第813回 「見所満載!宿毛の林邸」

8月18日

皆さん、宿毛市にある林邸をご存じでしょうか?高知県宿毛市に明治22年(1889年)に建てられ、林有造、譲治など3代続けて大臣を輩出した林家の大邸宅、「林邸」。

約630坪と高知県内でも類を見ない広大な住居建築物で、近代建築様式を取り込みながら独特の政治機能をも盛り込んでいる、全国でも貴重な木造建築物でした。

築後130年が経過し倒壊の危機に瀕していたところ、早稲田大学建築学科の研究室の協力やクラウドファンドを得て、新たな観光や住民の交流拠点「宿毛まちのえき林邸」として、今年4月にリニューアルオープンしたのです。

耐震改修や最低限の変更を加えながら、古材と歴史的価値を最大限活かし、地域振興の観光に役立つ再生を試みたのだそうです。

林邸の正面玄関は珍しい、神社を思わせる  丸みのあるむくり屋根。

この飾りは、宿毛湾の波を意匠化しているそうです。大きくしてご覧下さい。

1階は4室連続する座敷と、直角して付属する3室の客室が庭園に面しています。こちらの3室は20畳の続き部屋。

そして最大の特徴は4室連続し、開け放つと36畳の大広間です。
合計で56畳が庭を囲んでいました。
宿泊を含めた来訪者のため、規模に応じてふすまで仕切り、演説会や宴席など政治活動に使われたそうです。

宿毛は自由民権運動が盛んだった土地柄で、残されたおびただしい食器や火鉢などからは百名規模の来客が想像できるそうです。ホテル並みですね。(笑)

箱階段を上がって、2階へ行ってみましょう。

いかにも政治家の邸宅らしいと思ったのは、一見物入れにも見えるような小部屋。見張りを兼ねた書生部屋だそうです。明治の政治家は危険にさらされていた時代背景があり、ここから外玄関の来訪者を確認し、危機を察知したようです。

こちらも危機回避装置の一つ。
床の間の畳を外し、隙間から1階に降りることができます。

言わば「隠し階段」ですね。
公然の秘密だったようですが、使われた形跡はないとのこと。

こちらは、2階で最も贅沢な仕上げの「月見の間」。

当時は堤防が低かったため、右手の障子を開けると欄干の向こうに松田川が見え、川面に映る月を愛でながら酒宴を楽しめたそうです。

ちなみにここ、和室8室とキッチンが部屋ごとに1時間数百円でレンタル可能!
もしかしたら使用中だと、ご覧になれないかもしれませんね。この日は運良く、すべて見学できました。

さて、1階の一角には、新たに作られた光あふれる「林邸カフェ」が。
透明な強化ガラスの壁は、月見の間と同じ 組子細工耐力壁が使われ、開放感を活かした美しい耐震改修となっています。

円形キッチンを囲み、おしゃれな飲食&物販スペースが広がっています。
ちなみにこの日頼んだのは…

ポークビンダルーカレー、800円なり。美味しそうでしょ。
有機のスイーツや飲み物もありました♪

カフェ外側の犬走りには、かつての瓦が再利用されています。
なかなかオシャレです。

とにかく書き切れないほど魅力満載の、林邸。
ぜひ宿毛にいらしゃった時には足を運んでみてはいかがでしょうか?

第726回 「雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ」

12月11日

梼原町役場での、初の交流分析 初級講座6回が修了しました。なかなか深い質問も出て、皆さんのレベルの高かったこと。「先生、最終回には飲み会しましょう!」とお誘い頂いたこともあり、初めて梼原町に泊まることになりました。

726-1

幹事さんの心づくし、「交流分析謝恩パーティー」のお知らせや

726-2

お酒が飲めない私に、特別においしいスパークリングジュースを準備して下さったり。研修では見られなかった皆さんの楽しい顔が垣間見られ、本当に素敵な梼原の夜を頂いたのでした。ありがとうございました。

