第820回 「ミステリアスな電話」

10月6日                 中村 覚

夜になり 家に帰ってくると、テーブルの上で携帯がチッカチッカ光っています。外出時にはもちろん持って行くのですが、この日に限って忘れていました。未登録の番号から午前中の間に着信履歴が8回と留守電メッセージが3件 。

未登録・・・しかも8回という執拗な回数に「?」
とりあえず留守電を聞きました。

1件目
「谷ヤン、木村ですぅ~。骨が折れたのぉ、1ヶ月ぐらいかかるそうなので、休みます。よろしくぅ・・・。」
俺は谷ヤンではない。

2件目
「谷ヤン、留守電、聞いてくれた? 骨が折れたのぅ 電話ください。」
止めろ、陽は落ちて外は闇。知らない人の骨折話を聞く時間じゃない。怖いって。

3件目
「ボソボソ、ブツッ ブツブツ・・・ブツッ、ガァァァ~(雑音)」
いよいよクライマックス?

声の主は50代~60代の女性のようで、どうも仕事仲間に電話をしているみたいです。相手の方とは人間関係も良好なのでしょう。「谷ヤン」ですから。

しかし まぁ「はああぁ~」気が重い。「電話、間違っていますよ」と連絡しようとは思うのですが、留守電が入ってから半日近くも経っているのです。これだけ時間が経過していれば、既に先方ともちゃんと連絡が取れているかもしれません。間の抜けたことになるんじゃないかなぁ。

外の暗い庭を見て 一息入れてから電話しました。

「あの 木村さんですか?」
「はいぃ。」
「午前中に何度か お電話頂きましたが、あのぉ 私は中村と言います。」
「?」「・・・」「え? あ・・・」
「すみません、もっと早く連絡すればよかったのですが、家に携帯を忘れて外出していたので~」
「あぁ、そうだったのね、ごめんなさいね~」

と話はスイスイ進み、木村さんもそれほど驚いた様子ではなかったので、やっぱり知人経由等で既に話はついていたのかもしれません。
とりあえず良かった。

電話の切り際、ちょっと何て言えばいいのか悩んだ末 出た言葉が~
「お大事に。」
「あら? 留守番電話 聞いてくれたの? やっ 恥ずかしいぃぃ(笑)」
そりゃ、聞くって。

ミステリアスな木村さんでした。

※名前は仮名です

第816回 「こてん個展2018」

9月7日                 中村 覚

男友達とドライブ中、どっかのお店でケーキセットでも食べながらゆっくりしようかと誘うと「時間も遅いのでコーヒーだけにする。」と言うのです。確かに21時は過ぎていましたが、だからと言ってなんなんでしょう。 カロリーでも気になるのでしょうか? 確認すると「そうだ。」と言うのです。こうやってまた一人サムライがいなくなる。かわいそうなケーキをペンで描いてみました。

題名 「主人に聞いてみないとわかりません。」

絵よりも題名の方が気に入っております。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、動物をかたどったチョコレートの詰め合わせを頂きました。ライオンやサル、象、カバなどがある中、鳥の形がズバ抜けて良く 食べるのがもったいないと思える程でした。 じゃぁ 食べる前に・・・。

題名 「チョコ」

水彩やアクリル絵の具は使わずにペンや色鉛筆で塗ってみました。当初のおもわく通り、軽い感じで仕上がりました。 ただ色合いと題名とは全く関連がなく、ん~難しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マンドリルの顔は面白いなあ。珍しい生き物だと思うのですが、家からわりと近い動物園にもいたりして不思議です。

題名 「ヒヒ科」

マンドリルは正式には哺乳綱霊長目オナガザル科マンドリル属に分類されるそうです。 ですから、私のつけた題名はウソになってしまいました。題名を付ける時には、多分 ヒヒ科だろうなと思ったんですけど。(笑) 絵はスイカ泥棒をしているところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たいして珍しくもないけれど、たいして知りもしない山羊(やぎ)を描いてみようと。何枚も描いてみた内の一枚です。犬、猫は飼ったことがありますが、山羊はありません、その分、のびのび自由に。

題名 「羊山の子ども」

とても気に入ったできあがりになったので、題名は深く考える必要もないと思い、紙の裏になぐり書きしました。その時、あれ? ヤギって漢字で書く時、「山羊」だったかな?それとも「羊山」だったか?急にわからなくなり、「まっ、どっちでもいいか。後で調べれば一緒だし。」と思い とりあえず「羊山」と書きました。
結果、これは間違いでした。でも絵 自体、どっか間違っている感じもありますから、題名も「羊山(ひつじやま)の子ども」がぴったりじゃないかと。(笑) ヤギを漢字で書こうとした時、魔がさしてくれてありがとう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボールペンでカリカリと書き込んで更に書き込んで、書き込み過ぎて全体的に暗くなってしまった部分にはアクリル絵の具をちょっと塗る。 またその上からカリカリとボールペンで。どこで書き込みを辞めるのか、どこで完成とするのか、引き際?に迷います。

