第766回 「メリーゴーランド」

9月23日            中村 覚

味覚が変わるように、思考も変わり
同じ物を見ても以前とは解釈が変わってきます。

ということで 突然ですが、メリーゴーランド いかがですか?
私は子供の頃、何も魅力を感じませんでした。楽しそうに見えなかったのです。

スピードはあまり出ていないし同じ所をぐるぐる回っていて、何が面白いの?
これが子供のころの感想です。
それから時間が流れ、遊園地自体に魅力を感じなくなった頃、何かの拍子で、今度は大人目線で考えました。すると実は奥の深い乗り物ではないのかと思い直したのです。

同じ所をぐるぐる回っている あの様子は、取りようによっては、堂々巡りして何かの問題から抜け出せないでいるみたいです。 でも、それでいて軽快な音楽が流れる極彩色の世界を おとぎ話に出てくる馬に乗って楽しんでいる! このアンバランスさ、ちょっと影のある面白味には、子供の時には気が付かなかったなあ~。(笑)

影などという表現は敬遠されがちですが、光があれば当然 影は付きもの。「アンパンマン」の作者、やなせたかしさんは影の存在であるキャラクターを登場させたことで、 正義の味方であるアンパンマンがより際立ったのだと、何かの本に書いてありました。そうです、バイキンマンのことです。バイキンマンあってのアンパンマンです。(笑)

日本の四季だって一年中暖かいわけではなく、寒い冬は必ず来ます。冬はいらないというわけにはいきません。人の話を聞いていても、良かったこと、上手くいったことばかり言う人の話は不自然で面白くない。快適なものばかりの寄せ集めは、どこか味気ないです。

これは以前、撮った写真です。神社の境内に動かないメリーゴーランドが置いてありました。日付は2009年とありますが、場所は もう思い出せません。 この時は神社とのミスマッチを面白く思いシャッターを切りました。 場所がわかれば、もう一度行って 今度は馬に乗った写真も撮りたいなあ。動きませんけど。

と、ここまで書いて、ふと思いました。今はネットの時代。「神社」「メリーゴーランド」で画像検索してみました。

おっ 多分これだ!幡多郡三原村にある神社のようです。
えらく簡単にわかってしまい拍子抜け。

話の流れとしては、検索しても見つからず、やっぱりもう8年前のことだからと叶わぬ思いを募らせるという展開を期待していましたが…。(苦笑)

今回はメリーゴーランドについて勝手気ままな解釈をしたものの、まだ一度も乗ったことのない人間が書くようなことか?と思います。

第765回 「明治時代の通信簿」

9月18日

先日、とても珍しい資料を目にする機会がありました。明治時代の通知簿と「児童保護者心得」という冊子です。日付は両方とも、明治40年とありました。明治時代の通知簿なんて、珍しい文献でしょう?

表紙に書かれた「島田龍文(りょうぶん)」という名前は、私の祖父で、保管していた従姉妹が見せてくれたのです。祖父は転校したようで、高岡郡戸波(へわ)尋常小学校と高岡郡上ノ加江尋常小学校の2冊がありました。

いわゆる旧字体で書かれた漢字には、ほとんどと言っていいほど、ふりがながふってあります。当時は、それだけ漢字が読める人が少なかったのかもしれません。
例えば学校なら「がっこう」とふりますが、これには「がっこー」と長音でふられています。相談=そーだん、教育=きょーいく など。その頃の生活の一端が垣間見え、興味深いですね。

「児童保護者心得」には、「家庭(うち)にての様子は時々お知らせありたき事」「時々学校を御覧に御出で下されたき事」これは現代も共通ですね。ところが、「三大祝日授与式入学式等にはなるべくお出ありたき事」。え、三大祝日って?

記述には、「三大祝日とは四方拝(一月一日)紀元節(二月十一日)天長節(十一月三日)のこと。」…まだわかりませんよね?
四方拝とは、1月1日の早朝に行われる皇室祭祀(さいし)。今の元日ですね。

紀元節とは、初代天皇である神武天皇が即位された日を日本の『紀元』(日本という国が始まった日)と明治時代に祝日として制定されたものです。建国記念日ですね。

天長節とは、明治天皇の誕生日だったのです。今は文化の日として残されています。
三大祝日は「我が国の最もめでたき祝日なれば家庭にては国旗を立て父兄は児童と共に打ちつれだちておいでくだされたし」。きっと学校でも大々的な式典を行っていたのでしょう。

授業開始時間は、10月・11月のみ午前8時半からで、あとは午前8時からとなっていました。この時期は農繁期だったからでしょうか?
あと、夏休みは8月1日から8月31日まで、冬休みは12月28日から1月6日まで。春休みは3月25日から4月5日までと、今より短かったようです。

右ページには皇室を尊敬すべきこととか、税金は期日までに収めろとか、兵役につく場合は喜び勇んで精を出せとか、明治時代の常識が書かれています。左ページは今の出席簿ですが、なんと「児童勤怠票」!勤怠、なんて言葉は初めて聞きました。

