第804回「ここから、また やってみて」

6月15日              (中村 覚)

先日 押入れを片付けていると木箱が出てきて、その中に封筒の束がありました。未使用の状態だったので今も使えるのですが、もう使う時もそうないかなぁと思っていると束の間から一枚の写真が出てきました。

写っているのは祖母です。祖母が趣味のパズルをしている何気ない写真です。観光地や特別な日に、「ハイ、ポーズ」パシャリ! ではなく 自然な写真を撮りたいなと思い始めた頃のものです。

で、その何気ない写真を何年かたった後に、他愛のない昔話をするように「(この時を)、覚えている?」と相手に渡して、ちょっと喜んでもらえないかなと。なにもこれは相手が祖母に限ったことではなく、そういうことをしたい時期でした。

時間の経過による写真の効果を考えると1~2年では面白くなく、5~6年は寝かした方が良いはずです。そうなると私自身がその写真の存在を忘れているぐらいがちょうどです。いつも目に入る所に置いてあると、つい相手にすぐに渡してしまいたくなりますから。

それを考えると、今回の封筒の間にしまい込んでいたというのは、けっこう お利口さん。(笑)

写真の裏を見ると08年4月と書いてありますから、知らず知らずの間に10年ものの写真に仕上がっていました。10年ひと昔、熟成度もバッチリ。

ところがです、祖母は3年前に他界したので 実は渡しそびれたのです。写真をしまい込み過ぎ。寝かし過ぎ! あ~ぁらら…。

祖母はジグソーパズルを最初 100ピースから始めて、慣れてきた頃には1000ピースのものを3ヵ月に1つは完成させていたように思います。1000ピースともなると難易度も上がります。一面に広がるまっ白な白銀の世界、 雲一つない青空、こういった部分を組み上げるとなると、80歳を超えた祖母にはけっこう骨折りだったはずです。

ということもあり 2週間に一回ぐらい祖母の家に行き、パズルの途中経過を見ていました。パズルはちゃんと合っている場合、もちろんパチッと はまるのですが、間違っていても、少々力を入れれば はまります。(老眼の祖母には正解のように見えるわけです。)でもそうすると、そこから先、また力任せに次のピースをはめ込むことになり、やがては まったく はまらなくなります。

最初の頃は、まだ慣れないこともあり かなり間違って組み合わせていたので、私がパッ、パッ、パッと無造作に10ピースぐらい外したことがあったのですが…。

これがいけませんでした。

祖母からすれば、何時間もかけて作ったのに、こんなにも間違っているの? そんな気持ちが強かったと思います。 ぼそりと言いました。「もう ようせん(できない)。」

これ以来、間違って組み合わせた部分がたくさんあっても、外すのは3ピースぐらいにとどめて、あとは祖母に気付かれないように正しく組み直すようにしました。

「ここから、また やってみて。」

楽しくパズルをやっている人のやる気を削いで、どーすんの?
今ならわかります。若かったなぁ…。
そんな思い出の写真です。

第803回 「ほほえましい子どもたち」

6月10日

私の母は 庭で花を育てるのが大好きで、沢山の花を育てています。

ある雨上がりの日のこと、インターホンが鳴って玄関に出ると、小学校3年生くらいの男の子がしょんぼりと立っていたそうです。
「ぼく、どうしたの?」と聞くと、
「ごめんなさい。傘をふり回していたら、花を折ってしまいました」

学校帰りに傘を回して歩いていたら、たまたま塀の外へ伸びていた花に当たって茎が折れてしまったんですね。怒られると思ったのでしょう、泣いていたそうです。

「大丈夫。大丈夫。お花は、雨が降ったらまた一杯伸びてくるからね」
と母が言うと安心して帰ったそうですが、なんていじらしい!(笑)

子どもの頃、桜の木を切ってしまったことを正直に父親に話したリンカーン大統領の話を思い出しました。その子もインターホンを鳴らす時には、さぞかし勇気がいったことでしょうにね。えらいなあ。こういう体験から気概=困難にくじけない強い意志が育まれるのかもしれません。

