第749回 「サプライズのキビナゴ丼!」

5月26日

高知市から車で2時間半の宿毛市。4月~6月の時期、キビナゴが旬を迎えています。
宿毛のスーパーでは、きびなごが1パック200円と大安売り。

749-1

新鮮なキビナゴは青っぽく、時間がたつにつれて赤っぽく変わっていくんです。

今、宿毛市ではキビナゴを使った丼で町おこしに取り組んでいます。
きびなご丼マップまで作っているんですよ。
ということで宿毛に行った時、早速味わってみました!

749-2

3年ほど前にできた、「レストランバー聖」さんに初めて行ってみました。
宿毛駅の東南、ホテルアバン宿毛の向かいあたりです。レストランウエディングもなさっている、とてもきれいな所です。

749-3

入口を入り、右手のドアをくぐると、レストランです。

749-4

中は白を基調にした、ウエディングにピッタリの雰囲気。

実は生のキビナゴを使うきびなご丼は、どこのお店も前日までに要予約です。キビナゴは非常に足の速い魚で、新鮮でないと刺身では食べられません。もちろん荒天で、水揚げがなくても食べられません。この日も低気圧が近づいてたので大丈夫かな?と心配だったのですが、無事、生のきびなご丼(850円)が目の前に運ばれて来ました。

749-5

おーっと、薬味が多くて見えません!お箸でかき分けてみると…

749-6

青光りする新鮮なキビナゴが顔をのぞかせました。おいしそ~う!
一方、中村の前に運ばれて来たきびなご丼は、「わたぼうし丼」(850円)。

749-7

(なんだ、これは??)という顔をする中村。ふっふっふ、驚いただろう!
私もネットで見た時には驚いたもんな~。(笑)
「キビナゴの天ぷらの上にのっているのは何ですか?」

749-8

「これは、綿菓子です」「えー!??」
「こちらのたれを上からかけてお召し上がり下さい」と笑顔のウエイトレスさん。
ウエディングもなさっているだけに、接遇力も高くて好印象です。

749-9

温かいたれをかけると、綿菓子はジュワ~ッと見る見る溶けていきます。
ビジュアル的にも楽しめる丼なんですね♪

749-10

それぞれ、小分けして味わいました。
生のきびなご丼は、銀色のラインが青みがかって本当にきれい!
鮮度が命の魚ですが、今朝の獲れたてですからね。

749-11

キビナゴはあっさりした味だけど、卵黄でコクを出し、薬味でさっぱり。
和風の味わいは、そりゃもう期待通りの美味しさです!
かたや、初のわたぼうし丼は…

749-12

中村の「すんごい味です。食べてみて下さい!」に、思わず笑いました。
開いたキビナゴの天ぷらに、綿菓子が溶けてほのかな甘みが広がってて、こくのある甘辛い感じにうまく仕上がってます。綿菓子のサクサクした食感で実に美味しい!

「最初は筒井さん、普通のが食べられていいなと思ってたんですが、
すみません。こっちの方が美味しいです!」と興奮気味。
「うん、生の方は予測できる美味しさだけど、わたぼうし丼はサプライズ!
不意打ちを受けた美味しさって感じだよね~」と話も弾みます。

749-13

食後は可愛らしいラテアートのカプチーノを頂きました。
コーヒーの味が見た目とのギャップで実に芳醇だなぁと思ったら、イタリアの老舗シモネリ社のエスプレッソ・マシーンを使用しているとか。道理でと納得。

さすがは旬の美味。週に一度は食べたいようなきびなご丼に、宿毛でのお仕事はないかなぁと真剣に考えているほどです。(笑)

第741回 「美味しいものとの出逢い」

4月2日

先月はとても美味しいものとの出逢いがあり、いまだに思い返すほどです。
というわけで、皆さんにもご紹介しましょう!

①キッチン南海の「カツカレー」(東京・神保町)
741-1

東京の神保町へ勉強に行った時、友人が連れて行ってくれました。神保町はカレーが有名なんだそうです。キッチン南海はお店の前に食品サンプルがあったりして、昭和の小さな定食屋さんの趣。1966年創業だそうです。金曜日の12時半頃のお店の前には10人以上の行列ができており、30分ほど並びました。

741-2

店内はまるでラーメン屋さんのように、ひしめくお客さん。仲間4人で狭いテーブルを囲み楽しく話しながら、友人お薦めの一番人気のカツカレー(750円)を頼みました。そして運ばれて来たカレーは衝撃でした。

741-3

黒いカレー!写真ではわかりにくいですが、キャベツもかなりな量。
カツは薄めですが、サクサクの食感。

一口、ぱくりといくと実にスパイシーで、それでいてズシンと深い旨み!その美味しさにすっかり心を奪われてしまいました。「30分並んで良かった!」と感激しながら、大盛りのような量を完食してしまったのが響いたのか、3日で1.5キロ太って帰ってきました…。でもでも、また勉強に行く時には、必ずまた来よう!と固く決心。

②満州軒の「満州ジャンメン」(高知・四万十町)
さて、こちらは高知の美味しいものです。高知市から車で1時間、四万十町(元・窪川町)に行った際、評判の高い満州軒に行ってみようと思い立ちました。ここのジャンメンなるラーメンが美味しいと評判で、支店を高知市に作ったらしいのですが、そこもすごく繁盛しているとの記事を読んだもので。

