第757回 「追悼 日野原重明先生」

7月22日

先週末は、LABプロファイルの勉強に東京出張していました。
旅先の朝のテレビで聞いた訃報…、日野原重明先生が105歳で人生をご卒業なさったと。ああ、ついにこの日が来てしまった、と思いました。今回は予定を変更して、日野原先生を偲びたいと思います。

明治生まれの105歳でも現役の医師であったこと。第2次世界大戦中の東京大空襲では、被災者の治療に携わったこと。よど号ハイジャック事件に人質として巻き込まれ4日間も拘束されて、助かった時は「残る人生は、神様から与えられたもの」と生き方が変わったこと。地下鉄サリン事件では聖路加国際病院の院長としてみずから陣頭指揮をとり、外来診察を中止し病院に運び込まれた640人の被害者の治療に当たったこと。予防医療の普及に尽力され、日本の長寿に大きく貢献した人間ドックを考案し、「成人病」を「生活習慣病」と改名したこと。自立し社会に貢献する「新老人」を提唱し、新しい生き方を実践なさったこと。人生についての提言を続け、90歳を過ぎての著書「生きかた上手」はベストセラーとなったこと…。

すべてがあまりにも大きな功績で、とても書ききれるものではありません。

2003年、先生が92歳の時に来高され、講演を拝聴して感銘を受けたことから私はファンになりました。当時、コラムにもそのことを書いたものです。今は750回を超えるウイークリーNの第48回「日野原重明先生のお誕生日に」です。

その少し前、2002年から朝日新聞でコラム「91歳私の証 あるがまゝ行く」を始められ、「105歳私の証 あるがまゝ行く」となった現在まで14年間、連載を続けてこられました。週に一度、どれだけ学ばせて頂き、楽しませて頂いたことでしょう!日頃から「命ある限りこのエッセーを続けます」と公言なさり、「最後のごあいさつ」と題した最終回の予定稿など数本の原稿を書きためていらしたとか。まさに「気骨の明治生まれ」でいらしたのですね。

日野原先生のことはあちこちで取り上げられていますが、今回、私が初めて知ったことも沢山ありました。今さら?と言われそうですが…
・聖路加国際病院は「せいろか」ではなく「せいるか」と読むこと。
・血圧測定が医療行為とみなされ、家庭で血圧を測ることができなかった当時、
厚生省と交渉し血圧測定を認めさせたこと。
・国内で初めての独立型のホスピス専門の病院を設立するなど、日本における
終末期医療の確立に尽力されたこと。
・看護教育にも尽力され、教科書もたくさん執筆されたこと。

その他、聖路加国際病院は日野原先生の発案で、大災害の発生を見据えた備えがあるそうです。廊下や待合室などの壁面に酸素の配管が2千本近く張り巡らされ、阪神大震災の時の水不足を念頭に置き、建物の下に 20メートルのプールを造ったとか。2人部屋を主とした病棟を作り、外来の廊下も緊急時にベッドが置けるほどの広さにしてあるそうです。日野原先生が生涯に何度も戦争やテロなどを体験なさったことが、たくさん活かされているわけです。

千人を超える負傷者を助けられなかったご自身の辛い戦争体験から、日本の憲法を「いのちの泉のようなもの」と表現なさっていました。「いのちを守るということについて、これほどしっかりとつくられた憲法は世の中のどこにもありません。」と「十代のきみたちへ: ─ぜひ読んでほしい憲法の本」など、沢山の著作から若者たちに平和への思いを託されています。

すべてにおいて、すごい生き方です。人は105歳まで現役で活躍し、影響を与えられるのだと身をもって示して下さった方です。そんな先生の「生き方上手」を少しでも見習えるように頑張ろう!と改めて思いました。

日野原先生、一世紀を超える間、本当にお疲れさまでいらっしゃいました。
どうぞ安らかにお眠り下さいますように。

第753回 「ジャケ買い。」

6月23日               中村 覚

約1年かけて、ちょこちょこ買い集めた物たちが、やっと日の目を見ることになりました。今回はついつい「ジャケ買い」してしまった品物を紹介します。

753-1

100円程で買えるレトロ感 漂うお菓子です。どれ一つとして食べたくて買ったわけではなく、パッケージにつられて。

753-2

753-3

ドリップコーヒーです。原産国はアメリカ合衆国(ハワイ州)。原色が目を引くパッケージ。赤と青の2種類に強烈なインパクトを受けました。お味は・・・ 飲んでいません。開封すると香りがとても良かったので、そのまま香りを楽しんでいます。

753-4

これは文房具店で見かけた石けんです。石けんなんて (使えば)どれも一緒と思っていますが、箱のデザインにやられました。最初 見た時、「これ、何?」と手に取ったが最後、お持ち帰りです。

