第844回 「逆手にとっての 宝くじ」

3月29日                   中村 覚

運転中「ピチャリッ」と音がし、よく見るとフロントガラス左下辺りに鳥のフン。これは良い!と家路の途中でしたが、進路を変えて付近のスーパーにある宝くじ売り場に向かいました。というのも以前、友人から鳥のフンが服に付いた時に宝くじを買ったら、当たったと聞いていたからです。(当選額は大きくはなかったですが、当りは当りです。)私の場合は服ではなく車ですが…、まぁ同じことだろうと。ゲン担ぎです。

で、売り場で買う宝くじの種類ですが、自分で番号を選んで当てるというのもありますが、買うきっかけが鳥のフンですから、自然な流れに任せる方が良いと思い、抽選日を3日後にひかえた“西日本宝くじ”を5枚買うことにしました。1枚200円ですので合計1000円です。

「西日本宝くじを5枚下さい」と言うと「はい、それでは10000円です。」と言われ「あっ いや、 あの 5束じゃなくて、5枚です。」普通は1セット=10枚=2000円で買う人がほとんどなのでしょう。つい店員さんも 5セット と勘違いしたみたいです。私は私で 遊び心で買っているので1000円以上出すのは違うなと思っているわけです。

お金を払うと、店員さんが 1セット=10枚入りの束を開封して、両手で扇状に広げて前に出してくれました。最初、意味がわからなかったのですが、トランプと同様、「この中からどれでも好きなのをどうぞ」としてくれているのです。まさか選ばせてもらえるとは思ってもいなかったので、これだけでも充分楽しい気分にさせてもらいました。(笑)

きっかけは鳥のフン、ゲンを担いで買った宝くじです。もう一ひねりしてみました。 昔から“残り物には福がある”と言いますから、後日、友人2人に いきさつを話して1人1枚 好きなのを引いてもらい「当たっても、外れても(結果は)言わなくていいから。」とプレゼントしました。

手元に残った3枚は精鋭のはず。一段と抽選日が楽しみというものです。

結果、4等の200円が1枚当たりました。1セット=10枚で買えば必ず1枚は入っている、最下位です。その1枚が手元に残っていたのです。

まずまずの結果にちょっと嬉しくなります。 よし 次回、鳥のフンが付いた時には3枚購入して、今回と同様 友人に2枚あげて、今度は1枚のみで勝負だな。 ~で、また200円が当たれば、かなりの高確率ということに…。 ん? いや それって ただの赤字だろ。今回もそうだぞ。 しっかりしろ 眠たいのか? だいたい宝くじの楽しみ方って、こういうことではありません。(笑)

抽選日の翌日、1人の友人から電話があり
「中村、(あれ)外れたぞ。」
「気持ちはわかるよ。当たっていても、当たったとは言いにくいろう?
まぁ、(当たったお金で)家族でおいしいものでも食べてくれ。」
「だから、当たってないって…(笑)」

この一連の話をちょうど家に来ていた親戚の叔母にしたところ、事故に遭った時にも宝くじを買うと良いらしいと言うのです。事故から連想する“当たる” わからなくもないですが、けっこうブラックだなと。(笑)

でも、要は「あちゃー、やってしまったぁ…」と気分が落ち込むようなことに出くわした時、気持ちを立て直すために あえて逆の振る舞いをする。その一例が“宝くじ”みたいなことなのでしょうか。

そもそも友人の服に鳥のフンが付いたというのも朝の出勤時のことでした。慌ただしい時間帯、服を着替えに帰らなければならない手間、決して気分が良いわけではありません。それならば~、と逆手にとっての 宝くじ。(笑)

昔、お皿を落として割ってしまうと「繁盛!繁盛!」と言ったという祖母の話を思い出します。割れた破片の様から“末広がり”を連想してのことでしょうか。もちろん割れて惜しいに決まっています。でも悔やんでもしかたがない。「繁盛!繁盛!」

そして 今の様に物が溢れた時代ではないので、多少欠けたぐらいのお皿ならまだまだ使っていたようです。そのお皿の呼び名は 「おかげさま」。 “欠けている”から“おかげさま”。

「あちゃー、やってしまったぁ…」となった時、気持ちを立て直すための言動の1つや2つ 持っておくのも良いかもしれません。(笑)

第843回 「お墓参りのひととき」

3月20日

春のお彼岸の前日。今回は妹が多忙で 母と娘夫婦と4人でお墓参りの予定だったのですが、明日はお天気が荒れ模様だということで、急遽予定を変えて母と出かけました。(平日なので、娘夫婦はお仕事です。)

「面白い雲が出ている」と母が言い空を見上げると、まるで鳥が左を向いて飛んでいるような雲の形が。写真が好きな母も私も、すぐに携帯電話を取り出してパシャ。
「龍の形の雲なら縁起がいいらしいね」と言う母は、週末に84才を迎えます。

1月に事故で骨折した母がそれでも元気でお墓参りに来られるのは、父や祖父母が見守ってくれているからでしょう。母はお墓のすぐ横に早咲きの桜を植えているのですが、早くも葉桜になっていました。「2月のお父さんの命日に咲くように植えたからね」と母。

