第778回 「幡多バルの昼と夜」

12月16日

私が最近足を運んだ中で、感動したお店をご紹介しましょう。高知市帯屋町にある、
土佐清水ワールド 幡多バル 」高知本店は10月23日にオープンしたばかり。藁(ワラ)に丸のマークが目立ちます。

「土佐清水ワールド」は神戸市と東京都で出店を続ける、幡多6市町村と食材の調達の連携協定を結んだ欧風居酒屋です。運営会社「ワールド・ワン」は土佐清水市と食材供給の協定を結び、2015年に神戸市で1号店を開店。新鮮な清水さばの刺し身などで大人気となり、現在「幡多バル」など7店舗あるそうです。満を持して、高知本店がオープンしたわけですね!

店内はこんな感じ。(一番乗りで写真を撮らせて頂きました)80席ほどあるそうですが、昼も夜も大人気で、予約がなかなか取れないほど賑わっています。

ちなみに幡多とは、ご存じの通り高知県西部にある6つの市町村のことです。幡多バルでは幡多の6市町村と連携協定を結び、大自然が凝縮された美味しい食材の提供だけではなく、幡多のPRスペースとして地域活性を積極的にサポートしていくとのこと。幡多の調味料なども販売しています。

幡多地域の連携企業や、幡多の風景写真などが飾られています。

店内の床には、6市町村のお洒落な地図が。意外と知らなかったりするので、わかりやすくていいですね。

さ~て、メニューです!とにかく「藁焼き」がここの一押しらしい。じゃあカツオか?と思った時、「KOBEスタイル 宿毛のぶりの藁焼きプレート」(930円)が目にとまりました。以前食べた宿毛市のブリのタタキが美味しかったことを瞬時に思い出し、それに決定!

おお、見た目もお洒落です。藁の香りがプ~ンと漂い、いい香り!藁焼きタタキはたくさん食べて来ましたが、こんなに香りが濃厚なのは初めてで、感動の美味しさです!これで千円切るなんて。また隠れていて見えないんですが、大量のオニオンスライスとにんにくが体にもいい感じで、まさに百点満点です♪

こちらは「KOBEスタイル 藁焼きローストビーフ 黒カレー」(880円)。黒なのでガツンと来る辛さなのかと思ったら、意外にマイルドな感じ。イカスミと燻製ミンチと野菜が入っているとか。

「KOBEスタイル 藁焼きローストビーフのコカ」(880円)。
こちらはわりとあっさりめのピザみたいでした。

幡多は食材のワンダーランドで素晴らしいのはわかっていましたが、ここは味も洗練されています。接遇も良く、本当に食を楽しむことができました。「今度は夜メニューを味わってみたい!」という思いが湧いてきました。

ということで、また後日、出張帰りに寄ってみました。(笑)

こちらは「ぶっかけ宗田節とじゃこのサラダ」(680円)。
かなりの量です。たっぷりの宗田節と削り立て0.01mmの’’ふんわり’’くちどけの新食感チーズをトッピングして、あっさりと頂きました。

長太郎貝のバター&ポン酢焼き。(680円)
これは美味しかったんですが、思ったよりもミニサイズでした。

そしてメインの「幡多スタイル 肉の藁焼き」。(2980円)
四万十鶏、四万十ローストポーク、自家製ローストビーフ、四万十ポークのソーセージ、力豚ハラミのプロチェッタ。野菜をたっぷりとのせた幡多スタイル。美味しい上に、量がすごい!お腹一杯になりました。

こちらは「絶品!幡多バル名物 スペイン土鍋ご飯」というネーミングにつられて注文。(1280円)グツグツと煮立って美味しそう。正直お腹は満杯で、注文したのを後悔していましたが…

いやいや、大正解でした!ムール貝、チャンバラ貝、海老、白身魚、魚介の旨みとダシが出たご飯で、ギュッとした旨みに、卵かけご飯?のような飽きの来ない味。食べきるのはとうてい無理と思われたのに、完食してしまいました。たしかに、これは絶品!でした。

すべてのメニューは東京・神楽坂の人気スペインバル「バルマコ」のオーナーシェフの今村真氏(土佐清水市出身)が監修したそうです。道理で、洗練されているわけですね。また一つ大好きなお店が増え、幸せな気分になったのでした。

第764回 「フォトジェニック・カフェ」

9月10日

今回はたまたま仕事帰りに立ち寄って、とっても素敵な外観に心が踊った「アンティーク・カフェ」をご紹介しましょう。

場所は愛媛県新居浜市。国道11号線から100mくらい入った所にありました。

カフェの入口を通り過ぎ、奥の駐車場に向かいます。なんだか、まるで小さなテーマパークのよう。

建物の一角には、「ヤナギダ珈琲 焙煎工房」という看板が。

駐車場手前には、小さな森をイメージしたようなオブジェがありました。とにかくフォトジェニック、写真映えするスポットです。最近ではインスタ映えって言いますね。(笑)

