第819回 「グランドプリンスホテル新高輪にて」

9月30日

先週に続いて、ホテルつながりで。(笑)
この数年 色々な心理学の勉強のため、東京に行きます。この夏もポジティブ心理学の勉強会に行ったのですが、急遽決まった会だったのでなかなか研修会場が決まらず、私もホテルが決められずに困っていました。

土地勘のない私は苦し紛れに、「羽田空港から北の都心へ向かって行くのはほぼ決まりなので、その途中の品川あたりにホテルを取ればいいのではないか」。そこで航空券とセットで安いホテルを探していた時に目に飛び込んできた文句。

「グランドプリンスホテル新高輪が、今なら、セットで取るとすごくお得!え、ここって芸能人が結婚式をやったりするところですよね?どんなホテルなんだろう?とグーグルマップで見てみると、なんと近代建築があるじゃないですか。「行ってみたい!」ということで、勢いで泊まることにしちゃいました。(笑)

ホテルには、品川駅から緩やかな坂道を400mほど上って行きます。徒歩7~8分といったところでしょうか。

エントランスの反対側には、有名な「飛天」の大きなホールが。2千名くらい入るそうで、この日も企業の株主総会が行われていました。

広々としたロビーを歩きます。

ゴージャスなアイランド型のフロントに荷物を預けて、外に出ました。
せっかくなので、庭園を通って駅に向かうことにします。

ホテルの北東は大きな日本庭園になっています。池の後ろがグランドプリンスホテル新高輪です。(大きすぎて、外観が撮りにくいんです。)

ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪の3つのホテルに囲まれた約20,000㎡におよぶ庭園は見事でした。

さて。夕食は友達と外で頂いたため、ホテルのレストランには行っていません。
帰って来て、落ち着いたお部屋に入りました。

もったいないくらい、広々としたツインです。家族で使いたいなあ。

デスクも広く使えるので、勉強やメイクにも便利でした。

バスルームはバスとトイレ一体型ですが、広くて全体を撮れませんでした。(笑)

窓からの都会の夜景もきれいです。

朝。白いバルコニーがおしゃれで景色に映えます。
お天気は今ひとつですが、近代建築を見に行きましょうか。

こちらは1911年(明治44年)に完成した、 煉瓦造2階建ての旧竹田宮邸です 。「貴賓館」と呼ばれ、グランドプリンスホテル高輪の結婚式場などに利用されています。
戦後、通商産業大臣公邸を経て、昭和28(1953)年から高輪プリンスホテルの所有となりました。

そもそも、なぜ「プリンスホテル」と名乗るのかご存じでしょうか。
西武グループの元オーナー堤義昭氏が、戦後、財産税などの負担で困窮する旧宮家から邸宅地を次々に買い取り、ホテルを開業したからだそうです。堤さんは、元華族や関係者をグループ企業で雇用して生活を助けるということもしたとか。

ウエディング会場として、中は今でも華やかなネオ・バロック様式となっているようですが、残念ながら拝見はできませんでした。

でも、とても美しいホテルを堪能でき、心が満たされました。
皆さまに、少しでも伝わりますように。

第818回 「ホテル サンリバー四万十、オープン」

9月21日

高知県四万十市に4月、新しいホテルがオープンしました。
「ホテル サンリバー四万十」、物産館サンリバー四万十の左側です。

敷地内にコンビニもあるし、お土産は広い物産館で選び放題。(笑)

なんと、四万十市に新しいホテルができるのは、16年ぶりとのこと。
これは行ってみなくちゃと思い、この夏、仕事の時に泊まってみました。

24時間対応のフロント。新しいから当然きれいですし、スタッフの対応も親切で感じ良かったです。駐車場も広いのですが泊まった日がたまたまお祭りの日だったので、車を駐めにくいのではと心配して「○時頃になったら大丈夫だと思います」と、電話で細やかに伝えてくれました。

そして、色々とおもてなしの心意気が感じられるホテルでした。

シングルのお部屋はこんな感じ。

備品にも結構力を入れてますねぇ~。

おしゃれなライトとか、携帯の充電器、木目の加湿器など。1階ロビーには無料のアメニティグッズがあり、ボディタオルや入浴剤、オーガニックのお化粧品までありました。

トイレはこんな感じです。

朝食はビュッフェ。なんと500円で、めっちゃお得感!

部屋のテレビから、ここの混雑状況まで見られる便利さです。

料理の種類も多くて、美味しかったですよ。
(でも、前夜食べ過ぎてあまり食べられませんでしたけど…)

あと、こちらの良い所は、四万十市の中心部が一望できる所です。
最上階の7階の廊下の窓からの景色。

少し離れた四万十川も見えます。

今までこの景色は見られなかったので、かなり嬉しい。

笑っちゃったのは、この表示です。

「虫がお邪魔してしまうので、窓を開けないでください。」
うまい!このユーモア、好き♪

東京や大阪などのホテルにも色々泊まりますが、備品から表示まで、オープンの意気込みが伝わって来ました。バリアフリールームもあるのですが、今年の夏は満杯で泊まれず。いつか家族で来てみようと思います。

第769回 「さようなら、ウトコ…逆転、存続!」

「さようなら、ウトコ 後編」として昨日14日に投稿したのですが、一転本日15日、高知新聞に「室戸【ウトコ】存続決定」の記事が!なんてドラマティックな展開なんでしょう!この情報は最後に詳しくお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月14日

惜しくも11月1日で営業を終了する、室戸が世界に誇るホテル「ウトコ オーベルジュ&スパ」。貴重な最後のステイを楽しんだ、2日目のお話です。

ウトコの醍醐味は、目覚めの瞬間から朝の海を存分に楽しめることにあります。

ウトコでの朝は、東向きの壁一杯のカーテンを全開にしておき、朝日が海から出る光景を眺めることから始まります。この日は5時45分に、窓を染める景色の美しさに「うわあっ!」と声を上げて飛び起きました。この写真はベッドからの眺めそのものです。なんてきれい!!

