第854回 「とくし丸のお得意さん」

6月8日

皆さん、「とくし丸」をご存じですよね。そう、あの移動スーパーのとくし丸です。

先月TBSの番組でも取り上げられていましたが、スーパーの超大型化と郊外化で、近所のスーパーが撤退し、日常の買い物に不自由している人たちが増えてきています。今や買い物困難者は全国で825万人もいて、その救世主になっているのが移動スーパーです。近隣にスーパーがない地区や山間部の高齢者など、買い物に行くのが難しい人たちの家を一軒一軒まわる対面販売スタイルは、ありがたいサービスでしょう。

中でも「買い物困難者のニーズに100%応える」ということで、全国売り上げナンバー1の移動スーパー販売員、高知のとくし丸の谷平さんという方が密着取材を受けていました。「ご年配の方は、あまりたくさんは食べられないから、本当にいいものをだけをちょっと食べる」ということで食品は小さめサイズを選ぶとか、買い物代行もするとか、お客さんの誕生日プレゼントまで!実に細やかな心配りでサービスを行っているのが印象的でした。

そして、実は非常に身近にとくし丸のお得意さんがいるのです。

ジャーン、久々の登場、長女の涼歌(すずか)です。32歳になりました。
実は通っているデイサービスの近くに毎週火曜日 とくし丸が来るので、買い物に行くのが彼女の楽しみなのです♪

ご近所の方もいらっしゃっています。常連さんなんでしょうね。

涼歌にとってとくし丸がいいのは、来てくれるのはもちろんですが
「商品が選びやすい品数で、車椅子でも見やすい目線だから」ということでした。確かに、大きなスーパーだと商品が多すぎて かえって選びにくいのでしょうね。そういうことって多分、少なからぬ高齢者の方も同じかもと思いました。

世はネットショッピングが花盛りですが、買い物って、実際に商品を見て感じたりさわったり迷ったり選んだりするのが、日常のちょっとした楽しみでもありますものね。

ちなみに涼歌がこの日に買ったのは、
牛乳、野菜ジュース、アップルパイ、おつまみのイカソウメン。(笑)
ニコニコでした♪

商品仕入れは地域のスーパーから行っているそうで、冷蔵庫付きの軽トラックには生鮮食品も含め、何と400品目以上を積んでいるそうです。また、買い物だけに止まらず、スタッフは地域の「見守り隊」としての役目も目指しているそうです。

地域の高齢化や運転免許の返納に伴い、移動スーパーはこれからますます なくてはならないサービスになっていくことでしょう。

第852回 「サイの角のようにただ独り歩め」

5月24日              中村 覚

先日、「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め」というお釈迦様の言葉があるらしいと兄から聞きました。世にたくさんある こういった格言、私はそれほど知っているわけではなく いや ほとんど知りませんので、この話も有名だとのことでしたが、やっぱり知りませんでした。

けど、お釈迦様なら まぁ言いそうかなぁ。ホントのことなんだろうなあ。(笑)

一般的にこういった話を年長者から聞けば、うやうやしくありがとうございます、なのですが、相手が兄なものですから、ちょっとした疑問をぶつけてみました。

「『サイの角のようにただ独り歩め』から連想するサイの角って、1本な気がする。立派な体躯で歩むサイの先端にあるのは誇らしく突き出た1本の角!でも、お兄ちゃん、サイの角は2本で。」

たまたま ちょっと前に買ったサイの置物が部屋にあるのですが、 ほら この通り。(別にお釈迦様の言葉にケチをつけるつもりはないですが。)

兄は特に何も言いませんでしたけど、
内心「 そもそも 釈迦は角の本数には触れていないのだから、角が1本でも2本でも、だいたい言わんとするところはわかるだろ? ゴネるな。」と。

もちろん だいたいは わかります。(笑)相手が兄だから聞いてみただけで…。でも ちょっとやっぱり気になったのでした。

それから数日が経った頃、部屋で手にしたのが、このミニガイドブックみたいな小さな動物図鑑です。

たまぁ~に 自分の知らない面白そうな動物はいないかと無造作にページをめくるのですが、今回に限っては「そうだっ!」とサイの載っているページを探しました。

そこで判明しました。私の部屋にある置き物のサイは「シロサイ」で、このシロサイには角が2本あるのです。 多分、皆さんもサイと聞いてイメージするのは このシロサイではないでしょうか。 生息地はアフリカです。

