第743回 「T.O.T.E モデル」

4月15日
743-1b

今年は桜の時期が高知では4月にずれ込みました。この時期、フレッシュな新人研修会のご依頼を頂きます。「4月は新人研修で忙しいでしょう?」とよく訊かれるのですが、今では新人研修は少しで、4月から6月の時期は大学がメインとなっています。

それでも、素直でやる気に溢れた新人研修は、私もリフレッシュさせて頂けます。
5年ぶりにご依頼頂いた先日の研修会では30分前に会場に入り、事務局の皆さんも一新なさっていて、ごあいさつ。いつものようにチェックシートをチェック、シート配布のタイミングを事務局の方はきちんと受講者用レジュメに書き込まれていました。

さて、研修開始。ところが30分後、予想もしなかった事態が。「次、読んで下さい」の指示に新人さんが戸惑って、「ないです」「ないって?」
実は、受講者用レジュメが最初の3ページしかなかったんです。想定外の展開に。

身だしなみ、ホウレンソウ、敬語、電話応対…細々と書き込んだ資料が一切ないと、書き込みだけで相当時間を取られます。一瞬途方に暮れましたが、笑顔で「仕事ではこんな風に、予想もしなかったことが起こります!ここをどう乗り切るかが大切なんですね」と話し、「皆さん、ノートを持っていますか?」と確認。持っていない人には白紙を持って来ていただき、続けました。

休憩時間に確認すると「今、印刷に行きました!」とのこと。しかし資料のページ数が多かったため 人数分印刷できたのは、身だしなみ、ホウレンソウ、敬語が終わってからでした。たくさん記入して頂いた分 時間が押してしまったのですが、最後の名刺交換でなんとかカバーできて、無事定刻に終われホッとしました。

実は学んだ心理学のお陰で、あまり動揺しなくてすんだのです。

NLP(神経言語プログラミング)の中でT.O.T.Eモデルというものがあります。目標達成までの行動プロセスで、T.O.T.Eの文字は
Test(行動)- Operate(修正)- Test(行動)- Exit(目標をめざす)。

やってみて、うまくいかなかったことを修正し、何度でもやってみる。失敗を失敗ととらえない考え方です。パニックになったり失敗を恐れて立ちすくんでしまうと、何も生み出せないままになってしまいます。当たり前のことではありますが、感情を乱されずに最善の対処行動をすることが大事ですよね。

「失敗はない。ただフィードバックがあるだけ。」
これはNLPで学んだ中で、私の特に好きな言葉です。
あ、本当はここまで伝えられたらもっと良かったかも。

そしてフィードバック。受講者用のレジュメは今後必ず準備して頂いて、中までチェックすること!研修講師になって20年ですが、今回 お陰さまで、とても良い学びを頂けました。すべての出来事が学びの師、ですね。(笑)

第739回 「LABプロファイル講座、開講します!」

3月18日

これまでコラムで折々に触れてきましたが、私が心理学で学んだ中でも「これはビジネスコミュニケーションの即戦力になる!」と感銘を受けたLABプロファイル。

人を深く理解し、相手の言葉の使い方のパターンを知り相手に響く言葉を使うことで、短時間で信頼関係を築けるスキルです。日本ではまだ知られていませんが、米英のビジネス課程やマイクロソフトやIBMなどのグローバル企業でも導入され、世界30カ国で効果が実証されている心理技法です。

739-1

世界のリーダーやカリスマと言われる方々は、相手にどのような言葉をかけたら良いのか、その使い方が非常に巧みです。ある状況下で、どんなタイプの人の心理状態はどうなっているのか、どのようにして語りかけると相手が動いてくれるのかという「影響を与える言葉の選び方」の能力が突出しているという共通点があります。

ある特定の場面において、人は…
・どのようにしてやる気が起きるのか?(動機付けの特徴)
・大切なものは何なのか?    (価値基準)
・物事をどう判断するのか?   (判断基準)
・ストレスにどう反応するのか? (ストレス反応)
・生産性を上げるための他人との関わり方は?(連携)…

LABプロファイルでは こうした12の質問から相手の37パターンを知ることで、相手に響く言葉(影響言語)を学んでいきます。同時に、自分の価値基準やパターンもわかりますので、相手と自分の違いや、どう言えばミス・コミュニケーションを防げるのかなどが 理論とワークで身につきます。

739-2
今年いよいよ高知で、このLABプロファイルの講座を開催させて頂く運びになりました!「LABプロファイル®プラクティショナー認定コース」です。プラクティショナーとは実践者で、言わばLABプロファイルの基礎編です。月に1回、午後1時から5時までの4時間のセミナーを6回行います。

