第761回 「アグレッシブな自己表現」

8月19日

今年は新しくLABプロファイルの講座を半年にわたって開催しているため、8月だというのにこれからのレジュメ作りに追われ、夏を楽しめていません。でも、東京では8月1日以来雨の連続記録が更新中だとか、さぞかし憂鬱なことでしょう。2014年の夏は高知市でも8月が一カ月ずっと雨で 豪雨で浸水もしたので、人ごとではありません。どうか早くお天気が回復しますように。

さて、先日はある市役所の継続研修でした。今回のテーマは「アサーション」。良い人間関係づくりのための適切な自己表現についてだったのですが、その中で驚いたことがありました。

アサーションでは、自己主張には3つのタイプがあるとされます。
①自己尊重>他者尊重 アグレッシブ(攻撃的)タイプ
自分は大切にするが、相手を大切にしない自己表現タイプ。相手の気持ちは無視して、自分の主張を押しつけようとします。口調がきついだけでなく、相手を見下したり、うまく操作しようとしたりもします。

②自己尊重<他者尊重 非主張的タイプ
相手は大切にするが、自分を大切にしない自己表現タイプ。まず相手を優先するため世間的には「良い人」だと評価されがちですが、NOが言えなかったり、たまったストレスが後で悪口や皮肉に変わったりすることもあります。

③自己尊重&他者尊重 アサーティブタイプ
自分も相手も大切にする自己表現タイプ。自分の気持ちを率直に、その場にふさわしい表現方法ができ、相手の話も傾聴できます。 対立を恐れず、違う意見からより建設的なものを作ろうとします。

研修では事例を出し、この3つのタイプになってもらってロールプレイングを行い、気づきを得て頂きました。大体どこの研修でも、アグレッシブ(攻撃的)タイプの役は大声で相手に詰め寄ったりして笑いが起き、盛り上がるのが常でした。

ところが先日は、アグレッシブタイプの描写が違うグループが2つありました。自分の意見を相手に押しつけるのではなく、「私はこうなんだけど」と冷静に提示していました。「これがアグレッシブ?アサーティブタイプに見えるけど?」と評し、もう一度アグレッシブを確認。こうしたことは初めてでした。

後でレポートを拝見すると、こんな感想があったのです。
「アグレッシブはなかなか自分もすることない表現だし、周囲の人でもほとんど見たことありませんが…(略)」
ええーー!?アグレッシブな表現を見たことがないって!?ビックリ。
道理で、ロールプレイングがズレていたわけです。納得。

考えてみれば、アグレッシブタイプの多い団塊の世代も退職してしまい、攻撃的な言動に気をつけないとすぐに今は「パワハラだ」と言われかねないからでしょうか。特に行政職では、その傾向が強いのかもしれません。

しかしアグレッシブな表現に慣れていないと、不満を言っているお客さまをすぐに「クレーマーだ」と特別視することにも繋がりかねません。考えてみれば、家族でケンカした時にはアグレッシブな表現をすることは珍しくないと思うんですが…。

レポートにも「書いていて気づいたが、家庭では子どもに対してアグレッシブになることがあるので気をつけたい。」という文章もありました。状況や相手によって、タイプが変わることも立派な気づきです。アグレッシブな人はエネルギーに満ちているとも言えるわけで、気づきさえあればそれをアサーティブに変えていくことは可能なのですよね。

こうして、現状の新たな変化を教えて頂いた研修となったのでした。

第754回 「LABプロファイル講座、始動!」

7月1日

かねてよりお知らせしていました「LABプロファイル・プラクティショナー認定コース」いよいよ、第1期が始まりました!

754-2a

「言葉で、相手の心を動かす」LABプロファイル。人を深く理解し、相手の言葉の使い方のパターンを知りその人に響く言葉を使うことで、短時間で信頼関係を築けるスキルです。自分が学んで素晴らしいものとの確信はありましたが、はたして経済状況の厳しい高知で6回で10万円を超える高額のセミナーって、人数が集まるのか??4月までは、不安しかなかったです。

ところが、早割締め切りの4月末には申込みが集中し、最終的に定員8名に対しご参加くださったのは9名もの皆さま!高知だけではなく、愛媛や岡山からもご参集下さいました。本当にありがたく、嬉しくて…。想いは叶うんだなぁと心に刻みました。

前日は私には珍しく緊張していましたが、当日の朝はまるで遠足の日の小学生気分。「待ちに待った、皆さんに会えるんだ!」とワクワクしていました。

754-3b

バタバタの準備の後、無事に開講です。オリエンテーション、「LABプロファイルとは?」をお伝えして、自己紹介。全体での自己紹介から和んで、笑顔がたくさん。これはニックネームの効果かな?

