第833回 「新しい出会い」

1月11日

2019年も10日余りたちました。
新年を迎え、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私は今年に入って、新たな素敵な出会いがありました。
昨年ポジティブ心理学の講座で知り合った友人が「高知出身のお友達が東京からUターンするので、ご紹介したい」と言うことで始まったご縁。
今は便利ですねえ、離れててもフェイスブックでご活動を知ることができるので。

お正月に帰って来られた豊永純子さんと、初めてイタリアンレストランakkaでお目にかかりました。豊永さんはアドラー心理学をベースとしたコーチングをなさる看護師さんで、化粧ケア専門士で、講師でもいらっしゃいます。

毎日「よりそい看護師・豊永純子メルマガ」を配信するなど、東京でご活躍なさってただけにとてもアクティブで、かつ癒やしの雰囲気を持つ素敵な女性でした。高知に住むのは高校以来だとかで、精力的に高知ライフを満喫なさっています。

化粧ケア専門士として、んの患者さまに化粧を通しての内面・外面のケア、クリニック支援や研修等を行っていらっしゃるのですが、人を内面からサポートすることや医療への思いなどが共通し、美味しいお料理を味わいながら 初めてとは思えないほど話が弾みました。

今年は特に「化粧ケア」に力を入れていきたいそうです。がんになっても自分らしく生きられるように、がん治療に伴う「心」と「外見」のケアを充実させていきたいとのこと。

がんの方は眉が抜けたりするので化粧ケアは男性にも好評らしくあえて「メイク」ではなく「化粧」としているとのことでした。具体的になさっているのは

・がんになられた方へ実際にマンツーマンでケアを行う
・がんになられた方へ化粧ケア講座の開催
・病院にいらっしゃる治療中の方へ化粧ケアの提供 など。

化粧ケアを学んで、共に実施してくださる方の育成も視野に入れているそうです。
こういう活動が広がると素晴らしいなあと、心が温かくなりました。

その反面、高知県医療審議会委員として考えさせられた話もありました。

高知県に限らず地方は都会流出で慢性的な看護師不足に悩んでいて、政府はアジアからの外国人看護師を雇用する方向に進んでいます。毎年約1万人が看護師の国家資格に合格していますが、離職者も毎年11%。高齢化が進む日本では看護師を必要としているのに、4万人もの看護師が不足しているそうです。

ところが、東京にいた豊永さんの周りではオーストラリアやイギリスなど、看護師の海外(欧米)への人材流出が多くなっているそうです。看護師の離職率が高い理由は勤務条件が関係しています。看護師不足を解消するために高知でも対策がとられていますが、東京と高知では看護師の時給は1000円も差があると聞き、驚きました。

看護師不足はどの国でも深刻な問題となっていて、アメリカは看護師の希望者が多いのに人材育成機関が少ないため不足しています。ドイツでは1960年代から人材不足が深刻で、外国人看護師の受け入れをしています。フィリピンは育成環境が整っているのに、国内での賃金が安いため海外へ流出しています。(「世界の看護師事情」サイトより)

こう聞くとフィリピンなどからの看護師に頼ろうとしている現状も、その国の看護師を奪っているわけで心が痛みます。今や日本だけでなく世界中で看護師が不足している中、地方での医療はますます厳しい将来が待っていそうです。

それに対して、何ができるのでしょうか?難しすぎる問題ですが、求められる一つが豊永さんのような温かで手厚い看護なのかもしれません。

第831回 「高知 蔦屋書店 オープン!」

12月22日

有名な「蔦屋書店」が今月、高知市南御座にオープンしました。駐車場が5カ所・300台分もあるというのに、なかなか入りにくい状態が続いています。

蔦屋書店は大型倉庫をリノベーションした複合施設です。運営は中四国TSUTAYA(広島市)とサニーマートグループのウイル(高知市)の合弁会社です。書店と名乗りながらも日常が楽しくなる“市場”をコンセプトとし、高知県が誇る「食」を中核とした市場のような「にぎわい」を目指した、地域密着型の大型複合書店だそうです。

1階は書店とマーケット・レストランなど、2階は蔦屋書店、3階は子どものための本屋と遊びの施設になっています。特に1階は期間限定のお店を含め20数店舗も入っていて、ちょっとした新しいひろめ市場って感じです。

「世界で最も美しい書店」という写真集でも有名な東京・代官山 の蔦屋書店ですが、高知店も「そこで過ごす時間を楽しめるような空間づくり」という流れを汲んでいるのが感じられます。

蔦屋書店の象徴とも言える、大型壁面の書棚一杯の本。飾りではなく、本物の洋書で埋め尽くされています。圧倒的な知のイメージがカッコイイ!