相手のパターンがわかると役立つ人財採用や育成担当など 人事部門のビジネスリーダー、伝わる言葉が必要とされる経営者や講師、セールスや広告・プレゼンなど話す力で結果を出す方は、これで飛躍的にレベルアップできます。日頃の業務運営でのお客様や上司や部下、さらに大切な家族や友人ともより素晴らしい関係性が手に入り、人間関係の問題で無駄に遠回りをしなくても良くなります。

「人をどこかに連れて行きたいなら、相手が今いるバス停まで迎えに行かなければならない」というのが、私が学んだ世界的な言語パターンの権威、シェリー・ローズ・シャーベイ先生の教えです。その誠実さは対人関係の信頼を築く上で、非常に大切なことだと思います。

739-3

そして6日間のコースに全部出席し 最終回の課題をクリアして頂くと、カナダSuccess Strategies 社公認 LABプロファイル®プラクティショナーの認定資格を取得できます。

739-4a

講座日程は、以下の通りです。

① 6月27日(火)、 ② 7月25日(火)、③ 8月29日(火)、
④ 9月26日(火)、 ⑤ 10月24日(火)、⑥ 11月28日(火)

一人でも多くの方にこの素晴らしい技法を知って頂きたいので、受講希望がお一人から、開催いたします。また講座日程と調整がつかない場合、(別途料金にはなりますが)補講もいたします。

受講料は、税込・テキスト・認定料込みで全6回 120,000円です。 決してお安くはありませんが 東京までの交通費や労力を考えると、高知で半日ずつで受講できるのは今までになかった機会です。なお、4月30日(日)までのお申込みなら、早割料金 110,000円とさせて頂きます。分割払いご希望の方は、ご相談下さいませ。なお、お申し込みの締め切りは6月20日(火)です。

詳しい講座案内はこちらです。お問い合わせも088-871-0818人・みらい研究所まで、お気軽にどうぞ。

どんな皆さんとお目にかかれるのか、考えるとワクワクしてきます!
心よりお待ちしております。

第736回 「愛と希望を革製品に込めて」

2月25日

736-5

先週末、高知市の大丸前で「第4回 市特市(しっとくいち)~届けよう!高知特支のポジティブ力!!~」という催しが開催されました。これは高知市立高知特別支援学校が作業学習で取り組んでいる物の販売を通して、生徒が満足感や成就感を味わい 地域との交流を深める活動です。

736-6

高知県振興キャンペーン「高知家ポジティブコレクション」にも参加し、高知家の大家族の一員としてプロモーションの一翼も担ったようです。

736-9

中学生や高校生が木工、縫製、食品加工、レザークラフト、石けん、園芸…などいくつもの班に分かれ、日頃の成果を披露していました。

実は私は2月初め、ご依頼を頂いて高知特別支援学校の中学部レザークラフト班で「良い接客を学ぼう!」という研修を行ったのです。

736-1

それに先だって、1月に現場の見学に伺いました。レザークラフト班には、12名の生徒さんが所属しています。

736-2

染色した革を丁寧に接着し、2本の針を使って一針一針 縫っていきます。本当に「心をこめて」いるのが伝わってきました。

736-3

コミュニケーションが苦手とか集中力が課題だったり、先生に注意されると不安定になることもあったり、色々な生徒さんの個性があります。でもそれは特別なことではありません。社会人の私達だってみんな、色々な課題があるわけですから。
とは言え、知的ハンデを持つ中学生への研修は私も初めてで、どう彼らの良さを引き出せば良いのか かなり悩みました。

736-4

そして販売活動の10日ほど前に、一時間の接客研修を行いました。

「どんな接客をされたらうれしい?」から入り、以前の販売会でお客さまにどんな声をかけたのか考えてもらい、販売に限らず今後の人生に役立ててもらいたいと「人と仲良くするための3つの方法」を紹介しました。

・笑顔
・言葉
・心を込める

最後に、ロールプレイングでお客さま役の中村とやりとりをしてもらいました。みんな実に良いあいさつや笑顔 やりとりを見せてくれ、嬉しい思いで一杯でした。(集中していたので、写真は撮り忘れちゃいましたけど)

736-10

そして迎えた、「市特市」だったのです。レザークラフト班は大丸北の中央入口の横という、格好の立地条件でした。

736-8

「oflove」というのは、レザークラフト製品のオリジナルブランドです。「愛と希望を革製品に込めて」という言葉が添えられていました。

736-7

生徒達はお客さまにあいさつし、ちゃんと対応していました。嬉しいなぁ。詳しい補足説明はできないので、そこは先生が受け持ってくださっていました。もちろん、私も「oflove」の製品を買わせて頂きました。

736-12

「かわいい」「色がキレイ」と、すでにいくつかもらわれて行きましたが、革の切れ端まで「Thank you」と刻印して小さな手提げに使ったり、なかなかオシャレです。来月会う友人にも、お土産にしようと思っています。愛と希望が届きますよね、きっと♪