第726回 「雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ」

12月11日

梼原町役場での、初の交流分析 初級講座6回が修了しました。なかなか深い質問も出て、皆さんのレベルの高かったこと。「先生、最終回には飲み会しましょう!」とお誘い頂いたこともあり、初めて梼原町に泊まることになりました。

726-1

幹事さんの心づくし、「交流分析謝恩パーティー」のお知らせや

726-2

お酒が飲めない私に、特別においしいスパークリングジュースを準備して下さったり。研修では見られなかった皆さんの楽しい顔が垣間見られ、本当に素敵な梼原の夜を頂いたのでした。ありがとうございました。

726-17

この時期、梼原のメイン通りのイルミネーションがきれいです。

726-19

宿泊は第699回 「隈 健吾 建築 ~梼原にて」でもご紹介した、「雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ」。こちらも泊まるのは初めてで、楽しみにしていました。

726-18

夜景はこんな感じ。壁の木目が美しいでしょう?
梼原の役場から、歩いて数分ほどです。

726-5

朝、撮ったホテルの写真。茅葺き屋根を思わせる壁が印象的です。

726-7

1階は「まちの駅 ゆすはら」になっていて、2階・3階部分がホテルです。木のオブジェが、印象的ですね。

726-8

部屋数は15室という小さなホテルですが、これがあなどるなかれ!意外にもラグジュアリー感の高い、くつろぎのホテルなのです。

726-9

こちらはシングルルーム。間接照明なので、全体的に落ち着いた雰囲気になっています。広さは、22m²。水回りが特に広いのです。

726-12

家具や建具は天然木で作り付けという贅沢さ。パソコンデスク、ミラー、冷蔵庫などの収納はとても機能的です。

726-10

長~いポールと荷物置きの台が、とても便利でしたよ。冬場はダウンジャケットなど荷物が多くなるので、こういう造りにしてあるそうです。

726-11

こちらはツインルーム。30~37m²と広々としていて、すごく贅沢な感じ。
スキーシーズン前の平日とあって、1人で使うと朝食付きで7992円でした。(シングルは6912円なので、断然こっちの方がお得感高し!)

726-13

726-14

ツインはバス・トイレが別でした。バスはシングル・ツインともに、オシャレな置き型タイプ♪

726-20

洗面所の流しやレバーまで、オシャレでしたよ~!

726-15

木を使った間接照明が、とてもやわらかい雰囲気を出しています。

726-16

面白いのは、窓。茅葺きの裏側が見えるのです。興味のある方はぜひ、通り側の部屋をリクエストしてみて下さいね。

726-3

朝食は 優しい味付けの煮物など しっかりとした和食で、お腹一杯になりました。

雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ。
本当にお薦めのくつろぎのホテルです!

 

第701回 「近代建築?実は…」

6月19日

先日、東京にLABプロファイルのマスターコースを受講しに行きました。とても興味深く楽しく学べて秋にある上級コースが楽しみになったのですが、そのセミナー会場のすぐ向かいに魅力的な建物があったのです。それがこちら。

701-1

実はここ、あの広告業界の有名企業、博報堂と住友商事などが東京・神田に共同で開発・建設した複合ビルなんです。一見近代建築に見えますが、実は2015年4月に「テラススクエア」として生まれ変わったばかりなのです。

701-2

博報堂旧本館の一角を忠実に再現しており、中で左の高層ビルとつながっています。地上17階地下2階建の、商業施設やオフィスからなる、高い防災・環境性能を有した複合ビルです。