入口に戻って、店内へ。

写真撮影の許可を頂いたのですが、他のお客さまがいらっしゃる所は遠慮したので、部分的な雰囲気だけ お楽しみください。(笑)

ちなみに、2階はカフェスペースではありません。

さて、仕事のふり返りをしつつ、せっかくなのでティータイムを楽しみましょう。焙煎工房があるくらいですから、コーヒーに力点を置いているのはわかるのですが、紅茶もポットで出してくれるそうで。

ティーカップの柄が可愛らしかったのでご覧頂きやすいようにわざと薄めで入れ、アップルティーの豊潤な香りを満喫しました。地元の白芋の角切りが入った白いもプレーンワッフルは素朴な美味しさ。

これはキャラメルパフェ。アイスの中にはコーンフレークやぶどうが入っていました。ワッフルやパフェは、クリームたっぷりのメニューが多かったです。

店内には値札が付いた売り物のアンティーク雑貨もありましたが、残念ながら期待したほどの数はありませんでした。

店員さんに伺うと、同じ敷地内にアンティークショップがあるそうですが、セール期間以外は開いていないとのこと。

こちらが「アンティークス ヤナギダ」です。道理で素敵な雰囲気。

2か月に一度くらい、10日間のセール期間があるそうです。次回は未定ですが10月末になるとのこと…うーん、残念ながらほぼ出張で無理かも。ホームページに最新情報としてアップされるようですので、ご都合が合う方は両方を楽しまれるといいかもしれませんね。

第755回 「道の駅なかとさ」 オープン。

7月8日

新鮮な魚で有名な中土佐町 久礼新港に、中土佐町初の道の駅が6日、先行オープンしました。高知自動車道の中土佐インターチェンジからおよそ3kmで、漁師町の道の駅、「なかとさ」です。

755-1

この立地、ホントに海のすぐそばです。

755-2

絶景の宿で有名な黒潮本陣(写真右上)の眼下に、木造平屋造りの直販所やレストランなど4棟が集まっています。イチゴ農家によるケーキショップ「風工房」もイタリアン&スイーツとして、こちらに移転オープンしました。駐車場も75台分とゆったり。

755-3

中でも「浜焼き 海王」は、オープン前からずらっとこの行列!一体どれくらいの時間待ったら、お昼にたどり着けるのでしょうか?(笑)

755-12

こちらで食べるのは断念しましたが、店内はこんな感じでした。

755-5

直販所「マルシェなかとさ」には、新鮮な海や山の幸がたくさん。

755-6

伊勢エビやイカなどの生け簀の魚介類を購入したり、その場で食べたりできるようです。

755-7

これ、面白かったですよ。「夫の為のかます」と「妻の為のかます」。
夫の為のかますは普通のかますの開きで、妻の方は「一般には販売されない特大サイズで脂がのってます!」ですって~。(笑)ちなみに、「夫」が2枚で250円、「妻」は1枚で380円でした。

755-8

「岩本こむぎ店」はパン屋さん。ここの行列もすごい!入場制限していましたが、なんでこんなに??と不思議でした。夕方のニュースを見ると、久礼で15年ぶりに誕生したパン屋さんなんだそうです。確かに、パンを買いに町外に出て行く事を考えると、そりゃあ嬉しいでしょうね。小麦も北海道のものだそうですし。

755-4

そして、こちらが新生「風工房」。カフェレストランになりました。
ここの苺のケーキは、もはや伝説レベルの美味しさです。

755-13

もう7月になったので、残念ながら苺のケーキは作られていませんでした。

755-9

魚介系のお店が行列だったので、こちらが穴場かな?とランチを取りました。
風工房は12時半オープン予定を繰り上げ12時前にオープンしてくれたので、暑い中、助かりました。

755-10

ミートソースのパスタ(単品1000円)とちりめんじゃことにんにくパスタ(単品1000円)を注文。ところが、中村のミートソースが来てからもなかなか私のちりめんじゃこパスタが来ません。私達は2番目に入店したのですが、満席になって後から来たお客さまの料理が次々に運ばれてくるのに、いっこうに来ません。中村がミートソースを食べ終わる頃、さすがにしびれを切らして催促しました。

755-11

「お待たせしました」だけで置かれたパスタ…。もう中村は食べ終わっています。こんなに時差があるのは、明らかに出す順番を間違えたのでしょう。忙しいのは分かりますが、こういう場合こそ丁寧なお詫びがあれば、こちらの気持ちも変わってきます。お待ちのお客さまもいらっしゃるし、ケーキはまた今度にしようかとなりました。

755-14

海のそばという立地から、津波など不測の事態のために山の上の黒潮本陣まで避難階段が設置されています。(使わないに越したことはありません。)ドッグランも設置されており、15日のグランドオープン後はさぞ賑わうことでしょう。

今後 町外からのお客さまをいかに安定して惹きつけていくのか、課題はあるでしょうが、ぜひ頑張って頂きたいなと応援しています。