第842回 「お山のイタリアン、オンベリーコ」

3月15日

今年は花粉がひどいとシーズン前に聞いていたので薬で万全に防ごうとしたら、喘息で咳がひどくなり、一時声も出なくなるほどでした。まだ戦いの真っ最中です。

そんな私を可哀想に思ってか(笑)、中村がホワイトデーを兼ねて土佐町の美味しいイタリアンをご馳走してくれるというので、行って来ました「オンベリーコ」。

高知市から車で1時間。土佐町で頑張っているスーパー、「末広ショッピングセンター」の左にある建物の1階で、自然派イタリアンのお店です。

すごく流行っているようで、「今夜は団体様の仕込み準備のため、お昼は12時半が最終入店とさせて頂きます」とありました。

今日は中村が予約してくれたので、通常のランチメニューではないそうです。
楽しみ~♪早めの一番乗りです。

まず、前菜。豚のピスタチオ入りテリーヌや、菜の花入りのフリッタータ(卵焼き)など、春らしい色合いの一皿です。

スープは、野菜たっぷりのミネストローネ。これも優しいお味。

そしていよいよ、メインの一皿です!
「土佐あか牛のタリアータ」。

ドン!と本物の切り株が置かれ、その上にジューシーでぶ厚い赤牛と新鮮な野菜が、
まるでダンスを踊っているようです♪

奥がしっとり柔らかい赤身のランプ肉、手前がイチボ肉。極上です。
イチボは脂と赤身が層になっており、噛みしめがあるお肉でした。
ソースは赤牛のダシとワインを使ったものです。

そして一口。美味しい…。
人はあまりに美味しいものを食べると「自分はこれにふさわしい」と勘違いしてしまうのではないか、と以前ここのお肉を食べて中村と話したことを思い出しました。

中村が多めの150gを頼んでくれていたので、結構なボリュームでしたが
味がかなりあっさりめなので、すんなり食べてしまいました。(笑)
とにかく、土佐赤牛の美味しいお肉を味わいたい方にはお勧めです。

最後のドルチェは「酒粕のパンナコッタとキャラメルパイナップルのアイスクリーム」。あぁ、至福のひとときです。ご馳走様でした♪

今年は年明けから母の事故など色々とあって心身共に疲れがたまっていましたが、仲間のお陰で心の洗濯ができました。ありがたいことです。
さあ、また明日からのハードな仕事も頑張ろう!!

帰りの橋の上からの景色は、「水ぬるむ春」を実感するような川の色でした。

第833回 「新しい出会い」

1月11日

2019年も10日余りたちました。
新年を迎え、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私は今年に入って、新たな素敵な出会いがありました。
昨年ポジティブ心理学の講座で知り合った友人が「高知出身のお友達が東京からUターンするので、ご紹介したい」と言うことで始まったご縁。
今は便利ですねえ、離れててもフェイスブックでご活動を知ることができるので。

お正月に帰って来られた豊永純子さんと、初めてイタリアンレストランakkaでお目にかかりました。豊永さんはアドラー心理学をベースとしたコーチングをなさる看護師さんで、化粧ケア専門士で、講師でもいらっしゃいます。

毎日「よりそい看護師・豊永純子メルマガ」を配信するなど、東京でご活躍なさってただけにとてもアクティブで、かつ癒やしの雰囲気を持つ素敵な女性でした。高知に住むのは高校以来だとかで、精力的に高知ライフを満喫なさっています。

化粧ケア専門士として、んの患者さまに化粧を通しての内面・外面のケア、クリニック支援や研修等を行っていらっしゃるのですが、人を内面からサポートすることや医療への思いなどが共通し、美味しいお料理を味わいながら 初めてとは思えないほど話が弾みました。

今年は特に「化粧ケア」に力を入れていきたいそうです。がんになっても自分らしく生きられるように、がん治療に伴う「心」と「外見」のケアを充実させていきたいとのこと。

がんの方は眉が抜けたりするので化粧ケアは男性にも好評らしくあえて「メイク」ではなく「化粧」としているとのことでした。具体的になさっているのは

・がんになられた方へ実際にマンツーマンでケアを行う
・がんになられた方へ化粧ケア講座の開催
・病院にいらっしゃる治療中の方へ化粧ケアの提供 など。

化粧ケアを学んで、共に実施してくださる方の育成も視野に入れているそうです。
こういう活動が広がると素晴らしいなあと、心が温かくなりました。

その反面、高知県医療審議会委員として考えさせられた話もありました。

高知県に限らず地方は都会流出で慢性的な看護師不足に悩んでいて、政府はアジアからの外国人看護師を雇用する方向に進んでいます。毎年約1万人が看護師の国家資格に合格していますが、離職者も毎年11%。高齢化が進む日本では看護師を必要としているのに、4万人もの看護師が不足しているそうです。