ではまず1階から少しご紹介しましょう。実は私がこちらに伺ったのは、四万十町の「まんしゅう」が出店していたからでした。

お店は11時からのオープンですが、11時過ぎにはすでに多くのお客さまが。
ここでホルモンの入った名物、ジャン麺を堪能。(880円)

これから大好きなメニューを味わいに 気軽に行けるので、かなり嬉しいです。

こちらは仁淀川町の沢渡茶カフェ2号店「CHA CAFE ASUNARO」です。私はスタバでなく、「さわたりほうじ茶タピオカラテ」をホットで頂きました。(笑)

四万十ドラマの期間限定ストア「しまんとマルシェ」で、大好きな四万十地栗を使ったモンブランを購入。残念ながら、1月9日(水)までだそうです。

「RAKUDA NIKU BARU JAPAN」もありました。四万十育ちの鶏「龍馬ブラック」をはじめ、各種肉料理をご提供する肉バルレストランですね。

この他、現代企業社のレストラン「イソップの台所」や複数の雑貨店など、あちこち見て回りたいお店ばかり。こりゃ一旦入れば、時間かかるはずです。

2階の蔦屋書店のゆったりとした通路は、ベビーカーや車椅子にも優しい造りです。

とにかく本と対象物のコラボぶりがすごいです!
雑貨は他のお店でもよくありますが、規模が違います。

地域振興コーナーでは、沢山の地元開発の商品が並んでいましたし、

1階のジビエ料理コーナーでは梼原産のイノシシや鹿肉まで売っていました。

驚いたのは宝石のような石けん「サボンジェム」を沢山置いてあったこと。結構珍しい品物で、店頭では初めて見ました。商品のラインナップが、実にオシャレです。

さて、最後に3階です。アクセスの階段の壁の模様も素敵ですよ。

階段を登り切ると・・・

沢山のぬいぐるみがお出迎え。
HANSAというメーカーのぬいぐるみは、大人も楽しめるクオリティです。

広々としたキッズスペースは、特に雨の日は親御さんにはありがたいでしょう。ただ、有料ですのでお気を付け下さいね。

営業時間は各店舗で違いますが、蔦屋書店はなんと8時~23時!
遅くまで、ゆったりと楽しめるわけですね。

外のテラスでほうじ茶タピオカラテを飲みながら、買ったばかりの「ハーバードの人生を変える授業2」を読みました。知的刺激をたくさん受けて、ますます人生が楽しくなる予感がする2018年の師走です。

第822回 「一石三鳥の雑貨屋さん」

10月19日

文教の町と言われる佐川町。上町地区のこの辺りは司牡丹を始め、藩政時代の風情漂う白壁の建物が多く残り「酒蔵ロード」と言われています。

先日、たまたま行く用事があり、そのついでに有名な雑貨屋さん「キリン館」に行ってみよう!と中村と話が盛り上がりました。過去2度定休日(火曜)と被っていたもので、初めて訪れました。

キリン館は2年前にこちらに移転したお店で、江戸時代後期に建てられた国の登録有形文化財「旧竹村呉服店」を改修しています。ちなみに竹村家は江戸時代には質屋を営み、その後呉服商へと商売を発展させた、地域の豪商です。

店内はぎっしりと見応えある雑貨や洋服などが一杯!
オーガニック食品やフェアトレード商品、お洋服まで、目移りします。
ふと右手を見ると・・・

なんと!家の中にお蔵がありました。初めて見ましたが、内蔵と言うそうです。
中もお宝がぎっしり並べられています。(笑)

そしてお店の奥に、もう一つの世界が広がっていました。

喫茶「まるきゅう」です。
「旧竹村呉服店」のお店の紋が「丸に久」だった由縁だとか。

立派な床の間。

特に素敵だなと思った、光と陰が美しい部屋。
右手奥の中庭が効いています。
家具はこちらに似合うイギリス製のアンティークものを探したんだそうです。

メニューを見て驚き。佐川の地乳アイスやオーガニックハーブティーなどと並んで、フランス マリアージュ社の「マルコポーロ」があるじゃないですか!大好きな香りの紅茶です。それと、いちじくのシフォンケーキをオーダー。

美味しくて大満足♪こちらのオーナーさんの「良いもの」へのこだわりを強く感じました。お話ししていると「上もどうぞご覧下さい」とのこと。大喜びで2階へ!

2階の店舗側は、旧竹村呉服店の成り立ちなどをまとめた資料がありました。

左右の鉄窓に文政11年(1828)と明治5年(1872)の刻印があることから、文政11年頃に建築し、明治5年頃に改修したと推測されるそうです。

う~ん、190年も前に建てられたのですね!すごいなぁ。

北側は、住居スペース。
江戸時代を感じられる広々とした和室。欄間も見事な造りです。

踊っている波の模様が光を通し、まるで炎のようにも見えました。

雑貨、カフェに建築まで楽しめて、一石三鳥の大満足なキリン館。
これからも、足を運ぼう!と思いました。