第798回 「神経科学でアップデート」

5月5日

皆さま、ゴールデン・ウイークをいかがお過ごしでしょうか?
私は東京で【チーム医療】の「NLPを神経科学でアップデートする」というセミナーに一週間参加して、学生気分に浸って来ました。講師の先生は、イギリスのジョセフ・オコナー氏。セミナー名は難しそうですが、内容は非常に興味深いものでした。

NLPという心理学は苦手を克服するなど、思考パターンを変化させ、人や自分に変化を起こすことができます。そのメカニズムを神経科学的に知りたいというのが受講動機でしたが、脳の可能性の素晴らしさが強く印象に残りました。

たとえば、片方しか脳がない状態で生まれてくる赤ちゃんがいます。その子はどうなるか?という問いには、重い障害が残るだろうと予想しました。ところがアメリカでごく普通に成長した9歳の女の子に学習障害があり、スキャンしてみたら、脳が半分だったとわかったというのです。驚きました!特に赤ちゃんの脳は柔軟性があるので、素晴らしい発達ができるのでしょう。

「神経可塑性(しんけいかそせい)」も面白かったです。神経可塑性とは脳が学習するしくみのことで、言葉が話せるようになったり、ピアノが弾けるようになるのも、そのおかげです。 言葉の意味を何度も聞いたり、ピアノの鍵盤を繰り返したたいたりすると新しいニューロン(神経細胞)が成長し、情報を伝える神経突起(シナプス)は強化され、刺激が急速伝達できるように変わります。繰り返し練習することで、脳も変化するわけで、「思考や行動が脳の構造を変える」のです。

たとえば「私はダメな人間だ」と繰り返し考えると、特定のニューロンで同じシグナルが出され、その考えを強化していきます。すると「私は…」と考えると、一番早く簡単に出る答えが「ダメな人間」となる。「同じことの繰り返しで強化される」のですね。

以前からそういったネガティブな考えにとらわれてしまうことを私は「不幸ぐせ」と呼んでいるのですが、神経科学的にも納得できました。「どんな考えであれ、繰り返すと強化される」。だから、言ったもん勝ちです!「私は運がいい」「私はきっとうまくいく」などという、「幸せぐせ」をつけたいものですね。

帰りの飛行機からのキラキラした夜景が、無数の神経細胞の結びつきに見えました。

一週間の滞在でまたまた新たな仲間ができて、昼は学び、夜は様々な情報交換と非日常を目一杯楽しませて頂きました。「この感じ、何かに似てる…」と思ったら、今までとは全く違う世界に飛び込んでいった大学1年、18歳の頃の経験を思い出し、「私、まだこういう順応ができるんだ!」と、実に新鮮な気分でした。(笑)

神経科学的にいかに新しい刺激が大事なのか よくわかったので、これからも決して年齢を言い訳にせず、新しい学びをするチャレンジを続けよう!と思ったことでした。

第683回 「何を・誰に・誰と学ぶか」

2月11日

NLP-JAPANラーニングセンターでNLPの基礎を学んだ、10日間の「プラクティショナーコース」が終了しました。共に学んだ20名の仲間で喜び合いました。

683-2

昨年9月から月1回のペースで大阪に来て2日間の学びを重ねた中、最初は 「何を学ぶか」=NLPを学びたい!からのスタートでした。コミュニケーションはもちろん、セルフマネジメント、セラピー、カウンセリング…、思っていた以上に様々な内容が盛りだくさんで、新たな世界の広がりを実感しています。

メイン講師の田原正史さんはとても民主的な方で、「先生と呼ばないでください」とおっしゃり、受講生ができるようになることを無条件で信頼し、常に「いいですねぇ」と認め、伸ばして下さいました。そのご指導によりクラスの雰囲気がとても温かく、居心地の良いものになっていました。

「誰に学ぶか」は非常に重要です。講師によって教え方が違うので、それによって内容は同じ50のものでも傾倒すると80に上がり、反発すると20に下がることもありますよね。今回、田原さんに講師としての姿勢の学びも深めさせて頂き、大変ありがたかったです。

683-3

そして最後に「誰と学ぶか」。男性・女性・職種・役職関係なく、一人の人間として心の内を開き、話し合ってきた仲間とはかけがえのない絆が生まれました。たくさんの方々とペアやグループを組んでワークを行いましたが、お互いの目標や悩みを分け合う中で、笑ったり癒やされたり励まされたり、時には涙することもあり、心がぐっと近づきました。

講座が終了したとき、記念に修了証を持って仲間と一緒に撮った写真です。その中の1枚が、証書が逆さまになっていて、大笑いしました。いかにもウッカリな私らしいでしょ。(自慢してどうする!)

