第747回 「結婚式と介護の両立」

5月14日

747-1

昨日は、次女の結婚式でした。挙式が午後4時から、披露宴は6時からだったのですが、私は朝10時には美容院入り。留め袖を着るのは何十年ぶりでした。私が結婚した頃には親族一同留め袖を着ていたものですが、今は着るのは母親だけで後の皆さんはドレスということが多いですね。ここにも時代の流れを感じます。

昼に仕上がって、ご飯を食べて移動。ホテルの部屋で、次女はお支度をします。午後から夫が車イスの長女をホテルに連れてきました。

親族控え室もあるのですが、そこは和室で車イスでは入れません。花嫁の支度室も段差があり、入れません。だから介助のためにはもう一室構えないといけないことに気づいたのが、式の2週間ほど前だったでしょうか。5月の週末でホテルも満室でしたが、なんとかシングルのお部屋を一室押さえて頂けました。

でも 長女の介助もあるのですが、この日だけはやっぱり次女のお支度についていてあげたくて。

結婚式場は小さな会場でしたが、お友達が沢山お越し下さって、温かな式でした。

747-2a

さて、受付の方々や結婚式の立会人になってくださった友人へのプレゼントを渡さなきゃと人探し。いざ始まると、長女も結婚式や披露宴のスピーチには心を振るわせられるのか 声に出して泣くので、「泣かれんよ」となだめつつ、食事介助。写真も撮りたいけど、この日のメインのお仕事は、披露宴での皆さまにご挨拶回りです。

747-3

二人が披露宴にサプライズをいくつも入れてたので、進行は知らされてなく嬉しくも多忙で、ずっとバタバタした3時間。でも、お越し下さったたくさんの皆さまが本当に温かく、笑顔で祝福くださって、何度もありがたいなぁと思ったことでした。あまり日頃次女と私は似ていると言われないんですが、昨日は「そっくりですね」と何回もお声をかけて頂けて、嬉しかったです。

長女の介護をしながら育てた次女には、充分に手をかけてやれなかったと思いますが「時に焼きもちを焼いたこともあったけど、今では分け隔てなく愛情をたっぷり注いでくれたことがわかります。ありがとう。」と語ってくれました。

しかし その一番感動的な場面で、長女が次女の話に「はい!」とか「ありがとう」とか合いの手を入れるので、そっちに持って行かれてしまいました。(笑)
そして、次女が私達にくれた手紙は 新たな宝物です。

747-4b

さて余韻に浸る間もなく、披露宴が終了するとすぐさま部屋に長女を連れて行って、トイレ介助。留め袖ですることじゃありませんが、仕方ありません。着物を支度室で脱げたのは10時前だったでしょうか。新婦の母の役割と長女の介助との両立が大変とは思っていましたが、ここまでとは予想外で、家に帰ると本当にグッタリしました。しかし、寝込んでいられません!コラムを書かなきゃ。明日も研修が待っています。

でも、これも幸せな疲労感ですね。次女と縁を結んでくれた穏やかで素敵なお婿さんとの新しい家族の物語が始まります。

第746回 「タイミング?」

5月6日            中村 覚

746-1

「この一週間で何かあったか?」
「……」
「じゃぁこの一か月の内に何かあったか?」
「特に何も…。」

コラムを書く時のいつもの自問自答です。さすがに一か月もの間に何にもないなんてことはないのに、人様の目に触れるような形で文章にするとなると、書くことが途端になくなります。「いえいえ 私ごときが~」と二歩も三歩も下がって、「どなたか代わりに どうぞ どうぞ」とたいへん謙虚な気持ちにもなれます。

苦し紛れに 代表の筒井に聞いてみました。「今週のコラムは私の番ですが、何か書きたいことがあって、実はうずうずしているのではありませんか?」「ない。」取りつく島もありません。「そんなことを言わず、そこをなんとか…」ちょっとお願いでもしようものなら 「寄らば切る!」急にサムライです。刀の柄に手をやっているので話し合いもできません。あっぶねー、あぶねぇ。(笑)でも私は知っています。ないわけないんです、ホントはあるに違いない。

