第756回 「道後山の手ホテルにて」

7月14日

わが家では年に一度だけ、1泊で家族旅行に出かけます。長女が車いすなので、バリアフリールームがあり、1泊で行ける距離のホテルに泊まります。今回は愛媛県松山市の「オールドイングランド 道後山の手ホテル」に行ってみました。

756-1

道後温泉本館から、150mほど坂を上ったところに、このホテルがあります。
道後温泉街に、なぜか英国の雰囲気。かなり違っているところが面白い。

756-2a

「オールドイングランド」の名前の通り、英国風の瀟洒なエントランス。
絵になる衣装のドアマンもいます。

756-8

フロント前は落ち着いた雰囲気。ロビーには、沢山のおしゃれ雑貨が置いてあり、お値段も数千円とお手頃です。

756-9

創作フレンチのレストラン「キングオブダイニング」に続くロビー。
夏ですのでガス暖炉?は火が入っていませんが、イングランドっぽさを演出しています。

756-3

お部屋は花柄の壁紙が可愛く、印象的でした。これまでは家族4人で2部屋取っていたのですが次女が結婚したので、ツインルームをトリプルにして、3人で1部屋を予約。ずいぶんコストは下がりました。(笑)

756-4

前室との間のドア幅も結構広かったです。幅60cmの車いすも余裕でした。

756-5

トイレが広いのは、介助するのにとてもありがたいです。
手すりが可動式なのも、車いすを動かすのに邪魔にならず助かります。

756-11

水回りはこんな感じ。右手がトイレで、ワンルームになっています。

756-6

バリアフリールームというと、機能優先で殺風景な壁とかが多いのですが、ここは花柄の壁紙を使っていたり、ボーダー柄のタイルを使っていたりととてもオシャレで楽しい気分でした。バスルームのドアは折れ戸で、大きく開口できます。浴槽は深め。

756-7

それから、前室が広い!車いすを置いても、まだこれだけ幅に余裕があるのは珍しいと思います。

756-10

驚いたのは、こちらで見かけた車いすの方が多いこと。
夕食の同じ時間、数名の方とご一緒になりました。多分、バリアフリーで行きやすく、美味しいお食事が楽しめるからではないでしょうか。

ということでまた来週、お食事についてご紹介しましょう。

第732回 「横浜近代建築①」

1月28日

先日、横浜へ研修で行きました。1日研修だったのですが、どうせなら前泊して横浜の近代建築巡りをしよう!と思いつきました。時間の関係で行けたのは数カ所でしたが、シリーズで横浜市の近代建築をご紹介していきましょう。

①ホテルニューグランド

732-1

以前、近代建築のホテル特集で横浜のホテルニューグランドを知り、「いつか行ってみたいなあ」と憧れていました。横浜へ行く時の飛行機のチケットを取る時、偶然、ホテルニューグランドがホテルの選択肢にあり「これは行こう!」ということで決定。

羽田空港から高速バスで、横浜へ。「山下公園前」で下りると、公園の真ん前にホテルニューグランドがあります。古い本館と新しいタワー棟があり、タワー棟1階にフロントがあります。タワー棟もクラッシックホテルらしい、重厚なインテリア。

732-2

「ホテルニューグランド」は、関東大震災からの復興の証として計画がスタートし、1927年(昭和2年)に開業しました。銀座和光などを設計した渡辺仁氏によるもので、日本有数のクラシックホテルです。外国人専用ホテルとして長い間、外国との架け橋的存在でもありました。太平洋戦争終戦後、マッカーサー元帥が執務室として使っていた315号室は「マッカーサーズ・スイートルーム」として、現在も使われています。

1991年にニューグランドタワーが建てられ、1992年には横浜市歴史的建造物に指定。2007年には、経済産業省が選んだ近代化産業遺産の認定を受けました。

732-3

ホテルニューグランドと言えば、この本館の大階段。ホテルのシンボルのような存在です。重厚な作りと美しさを、ぜひクリックしてご覧下さい!