そしてコミュニケーション・ギャップを体感して頂く情報処理のワークを3人グループで行ったのですが、ここで一気に親和性が高まり、なんとも和気あいあいの雰囲気に。

754-1a

開始2時間後にはすでに「飲み会をやりましょう!」の声が。県外からご参加の方は宿泊を伴うので「じゃあ最終回の11月ですか?」と答えると、「えー?」「遅い!」とのことで、9月に1回目をやることに。いくら飲み会好きの高知とはいえ、こんなスピード展開、私も初めてです。(笑)

これから月1回で講座進行していきますが、Facebookで開講を全国のLAB仲間にご報告すると「心からおめでとう!」「素晴らしい!なんか泣けてきます。」というようなグッとくる祝福を沢山頂きました。なんてありがたいんでしょう。

そして、これからが勝負です。私の務めをしっかり果たして、「みんなが幸せになれる研修」をめざしていきます。
また来月、皆さんにお会いできるのが楽しみで楽しみでなりません。

第743回 「T.O.T.E モデル」

4月15日
743-1b

今年は桜の時期が高知では4月にずれ込みました。この時期、フレッシュな新人研修会のご依頼を頂きます。「4月は新人研修で忙しいでしょう?」とよく訊かれるのですが、今では新人研修は少しで、4月から6月の時期は大学がメインとなっています。

それでも、素直でやる気に溢れた新人研修は、私もリフレッシュさせて頂けます。
5年ぶりにご依頼頂いた先日の研修会では30分前に会場に入り、事務局の皆さんも一新なさっていて、ごあいさつ。いつものようにチェックシートをチェック、シート配布のタイミングを事務局の方はきちんと受講者用レジュメに書き込まれていました。

さて、研修開始。ところが30分後、予想もしなかった事態が。「次、読んで下さい」の指示に新人さんが戸惑って、「ないです」「ないって?」
実は、受講者用レジュメが最初の3ページしかなかったんです。想定外の展開に。

身だしなみ、ホウレンソウ、敬語、電話応対…細々と書き込んだ資料が一切ないと、書き込みだけで相当時間を取られます。一瞬途方に暮れましたが、笑顔で「仕事ではこんな風に、予想もしなかったことが起こります!ここをどう乗り切るかが大切なんですね」と話し、「皆さん、ノートを持っていますか?」と確認。持っていない人には白紙を持って来ていただき、続けました。

休憩時間に確認すると「今、印刷に行きました!」とのこと。しかし資料のページ数が多かったため 人数分印刷できたのは、身だしなみ、ホウレンソウ、敬語が終わってからでした。たくさん記入して頂いた分 時間が押してしまったのですが、最後の名刺交換でなんとかカバーできて、無事定刻に終われホッとしました。

実は学んだ心理学のお陰で、あまり動揺しなくてすんだのです。

NLP(神経言語プログラミング)の中でT.O.T.Eモデルというものがあります。目標達成までの行動プロセスで、T.O.T.Eの文字は
Test(行動)- Operate(修正)- Test(行動)- Exit(目標をめざす)。

やってみて、うまくいかなかったことを修正し、何度でもやってみる。失敗を失敗ととらえない考え方です。パニックになったり失敗を恐れて立ちすくんでしまうと、何も生み出せないままになってしまいます。当たり前のことではありますが、感情を乱されずに最善の対処行動をすることが大事ですよね。

「失敗はない。ただフィードバックがあるだけ。」
これはNLPで学んだ中で、私の特に好きな言葉です。
あ、本当はここまで伝えられたらもっと良かったかも。

そしてフィードバック。受講者用のレジュメは今後必ず準備して頂いて、中までチェックすること!研修講師になって20年ですが、今回 お陰さまで、とても良い学びを頂けました。すべての出来事が学びの師、ですね。(笑)