726-17

この時期、梼原のメイン通りのイルミネーションがきれいです。

726-19

宿泊は第699回 「隈 健吾 建築 ~梼原にて」でもご紹介した、「雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ」。こちらも泊まるのは初めてで、楽しみにしていました。

726-18

夜景はこんな感じ。壁の木目が美しいでしょう?
梼原の役場から、歩いて数分ほどです。

726-5

朝、撮ったホテルの写真。茅葺き屋根を思わせる壁が印象的です。

726-7

1階は「まちの駅 ゆすはら」になっていて、2階・3階部分がホテルです。木のオブジェが、印象的ですね。

726-8

部屋数は15室という小さなホテルですが、これがあなどるなかれ!意外にもラグジュアリー感の高い、くつろぎのホテルなのです。

726-9

こちらはシングルルーム。間接照明なので、全体的に落ち着いた雰囲気になっています。広さは、22m²。水回りが特に広いのです。

726-12

家具や建具は天然木で作り付けという贅沢さ。パソコンデスク、ミラー、冷蔵庫などの収納はとても機能的です。

726-10

長~いポールと荷物置きの台が、とても便利でしたよ。冬場はダウンジャケットなど荷物が多くなるので、こういう造りにしてあるそうです。

726-11

こちらはツインルーム。30~37m²と広々としていて、すごく贅沢な感じ。
スキーシーズン前の平日とあって、1人で使うと朝食付きで7992円でした。(シングルは6912円なので、断然こっちの方がお得感高し!)

726-13

726-14

ツインはバス・トイレが別でした。バスはシングル・ツインともに、オシャレな置き型タイプ♪

726-20

洗面所の流しやレバーまで、オシャレでしたよ~!

726-15

木を使った間接照明が、とてもやわらかい雰囲気を出しています。

726-16

面白いのは、窓。茅葺きの裏側が見えるのです。興味のある方はぜひ、通り側の部屋をリクエストしてみて下さいね。

726-3

朝食は 優しい味付けの煮物など しっかりとした和食で、お腹一杯になりました。

雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ。
本当にお薦めのくつろぎのホテルです!

 

第701回 「近代建築?実は…」

6月19日

先日、東京にLABプロファイルのマスターコースを受講しに行きました。とても興味深く楽しく学べて秋にある上級コースが楽しみになったのですが、そのセミナー会場のすぐ向かいに魅力的な建物があったのです。それがこちら。

701-1

実はここ、あの広告業界の有名企業、博報堂と住友商事などが東京・神田に共同で開発・建設した複合ビルなんです。一見近代建築に見えますが、実は2015年4月に「テラススクエア」として生まれ変わったばかりなのです。

701-2

博報堂旧本館の一角を忠実に再現しており、中で左の高層ビルとつながっています。地上17階地下2階建の、商業施設やオフィスからなる、高い防災・環境性能を有した複合ビルです。

701-3

こちらが1930年(昭和5年)に建築された旧博報堂。シンボリックな塔が目を惹きますが、それも細やかに再現されています。

701-5

正面は、コラム(円柱)のあるデザインが目を引きます。

701-4

重厚な入り口。扉は以前の物をリユースしているのでしょうか?取っ手の中央にある「引」の文字が、時代を感じます。

701-6

さて、建物の右側から回り込んでみましょう。想定外の光景が広がります。

701-7

えらく現代的なガラス張りのカフェが見えます。1階のテナントはHASSO CAFFÈというカフェ&バーなのです。(全国初の、「カフェ&バープロント」と、株式会社博報堂のコラボレーション店舗。)こういうところはさすが、平成の建築ですね。こちらのカフェには行きませんでしたが、次回はぜひ行ってみたいものです。

701-8

2階にはレストランやフードコートがあり、気軽に利用できます。私も沖縄料理のお店やフードコートでお昼を頂きました。

701-9

テラス席も300くらいあるそうで、都会の中でも1000㎡を超えるという広場の緑に親しむことができます。

701-10

近代建築の美を残しながら、現在の使い勝手があるというテラススクエア。面白い建物体験でした。