上司の悪口を言ってもはじまりません、なんとか脳ミソから絞り出さねば。
あぁそう言えば、4
月の初め頃のある夜、近くのショッピングセンターに買い物に行きました。この時、たまたま冷え込んで急に寒さが逆戻り、駐車場から店に入るまでのほんの数メートルの間でも上着を着てこなかったことが悔やまれ「今夜はバカに冷え込みやがる。」とドラマのワンシーンのようでした。

その時、ちょうど買い物に来た親子と入口付近で一緒になり、私 同様 エレベーターを待つことになりました。小学5,6年生の男の子はすぐに降りてこないエレベーターがもどかしいのか、「お母さん、僕は階段で行くから、どっちが速いか競争しよう」と階段の方へダッシュ。こっちは(この寒さ、なんとかならんかね)しか頭になかったので、この子のあまりの元気の良さに感心してしまいました。「元気なお子さんですね」と、一緒にエレベーターを待つお母さんに、つい話しかけたのです。

すると「(もしかして)同級生?」という返事。私は「???」で、(俺がさっきの子と同級生な わけないし…)と、ありもしないことが頭をよぎります。 しかし 顔を見ている内に、(同級生や…!)納得。そうなんです。このお母さんは、小学34年生?の時のクラスメイトだったんです。「覚君?」下の名前を覚えてくれていました。当然、私には相手の下の名前なんかわかりません。結婚をして苗字は変わっているかもとは思いましたが、「○○さん?」とやっと聞き返すと、そうだと言うのです。

一体、どんな確率でこんなことになるのか?私同様、学生の時と同じ場所に今も住んでいるとのことでしたが、同級生なら そんな人はけっこういるでしょう。でもたまたまこっちから話しかけた相手が同級生なんて。あの日、買い物に行かなければ、あの時間帯に行かなければ、気温が急激に寒くなければ、あの子の「僕は階段で行くから」を耳にしなければ、などなどいくつものたまたまの積み重ねが… すべてはタイミング?

最後に、昨日のことです。友人に頼んでおいた番組をブルーレイに焼いてもらい、それを受け取り意気揚々 家に帰ってすぐ鑑賞! のはずが、あろうことかテレビがクラッシュして観ることができませんでした。スイッチを入れると画面は映るのですが、音声が全く出ないのです。一度コンセントを抜いて再度電源を入れても同じです。画面は映るものの やっぱり音声が出ません。無声映画じゃあるまいし、なんてことだっ!

なんでこのタイミング!? ものすごく楽しみにしていた番組なのに。
こんなことならブルーレイじゃなくて、DVD
に焼いてもらえばよかった。
DVDならパソコンでも観られたのにすべてはタイミング?

第745回 「厄落とし」

4月29日

IMG_6841

前回に続き恐縮ですが、来月 次女が挙式します。わが家にとっては最大級のお祝い事なのですが、大きな慶事の前だからでしょうか?不思議なことが起きています。

次女は入籍当日、車をぶつけてしまいました。その時は「結婚という大きな幸せを手に入れるのだから、まあ厄落としだと思って」と慰めたのですが…

続いて夫が3月に軽い物損事故を起こし、今月私も シートベルトを付けながら発進していたら、マイナス1点の切符を切られました。こんなことは初めてですが、筒井家で運転する者は 全員が数か月の内に運転がらみのトラブルを起こしてしまったのです。

「これでほぼ全員がトラブルにあった」「でもまあ、涼歌(すずか:長女)は運転せんから、そんなこともないわねえ」と話していたのですが、なんと2日前、デイサービスから「涼歌さんが車イスで散歩してた時に横転して、ケガして病院に行っています」との連絡をもらって、駆けつけました。

デイサービスでこんな事故が起こったのは初めてです。幸い、CTやレントゲンを撮っても異常はなかったのでホッとしましたし、私が出張中とかではなくて不幸中の幸いでした。そして、ふと「これで家族全員がこの時期、厄災にあった」とも言えることに気づき、驚きました。

82歳になる母にそのことを話すと、「大事(だいじ)の前の小事(しょうじ)やね」。「大事を行う時には小事にこだわってはいられないから、小事を犠牲にしても仕方がない」という意味です。

まあ 私としては、結果的に「大事なし」(たいしたことはない)となったことに安堵しています。これで全員が大きな慶事の前の厄落としがすんだ、とも言えるでしょう。人間万事、塞翁が馬。安心して、式を迎えられるだろうと思っています。