第719回 「救いの手に感謝」

10月21日              (中村 覚)

「先生、わかりません!」「うん、これはね~」ある疑問を感じた時、自分で考えなくても聞けば 教えてもらえた、校舎での懐かしい日々。 大人になったら わからないことは自分で調べて、それでもわからなければ、もぅちょっと調べます。それでもわからない時には、どなたかの力をお借りするのも…。

716-1

実は 第716回、私はこの場をお借りして「言い間違い、聞き間違い」ということで、なぜ高知の郷土料理、皿鉢(さわち)のことを高知県方言辞典で「さーち」と長音で表記しているのか? もう皆目見当も付かなかったので、「どなたかご存知ないでしょうか?」と、ほとんど天にお任せするような形で文章を終えていました。

ところが本当に後日、ご連絡を頂けました。 weekly N をご覧下さっている松山にお住いの玉岡さんという方が「さーち」表記について、大変わかりやすくご説明して下さいました。今までコラムを書いていて、こんなに嬉しかったことはありません! お会いしたこともない方からメールを頂けるなんて、私の人生観の守備範囲を飛び越えています。

玉岡さんは言語学を学ばれたということで、頂いた文章をそのまま皆様にご紹介させてもらいます。

皿鉢ですが、表記から言っても、おそらく最初の発音は文字通り「さらはち」だったのだと思います。以下ローマ字で説明します。そのほうがわかりやすいので。  sarahachi   ところが、「ら」の音は発音しにくいので、saraの「r」音が欠落したのでしょう。この発音しにくい、しやすい、というのは、言葉の並びの前後関係によって変わってきます。要するに口の開け方が、スムーズにいくように、ということがその大きな理由です。 r音が欠落して、saawachiになって、前のa音が重なることで無くなります。これで、sawachi です。ところが「w」の音もやはり発音しにくいので、欠落します。そうなるとsaachiです。 そして「さーち」。言葉は言いやすいように変化をします。

私はこのローマ字表記によるご説明を拝見して、とても納得致しました。今後 誰かとこういった言葉について話すことがあれば、是非、真似をさせてもらいたいと思っています。

また、「さーち」以外のお話も伺えました。

例えば、「沢田さん」という時に、正しくは「さわださん」のはずですが、私たちは、「さーださん」と無意識に言っていたりします。「わ」は口を大きく開けないといけないのですが、それは発音しにくいので、「わ」の「w」を省略しようとします。「さーださん」と言ってそれで普通に意味が通っているではありませんか?

おっしゃる通りです。歌手の沢田研二さんを子供の頃から「さーだけんじ」と何度言ってきたことか。

それから。実は学術的には「土佐弁」という方言はないのです。どうしてかと言えば、ちょっと考えるとお分かりいただけると思うのですが、高知市の方言と、旧中村市の方言(幡多郡方言)は異なります。また室戸の方言と、須崎の方言は同じか、と言えばやはり異なると思うのです。方言はあくまで地域で話されていた言葉であって、土佐一国、というような大きなくくりでひとまとめにしてはいけない、という考え方なのです。 テレビを見ていると、芸人さんが、よく関西弁という言い方をしていますが、 関西弁というような方言も、実は存在しません。ちょっと考えるとわかるのですが、大阪の方言と神戸の方言と京都の方言でさえ全く違います。大阪と神戸なんて、わずか電車で20数分の距離ですが、それでも方言は変わります。

私は目から鱗でした。考えてみるとおっしゃる通りです。でも今まで考えたこともなかったのが実状です。もちろんこの先も便宜上、土佐弁や○○弁という言い方をすると思いますが、こういった事を知っているのと知らないのでは、会話の土台の厚みが違ってくるように思います。

玉岡さん、この度は大変勉強をさせて頂きました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

第716回 「言い間違い、聞き間違い」

10月1日             (中村 覚)

寝入りばなはよくても夜中にパッと何度も目が覚めてはその都度 また眠る。最近はこういった事のくり返しです。ある晩のこと、不規則にまた目が覚め、この時に限りなかなか眠れず、「寝なくては、寝なくては~」と思っている矢先、「うさぎ と うなぎ」と頭に浮かびました。何 これ? と自分でも思いましたが、語呂合わせみたいなのが ちょっと面白く、これは忘れない内に起きてメモしなくては。書き取った字面を見ながら「うさぎ」と「うなぎ」は一字違いだったのかと再確認。ますます眠れなくなった夜でしたが「うさぎ と うなぎ」の収穫は嬉しかったです。

後日、友人にこの話をすると、クスッと笑ってもらえたので またまた嬉しくなりました。その翌日、今度はこの友人からネットの画像を紹介してもらいました。それはニュース番組の一場面で、アナウンサーの後ろには大きなうさぎの写真があり、うさぎ関連のニュースだと一目瞭然。しかし写真に付けられていたキャプションは「ウナギ」となっており、凡ミスによる おもしろ画像でした。人のすることに間違いは付きもの! 自然と笑えました。

%e6%96%b0%e8%81%9e

ところで、一週間程前の新聞に“ 「ら抜き」初の多数派に”の見出しで、言葉遣いに対する世論調査の結果が出ていました。「見られる」「出られる」という本来の使い方とは異なる「見れる」「出れる」という「ら抜き」で表現する人が多数派になったとのことでした。 間違いが間違いでなくなる過渡期かなと。

