第773回 「三方良好庵(さんぽうりょうこうあん)」

11月11日              中村 覚

以前、新聞に京都のお寺でカフェ感覚?で「ネスカフェ」ならぬ「デスカフェ」という集まりがあり、若者が「死」について自由に意見を言い合う、そんな記事がありました。ついつい暗い雰囲気をイメージしてしまいがちですが、「死」の捉え方も十人十色、自由闊達に楽しい雰囲気らしいのです。ネーミングも秀逸でたしかに面白そうだと思いました。

そもそもお寺と聞くとイメージが少し堅苦しくなりますが、今回は「お寺なのにランチが食べられる所がある」と知り、行ってきました。それが香美市香北町にある大元寺(おおもとじ)の住職のご夫妻がなさっている「三方良好庵」です。

国道195号線沿いにあるアンパンマンミュージアムを通り抜け、物部村方面に3分程走ると、左手に橋があります。その橋(新在所橋)を渡り右折。その後、道なりに進んでいると このような看板があります。

この看板の矢印に従い、左折して小道に入ります。

道幅の狭い山道になりますが、不動明王の赤い旗が所々に立っていますので、

それらを目印に進んでいくと

3分ほどで遠くに「大元寺」の文字が見えてきます。

三方良好庵の開店は12時。10数名の座席は満席。お客さん みんなが揃ったところで、まずは前菜が配られました。

色々な野菜が入っていて冷たく口当たりも良かったです。そして何より「みんなが食卓についてから、頂きます!」といった大家族のような雰囲気は、他では味わえません。

そして ど~んと 運ばれてきたのがこちら。

ナイラゲの刺身に、かぼちゃとたいもの煮物、茶碗蒸し、ナスの揚げ物、漬物、ひじきとレンコンの煮物、ナイラゲときゅうりの酢合え、ホウレンソウ、鳥肉~

とにかく天然の素材を生かした多種多様な品々。

お膳が運ばれてきた時に、内容の説明をお客さん全体に向けてしてくれたのですが、私のメモ書きが追い付かず。

メモできた範囲内では、揚げナスには田楽味噌と柚子味噌。ホウレンソウと一緒にまいたけ、レンコン、お豆。 ハーブで焼いた鳥。そしてナイラゲの刺身はフリーズドライの何か(忘れてしまったのですが)と一緒に食べると、すごくおいしかったです。

ご飯は地元の新米です。味噌汁は柚子も香り、レモンが入っていました。

ご飯のおかわりは自由で、なんと2杯目からは「むかごご飯」です。貴重です。たくさん入れてくれました。(嬉)

食後はブドウと梨で一息。

その後に、ケーキとコーヒーです。 コーヒーをレギュラーサイズに変更するとプラス100円。(写真はレギュラーサイズ。)お腹いっぱいになりました。これら全部で1590円。(レギュラーサイズにしなければ1490円)

いかがだったでしょうか、 お寺だから、「料理に肉は出てこないのでは?」などの思い込みはありませんでしたか。(笑) お客さんも皆さん楽しく談笑して、外国人の方もいらっしゃり「Do you like~」と英語も聞こえて宗派も問いません。(笑)

感じの良い住職ご夫妻が配膳のたびに気さくにお話し下さり、とってもアットホームな雰囲気でした。また来たいのですが予約は2日前までにとのことで、たいへんな人気ですから おいそれとは来られないかも。(笑)

最後に 座席の横にあったカレンダーです、こちらをどうぞ。

第771回 「ご縁の白米」

10月25日

今週は明日から東京出張なもので、少し早いコラムのアップとなります。

さて、少し前の話です。高知県東部の田野町という所を通っていると、稲刈りの風景が目に映りました。車を降り、撮影許可を頂いて写真を撮りました。

小さなコンバインでの刈り取りは、もうあまり見られなくなった光景です。
しばらく撮っていると おじさんが「もう、えいかね?」と少し照れたように笑顔を見せてくださいました。

「これはもち米だけど、あんたらぁお米はスーパーで買いゆう?」
「はい、そうです」
「お米は本当は機械乾燥じゃなく、こんな風に直干ししたものが美味しいよ」
「うらやましい。それはさぞかし、美味しいでしょうねえ~」
と答えてから ふと思いついて、

「おじさん、このお米って少し売って頂けないですか?」
すると、おじさん「お米はまず試しに食べてみないと、
人によって味は違うのでわからないから。
少し分けてあげるから、おいしかったら、食べてみて。」(笑)

少しと言っても、一升(10合、約1.5kg)くらい分けてくださり、
「僕はみんなに、試しに食べてみてって言う。
それで美味しかったら買ってくれって言いゆうき。」
なんて気概がある方なんでしょう!

