第798回 「神経科学でアップデート」

5月5日

皆さま、ゴールデン・ウイークをいかがお過ごしでしょうか?
私は東京で【チーム医療】の「NLPを神経科学でアップデートする」というセミナーに一週間参加して、学生気分に浸って来ました。講師の先生は、イギリスのジョセフ・オコナー氏。セミナー名は難しそうですが、内容は非常に興味深いものでした。

NLPという心理学は苦手を克服するなど、思考パターンを変化させ、人や自分に変化を起こすことができます。そのメカニズムを神経科学的に知りたいというのが受講動機でしたが、脳の可能性の素晴らしさが強く印象に残りました。

たとえば、片方しか脳がない状態で生まれてくる赤ちゃんがいます。その子はどうなるか?という問いには、重い障害が残るだろうと予想しました。ところがアメリカでごく普通に成長した9歳の女の子に学習障害があり、スキャンしてみたら、脳が半分だったとわかったというのです。驚きました!特に赤ちゃんの脳は柔軟性があるので、素晴らしい発達ができるのでしょう。

「神経可塑性(しんけいかそせい)」も面白かったです。神経可塑性とは脳が学習するしくみのことで、言葉が話せるようになったり、ピアノが弾けるようになるのも、そのおかげです。 言葉の意味を何度も聞いたり、ピアノの鍵盤を繰り返したたいたりすると新しいニューロン(神経細胞)が成長し、情報を伝える神経突起(シナプス)は強化され、刺激が急速伝達できるように変わります。繰り返し練習することで、脳も変化するわけで、「思考や行動が脳の構造を変える」のです。

たとえば「私はダメな人間だ」と繰り返し考えると、特定のニューロンで同じシグナルが出され、その考えを強化していきます。すると「私は…」と考えると、一番早く簡単に出る答えが「ダメな人間」となる。「同じことの繰り返しで強化される」のですね。

以前からそういったネガティブな考えにとらわれてしまうことを私は「不幸ぐせ」と呼んでいるのですが、神経科学的にも納得できました。「どんな考えであれ、繰り返すと強化される」。だから、言ったもん勝ちです!「私は運がいい」「私はきっとうまくいく」などという、「幸せぐせ」をつけたいものですね。

帰りの飛行機からのキラキラした夜景が、無数の神経細胞の結びつきに見えました。

一週間の滞在でまたまた新たな仲間ができて、昼は学び、夜は様々な情報交換と非日常を目一杯楽しませて頂きました。「この感じ、何かに似てる…」と思ったら、今までとは全く違う世界に飛び込んでいった大学1年、18歳の頃の経験を思い出し、「私、まだこういう順応ができるんだ!」と、実に新鮮な気分でした。(笑)

神経科学的にいかに新しい刺激が大事なのか よくわかったので、これからも決して年齢を言い訳にせず、新しい学びをするチャレンジを続けよう!と思ったことでした。

第794回 「ポジティブ心理学!」

4月6日

春は、新しい学びが始まる季節ですね。私も先日、東京での「ポジティブ心理学」のセミナーに行って来ました。

ポジティブ心理学は、それまでの臨床心理学が心の病に対処するためのものだったのに対し、「どうすればもっと幸せになれるのか?」を追求する分野です。普通の人たちが「今の人生よりももっと充実した幸福な人生を送れるようにするため」に【ポジティブ】という名称が使われました。つまり、自分の心の道理を学んで、自ら幸せになっていく学問なのです。

会場は神楽坂HCスタジオ。面白いことに、LABプロファイル・トレーナーの同期がこちらの役員さんなんです。で、ランチをご一緒させていただきました。ご縁って、つながってますねえ。(笑)

ポジティブ心理学の創設者である、アメリカのマーティン・セリグマン博士が今年初来日し、7月27日・28日と2日間 ワークショップをなさいます。その学びをより深いものにするため、ワークショップの公式ファシリテーターを養成するアシスタント養成講座でした。セリグマン博士から直接教えていただけるだけで光栄なのに、アシスタントの学びもできるなんて これは相当ラッキーです!

