第764回 「フォトジェニック・カフェ」

9月10日

今回はたまたま仕事帰りに立ち寄って、とっても素敵な外観に心が踊った「アンティーク・カフェ」をご紹介しましょう。

場所は愛媛県新居浜市。国道11号線から100mくらい入った所にありました。

カフェの入口を通り過ぎ、奥の駐車場に向かいます。なんだか、まるで小さなテーマパークのよう。

建物の一角には、「ヤナギダ珈琲 焙煎工房」という看板が。

駐車場手前には、小さな森をイメージしたようなオブジェがありました。とにかくフォトジェニック、写真映えするスポットです。最近ではインスタ映えって言いますね。(笑)

入口に戻って、店内へ。

写真撮影の許可を頂いたのですが、他のお客さまがいらっしゃる所は遠慮したので、部分的な雰囲気だけ お楽しみください。(笑)

ちなみに、2階はカフェスペースではありません。

さて、仕事のふり返りをしつつ、せっかくなのでティータイムを楽しみましょう。焙煎工房があるくらいですから、コーヒーに力点を置いているのはわかるのですが、紅茶もポットで出してくれるそうで。

ティーカップの柄が可愛らしかったのでご覧頂きやすいようにわざと薄めで入れ、アップルティーの豊潤な香りを満喫しました。地元の白芋の角切りが入った白いもプレーンワッフルは素朴な美味しさ。

これはキャラメルパフェ。アイスの中にはコーンフレークやぶどうが入っていました。ワッフルやパフェは、クリームたっぷりのメニューが多かったです。

店内には値札が付いた売り物のアンティーク雑貨もありましたが、残念ながら期待したほどの数はありませんでした。

店員さんに伺うと、同じ敷地内にアンティークショップがあるそうですが、セール期間以外は開いていないとのこと。

こちらが「アンティークス ヤナギダ」です。道理で素敵な雰囲気。

2か月に一度くらい、10日間のセール期間があるそうです。次回は未定ですが10月末になるとのこと…うーん、残念ながらほぼ出張で無理かも。ホームページに最新情報としてアップされるようですので、ご都合が合う方は両方を楽しまれるといいかもしれませんね。

第755回 「道の駅なかとさ」 オープン。

7月8日

新鮮な魚で有名な中土佐町 久礼新港に、中土佐町初の道の駅が6日、先行オープンしました。高知自動車道の中土佐インターチェンジからおよそ3kmで、漁師町の道の駅、「なかとさ」です。

755-1

この立地、ホントに海のすぐそばです。

755-2

絶景の宿で有名な黒潮本陣(写真右上)の眼下に、木造平屋造りの直販所やレストランなど4棟が集まっています。イチゴ農家によるケーキショップ「風工房」もイタリアン&スイーツとして、こちらに移転オープンしました。駐車場も75台分とゆったり。

755-3

中でも「浜焼き 海王」は、オープン前からずらっとこの行列!一体どれくらいの時間待ったら、お昼にたどり着けるのでしょうか?(笑)

755-12

こちらで食べるのは断念しましたが、店内はこんな感じでした。

755-5

直販所「マルシェなかとさ」には、新鮮な海や山の幸がたくさん。

755-6

伊勢エビやイカなどの生け簀の魚介類を購入したり、その場で食べたりできるようです。

755-7

これ、面白かったですよ。「夫の為のかます」と「妻の為のかます」。
夫の為のかますは普通のかますの開きで、妻の方は「一般には販売されない特大サイズで脂がのってます!」ですって~。(笑)ちなみに、「夫」が2枚で250円、「妻」は1枚で380円でした。

755-8

「岩本こむぎ店」はパン屋さん。ここの行列もすごい!入場制限していましたが、なんでこんなに??と不思議でした。夕方のニュースを見ると、久礼で15年ぶりに誕生したパン屋さんなんだそうです。確かに、パンを買いに町外に出て行く事を考えると、そりゃあ嬉しいでしょうね。小麦も北海道のものだそうですし。

755-4

そして、こちらが新生「風工房」。カフェレストランになりました。
ここの苺のケーキは、もはや伝説レベルの美味しさです。

755-13

もう7月になったので、残念ながら苺のケーキは作られていませんでした。

755-9

魚介系のお店が行列だったので、こちらが穴場かな?とランチを取りました。
風工房は12時半オープン予定を繰り上げ12時前にオープンしてくれたので、暑い中、助かりました。