「児童心得」も興味深いですよ。
一.父母の命(いいつけ)をまもり学校の規則や先生の教えはよくまもれ
二.時間をよくまもれ
三.道にて先生やそのほかめうえの人にあったなら礼をせよ
四.学校の用具はていねいにとりあつかえ、入り用の品は忘れな
五.   言葉遣い、みなり、服装は学校の決まりにしたがえ
六.   けいこのほかにみだりに教室に入るな
七. 廊下を走りてはならぬ (…ほとんど武士ですね)
八. 体操場にありてはきまりの場所から他に出てならぬ
九.   先生の許可なくして品物の売り買いまたは貸し借りをすな
十.   品物をすてたときと拾った時とは届け出よ
十一.すべて人の迷惑となることはすな
十二.あぶない遊び又は博打に類する遊びをすな
十三. 姿勢をよくし何事にも整頓に気をつけよ
十四. 校舎校具をきれいに大切にせよ
十五. 他人を呼ぶに名前を呼びきりにすな
十六.買い食い又は喧嘩をするな
十七.ゆききのみちにて石なげなどすな

石投げが出てくるところが時代ですねえ。(笑)
でもなんだか、すっと背筋が伸びるような感じもしますよね。
「道で目上の人に会ったら礼をする」には「しつけ」という言葉が浮かびました。漢字では、身を美しく=「躾」と書きます。現代で、失われつつあるものです。

良い意味でのこの時代の「躾」を、今一度 意識することも大事なのかもしれません。

第763回 「ラッキー・パンチ!」

9月2日

応募してた県展の写真、入選内定のお知らせが来ました。忙しくて、すっかり忘れてました。これから出品用のパネルに仕上げないと…。

私は2013年に、出張先で中村を撮ったこの写真を初出品し、初入選させて頂きました。肖像権に関しては、30円で合意が成立しております。(安っ!笑)

しかし翌年は多忙で写真が撮れず。2015年には出張帰りにたまたま中村が見かけたお遍路さんを写させてもらい、それを出品させて頂きました。
本来ならばきちんと写真撮影の勉強をして、構図や絞りや光や写真加工などを学ぶべきなのでしょうが、忙しさにかまけて何もできていません。(80歳オーバーの私の母は、そうやってきちんと勉強していますが)私は「最近のカメラは賢いから~」とカメラ頼みのまま。(笑)

今も忙しくて写真はほとんど撮っておらず、このコラムで使うために撮っているだけです。だから当然、毎年作品を出せるわけもなく。今年は次女が結婚したのでその時には相当数撮りましたが、「きれいに写す」のと「作品に仕上げる」のはまったく違うので、作品にはできなくて残念でした。



その写真の前撮りは母も一緒だったのですが、撮っている最中に猫が乱入し、追い払ってもかなりしつこくいたんですね。私はそこで撮るのを止めたんですが、母は猫も一緒に撮って、それが今回の県展に入選したんです。う~ん、さすがは年の功!

私の今年の作品もやはり、出張帰りでした。コラムで使えないかと足を伸ばした大月町の道路際で中村が「あ、筒井さん、お神輿ですよ!」と教えてくれたので、後を走ってついてって撮ったのです。

ところがその前の晩、コラムに使えるかもと四万十市民祭の提灯台をSDカード一杯、400枚以上撮り切っていました。

いざ、シャッターチャンス!というところで、「カードが一杯です」とカメラに拒否されてしまいました。えええーー!?こんな時に!?

小さなお神輿は地区のお年寄り4人に担がれ、小さな道の突き当たりを奥の神社へ。鳥居をくぐり、神社の階段を上ろうとしています。

あせって昨夜の写真を数枚、削除します。しかしお神輿も鳥居につかえて、もたついていたのでラッキーでした!しかしまた撮るとあっという間に「一杯です」と拒否され、あせって写真を消すくり返し。結局5~6枚しか撮れませんでした。

そんなわけでシャッターチャンスを逃したかと思ったのですが、幸いその中の1枚が通ったのです。結果的に偶然当たったパンチのようなもので、ラッキー以外の何ものでもありません。(笑)

写真の出品って、何枚も出すのが普通のようです。私は出品と入選こそ3回目ですが、作品を撮っていないので 出せるものがなくて、お恥ずかしいのですが本当に1枚だけしかないのです。そしていつも出張の時、偶然中村が道ばたで見つけてくれたものやモデルになってくれたもの。となれば、「出張」「中村」「出逢いの幸運」。いつも運だけで、なんてありがたいことでしょう!(^^;)

え?「どんな写真か、見せて」ですって?
すみません、発表前に公表しちゃうと入選取り消しになるので、ごめんなさい。

でもこれからも細々と撮るつもりです。
もちろん、出張にも忘れないようにカメラを持参しなきゃ!(笑)