第795回 「沢渡茶カフェ」

4月13日

春うらら、吾川郡仁淀川町にできたばかりのお茶カフェ茶農家の店 あすなろ」へ行ってみました。高知市からは57km、車で1時間40分ほどでしょうか。大渡ダムの近くにあります。

仁淀川町は昔からお茶が有名です。沢渡集落で作られるお茶や地元料理を提供するこちらのお店は、3月17日、国道33号線沿いの鷲ノ巣にオープンしたばかり。お茶を通じた地域おこしを目指す企業、「ビバ沢渡」によるものです。

お店の外観。木製のデッキからはダム湖が見え気持ちがいい景色が広がります。

ではお店の中へ。

開店祝いのお花がまだたくさんある時期でした。

仁淀川町産の木材をふんだんに使った店内。ちょうど12時頃だったのもあって、平日にもかかわらず店内は超満員!高知の人って、新しい物好きなんですよね~。(笑)

窓の外は、目にも優しいダムの緑。話も弾むってもんです。

さあ、頼んでいた「あすなろ御膳」が来ました!

仁淀川町の地物が盛りだくさんの、お山のご馳走ランチです。

炊き込みご飯のおむすび、バラ寿司のおむすび、ぜんまいと豚肉煮、鶏の唐揚げ、摘み草の卵とじ、チャーテの和え物、こんにゃくのきんぴら、ジャガイモ醤油炒め、沢渡茶団子汁、沢渡茶羊羹。どれから頂くか、迷ってしまいます。

ただ1200円は、ちょっとリピートしにくい価格かもしれません。(笑)

こちらは、沢渡茶うどん御膳。沢渡茶を練り込んだ、のどごし優しい茶うどんです。茶塩ごま、昆布、刻み海苔、お揚げの4種トッピングに 炊き込みご飯のおむすび、ぜんまいと豚肉煮がついて950円です。

頼みたかった、「茶器で入れる沢渡茶」(煎茶)450円。メニューに「沢渡茶の特徴は、その味わいと後味の良さ。やさしい味でありながら輪郭がはっきりとしていて、茶の味をしっかり感じることができます」とありました。

最後の一滴まで、お茶の旨みを逃さないようにして、味わいます。
う~ん、まろやか~♪

沢渡の茶大福。白あんに茶葉を練り込んであるのがお茶へのこだわりを感じました。おいしかったですよ。

茶香炉がそれぞれの席に置いてあり、ほのかなお茶の香りが いとをかし。

このほかにも沢渡茶スムージーやラテフロート、沢渡茶ワッフルなど、おしゃれなメニューもありました。

もちろん、お持ち帰り用の茶大福やお茶も販売しています。

景色も良く、お茶も美味しく、何よりも地域での意気込みを強く感じたお茶カフェでした。

第791回 「文教の町のカフェ、杉や」

3月16日

高知市から車で45分ほどの佐川町は、文教の町と言われています。実は最近、長女の通所施設で「佐川町の素敵なカフェに行きましたよ」と教えてもらったのが今回ご紹介する「杉や」です。「それは行ってみよう♪」と出かけてきました。

司牡丹の酒蔵のある細い道を、「え、こんな所でいいの?」と不安になるような細い路地に曲がると、見えてきました!隠れ家のような、粋な黒い建物が。

駐車場に車を駐めて門を入っていくと、見事なお庭が広がっています。

引き戸を開けて入って行くと、薪ストーブがいい感じ!
この日は肌寒かったので、見るだけで心が落ち着きました。(笑)

こちらのお席は、あっという間に予約の7人組の女性のお客さまで一杯になって、とてもにぎやかでした。お昼前には一杯になって、お断りするほどの大盛況でビックリでした。

目にも美しい庭園が、待っている間も心を安らげてくれます。

さあ、本日のランチが来ました!

赤魚の西京焼き、卵焼き、春巻き、酢の物、サラダ、プチデザート。ご飯は十穀米です。(880円)食べる量のお手本みたい。少なめですがヘルシーで女性向けですね。

こちらは、中村セレクトの「牛すじカレーセット」(900円)。具が沢山溶け込んでいるのでちゃんと満足感があり、「辛さは穏やかですが、後を引く感じで美味しかった」そうです。

せっかくなのでケーキも頂きました。司牡丹吟醸酒粕と地元吉本乳業の地乳で作った「酒粕ぷりん」がお薦めなのは重々わかっていたのですが、下戸の私達は敬遠。(笑)桃のタルトケーキと紅茶にしました。春らしいカップの色が可愛い。

入口の段差が御覧のように低い一段だけなので、車いすの長女も来られたんだなあと納得でした。

入店時に写真撮影の許可を頂いて撮らせて頂いたのですが、あっという間にお客さまで一杯になったのでラッキーでした。

実はこの日行きたかった「キリン館」という雑貨店が、移転していたと後日わかりました。次はぜひ、こことハシゴをしようっと♪

第788回 「松原ミートで渾身のジビエを頂く」

2月24日

ジビエとは、野生の鳥獣肉。高知県では今、県内40店舗でジビエ料理が食べられる「よさこいジビエフェア2018」を行っています。

イノシシや鹿による農林業被害が2億円を超え非常に深刻化しているため、捕獲されたジビエを大切な資源として有効活用しようという試みです。これは乗ってみなくちゃ!