741-4a

国道56号線沿いにある満州軒は、意識しないと素通りしてしまうような小さなお店です。11時オープンのこのお店、11時15分には地元の方々で満席になり、それ以降は小さな町にも関わらず席が空くのを待たなければいけません。

741-6

四万十町は養豚業が盛んで、美味しい豚肉には定評があるんです。
で、ここの看板メニューの「満州ジャンメン」(750円)がこちら。

741-7

ニラとホルモンがたくさん入った、溶き卵と麻婆あんかけのラーメンです。これがピリ辛で美味しく、特に冬場は身も心も温まる感じです。これも結構量があるんですが、やっぱり完食。

741-8

もう一品心を動かされたのが「ゆでホルモン」(380円)。なんとこの値段で野菜もたっぷり。価格設定がおかしい気もしますが…重いお皿をかぶせて、蒸し焼きに。

741-9

ゆでてあるので、あっさり美味しく頂けます。
ああ、書いていたら また食べたくなってしまった…。

しかし、美味しいものとの出逢いは人生を豊かにしてくれますよね。
また新年度も、新しい出逢いを心待ちにしています。

第737回 「香川のレストラン シェ 長尾」

3月5日

737-1

先日、香川県での仕事の帰りに、中村が情報を入手した素敵なレストランに行ってみました。丸亀市の「レストラン シェ 長尾」です。大通りからは見えない隠れ家的なお店で、堂々たる日本家屋のお屋敷。咲き始めた梅に、春の訪れを感じます。

737-2

立派な門構えですね。とてもフレンチレストランとは思えません。

737-3

こちらは昨年の11月13日にオープンしたばかりとか。
広い玄関に上がり、広い廊下をぐるっと回ってお部屋に通されます。

737-4

雪見障子からは、広いお庭の様子が伺えます。

737-10

案内して頂いたのは、ちょうどおひな様の前でした。

737-5

広~い一枚板の立派なテーブルと、低いイス。これは座りやすく、かつ座敷の雰囲気をそこなわずに、実に洒落たしつらえです。お料理にも期待が高まります。

737-6

来ました!最初は、『マッシュルームのブルーテ』。
スープの中に温泉卵を入れ、黒こしょうとトリュフの香りがするオイルをかけたものです。

737-7

とろ~りとした食感が温泉卵にマッチしてて、口に含むとマッシュルームの香りがふわ~っと立ちます。こういうの、初めて♪これからの食事に期待感が膨らみます。

737-8

『シマアジと魚介のタルタル』。シマアジとサワラ、ホタテをタルタルソースでまとめた料理。生で食べられるカブの上には、マスの卵をトッピング。ソースは3種がのっており、ガラスのお皿はまるで宇宙のようにも見えます。春のやさしい味でした。

737-9

『鯛のポアレ』
香川では鯛がよく供されます。皮目はパリッと、中はしっとり。満足感に満たされます。

737-13

次の肉料理用にセッティングされたのは、シェフがフランス修行中に購入した「ラギオール」のナイフとフォーク。こちらは、日本ではあまり見かけないとのことでした。手に持つとフィットし少し重量感があり、ねじったフォークのデザインなどすごくオシャレで使いやすい!ちなみに取っ手は香川の県木でもある、オリーブです。

肉料理は、2種類から選べます。

737-11

『讃岐(さぬき)夢豚のロースト』
こちらは、讃岐夢豚を使ったお料理です。新玉ねぎと春キャベツ、菜の花とスナップエンドウが春の付け合わせ。コクがあり、やわらかくておいしい。

737-12

こちらは『讃岐オリーブ牛 しんたま肉のロースト』。
オリーブ牛はコースに+900円だったと思います。しんたま肉とは牛のももで、きめが細かく柔らかで脂肪が少ない肉です。赤ワインソースと金時ニンジンのピューレが添えられ、肉そのものの旨みが感じられました。

肉料理を切り分けていて「もう少し切れたらいいのに」と感じることもありますが、ここでラギオールのナイフの切りやすさを実感。欲しくなって後で探したのですが、あのデザインはやはりネットでも見つけられませんでした。

737-14

デザートも秀逸でした。『アールグレイのパルフェと苺』
ホワイトチョコレートのブランマンジェの上にアールグレイのアイスと苺のシャーベット、薔薇のエキスを入れたゼリー。ゼリーを食べると薔薇の匂いがふわーっと立ちます。専属のパティシエによるものだそうで、お代わりをもらいたいくらい美味しかったです。

737-15

「この庭に雪が積もると素敵だろうね~」と話したことでした。まあ現実に雪が積もったら、高知自動車道は通れないから、ここまで来られないのですけど。(笑)

高知からは善通寺インターで下り、車で2時間弱でしょうか。お店の方の感じも良くて、遠いけどぜひまた来てみたいです。そのためには、頑張って仕事しよう!と元気を頂けたお店でした。ありがとうございました。

レストラン シェ 長尾
761-2405
香川県丸亀市綾歌町栗熊西1127
営業時間 12:00~21:00
Highlights info row image0877-86-2144