当然のようにお米は甘みがあって美味しく、10日ほど後で買いに行くことに。
玄米なら安いと言うことでしたが、精米の手間を考えると白米でお願いすることにしました。うちと中村と次女が5キロずつで、15キロです。いつもスーパーで買っているお米よりも数百円安いのは、重ねてラッキーです。

このお米、真っ白いヌカで覆われています。おじさんが研ぎ方について
「まず3回普通に研いで、4回目は水だけ替える。5回目で炊いて。
ヌカはわざと多めに残してあるんだけど、その方が甘みが出るから。」
ヌカが残ってると甘みが出るなんて、初めて知りました。

そして炊いたお米。そうそう、このほのかな甘みと少しもちもちした食感。
「美味し~い!」の一言です。家族も喜んでくれました。

ご縁があって、うちに来てくれた白米。
安全・安心で、美しい山の風景の中、生まれたお米。
笑顔のおじさんを思い出すと、なんだかよけいに美味しく感じてしまうのでした。これから定期的に出かけて、おじさんのお米を買おうと思います。

食欲の秋、白米の秋です♪

第770回 「生活必需品だからこそ」

10月20日             中村 覚

タバコやアルコールをこよなく愛する人々、しかし興味のない人からすれば、 ただの無駄遣い。でも嗜好品ですから 当の本人が良ければそれで良し! なるべく買わずに少しでも控えるなどは、どこ吹く風。

ところが、これが生活必需品となると話は別です。例えば、買ったばかりの歯ブラシが2週間で傷んでしまった。仕方ないので新品を購入。今日からはまた新しい歯ブラシになって気分は爽快! とはならないと思います。新しいことは喜ばしいはずなのに、もったいないという気持ちの方に軍配が上がるのでは。

タバコやアルコールよりも よっぽど生活に役立つはずの歯ブラシなのに…。勝手なものです。人は勝手です。私も勝手です。

実は数年前から、「もったいないなぁ」と思う事があって、それは松葉杖の先のゴムです。2~3カ月使っているとゴムが劣化し、(地面との摩擦で擦り減り)簡単に穴が開いてしまいます。こうなると使い物にならず、新しいゴムに交換です。ゴムは1個400円~500円程度ですが、左右の劣化の速度は ほぼ同じなので1回の交換で1000円弱かかります。

「まぁ でも それは仕方のないことじゃないの。」と第三者には見えるかもしれません。しかし私が松葉杖を使い始めた頃のゴムはもっと丈夫で、一年に一回程度の交換で事足りていたように記憶しています。何でもそうですが、昔の品の方が丈夫でしっかり作ってあり 品質も良かったのでしょうか。

ついつい その丈夫だった頃のゴムを基準に考えてしまうので、最近のすぐにダメになるゴムを交換するたびに「何かが違う」と思っていました。 早い話がもったいなさ過ぎるんです。(笑)

そこで1年程前から使っているのが、この靴の補修剤です。本来はつま先のはがれた部分や靴底の滑り止めに使用しますが、靴底も松葉杖のゴム底もほぼ同じだろうと試してみました。

これが意外にイケます。ゴム底に塗ることで、補修剤が地面との摩擦を防ぎ、穴が開きません。塗り固めた補修剤自体は2~3ヶ月で摩耗してくるので、また新たに塗り直します。それを繰り返すことで、同じゴムを使用できます。この靴の補修剤を購入するのに1500円ぐらいかかりますが、私は約1年間、使えました。つまり年間に1500円しかコストがかかりません。

雨天時のスーパーなど、店内のツルツルした滑りやすい床との相性も試してみましたが、(自分が体験した範囲内では)大丈夫でした。元々 新品のゴム先でも雨天時の滑りやすい床は注意が必要ですから、補修剤で塗り固めたゴム先も 注意が必要なことに変わりはありません。

この補修剤、使用方法も簡単です。

まずは、ゴム底に無造作に塗ります。

次に付属のヘラで平らに伸ばしていきます。厚みを増し過ぎると乾いて固まるのに時間がかかります。そして 内部は固まらず外側だけが固まり、使っているとすぐにダメになり、塗り直しが必要になるので 厚みは数ミリくらいに。

このように均一に塗ったものを約12時間、風通しの良い場所に置いておけば出来上がりです。私は夜 21時頃に作って、翌朝の9時頃から使います。

新品を買っても、大してうれしくない生活必需品などは、これくらいがちょうどです。(笑)