701-3

こちらが1930年(昭和5年)に建築された旧博報堂。シンボリックな塔が目を惹きますが、それも細やかに再現されています。

701-5

正面は、コラム(円柱)のあるデザインが目を引きます。

701-4

重厚な入り口。扉は以前の物をリユースしているのでしょうか?取っ手の中央にある「引」の文字が、時代を感じます。

701-6

さて、建物の右側から回り込んでみましょう。想定外の光景が広がります。

701-7

えらく現代的なガラス張りのカフェが見えます。1階のテナントはHASSO CAFFÈというカフェ&バーなのです。(全国初の、「カフェ&バープロント」と、株式会社博報堂のコラボレーション店舗。)こういうところはさすが、平成の建築ですね。こちらのカフェには行きませんでしたが、次回はぜひ行ってみたいものです。

701-8

2階にはレストランやフードコートがあり、気軽に利用できます。私も沖縄料理のお店やフードコートでお昼を頂きました。

701-9

テラス席も300くらいあるそうで、都会の中でも1000㎡を超えるという広場の緑に親しむことができます。

701-10

近代建築の美を残しながら、現在の使い勝手があるというテラススクエア。面白い建物体験でした。

 

第699回 「隈 健吾 建築 ~梼原にて」

6月5日

このたび、梼原町役場でTA(交流分析)初級講座を若い世代の職員さん対象に行うことになり、打ち合わせに行って来ました。今年は周辺5市町(須崎市/中土佐町/四万十町/梼原町/津野町)で「奥四万十博」も開かれています。(写真はクリックで大きくなります)

699-0

梼原町は町面積の91%を森林が占める森のまちですが、環境モデル都市として小型水力発電・太陽光発電・風力発電(写真)を利用したり、地熱利用の温水プールがあったり、将来的にはエネルギー自給率100パーセントを目指している気骨ある町です。

高知市から車で2時間足らずの「雲の上の町」役場、梼原町総合庁舎です。ご覧下さい、とてもかっこいい建物でしょう!?

699-1

それもそのはず、あの世界的建築家、隈 健吾氏の設計なのです。オリンピックの新国立競技場計画案、歌舞伎座の建て直しなどでより脚光を浴びていらっしゃいますね。2007年に建てられたそうですが、木とガラスの組み合わせが面白いです。

699-2

中に入ってまたビックリ、森本千絵さんのアート作品「受話樹」が存在感を誇示しています。クールすぎるでしょ!ホントに町役場?まるで美術館みたいです。

699-3

こちらは町議会の議場。あらゆる所に、ふんだんに梼原町産の杉の集成材が使われています。

699-4

壁には大型スクリーンが埋め込まれ、LEDライトが使われています。机は可動式になっていて、自由なレイアウトで部屋を使うことが可能です。いざという時には避難所としても使えるとか。癒やしと使い勝手が両立されています。

驚いたことに、人口4千人ほどの梼原町には隈健吾氏による建築が、4棟もあるのです。こちらは「雲の上ホテル」。1994年、一連の中では最も先に建てられた建築です。

699-5

今回は時間がなかったので、残念ながら中は撮っていません。

このホテルには、少し離れた町中に別館があります。
「まちの駅ゆすはら&マルシェ・ユスハラ(ホテル)」2010年建築。

699-6

外観は、かやぶき屋根をイメージしているのでしょう。

699-7

1階はまちの駅で、梼原の特産物などをたくさん売っています。吹き抜けの食堂はまるで森の中みたい。雰囲気ありますね。

699-8

さて最後は、「雲の上のギャラリー」。2010年建築。
雲の上ホテルと雲の上温泉をつなぐ通路兼美術館です。

699-9

下から見上げると、まるで船のよう。とにかく、木組みが美しい。

699-10

透明のエレベーターに乗って、周辺の緑を愛でつつ下りると…

699-11

木の美しさに息をのむ天空廊下が続いていました。

699-12

空間の切り取り方が、宗教的美を彷彿とさせます。

699-13

誰もいない、贅沢な時間に心が洗われていく感じ。

699-15

逆から見ると…、荘厳。まったく違う印象になる不思議さ。
言葉が不要になり、どんどん寡黙になっていきます。

ぜひ梼原町にお越しになって、この建築美を堪能なさってみてください。