683-1

私はニックネームが「ジェーン」だったので、(笑) 「ジェーンさんの声に癒やされました」「ワークの時、安心して身をゆだねられました」とか嬉しい言葉を一杯頂きました。仕事で疲れて来阪して、元気になって高知に帰るのが常でした。139期の皆さん、本当にありがとうございました!

IMG_3106

「何を学ぶか」は選べますが、「誰に学ぶか」は選べないことが多いですよね。まして、「誰と学ぶか」は完全に運の世界です。でもとても強運の私、本当に神様に感謝しています。

今後は、「NLPプラクティショナー」(実践者)の名前に恥じないように、精進しなければいけませんね。今月末から2ヶ月に一度、全部で12日間の上級編「NLPマスタープラクティショナーコース」が始まります。優しい仲間は「ジェーンさんが大阪に来る時に合わせて飲み会しよう」と言ってくれています。すごく、楽しみ~♪

そしてプラクティショナーコースで学んだ中の、LABプロファイル(言葉と行動分析)をより深めようと決めました。12の質問から相手の分析ができるもので広くビジネスで活用できるため、研修のニーズも高いんじゃないかな。
そう、…今年は学びの年です!

 

第666回 「NLP、学び始めました」

10月10日

この秋から、新しい学びを始めました。

666-2

私の周りの講師仲間はとても勉強熱心で、アンガーマネジメント、心理カウンセラー、タッピングタッチなど色々な学びを深めています。そういう仲間といると刺激を受け、(私ももう少し、何か学ばなければ…)と数年前からずっと思っていました。「学ぶとすれば応用範囲が広い心理学で、交流分析とは別角度のものがいいな」と色々と調べ、NLP(神経言語プログラミング)を学ぶことに決めました。

NLPは1970年代にアメリカで開発された、言語学と心理学を組み合わせた実用的な学問です。当時有名だった3人の天才セラピストの思考・行動・コミュニケーションパターンを分析・モデル化したものです。NLPを使うと即効性があり自己実現にも効果が高いということで、医療からビジネスまで広く応用されています。様々な組織がありますが、ビジネスに強いということでNLP-JAPANラーニング・センターを選びました。

基礎コースとも言える「NLPプラクティショナーコース」は10日間。高知ではやっていないので一番近い大阪まで、土日×5回で通うことになりました。ところが、自分の仕事のスケジュールとことごとく重なり、半年も待つ羽目に。(笑)

そして待ちに待った、初回の研修(1日目と2日目)。仕事続きで体調が悪かったのですが、わかりやすい学びとワークが満載で向学心が刺激され、ワクワク。「学ぶってたっのし~い!」「こういう心理学が学びたかった!」とすっかり元気になりました。

ラポール(信頼の架け橋)を作るための技法、自分の感覚で優位なものは何か、自己重要感を満たすためには、自分の価値観の探求など、盛りだくさんでした。

講師は田原正史さん。30代後半の男性の方で整体師さんでもあり、接骨院の経営をなさっているとか。穏やかで物腰も柔らかく、心もときほぐされました。理論も学ぶけど、ワークが多いのがすごく良かったです。腑に落ちるし、自分には合っていると思いました。

ペアやグループでのワークが多くあり、仲間意識も高まります。主体的で穏やかな方が多く、どなたと組んでも和やかな感じだったので、場の雰囲気も最高でした。

学びに来ていた仲間は30名弱で、サラリーマン、OL、歯科医、医学生、専業主婦、自営業の方など実に様々。さすがは自己開示の早い関西圏の皆さん、1日目夜の懇親会で早くも盛り上がり、親近感がグッと増しました。(笑)

私は「メンタリスト」という心理捜査ドラマが大好きなのですが、主人公の名前がパトリック・ジェーンと言います。被疑者に突飛な質問をして、その反応から「彼女は親のことを訊いたとき、右を見ていた。だからちゃんと○○を思い返してたんだ」などと当てていくのに、「この人、絶対NLPを使ってる!」と思ったのですが、その通りでした。アイ・パターンという眼の動きで、脳が「記憶された視覚イメージにアクセスしている」などと読み解けるんですって。

「ジェーンみたいに心理を読みたい」というのも学ぶ動機になり、講座での私のニックネームは「ジェーン」にしました。するとある方が「ハーフですか?」と訊いてこられ、ウケました。(笑)

2日目は飛行機の最終便に乗るため、少し早く出て急いで飛行場に向かいました。折しも中秋の名月で、飛行機と月の共演が印象的でした。

666-1

次回は11月末です。1月には言葉だけで人に影響を与え、人を説得できるようになる「LAB プロファイル」の資格認定試験(!)もあるそうです。

来年2月までコースが続くので、これからが楽しみです。