まるで小学生が夏休みに、海辺での生活を初体験した時の感動が再現されたよう。朝の空は刻一刻とその姿を変え、私はカメラを手に、たっぷり30分以上、夢中でシャッターを押し続けていました。

ほんの一瞬だけ、ダルマ朝日が見えました。ラッキー!!
うまく撮れませんでしたが、今日もいいことありそうです♪

オーシャンビューのバス。なんて贅沢な眺めなんでしょうか。残念ながら朝からやりたいことが多すぎて、お風呂に入る時間はありませんでした。

タイフーンテラスから見た、朝の太平洋。徐々に明けゆく朝の海の美しさを、目に焼き付けておきました。

今回初めて体験した、朝6時半からの「空海テラピー」。
ヨガを20分ほど体験しました。体がシャキッと目覚める感じで、このマットがすべて埋まる盛況ぶりでした。

この鯨のオーナメントは初めてでしたが、ウトコの風景にとてもよく溶け込んでいました。

さて、レストラン「ボンヌ・ペッシェ」で朝食です。平日のためか、ほとんどのお客さまが女性でした。

かつて、「ウトコディープシー&テラピー」だった頃、朝のビュッフェの豪華さは忘れられないものでした。ウイークリーN第267回に、その時の感動を書いています。(バックナンバーはこちら。1月5日分です。)星野リゾートになってビュッフェではなくなりましたが、食事内容はより工夫され、洗練されているように思います。

昨夜の鰹づくしに対して、朝は柚子づくし。

日の出のグラデーションをイメージした3種のジュース。左から、柚子のシロップと海洋深層水のジュース、フルーツジュース、キャロットジュースです。以前からこちらのジュースは感動ものでしたから、最後にまた味わえて良かった!
左は柚子のコンポートと季節のフルーツのヨーグルト。奥のサラダは…

柚子ドレッシングの上に最後に柚子の皮をすり下ろす演出が心憎い。柚子の良い香りがふわっと立ち、食欲をそそります。これは実生(みしょう)柚子という接ぎ木をせず種から育てた柚子で、実を結ぶまでに18年かかるそうです。普通の柚子よりも味が濃く、薫り高いものです。

朝食の内容を、柚子をかたどったリーフレットにイラスト入りで説明してありました。こういう心配りがまた嬉しいものです。

柚子皮を練り込んだ焼きたてワッフルと、エビやホタテのシーフードソーセージとオムレツを柚子胡椒ソースで。もちろん、本当に美味しかったですし、余すところなく地元のこだわり食材を使い切る愛情には拍手を送りたい気分でした。同時に、ウトコと地元産業のつながりと影響の大きさを感じずにはいられませんでした。

こうして、ウトコでの最後のステイは幕を閉じました。
シュウ・ウエムラ氏の「ウ」、室戸の「ト」、高知の「コ」から名前を取ったホテル。本当に素晴らしい室戸の海を楽しませる最上級ホテルの幕が下ろされるのは返す返すも残念です。今後のホテルの経営について室戸市の小松市長は、「芸能人も利用するなど人気があったので残念だ。ホテルとして継続できるよう関係者と協議し、できるだけの支援をしたい」とおっしゃっています。

ウトコの大ファンとして、今までこのホテルに関わって下さったすべての方々に「今まで本当にありがとうございました。」とお伝えしたい気持ちで一杯です。
そして心から、復活してくれる日を願いつつ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月15日

冒頭で触れたとおり、ウトコの存続が決定しました。土佐清水市のホテル「足摺テルメ」の指定管理者である兵庫県の「アクトリゾート」が引き継ぐことが高知新聞で報じられました。バンザイ!!

「アクトリゾート」の社長は、高知ファイティングドッグスのオーナーでもあるそうです。足摺テルメも赤字でしたが、2016年11月期に黒字転換し経営が軌道に乗ったため、新たな事業展開を模索していたそうです。2年間の運営委託契約を締結し、ホテルの建物を含めたウトコ社のM&A(合併・買収)に向け、交渉中だとか。

11月1日に閉館し、12月15日にも再オープンする予定だそうです。星野側から8人の社員を引き継ぎ、新規雇用も10人ほど見込んでいるとか。当初の施設コンセプトである「美と健康」と共に、地元食材などを重視し、高級路線を維持する方針ということで胸をなで下ろしました。

思うに、高級路線を維持するのは地の利が悪い高知県室戸市において、どれだけ大変なことだったでしょう。「海に住む」というコンセプトを打ち出し、2007年には「世界のホテル100選」にも選ばれたウトコ。(ウイークリーN 第265回)確かにオープン当初から言うと、カットされたサービスもありますが、最高級のホスピタリティーを提供するという理念と現状は脈々と続いています。

弘法大師は室戸の空と海に感銘を受けて「空海」と名乗ったと言われています。この朝日のパワーを体感できる、「ウトコ・ステイ」をまた皆さまに味わって頂けると思うと、嬉しくてたまりません。「アクトリゾート」さん、ありがとうございます!

私のフェイスブックを見て、「死ぬまでに行ってみたい所Best 10入りのウトコ」と書いてくれた友人がいるのですが、閉館を残念がり「もしも復活したら、一緒に泊まろう!」と約束していました。(笑)彼女との約束、果たせそうです。