ということで神奈川から遊びに来た講師仲間Hさんを、高知市のジビエレストラン「松原ミート」にご案内しました。ジビエの捕獲から関わっている本格派のお店で「本日ハクビシンの有害捕獲出動のため閉店します」なんてことも。(笑)

店内はL字型カウンターのみです。メニューは冷蔵庫に貼られています。

私も中村もジビエは鹿やイノシシを数回食べたことがある程度で、わからないなりに一通り注文しました。

肉料理は多くが「100gいくら」なので、肉のかたまりを見せて「どのくらい切りますか?」と訊いてくれます。

◯シャルキュトリ盛り合わせ(1500円)
ジビエ専門店に来たぞ!感満載の前菜です。

右上から時計回りに、豚の生ハム(プロシュート)、豚のソーセージ、鹿のパテ、イノシシの頭の煮こごり。どれも熟練の加工で肉の旨みがしっかりしていました。イノシシの煮こごりは少し味が濃かったのでパンを頼み、載せてサクサクと美味しく頂きました。

◯季節の野菜とヴァントレッシュ(700円)

山盛りの葉物野菜に、ヴァントレッシュって何なのか?後で調べると、塩漬けの豚バラ肉を燻製にしたものらしいです。

◯ソーセージ(ブーダンノワール950円/100gほか  )

ブーダンノワールは黒いソーセージ。鹿の血を使っていると事前勉強してました。恐る恐る注文してみると、意外度100%!玉ねぎも入ってコクがあり、実に美味しい!概念が変わりました。もう一種は今帰仁アグーとふきのとうのソーセージだったかな?私は、ブーダンノワールの方がより美味しかったです。

◯土佐赤牛の炭火焼き(1800円/100g)

ドンと来た、土佐赤牛の赤身肉。これぞ肉祭り!(笑)肉の旨みをストレートに、何度も噛みしめて味わいました。「牛肉はやはり王道の美味しさだね」と納得。

◯ピクルス(300円)

やはりガッツリお肉を食べるので、サッパリした野菜が欲しくなります。ピクルスには四方竹も入っていました。

◯ハクビシンのバロティーヌ(2800円)

さあ 本日のメイン、ハクビシンです!ハクビシンって美食家で、ミカン畑でも食べ頃の甘い木のものしか食べないとか、そりゃ美味しくないわけがないでしょう。農家の敵をとってやります。沖縄で様々なお肉を食べたHさんもこれは初体験とか。

やはり美味しいお肉。バルサミコ酢味かな?でも、今まで食べた どの肉とも違う味。鳥とも豚とも牛とも鹿とも違う…。うーん、文章力のなさが悔やまれます。(^^;)ハーブなどをうまく使っていて、匂いもありません。食感は少し干したイカのようで、噛みしめがありました。右はハクビシンのソーセージですが、クセがなくて美味しい。
(ハクビシンはいつもあるわけではなく、予約が必要です。)

◯エゾ鹿の炭火焼き(1300円/100g)

ものすごく柔らかくてジューシーなのが驚き!鹿肉は鉄臭くて固いイメージがあったのですが、ラム(子羊)みたいな柔らかさで鹿肉の旨みを味わえました。シェフの凄腕を確認した一品で、鹿肉のイメージがガラッと変わりました。

◯皮付きイノシシのブレゼ(2500円)

ブレゼは蒸し煮で、シンプルにお塩で頂きます。イノシシの旨みは固い皮の下の脂身だと私は思っていますので、本当はとろけるほど煮込んだ方が好みなんですが。これは歯ごたえも残しているので食べ応えがありジビエ祭りのトリにふさわしく、満腹でご馳走様となったのでした。Hさんにも魚だけではない高知の食の奥深さを喜んで頂けました♪

お酒が飲めない私はフルーツソーダでしたが、お肉の分解酵素があるキウィが甘すぎない感じで程良く、ついお代わりしちゃいました。

ジビエはなじみが薄いので欲を言えば(メニューでもいいから、もうちょっと説明して欲しかったなぁ)とは思いましたが、とにかくジビエを美味しく、その奥深さも堪能させて頂けました。せっかくなので何人かで行くと、より多くのお肉を味わえますね。

何より、シェフ渾身のジビエ料理は感動ものでしたし、命を頂くということの原点を考えさせられました。(動物たちに手を合わせて)ご馳走様でした。