755-10

ミートソースのパスタ(単品1000円)とちりめんじゃことにんにくパスタ(単品1000円)を注文。ところが、中村のミートソースが来てからもなかなか私のちりめんじゃこパスタが来ません。私達は2番目に入店したのですが、満席になって後から来たお客さまの料理が次々に運ばれてくるのに、いっこうに来ません。中村がミートソースを食べ終わる頃、さすがにしびれを切らして催促しました。

755-11

「お待たせしました」だけで置かれたパスタ…。もう中村は食べ終わっています。こんなに時差があるのは、明らかに出す順番を間違えたのでしょう。忙しいのは分かりますが、こういう場合こそ丁寧なお詫びがあれば、こちらの気持ちも変わってきます。お待ちのお客さまもいらっしゃるし、ケーキはまた今度にしようかとなりました。

755-14

海のそばという立地から、津波など不測の事態のために山の上の黒潮本陣まで避難階段が設置されています。(使わないに越したことはありません。)ドッグランも設置されており、15日のグランドオープン後はさぞ賑わうことでしょう。

今後 町外からのお客さまをいかに安定して惹きつけていくのか、課題はあるでしょうが、ぜひ頑張って頂きたいなと応援しています。

第749回 「サプライズのキビナゴ丼!」

5月26日

高知市から車で2時間半の宿毛市。4月~6月の時期、キビナゴが旬を迎えています。
宿毛のスーパーでは、きびなごが1パック200円と大安売り。

749-1

新鮮なキビナゴは青っぽく、時間がたつにつれて赤っぽく変わっていくんです。

今、宿毛市ではキビナゴを使った丼で町おこしに取り組んでいます。
きびなご丼マップまで作っているんですよ。
ということで宿毛に行った時、早速味わってみました!

749-2

3年ほど前にできた、「レストランバー聖」さんに初めて行ってみました。
宿毛駅の東南、ホテルアバン宿毛の向かいあたりです。レストランウエディングもなさっている、とてもきれいな所です。

749-3

入口を入り、右手のドアをくぐると、レストランです。

749-4

中は白を基調にした、ウエディングにピッタリの雰囲気。

実は生のキビナゴを使うきびなご丼は、どこのお店も前日までに要予約です。キビナゴは非常に足の速い魚で、新鮮でないと刺身では食べられません。もちろん荒天で、水揚げがなくても食べられません。この日も低気圧が近づいてたので大丈夫かな?と心配だったのですが、無事、生のきびなご丼(850円)が目の前に運ばれて来ました。

749-5

おーっと、薬味が多くて見えません!お箸でかき分けてみると…

749-6

青光りする新鮮なキビナゴが顔をのぞかせました。おいしそ~う!
一方、中村の前に運ばれて来たきびなご丼は、「わたぼうし丼」(850円)。

749-7

(なんだ、これは??)という顔をする中村。ふっふっふ、驚いただろう!
私もネットで見た時には驚いたもんな~。(笑)
「キビナゴの天ぷらの上にのっているのは何ですか?」

749-8

「これは、綿菓子です」「えー!??」
「こちらのたれを上からかけてお召し上がり下さい」と笑顔のウエイトレスさん。
ウエディングもなさっているだけに、接遇力も高くて好印象です。

749-9

温かいたれをかけると、綿菓子はジュワ~ッと見る見る溶けていきます。
ビジュアル的にも楽しめる丼なんですね♪

749-10

それぞれ、小分けして味わいました。
生のきびなご丼は、銀色のラインが青みがかって本当にきれい!
鮮度が命の魚ですが、今朝の獲れたてですからね。

749-11

キビナゴはあっさりした味だけど、卵黄でコクを出し、薬味でさっぱり。
和風の味わいは、そりゃもう期待通りの美味しさです!
かたや、初のわたぼうし丼は…

749-12

中村の「すんごい味です。食べてみて下さい!」に、思わず笑いました。
開いたキビナゴの天ぷらに、綿菓子が溶けてほのかな甘みが広がってて、こくのある甘辛い感じにうまく仕上がってます。綿菓子のサクサクした食感で実に美味しい!

「最初は筒井さん、普通のが食べられていいなと思ってたんですが、
すみません。こっちの方が美味しいです!」と興奮気味。
「うん、生の方は予測できる美味しさだけど、わたぼうし丼はサプライズ!
不意打ちを受けた美味しさって感じだよね~」と話も弾みます。

749-13

食後は可愛らしいラテアートのカプチーノを頂きました。
コーヒーの味が見た目とのギャップで実に芳醇だなぁと思ったら、イタリアの老舗シモネリ社のエスプレッソ・マシーンを使用しているとか。道理でと納得。

さすがは旬の美味。週に一度は食べたいようなきびなご丼に、宿毛でのお仕事はないかなぁと真剣に考えているほどです。(笑)