732-4

本館2階ロビーは、広々としてクラシックホテルの存在感を示しています。数々の映画やドラマのロケに使われているのもうなずけます。

732-5

レインボーボールルーム。舞踏室(Ball Room)として、当時は横浜の大人たちが集う社交の場でした。下調べが不足していたせいで、この部屋の豪勢なインテリアをのぞき見しませんでした…。ああ、後悔!!
グーグルで、ここのバーチャル体験ができます。見事ですよ!

732-6

夜の本館ロビーは、また光の陰影が実に美しいのです。

732-7

さて、私が泊まったのは本館の3階で、しかも窓からの眺めが隣のビル。(笑)ということで、お安く泊まれたのでした。でも、クラシックホテルに安く泊まれるなんて、実にお得感満載♪

732-8

クラシックホテルって、空間がゆったりしてていいんですよねぇ。
奥のドアは、クローゼットです。

732-9

ダブルの部屋を、今夜は独り占めです。(笑)

732-10

トイレの洗面所にも大理石を使ってあったり、絵があったり。
バスタブも大きくて、ホントに贅沢な空間です。

732-12

この他にも歴史を感じられるスポットがあったり、1泊ではとても見切れない、見所満載のホテルでした。

732-11

中華街にも歩いて5分ほどと近く、ホテルの目の前にはあの氷川丸が。
またここに泊まりたいと名残惜しかった、美しいクラシックホテルでした。

 

第726回 「雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ」

12月11日

梼原町役場での、初の交流分析 初級講座6回が修了しました。なかなか深い質問も出て、皆さんのレベルの高かったこと。「先生、最終回には飲み会しましょう!」とお誘い頂いたこともあり、初めて梼原町に泊まることになりました。

726-1

幹事さんの心づくし、「交流分析謝恩パーティー」のお知らせや

726-2

お酒が飲めない私に、特別においしいスパークリングジュースを準備して下さったり。研修では見られなかった皆さんの楽しい顔が垣間見られ、本当に素敵な梼原の夜を頂いたのでした。ありがとうございました。

726-17

この時期、梼原のメイン通りのイルミネーションがきれいです。

726-19

宿泊は第699回 「隈 健吾 建築 ~梼原にて」でもご紹介した、「雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ」。こちらも泊まるのは初めてで、楽しみにしていました。

726-18

夜景はこんな感じ。壁の木目が美しいでしょう?
梼原の役場から、歩いて数分ほどです。

726-5

朝、撮ったホテルの写真。茅葺き屋根を思わせる壁が印象的です。

726-7

1階は「まちの駅 ゆすはら」になっていて、2階・3階部分がホテルです。木のオブジェが、印象的ですね。

726-8

部屋数は15室という小さなホテルですが、これがあなどるなかれ!意外にもラグジュアリー感の高い、くつろぎのホテルなのです。

726-9

こちらはシングルルーム。間接照明なので、全体的に落ち着いた雰囲気になっています。広さは、22m²。水回りが特に広いのです。

726-12

家具や建具は天然木で作り付けという贅沢さ。パソコンデスク、ミラー、冷蔵庫などの収納はとても機能的です。

726-10

長~いポールと荷物置きの台が、とても便利でしたよ。冬場はダウンジャケットなど荷物が多くなるので、こういう造りにしてあるそうです。

726-11

こちらはツインルーム。30~37m²と広々としていて、すごく贅沢な感じ。
スキーシーズン前の平日とあって、1人で使うと朝食付きで7992円でした。(シングルは6912円なので、断然こっちの方がお得感高し!)

726-13

726-14

ツインはバス・トイレが別でした。バスはシングル・ツインともに、オシャレな置き型タイプ♪

726-20

洗面所の流しやレバーまで、オシャレでしたよ~!

726-15

木を使った間接照明が、とてもやわらかい雰囲気を出しています。

726-16

面白いのは、窓。茅葺きの裏側が見えるのです。興味のある方はぜひ、通り側の部屋をリクエストしてみて下さいね。

726-3

朝食は 優しい味付けの煮物など しっかりとした和食で、お腹一杯になりました。

雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ。
本当にお薦めのくつろぎのホテルです!