怒らずに「大丈夫」と言ってくれた母の言葉に、その子もさぞ救われたことでしょう。83歳の母は、日頃から登下校時の子どもたちに「行ってらっしゃい」「お帰り」と声をかけています。こういう地域コミュニケーションって、大事ですよね。

そう言えば数ヶ月前、私が庭にいる時にやはり小学校低学年の男の子たちが数人、「すみません、今、何時ですか?」と話しかけてきたことがありました。

「○時○分よ」と言うと、人なつこく「ありがとう」と言ってました。胸に下げてた防犯ベルを私が指さして、「それ、カッコいいねえ」と言うと大声で、「これねえ、電池がないき、鳴らんなっちゅうが!」(笑)
少年よ、それを道ばたで他人に言っちゃあダメだよ~!

「じゃあ家に帰ったら、電池を替えてもらいなさいね」
「うんっっ!!」(笑)ニコニコの笑顔。子どもって愉快ですねえ。

昔はピンポンダッシュが流行って困り果て 学校に電話したこともありましたが(お陰さまでピタッと収まりました)、地域に子どもの声が響くってやはりいいものですね。

今、日本は不誠実な大人の言動が何かと世間を騒がせています。子どものまっすぐな気持ちを大人も改めて見習わなければいけないなあ、と学びを頂いたことでした。

第799回 「外国人とのコミュニケーション」

5月11日

最近は東京・大阪に行くと、町を歩く外国人の多さにビックリします。高知では考えられない多さです。

とりわけ東京では、外国人が増えました。連休中サンルート系のビジネスホテルに一週間泊まったのですが、毎回エレベーターで乗り合わせるのは外国の方々でした。扉を開けて待ってくれていると、ちょっと勇気を出して「Thank you」とか「Good morining」とか一言会話を交わし、お互いに和んだ空気になることも多かったものです。

研修会場だった代々木のオリンピックセンターである朝、トイレ掃除の女性と会いました。スカーフを被っている若い外国人女性でした。

「きれいにしてくれて、ありがとうございます」と声をかけると、にっこり笑顔で
「お姉さん、キレイね」と返してくれました。(笑)
「あなたこそ、キレイよ」と言うと
「日本人?」
「そう。あなたは?」
「ネパール人。」

そうか、ネパールから来ているんだー。非常に乏しいネパールの知識から、
「ネパールは山がきれいね」と返すと、またにっこり笑って
「ありがとう。ナマステ」と返してくれました。
そうか、ありがとうはナマステか、と思い、私も
「ナマステ」と言って合掌しました。

そのひととき、私と彼女の間に流れた何とも言えない温かな交流はじんわりと心の奥を温めてくれ、その日一日、とても良い気分でした。

(写真はイメージです)

翌朝もまた、彼女と会いました。
「グッドモーニング、ミス・ネパール!」と声をかけると彼女はにっこり笑って
「元気?」
「元気よ!あなたは?」
「元気♪」2人で笑い合い、
「Have a nice day!」と言って別れました。後で、
(あそこはナマステだったなー!)と悔しがっている自分がいました。(笑)

その次の日はセミナー最終日で時間が30分も違っていたため、1階から3階までのトイレを回ってみたのですがミス・ネパールとはもう会えませんでした。一期一会の出会いでした。

掃除の方に声かけをしてこんなにやりとりをしたのは初めてで、私の中ではミス・ネパールとの温かな会話が今でも心に残っています。

ちなみに、ネパール語で「ありがとう」を調べてみたら「ダンネバード」と出ていました。えーっ、「ナマステ」は??
「おはようございます、こんにちは、こんばんは」どれでもに使えるあいさつでした。そうだったのか~。ミス・ネパールのお陰で、一つ覚えられました。

もう会うことはないでしょうが、ダンネバード、ミス・ネパール。