毎年この頃にお墓参りに来ると、ウグイスが「ホーホケキョ」と良い声で鳴いてくれるのです。2月頃はまだ鳴くのが下手で、「…ケキョ」くらいしか鳴けず、母がよくからかって「ホーホケキョ」と言うと、つられるのか「ホーケキョ」とか結構頑張って鳴いて、みんなで笑って和んだものでした。

ところが、今年はまったく鳴いてくれず。ちょっと寂しかったです。
どこかに引っ越したのかな?(笑)

実家のお墓参りの後は祖父母のお墓など三カ所を回ります。荷物を運びながら、やっぱり晴れの日に来て良かった、と思いました。

そしてやっと「全部終わったー!」と、空を見上げると・・・

ちょっと大きな龍っぽい雲が出ていました。頭の形は今ひとつでしたが、背骨がくっきり、シッポははっきり。でも大きすぎてシッポはフレームに入りませんでしたけど、母と「龍が出たね!」と喜びました。

のどかな、春のひとときでした。

第840回 「限られた資源」

3月1日                           (中村 覚)

雑談中のこと。ポテトチップスのカルビー、あのカルビーという名前は「カルシウム」と「ビタミン」をくっつけた名前なんだよ、と教えてもらいました。子供の頃から数え切れないほどポテトチップスを食べてきましたが、今まで社名について何の疑問も感じていませんでした。

「カルシウム」と「ビタミン」かあ・・・唸ります。(笑)
それから数日して、本屋でたまたま見つけた本がこれです。

「ロゴの秘密」。カルビーの社名の話を聞いた後だったので、自然と手が伸びるというものです。色々な会社について書かれてあり、創業者、創業年、社名の由来、スローガンの由来などなど。

カルビーもちゃんと載っていました。1955年に「松尾糧食工業」から「カルビー製菓」に社名を変更。その当時、日本人に不足していた「カルシウム」と「ビタミンB1」を組み合わせた造語。なるほど、詳しくはビタミンB1だったのかと頭に染み込みます。(笑)

他には、キャラメルで有名な「江崎グリコ」。社名はエネルギーの源のグリコーゲンが由来とのこと。 特に知りませんでしたが、グリコーゲンでグリコ・・・。 ん~、背伸びをすればなんとなく届く範囲にある感じがして、カルビーほどの驚きがありません。(笑)

やっぱり、キャラメルはもうめったに食べませんが、ポテトチップスは今でも食べるので、親近感が全然違うというのがあると思います。

とにかく 長い間 接してなんとなくわかった気でいたのに、実は大して知らなかった。こういった体験は貴重です。なぜなら ずっと知ったつもりでいる長い間、寝かしておく時間が必要なわけですから。一人一人が持っているその人だけの限りある資源ではないかと思います。(笑)

そんな限りある資源に また気がつく出来事がありました。(こんなペースだとすぐになくなってしまうかも。)

数日前のこと。夕食を済ませた後、友人とドライブに行きました。中学の時のクラスメイトで今もちょくちょく会っている間柄ですから、この日のドライブも特別にどこそこに行く!というよりは近くを軽く流すといった感じでした。車内でくだらない話を2人で垂れ流し、時間の無駄を満喫して そこそこ お腹いっぱいになった頃「じゃぁ またぁ」と別れました。

帰り道、助手席の前のダッシュボードの上にある友人の財布に気が付きました。財布? 忘れ物? 暗に お小遣いでもくれたのかと思いました。(笑)
すぐに電話です。でも出ません。何回しても出ません。そうか、いつも寝る前に風呂に入ると言っていたので、多分、風呂かな。仕方ないので、友人宅に逆戻りです。

家の前で車を停めて、さてと・・・。電話が通じないのでインターフォンを鳴らすしかありません。でも、もう22時を越えています。こんな時間にピンポ~ンとやったら、親御さんに不審がられるに違いありません。「財布を届けに友達が来るから」などと話が通っているわけもなく。もうこの歳になったら、人から不審がられたくはありません。

そして、えっ? あら?同居している親御さんの顔を私は知らない!考えてみれば、この友人の両親の顔だけを知らないのです。学生の頃からいまだに付き合いのある友人の親の顔は全員知っています、当然話したこともあります。でもこの友人のご両親だけは全く知らないのです。

おかしな話に聞こえるかもしれませんが、頭のどこかで 他の友人の親と同じように知っているつもりでいた(みたい)。 知らないという事を今まで考えた事もありませんでした。私の中で知っていることが当たり前過ぎたのです。(こんなところにも 限られた資源があったとは!)

インターフォン、鳴らさなければいけないかなぁ。

まっ、そうは言っても、 ピンポ~ン、押しました。 不審気に「はぃぃ」とお母様のお返事が。「夜分に恐れ入りますが~」と遠慮気味なご挨拶から入って、○○君がさっき車に財布を~と。 どうにかこうにか無事に渡しました。
子供の頃から知っていたなら、こんなに緊張しなくてすんだのに。(笑)

なんだかんだで 限られた資源の発掘になりました。