ところが、東京にいた豊永さんの周りではオーストラリアやイギリスなど、看護師の海外(欧米)への人材流出が多くなっているそうです。看護師の離職率が高い理由は勤務条件が関係しています。看護師不足を解消するために高知でも対策がとられていますが、東京と高知では看護師の時給は1000円も差があると聞き、驚きました。

看護師不足はどの国でも深刻な問題となっていて、アメリカは看護師の希望者が多いのに人材育成機関が少ないため不足しています。ドイツでは1960年代から人材不足が深刻で、外国人看護師の受け入れをしています。フィリピンは育成環境が整っているのに、国内での賃金が安いため海外へ流出しています。(「世界の看護師事情」サイトより)

こう聞くとフィリピンなどからの看護師に頼ろうとしている現状も、その国の看護師を奪っているわけで心が痛みます。今や日本だけでなく世界中で看護師が不足している中、地方での医療はますます厳しい将来が待っていそうです。

それに対して、何ができるのでしょうか?難しすぎる問題ですが、求められる一つが豊永さんのような温かで手厚い看護なのかもしれません。

第831回 「高知 蔦屋書店 オープン!」

12月22日

有名な「蔦屋書店」が今月、高知市南御座にオープンしました。駐車場が5カ所・300台分もあるというのに、なかなか入りにくい状態が続いています。

蔦屋書店は大型倉庫をリノベーションした複合施設です。運営は中四国TSUTAYA(広島市)とサニーマートグループのウイル(高知市)の合弁会社です。書店と名乗りながらも日常が楽しくなる“市場”をコンセプトとし、高知県が誇る「食」を中核とした市場のような「にぎわい」を目指した、地域密着型の大型複合書店だそうです。

1階は書店とマーケット・レストランなど、2階は蔦屋書店、3階は子どものための本屋と遊びの施設になっています。特に1階は期間限定のお店を含め20数店舗も入っていて、ちょっとした新しいひろめ市場って感じです。

「世界で最も美しい書店」という写真集でも有名な東京・代官山 の蔦屋書店ですが、高知店も「そこで過ごす時間を楽しめるような空間づくり」という流れを汲んでいるのが感じられます。

蔦屋書店の象徴とも言える、大型壁面の書棚一杯の本。飾りではなく、本物の洋書で埋め尽くされています。圧倒的な知のイメージがカッコイイ!

ではまず1階から少しご紹介しましょう。実は私がこちらに伺ったのは、四万十町の「まんしゅう」が出店していたからでした。

お店は11時からのオープンですが、11時過ぎにはすでに多くのお客さまが。
ここでホルモンの入った名物、ジャン麺を堪能。(880円)

これから大好きなメニューを味わいに 気軽に行けるので、かなり嬉しいです。

こちらは仁淀川町の沢渡茶カフェ2号店「CHA CAFE ASUNARO」です。私はスタバでなく、「さわたりほうじ茶タピオカラテ」をホットで頂きました。(笑)

四万十ドラマの期間限定ストア「しまんとマルシェ」で、大好きな四万十地栗を使ったモンブランを購入。残念ながら、1月9日(水)までだそうです。

「RAKUDA NIKU BARU JAPAN」もありました。四万十育ちの鶏「龍馬ブラック」をはじめ、各種肉料理をご提供する肉バルレストランですね。

この他、現代企業社のレストラン「イソップの台所」や複数の雑貨店など、あちこち見て回りたいお店ばかり。こりゃ一旦入れば、時間かかるはずです。

2階の蔦屋書店のゆったりとした通路は、ベビーカーや車椅子にも優しい造りです。

とにかく本と対象物のコラボぶりがすごいです!
雑貨は他のお店でもよくありますが、規模が違います。

地域振興コーナーでは、沢山の地元開発の商品が並んでいましたし、

1階のジビエ料理コーナーでは梼原産のイノシシや鹿肉まで売っていました。

驚いたのは宝石のような石けん「サボンジェム」を沢山置いてあったこと。結構珍しい品物で、店頭では初めて見ました。商品のラインナップが、実にオシャレです。

さて、最後に3階です。アクセスの階段の壁の模様も素敵ですよ。

階段を登り切ると・・・

沢山のぬいぐるみがお出迎え。
HANSAというメーカーのぬいぐるみは、大人も楽しめるクオリティです。

広々としたキッズスペースは、特に雨の日は親御さんにはありがたいでしょう。ただ、有料ですのでお気を付け下さいね。

営業時間は各店舗で違いますが、蔦屋書店はなんと8時~23時!
遅くまで、ゆったりと楽しめるわけですね。

外のテラスでほうじ茶タピオカラテを飲みながら、買ったばかりの「ハーバードの人生を変える授業2」を読みました。知的刺激をたくさん受けて、ますます人生が楽しくなる予感がする2018年の師走です。