753-5

開封すると良い匂いなので、別の部屋に置いています。使ってしまうと主(中身)を失くした空箱がさびしくなりますし。

753-6

これはレトロなマッチ箱、なんですが~

753-7

実は 獅子舞の絵柄は本当のマッチですが、他の2つはご覧のように中身は付箋になっているアイデア商品です。面白いなと思いつつもパッケージがレトロでなければ買わなかったはず。

753-8

これはレコードです。CDと違いジャケットが大きいので、ちょっと小さめのポスターといった感じです。歌い手のことなど全く知らずに買いました。レコードの状態も (傷もなく)良いと思いますが、家にプレーヤーもありませんし・・・。

753-10

聴くのではなく置いて楽しんでいます。
とにかく、描かれているフラミンゴが気に入りました。

753-11

「アンデスコーン」 だそうです。近所のスーパーで見かけても買ってないと思いますが、遠方へのドライブ先で たまたま見かけたので~

753-12

うさぎのエサに。

753-13

最後はこちら。これからの時期には欠かせません。鶴の特大のマッチ箱は、 先日スーパーで初めて見ました。

そしてご存知、赤い鶏は子供の頃から知っていましたが、このカッコ良さに気付いたのはつい最近。「パッケージ」も良くて実力のある、才色兼備。楽しく買って、使って便利。日本の夏、キンチョーの夏。(笑)

第750回 「言葉を足して」

6月3日              中村 覚

「40回目の誕生日に~♪」と始まる浜田省吾さんの「MY OLD 50’S GUITAR」という歌を初めて聞いたのは中学3年生ぐらいでした。きっかけは9歳上の兄の影響です。曲調がとても好きでカセットテープで際限なく聴きました。ところが何回聴いても、出だしの「40回目の誕生日」のフレーズには格別、感情移入ができませんでした。二十歳にもなってなかった当時の私にとっては、まだまだ先のこと過ぎたのです。そんな私も今週で40歳になり、とうとう歌の世界に追いついてしまいました。

750

じゃあ、「実際に40歳になってみて、いかがかな?」と言われましても、まだなりたてホヤホヤ、実感がありません。「ざっと見積もって、人生、半分ぐらい来たんじゃないの? ゆっくり腰を落ち着けて、今後の展望は?」 そんなことを言われても、いつだって未来は読めません。

20歳、30歳、今までの区切りの誕生日の時も、未来に対しては同じような感覚だったのではないかと思います。でもこれまでと明らかに違うのは、過去の記憶がおぼろげになり、昔のことは すりガラス越しの風景にどんどんなりつつあることです。これには手応えを感じます。

ところで毎年この時期は、将来 リハビリの先生になる学生の皆さんと接する機会を頂いております。皆さんからのご質問に対して、これまでの私の体験を踏まえてお答えするというものです。色々なご質問がある中、「学生の時に言われて嬉しかった言葉がけは何ですか?」というのがありました。今の自分たちの年齢を踏まえての自然に出てくるご質問だと思います。

それを受けての私自身はというと、学生の時…んぅ~ 軽く20年前で、どんどん薄れ行く記憶の彼方です。しかも 人間 勝手なもので、嫌だったことは比較的覚えていますが、嬉しかったこととなると 忘れがちです。

何かなかったかなぁと脳ミソを絞り上げます。不意に出てきました。高校生の時のソフトボールの試合のことです。私は高校になってからは体育の時間は全て見学でしたので、ソフトボールも同様、試合を見ていました。そんな私のところに同じクラスの尾木君がやってきて「中村君、バッターボックスに立って、打つだけ打ってみないか?」と言うのです。「(もし)ヒットを打てたら、僕が中村君の代わりに走るから。」と。

私はビックリ!でした。親切な言葉にも もちろんですが、実はこの尾木君とは日頃から親しいわけではなく、話もそれほどしたことはありませんでした。クラスメイトではありましたが、友達ではなかったんです。それなのになんてことでしょう!(嬉)この時、同級生を初めて「カッコ良いな!」と思いました。男前とか、背が高いとか、そういった外見的なことではなく内面のカッコ良さです。この人、どれだけ優しいんだっ!

今、考えてもあの時の尾木君の優しさは「高校生離れ」していたと思います。

ところが、私は尾木君の気持ちが本当に嬉しかったにも関わらず、ただ「ありがとう…、でも いいわぁ。」と断りました。なぜかと言うと、 この時 仮にバッターボックスに立ってヒットを打てたとして、その後 一塁向けて尾木君に走ってもらう。 それは「良いトコ取り」だと思ったんです。この「良いトコ取り」だけしたくなかった。

今考えると、尾木君の親切に対して 自分の気持ちの説明が何もできておらず、たいへん失礼なことをしたと思います。尾木君が今も付き合いのある友達だったら、「(この歳になって改めて)いや実はあの時は~」と聞いてもらいたいのですが、今、どこで何をしているのかもさっぱりわかりません…。

人に親切にしてもらった時には、言葉を足して相手の方に気持ちを伝えてほしいと思います。私みたいにならないように。