会場にはたくさんの方々。皆さん、とても明るく熱心で、素敵な方々でした。日本のポジティブ心理学の第一人者でもある、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授も参加なさっていました。

今回はセリグマン博士の教え子である、カレン・ライビッチ博士(中央)のレクチャーを受けました。カレン博士は、アメリカ陸軍5万人にレジリエンス(回復力)のセミナーをなさっている、すごい実績をお持ちです。認知療法の権威、ジュディ・ソルツバーグ博士(右)とポジティブ教育のプログラムトレーニングの専門家、ゲイブ・パオレッティ博士(左)もサポートしてくださいました。

2日間でポジティブ心理学の代表的なワークを4つやり、その解説と 当日はどう参加者の皆さんをサポートすればいいのかをじっくり学べました。

これから7月に向けて課題図書を5冊ぐらい読まなければいけないのですが…大丈夫かなぁ?予定になかった勉強会も開催するようですが、スケジュール的に行けるかどうかも不安因子です。

でも、雲の上にはいつも青空。
そこは ポジティブに考えて乗り切ります!

夏に セリグマン博士にお目にかかれるのが楽しみです♪

第784回 「冬の下関にて」

1月27日

先週末は、山口県下関市の病院で研修を行いました。ご縁を頂いての研修で、山口県は初めて。博多まで飛行機で行くか JRで行くか迷いましたが、1月の時期なので雪が降ったら飛行機が飛ばないかもしれないリスクを考え、片道6時間かけてのJR移動を選びました。

看護部門の管理職の方々を集めての研修でしたが、どう接すれば、疲弊している医療現場で部下が元気になれるのか?何より自分が元気になれるのか?というテーマで、交流分析の「ストローク」(心のふれあいの行動)を選びました。「心の栄養、足りていますか?」というサブタイトルをつけて。

理論を学びたくさんのワークをして頂いたので、最初は真面目で硬かった下関の皆さんも、次第に笑顔と元気がこぼれてきたのが印象的でした。

「研修の中で一番嬉しかったのは、自分を見てもらえる受け入れてくれていると心から思えたことです。自分の知らなかったことを相手が見てくれる嬉しさ、とても印象深いです。」
「職場や人間関係、子育ては色々な迷いがあったりうまく行かないことが多く、考えることも多い中、今回の研修でかなり沢山の生きるヒントを頂いた気がします。」

お陰さまでお役目を果たせて、ホッとしたのでした。

そして研修の後、看護部長さんがご厚意で名物「瓦そば」の「たかせ」という有名店へ連れて行って下さいました。西南戦争で薩摩軍の兵士たちが戦の合間に瓦で肉や野草を焼いて食べていた話から、瓦で茶そばを焼くという料理が創作されたそうです。

写真では伝わりにくいですが、この瓦、すっごく大きいんですよ!ポットや湯飲みと比べてみて下さい。これで2人前で、女性二人では食べきれないくらいの量がジュージュー音を立てて出て来ました。

熱々の茶そばに錦糸卵や牛肉を乗せ、ネギに海苔、レモン、もみじおろしも。温かいおつゆにつけて頂くのですが、茶そばが次第に熱い瓦でパリパリになっていく食感が楽しく、予想以上に美味しかったです。

まるで竜宮城のような外観の、赤間神宮。1185年、源氏と平家が最後に戦った壇ノ浦の合戦において入水された幼い安徳天皇を祀った神社です。境内には平家一門の墓や、小泉八雲の怪談で有名な耳なし芳一堂もありました。(そこは写真を撮ってはいけない気がして、自粛。)

有名な平家ガニ。壇ノ浦の戦いで討たれた平家の怨念が乗り移ったカニだという言い伝えがもとになっていますが、本当に憤怒の形相のようで驚きました。食用ではないらしいですが、獲れても嫌でしょうねぇ。

さて、高知は食の宝庫ですが、下関も食が豊かで、実に味わい深い所でした。

最初の夜に頂いた、活きイカのお刺身。身が透き通っていて、プリプリでした。

そして、下関と言えば、何と言ってもフグです!
「KATSUMOTO」というお店で、「ふく」ののフルコースを頂きました。下関では濁らずに「ふく」と言います。幸せの福にあやかって縁起が良いからだとか。

豪華絢爛、ふくの薄造り。下関では1枚ずつ食べずに箸で数枚すくって、細いネギを巻いて食べるそうで、贅沢にそうやって味わいました。

手前は、ふくのにぎり寿司。後ろの女性と比べると、いかにふくのお刺身のお皿が大きいかがわかるでしょう。ほぼ皿鉢大です。女性4人では食べきれないほどでした。

ふくの唐揚げ。

ふくちり。食べ終わったらぞうすいにしました。
もう一生、ふくをこんなにたらふく食べることはないでしょうねぇ~。

初の下関でしたから、せっかくなのであちこち見て回りました。
次回へ続きます。