしい。」
「えっ!?」
「それと、海水が沖にザーッと引いていったらしいです。犠牲者は一人だけ。船を見に行くと戻った人だけが亡くなったとか」
「…でも、以前は井戸があったけど、もう そうはいかないですね」
「だから僕は自分の子どもには、川の水位に気をつけろと言ってます。」

なるほど!水位も連動してるから、川の水位が異様に下がったという時には気をつければわかるのですね。そういえば99歳で亡くなった祖母も、南海地震の時には上ノ加江(かみのかえ)という港町に住んでいたのですが、津波の前には海水がかなり沖の方まで引いて海底がむき出しになり、魚があちこちではねてつかみ取りできたという話をしていました。

こちらは地震ではありませんが、中村から聴いた話です。
「筒井さん、都会での電車移動の時には荷物になりますが、ペットボトルの水を持ち歩くようにした方がいいですよ」
「なんで?」
「僕の知り合いが、真夏に何かの事故で電車が立ち往生して、何時間も閉じ込められたんです。たまたま水を持っていたから良かったけど、そうじゃなかったら脱水になってたかもしれません」

なるほど。最近、電車の事故も多いですから。女性の私には500mlは重いけど、350mlなら何とかなるかもと思いました。

様々なサバイバルの知恵、大切にしていきたいです。