日頃、誰かと話している時に、ら抜き言葉であってもなくても、言葉の意味は通じます。文法的に間違っていても、使えるか、使えないかでいうと、使える! 世の中、短縮化傾向にあり 言葉も生き物、変化して当たり前というところでしょうか。

そして同記事で、慣用句を間違った意味で使っている多数派についても触れていました。例えば 「寝覚めが悪い」= 眠りから覚めたときに気分が悪いことの意味。これを「目覚めが悪い」と使っている人の方が多いそうです。正しく使っている人=37.1% 間違って使っている人=57.9% 知らない間に私もこの多数派に属していました。

そもそも、わざわざ間違ったことを言いたい人はいません。間違って覚えてしまったことが原因かと。じゃ なぜ 間違って覚えたかというと、言葉のほとんどは音として捉えているので、聞き間違いが起きやすいのではないでしょうか。

この「寝覚めが悪い」も会話の中で サラリと聞き流せば「目覚めが悪い」と聞こえなくもありません。

716-1

そう言えば、土佐の高知には皿鉢料理という郷土料理があります。皿鉢(さわち)と読みますが、有田、もしくは九谷等の大皿に 刺身やタタキ、寿司、煮物や焼き物などを盛り込んだものです。子供の頃、いく度となく周りの大人が言っているのを聞いて「さあち」だと思い込んでいました。活字で初めて確認した時も「さわち」とは読めないぞと。

ちなみに、「高知県方言辞典」には「さーち」と表記されています。こうなると逆に、なぜ「さあち」ではなく「さーち」と長音で表記されているのか?謎が謎を呼びますが、どなたかご存じないでしょうか。

第684回 「土佐弁シリーズ④ 生活感」

2月19日              (中村 覚)

683

私が学生だった頃、食べ物や場所、特定の人物などを指して「ヤバイ」という言葉は、良くない、危険だ、避けた方がいいなど、マイナスの意味を持つものでした。ところが近頃、「ヤバイ」の意味合いは180度変わり プラスの表現として使われています。何かを食べて とてもおいしければ「ヤバイ」という具合に、賛辞になっています。

次世代が語感の響きに新しい意味付けをして頻繁に使用すれば、いつの間にか世間に根付きます。言葉は生き物と言いますが、まさにそうです。とは言うものの 最初に耳にした時には違和感があったのも事実です。(笑)

こういった言葉の世代間ギャップは、いつの世にもあるのでしょう。以前、叔父から珍しい話を聞いた時に、突発的に 「ウソッ!?」と 声が出ました。すると叔父は「ウソなもんか。」と戒めるように答えました。 私は話の内容を疑ったのではなく、「えぇ、本当にっ!」という感嘆詞的な意味合いで使った言葉でした。同世代なら普通の会話だと思うのですが、叔父は80歳を超えているので、「ウソ」という言葉に対して、私とは認識が違ったのです。「ウソ」は「嘘」で、嘘は言ってはいけないの「嘘」なわけです。

使い慣れた言葉は端的に感情を表現でき ニュアンス的にもバッチリです。多少の世代間ギャップがあっても です。そして、他県の人には わかってもらえなくても。

すっかり前置きが長くなりましたが、言葉のニュアンスなら地域に根付く方言が飛び抜けているのではないでしょうか。~という事で、土佐弁の4回目です。

【だきな】きたない。

だきな部屋や。→「きたない、散らかっている部屋だ」という意味です。整理整頓された状態からはほど遠いわけです。 いつもきれいにしておくのが理想ですが、忙しくてしばらく掃除ができておらず、最近 散らかっているな、(でも また掃除をすれば そこそこ きれいになる。) 部屋なんてのは こういった状態の繰り返しではないでしょうか。

しかし「だきな部屋」となると、掃除ができていなかった諸事情は一切許されず、掃き溜め ワースト1状態が頭をちらつきます。言葉の意味自体は普通なのに、ニュアンスがどぎついのです。友人宅に行って、ちょっと しかめっ面しながら「だきな部屋や」と言えば、友達関係 終われます。(笑)

【もぶれつく】 群がりつく、小さなものが群れている状態。

みかんや柿の木にたくさん実がなっている様を見て「もぶれつく、もぶれついちゅう」と言います。たくさん実っていれば たくさん食べられるわけですから豊かな状態、喜ばしい状態なはず。しかし、それを「もぶれつく」などと言うと、ちょっと どこか悪口? みたいな気も・・・。 土佐の先人達よ、ちょい ひねり過ぎた? でも、わかります。 「鈴なり」なんて目じゃねーぜ、やっぱ「もぶれつく」でしょ。

【ねぶる】舐める。

最近は服の袖で鼻をふく子を見かけなくなりました。同様に口元をねぶって、手のあかぎれのように、口元の皮膚が赤くひび割れている子もいなくなった気がします。かつての私自身がそうでした。意味もなく口元をねぶって、やがてひび割れてきて、口をちょっとでも大きく開けようものなら、皮膚が割れて血が出て 痛い、痛い・・・ 何が面白かったのでしょう、でも なぜか やってました。「そんなに ねぶったら いかん!」冬場、よく怒られたのでした。

3つとも、生活感みなぎる言葉を選んでみました。考えてみれば方言とは、生活の中から生まれてきたので、たくましさも感じられます。ただ残念?ながら、これら3つは ほとんど使われなくなってきています。平成の世にはそぐわないのかな。