第822回 「一石三鳥の雑貨屋さん」

10月19日

文教の町と言われる佐川町。上町地区のこの辺りは司牡丹を始め、藩政時代の風情漂う白壁の建物が多く残り「酒蔵ロード」と言われています。

先日、たまたま行く用事があり、そのついでに有名な雑貨屋さん「キリン館」に行ってみよう!と中村と話が盛り上がりました。過去2度定休日(火曜)と被っていたもので、初めて訪れました。

キリン館は2年前にこちらに移転したお店で、江戸時代後期に建てられた国の登録有形文化財「旧竹村呉服店」を改修しています。ちなみに竹村家は江戸時代には質屋を営み、その後呉服商へと商売を発展させた、地域の豪商です。

店内はぎっしりと見応えある雑貨や洋服などが一杯!
オーガニック食品やフェアトレード商品、お洋服まで、目移りします。
ふと右手を見ると・・・

なんと!家の中にお蔵がありました。初めて見ましたが、内蔵と言うそうです。
中もお宝がぎっしり並べられています。(笑)

そしてお店の奥に、もう一つの世界が広がっていました。

喫茶「まるきゅう」です。
「旧竹村呉服店」のお店の紋が「丸に久」だった由縁だとか。

立派な床の間。

特に素敵だなと思った、光と陰が美しい部屋。
右手奥の中庭が効いています。
家具はこちらに似合うイギリス製のアンティークものを探したんだそうです。

メニューを見て驚き。佐川の地乳アイスやオーガニックハーブティーなどと並んで、フランス マリアージュ社の「マルコポーロ」があるじゃないですか!大好きな香りの紅茶です。それと、いちじくのシフォンケーキをオーダー。

美味しくて大満足♪こちらのオーナーさんの「良いもの」へのこだわりを強く感じました。お話ししていると「上もどうぞご覧下さい」とのこと。大喜びで2階へ!

2階の店舗側は、旧竹村呉服店の成り立ちなどをまとめた資料がありました。

左右の鉄窓に文政11年(1828)と明治5年(1872)の刻印があることから、文政11年頃に建築し、明治5年頃に改修したと推測されるそうです。

う~ん、190年も前に建てられたのですね!すごいなぁ。

北側は、住居スペース。
江戸時代を感じられる広々とした和室。欄間も見事な造りです。

踊っている波の模様が光を通し、まるで炎のようにも見えました。

雑貨、カフェに建築まで楽しめて、一石三鳥の大満足なキリン館。
これからも、足を運ぼう!と思いました。

第817回 「刀舟屋の夜」

9月14日

いよいよ今週 重要なイベント、LABプロファイル®マスタープラクティショナー講座が開講しました。前夜、一緒に講師をする神奈川の八重田さんを空港にお迎えに行き、初日の打ち合わせをしました。打ち合わせに選んだお店は、帯屋町公園の北のこちら。

築百年の、まるで寺田屋のような雰囲気の「刀舟(とうしゅう)屋」さん。
龍馬ファンの八重田さんは「まるで、龍馬が出て来そう」と大喜び!

そして打ち合わせが始まるはずが…お料理が素晴らしすぎて、そっちに意識が集中。(笑)私もこちらは初めてで、手をかけたお料理の数々にすっかり心を奪われてしまいました。

ナスの素麺。山芋をかけ大葉を入れて、生ウニを載せているという贅沢な前菜でした。ナスののどごしがトゥルンとしてて、最高!

海老しんじょの揚げものの、おろし煮。

活きイセギの黄身あえ、マグロ、ケンサキイカ、カツオ、山芋とカツオの市松巻き。ゴージャスなお刺身に、何から食べよう~?と悩みます。(笑)

こちらは1階は小さなカウンターのみで、2階は座敷が一つだけです。
だからこそ手の込んだ、濃密なお料理でもてなせるのでしょう。

またお祭りのような一皿が来ました。右上から時計回りに、イタドリの白和え、シーチキンのキャベツ巻き、イカの明太子和え、エリンギの牛ロース巻き、大根の砧巻き、賀茂なすの味噌田楽、人参の煮物、し巻き、キュウリのビール漬け。

もうこれらの手のかけ方がいちいちすごくて、美味の競演!人参は一時間半も煮てあるし、牛ロース巻きは余熱だけで肉を調理してて甘みが押し寄せるし、初めて食べたキュウリのビール漬けのパリパリ感と言ったら!

揚げ物は、トウモロコシと海老のかき揚げ、山芋、大葉と生ウニ。海老は川海老?と思うくらい殻がパリパリしてて絶品だったのですが、活き海老だからだそう。

こちらは、カツオのオリーブ焼き。器も美しく、世界観がいいですね。

活きイセギのにぎり寿司と、小鯛とワカメの素麺のすまし汁。ワカメの素麺は震災の支援として、八戸から空輸しているそうです。

シメはコーヒーのわらび餅。ゼリーとは食感が違い、モッチリしています。上に抹茶がかかっているのが意外でしたが、苦みがよく合っていました。

もう一人、岡山から参加の講座の受講生、中谷さんも始終ご満悦でした。
一生懸命働いて、また食べに来たい!と思わせるお店でした。

そして翌日、LABプロファイル®マスタープラクティショナーコースが、盛況の内にスタートしたのでした。これについては、また後日お伝えしますね。

第810回 「窪川の隠れた名店、ボルゲリ」

7月26日

数年前、四万十町で「四万十ポーク街道」の催しをやっていた頃、一番のお気に入りは「キッチン・ヤノ」のスモークカツ丼でした。そこが移転し「ボルゲリ」と名前を変え、夜だけの営業になったのでなかなか行けませんでしたが、やっと数年越しの念願が叶い、行くことができました。

場所は国道56号線から50m位入った、四万十町環境改善センター駐車場の裏手です。黒い建物がおしゃれですね。営業は18時からです。

中はこんな感じで個室に分かれていますので、落ち着いてゆったりとくつろげます。あれこれとメニューを見て選ぶ時間も楽しい♪

まずは、ホタテ貝柱のレモンクリームサラダ。(800円)
大皿で、たっぷりとした量が嬉しい。

本日のおすすめ「黒毛和牛赤身肉のタタキわさびじょうゆ」(1500円)、
これが実に美味しかったこと!ネギの爽やかさで、いくらでも食べられました。

「ベーコンとキノコのスパゲティ」(800円)これも見た目よりたっぷりの量があり、あっさりとしたカルボナーラって感じでした。

そして、念願だった「四万十ポークのスモーク塩カツレツ」(800円)。
そうそう、この味、この香り!スモークが香ばしく鼻に抜けていきます。
数年越しの願いが叶い、大満足でした。

メインは「黒毛和牛ランプ肉のステーキ カリカリにんにく」(2000円)。
このにんにくが香ばしく、さすがの美味しさでした。

お酒を飲まないので、シメはバニラアイスクリーム。
実に盛りだくさんに食べてしまいました。(笑)

ゆったりと食事を楽しめる、大人だけの贅沢な時間を窪川でも過ごせる嬉しいお店。また来たいのですが、高知市から片道車で1時間、かつ夜だけの営業となれば次回はいつになることか…。(笑)それだけに、貴重な味わいでした。

【BOLGHERI:ボルゲリ】
〒786-0008
高知県高岡郡 四万十町榊山町6-20
TEL 0880-22-0811
定休日 : 火曜日(臨休あり)