第810回 「窪川の隠れた名店、ボルゲリ」

7月26日

数年前、四万十町で「四万十ポーク街道」の催しをやっていた頃、一番のお気に入りは「キッチン・ヤノ」のスモークカツ丼でした。そこが移転し「ボルゲリ」と名前を変え、夜だけの営業になったのでなかなか行けませんでしたが、やっと数年越しの念願が叶い、行くことができました。

場所は国道56号線から50m位入った、四万十町環境改善センター駐車場の裏手です。黒い建物がおしゃれですね。営業は18時からです。

中はこんな感じで個室に分かれていますので、落ち着いてゆったりとくつろげます。あれこれとメニューを見て選ぶ時間も楽しい♪

まずは、ホタテ貝柱のレモンクリームサラダ。(800円)
大皿で、たっぷりとした量が嬉しい。

本日のおすすめ「黒毛和牛赤身肉のタタキわさびじょうゆ」(1500円)、
これが実に美味しかったこと!ネギの爽やかさで、いくらでも食べられました。

「ベーコンとキノコのスパゲティ」(800円)これも見た目よりたっぷりの量があり、あっさりとしたカルボナーラって感じでした。

そして、念願だった「四万十ポークのスモーク塩カツレツ」(800円)。
そうそう、この味、この香り!スモークが香ばしく鼻に抜けていきます。
数年越しの願いが叶い、大満足でした。

メインは「黒毛和牛ランプ肉のステーキ カリカリにんにく」(2000円)。
このにんにくが香ばしく、さすがの美味しさでした。

お酒を飲まないので、シメはバニラアイスクリーム。
実に盛りだくさんに食べてしまいました。(笑)

ゆったりと食事を楽しめる、大人だけの贅沢な時間を窪川でも過ごせる嬉しいお店。また来たいのですが、高知市から片道車で1時間、かつ夜だけの営業となれば次回はいつになることか…。(笑)それだけに、貴重な味わいでした。

【BOLGHERI:ボルゲリ】
〒786-0008
高知県高岡郡 四万十町榊山町6-20
TEL 0880-22-0811
定休日 : 火曜日(臨休あり)

第802回 「みごとな前菜、アシェット」

6月2日

先日 次女に人気だと教えてもらった「アシェット」という、南国市のレストランに行ってみました。なかなか予約が取りにくいらしく、実際に平日でも10日ほど先でないと予約できませんでした。

場所はJA高知病院のある国道32号線を挟んで西北。大きな通りからすぐ見えます。オープンが11時でしたが、その前から女性の方々が待っていて、すぐにわかりました。(笑)

中はこじんまりとしていて長いカウンターと予約席があり、こんな感じ。

さてランチは日替わりとパスタランチがあります。どちらも1080円。どちらも、この見事な前菜が付きます。この日は、8種類。一口食べてみて、これは予約が取れないはずだと納得しました。



安納こがねと林檎のブランダード、ブロッコリーとツナのキッシュ、有機人参のフラン、新じゃがと舌平目のブルスケッタ、破竹と鴨肉のアンチョビマリネ、松山鶏のハム、グリーンサラダとミニトマト、高知県産大根のポタージュ。それぞれ、素材を活かしつつ丁寧に作り込まれた味でした。

干し大根なのかな?こういうポタージュは初めて飲んだけど、おいしい。
鴨肉のアンチョビマリネも鶏のハムも印象的ないしさ!
有機人参のフラン(左上)は甘そうで、甘くないのが意外。
キッシュは好きなので、味わって食べよっと。もう、大満足です。

このあと、メインのパスタやお肉が来ました。前菜が多いので量は控えめです。この日のパスタは、シーフードとズッキーニの和風クリームパスタ。

ソースに海老かカニを使っているような、手間のかかった深い味でした。

こちらは本日の日替わり、豚肩ロースと新玉ねぎのトマトジンジャーソテー。

パクッ。うん、おいしいと思いつつ、食べ進めていくとちょっと味が濃いのが多少 気になりました。

量的には十分でしたが、デザートも気になって注文してみました。ランチドリンクは150円、デザートドリンクセットは250円です。

本日のデザートは、ミックスベリーのパンナコッタとスフレチーズケーキ。
パンナコッタは生クリームも良い材料を使っているのがわかりました。

これはリピーターが増えるでしょうね。
おいしい選択肢が増えるのは嬉しいことです。

第795回 「沢渡茶カフェ」

4月13日

春うらら、吾川郡仁淀川町にできたばかりのお茶カフェ茶農家の店 あすなろ」へ行ってみました。高知市からは57km、車で1時間40分ほどでしょうか。大渡ダムの近くにあります。

仁淀川町は昔からお茶が有名です。沢渡集落で作られるお茶や地元料理を提供するこちらのお店は、3月17日、国道33号線沿いの鷲ノ巣にオープンしたばかり。お茶を通じた地域おこしを目指す企業、「ビバ沢渡」によるものです。

お店の外観。木製のデッキからはダム湖が見え気持ちがいい景色が広がります。

ではお店の中へ。

開店祝いのお花がまだたくさんある時期でした。

仁淀川町産の木材をふんだんに使った店内。ちょうど12時頃だったのもあって、平日にもかかわらず店内は超満員!高知の人って、新しい物好きなんですよね~。(笑)

窓の外は、目にも優しいダムの緑。話も弾むってもんです。

さあ、頼んでいた「あすなろ御膳」が来ました!

仁淀川町の地物が盛りだくさんの、お山のご馳走ランチです。

炊き込みご飯のおむすび、バラ寿司のおむすび、ぜんまいと豚肉煮、鶏の唐揚げ、摘み草の卵とじ、チャーテの和え物、こんにゃくのきんぴら、ジャガイモ醤油炒め、沢渡茶団子汁、沢渡茶羊羹。どれから頂くか、迷ってしまいます。

ただ1200円は、ちょっとリピートしにくい価格かもしれません。(笑)

こちらは、沢渡茶うどん御膳。沢渡茶を練り込んだ、のどごし優しい茶うどんです。茶塩ごま、昆布、刻み海苔、お揚げの4種トッピングに 炊き込みご飯のおむすび、ぜんまいと豚肉煮がついて950円です。

頼みたかった、「茶器で入れる沢渡茶」(煎茶)450円。メニューに「沢渡茶の特徴は、その味わいと後味の良さ。やさしい味でありながら輪郭がはっきりとしていて、茶の味をしっかり感じることができます」とありました。

最後の一滴まで、お茶の旨みを逃さないようにして、味わいます。
う~ん、まろやか~♪

沢渡の茶大福。白あんに茶葉を練り込んであるのがお茶へのこだわりを感じました。おいしかったですよ。

茶香炉がそれぞれの席に置いてあり、ほのかなお茶の香りが いとをかし。

このほかにも沢渡茶スムージーやラテフロート、沢渡茶ワッフルなど、おしゃれなメニューもありました。

もちろん、お持ち帰り用の茶大福やお茶も販売しています。

景色も良く、お茶も美味しく、何よりも地域での意気込みを強く感じたお茶カフェでした。