第793回 「絵ろうそくの世界」

3月30日

皆さん、絵ろうそくってお聞きになったことがありますか?
和ろうそくに絵を付けたもので、とても美しいものです。

私も昨年初めて見て、その美しさに心を動かされました。

雪深い北陸や東北では昔、冬の間は生花がありませんでした。でも、お花はお供えしたい。そういう思いから、ろうそくに花の絵を描いてお供えしたものだそうです。お花の代わりにもなるのは、花の絵が描いてあるから?と思いきや、「原料が植物性だから」。ハゼの実から採った 木蝋(もくろう)で作られています。

絵ろうそくをともすのは、お花を仏様にお届けする意味合いがあるのだとか。またお盆、お彼岸、月命日などに火を灯すことで、亡くなった方の功徳になるのだそうです。

それを知って、お身内を亡くされた方に差し上げるととても喜んでくださり、そこからネットで色々と探すようになりました。四季折々の花が描かれていて、見ていても飽きません。

絵ろうそくには転写と手書きがありますが、やはり手書きの美しさは格別です。(写真はすべて、手書きのものです。)

上はモクレンの花です。一本一本職人さんの手によるものなので、同じ花を描いても違うところがまた、味があります。

こちらは限定商品、お正月用の干支のろうそく。犬張り子が可愛いでしょ?
松竹梅や南天に ほんの少しだけ金が散らされていて、とてもきれいです.

日頃は火を付けずに お仏壇のお花の横に供えれば、 万一お花が枯れた時にも 仏様に失礼にならないという意味合いがあるそうですし、仏様にも自分にも癒やしを与えてくれる気がします。

お値段は2本で千円ちょっとからあり、数は少ないですが 仏壇屋さんでも見かけました。燃やすと無くなってしまう はかない美しさですが、そこに幽玄の美を感じます。

第792回 「比較から生まれる判断基準」

3月24日              中村 覚

「人は物事を絶対的な基準で決めず、他の物との優劣によって価値を判断している」という文章をたまたま読みました。他の物との優劣、つまり比較して価値を判断する? えっ ホントにそうかなぁと疑問に思い始めると、その後の文章がすんなり頭に入ってきませんでした。

例えば、私はいまだにガラケーを使っていますが、それで事が足りているので、スマホが欲しいとは特に思いません。子供の頃から周りの人がほとんど持っているからという理由で、自分も○○が欲しいと思った記憶がありません。もちろん、純粋に自分が欲しいと思った物や好きなテレビ番組などが周りの人と一緒ということはあります。でもそれは内なる基準の結果だと思います。

そもそも比較から生まれる価値というのは優越感や劣等感、そういった類のものじゃないの?と思っていたのです。しかしながら 実はよくよく考えると、他の物と比較して価値判断をしている自分に ふと 気が付きました。
ちゃんと本に書いてある通りだった・・・(冷汗)。

これは映画「スターウォーズ」のキャラクターのピンバッジです。2年ほど前、 美術館の企画展で購入。好きなキャラクターの商品だから買ったわけですが、それ以上に会場限定品だったからです。一般流通品とは違い、ここでしか買えない。「他の物と比較して価値を判断している」まさにそれです。

これは先ほどと同じキャラクターの商品。見るからに子供のおもちゃですが、実は犬のおもちゃです。1800円もしたので、犬に遊ばせるにはもったいない!ネットで見つけた時、「輸入品」と書いてあったので、なるほど近くの量販店には売っていないに違いない。しかも販売数もごくわずかだろう。 当たらずとも遠からずとは思いつつ、これ全部 私の思い込みです。

しかし見つけた当初は「こんな物を買って、どうする?」と正常な判断が働いてました。ところが 数日後、「在庫切れ」と表示されているのを見て愕然。逃がした魚は大き過ぎた。あぁもう手に入らない。

さらに数日後、まさかの再入荷。しかも以前よりも価格が下がっているような・・・。犬用のスターウォーズ商品は、他は軒並み2500円です。なぜ自分の欲しいこれだけが1800円? わかりませんが、これで買う理由が揃いました。

買い物をする際に、本来の純粋な「欲しい気持ち」に「他の物と比較して判断した価値」が加われば 鬼に金棒、青ざめるは財布。(笑)

考えてみれば、買い物だけではありません。外食をする時もしっかり比較して店を選んでいます。皆さんもそうでは?

これはたまぁ~に行くお店のテリヤキチキンサンド。ご覧のようにテリヤキチキンサンドにスープにコーヒーのセットです。

価格は780円。コースメニューを出すお店ですから、味とボリューム、そしてゆったりと過ごせる雰囲気を考えると、私にはこのセットがお得でなりません。

このお得感も考えてみると、他のお店との比較から生まれています。当たり前のことなのに、こんなふうには考えていませんでした。

「他の物と比較して価値を判断している」、つくづくそう思います。

第790回 「苦手な空間認識」

3月10日

私も、いわゆる方向音痴かもしれません。店に入ってから出る時に「あれ、右だったっけ?左?」とか間違うことはよくあります。でも歩き出してすぐに「あ、やっぱり違う」とわかれば、特に差し障りがあるわけではありません。

で、うちのスタッフの中村はもっと上級者で、空間認識が苦手なんです。これに気づくまで、何年もかかりました。運転を任せるようになって、いつもの会場に向かってもらうのに「どっちの方角でしたっけ?」なんてことはしょっちゅうです。初めの頃は「ちゃんと事前に地図をチェックしておいて」とか言ったのですが、それでもわからない。

ある時、いつもの文房具屋さんに行ってと買い物を頼んだのですが、電話がかかってきて「筒井さん、お店がないんです…。」
は?先日行ったばかりなのに、そんなことないでしょう?
どうも、行き方が違うとお店が神出鬼没になるらしくて。(笑)
最初の頃はそれが原因で、気まずくなったりしたものです。

運転自体はうまいんですよ。でも本人曰く「慣れない道を走っている時、急に助手席から『次を右折』と言われると『右折? 右折って、右のこと? あれ?』と困惑してしまいます。普段、歩いている時は右、左がちゃんとわかるのに 運転中になると判断があやしくなるんです。」

ナビを使えばいい?おっしゃる通りかもしれません。県外に出る時には使うんですが、日常よく使う場所をすべて設定するのもうるさいということで、日頃はあまり使わないんです。

ある時、天啓のようにひらめきました。もしかしたら中村は、脳の空間認識部分に、エラーがあるのかもしれないと。失礼かもしれないけどとそう口にすると、怒るかと思いきや、にっこりと笑って「やっとわかってくれたんですね!」。とてもスッキリし、嬉しかったそうです。

それからは対応の仕方が変わりました。空間認識が苦手なのなら、普通よりもわかりやすいように言えばいいだけですからね。「もうすぐ左車線に入らないといけないよ」「で、そこを左ね」。

ある日 車に同乗した私の友人は、「なんて口やかましい上司なの?中村くんも大変だね」と同情してたのですが、朝通った道を彼が「この道は、初めて通ります」と言ったため、私が意地悪で言ってるんじゃないとわかってくれたようです。(笑)

「運動が苦手」「経理が苦手」「話すのが苦手」…人は誰しも苦手なことがあります。でも、それを認識して対処をすればどうってことない場合も多いわけです。
先日のR1グランプリでピン芸人No.1になった、ほぼ全盲の濱田祐太郎さんは 見るのが苦手。でも、話の達者ぶりは素晴らしくて、私もファンになりました。

苦手なものはあっても当然!
対応を変えて人生を乗り切っていきましょう。(笑)