題名 「発表会」

お遊戯の発表会。手作りの衣装を身に付けて、おどけたポーズをとる。お面を被っているから これなら舞台でも恥ずかしくない。
実はこの絵を最後にしたのは、「それなりにまじめに描いているものを、この場をお借りして見てもらっていますので~」と いう意味合いからです。(笑)

第812回 「あるもの同士の組み合わせ」

8月10日              中村 覚

昔、「知ってるつもり!?」という歴史上の人物を紹介する番組がありました。当時 学生だった私はそれほど熱心に観るわけでもなく、気が向けばたまに観るぐらいのことだったのですが、番組で取り上げられた作曲家の言葉を いまだに覚えています。(すでにお名前は忘れましたが) 自分の作品への世間の称賛に対して「作曲なんて ドレミファソラシドの並び替えですから。」という言葉でした。

謙遜や照れ隠しの表現だと思うのですが、これを聞いて私は「確かに そうだ!」と納得しました。人それぞれ 心に響く曲があると思うのですが、「この曲は本当に素晴らしい! 実はドレミファソラシド以外の『ル』の音が入っているからだ。」などと いうことはありえません。

作曲に対して針の先ほどの興味もありませんでしたが、物事全般に対するとらえ方として 良いことを聞いたなという感じでした。 いや その頃、ここまで考えていたわけではないので、後付けですね。(笑)

それから時間は流れて、去年のこと。「アイデアのヒント」という本をパラパラと見ていた時のことです。

「アイデアとは既存の要素の組み合わせ以外の何ものでもない。」と、冒頭 紙面のど真ん中に、ドォ~ンと書いてありました。ここを読んだ時に 浮かんだのが、先程の「作曲なんて ドレミファソラシドの並び替えですから」でした。

昔の記憶と本に書いてある内容がつながった気がして、 やっぱりそういうものなのかぁと、自分なりに納得しました。

もちろん、突き抜けて独創的なアイデアも世の中に存在すると思うので、いちがいには言えません。 でも 身近な例で言うと、消しゴム付きの鉛筆です。「消しゴム」と「鉛筆」をくっつけたら、あら不思議、特許商品のできあがり! いいなあ。(笑)

だからと言って「私も既存の物同士を組み合わせてアイデア商品を作るぞっ!」と意気込むのもどっか違います…。 いや 作れるものなら作りたいですが。(笑)

そうじゃなくて、既存の物同士を組み合わせて、「日々の暮らしに面白味を。」と再確認したのです。

そういう目線で改めて部屋の中を見てみると、ポツリ、ポツリと既にそれっぽいものがあるじゃないですか。(笑) (自己満足であることをお断りしつつ)今からちょっと見てもらいたいと思います。

これは 以前 期間限定でペットボトルのコーヒーに付いていたタグです。クラフト紙の質感に対する活字などの色合いが良いなと思い、捨てずに取ってありました。 でも こういった物は引き出しなんかにしまい込むと、「それっきり…」になりかねません。それなら、とりあえずということで、

木彫り風の動物の首に吊るしてやりました。全然関係のないもの同士ですが、遠目に見る分には意外と似合っているような気がします

これは1000円で買ったフラミンゴです。値段の割に大きいという一点に飛びついて買ったものの、チープさは否めません。(笑)

そこで以前、プレゼントをもらった時のきれいな袋を取ってあったので、それに入れてやりました。顔しか見えなくなりましたが、秘すれば花。値段以上になった気分です。

3年ぐらい前にマンドリルのブームがありました。(笑)かなり盛り上がっていたので「これに乗らない手はない!」と思い始めたが最後、仕組まれた罠の中、ブームには抗いきれません。

ぬいぐるみを買うはめに。
ネット購入だったのですが 届いて唖然とします。 毛並は予想通り良かったのですが「目」が違う。

こんなかわいい目じゃなくて、もっと こうぉ 野性味のある…。でもネットの画面では確認しきれなかったんです。腹立たしい満足のいかないサルです。

それから2年程経って、付き合いで イノシシの被り物を買いました。

こんな物は1,2回被れば ポイ捨て以外、どうしろと言うのでしょうか。だからと言って、ホントに捨てるのはもったいないし、押し入れにしまい込んでしまうと、それっきりになりかねません。

そうや、アイツや。

新種の動物になりました。

どれも組み合わせを狙って買った物ではありませんが、結果的にまずまずかなと。(笑)