それから(これは 他の動物にも言えることですが)基本形から派生したように○○サイというのが何種類かいて、その中に「インドサイ」というのがいました。これには角が1本です。 生息地がインドですから、どうもお釈迦様が見たのはこのインドサイのようです。

「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め。」
これならイメージとピッタリ!(笑)

気持ちもすっきりしたところで、この言葉の意味を念のためネットで探してみました。
人の悩みの原因というのは、人とのつながり 人間関係からくるものが少なからずあるので、仏教では「孤独」を勧めるようです。一時的に他者から距離を置いてみることで、気持ちも癒され それは心の成長にもつながる、といったようなことでした。

確かに人との関係は楽しくもありますが、面倒なこともあります。(笑)

お釈迦様の生きた時代と今の時代、 同じ人の世ですが、現代では面と向かって誰かと一緒にいなくても、SNS等によって、一人で居る時でも知り合いとつながっていたり、誰かの書いた文章を読んだり、誰かが作った映像を見たりと、とにかく1人でボウ~っと何となく自分自身について考えてみる、そういった時間が極度に少ないと思います。

表面的であれ、これだけ他者とのつながりに慣れてしまった現代の私達には孤独というのは、あまりに厳しく聞こえないでしょうか。でも、いざ「本当の友達は?」 というようなことになれば、表面的なつながりにはたいして意味もなく…。

こういった現代だからこそ、そっと胸のポケットに忍ばすハンカチのように

「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め。」

第848回 「色の魅力」

4月26日                 中村 覚

いつも行くTYUTAYA書店で、しょっちゅう見かけているうちにとうとう買ってしまったのがこちらです。

ビーズコースター。世の中にこういった物があることは何となく知っていましたが、買ったのは今回が初めてです。

これって~、そうです。子供のおもちゃです。「2才から~」と書いてありましたが、遊び心を装いつつも科学の深淵に迫るような佇まい。「20才から~」でもいいじゃないでしょうか。(笑) DNAが2重らせん構造になっているように、実はこれも何かの分子構造を模しているのでは!と見ているうちに思えてくるのが、コワいところです。(笑) 最近の子どもは早くからこういった物を手に取っているのですね。スゴイなぁ。

ネットで類似商品を探してみると、あるわ あるわ どっさりたくさん。部屋にこういうものが100個ぐらいあれば~、邪魔。(笑)

興味を持ったきっかけは形でしたが、だんだん「色」が気になり始めました。毒々しいほどの色。原色と原色のぶつかり合い。それでいてちゃんと調和が取れている。宇宙とはこういうものなのでしょうか? スゴイ。

そして ビーズコースターの後に買ったのが こちら。

これには科学的なものは何も感じませんでしたが(笑)、単純に配色が良い!カラフルなのに派手じゃない! 言っていることがおかしいですが、とにかく魅了されました。ある種、おもちゃの到達点はこのあたりにあるのではないかと思えるほどです。 並べた本やCDの隣に置いても名わき役、間違いありません。 (ちなみに 番号の書いてある玉っころは100円ショップの品。)

1884年、スウェーデン創立の スウェーデン王室ご用達の人気木製おもちゃBRIO(ブリオ)の品です。私は全く知りませんでしたが、子育ての経験がある最近の方だと普通にご存知なのかなぁ~と。

バラすと こんな感じです。

私が子供の頃にも既にあったおもちゃですが、こんなシャレた物で遊んだ記憶がなく、こういう物で遊ばしておけば美的センスがうなぎ上りだったはず。(笑)昔、遊んだ「積み木」には こんな色はついていなくて、やっぱりお国柄でしょうか?

このBRIOの品を知ることで、子供のおもちゃといっても あなどるなかれ、サラッと見過ごしてはもったいないと思いました。当たり前と言えば当たり前。だって商品は大人が真剣に作っているのですから。

~とは言うものの もちろん例外もあって。「ホントにちゃんと考えて 作りました?」と言いたくなる物もあります。

これは要るのかな?と1週間ぐらい考えに考えた末、とうとう買ってしまったのが こちら。

撃たれたらハッピーになるハッピーガン。(パッケージの)どこにもそんなことは書いてありませんが。とにかく色が浮かれ過ぎ。落ち着きがありません。先ほどのBRIOの感極まった品を手に入れた反動でしょうか? 買っちゃった。

まっ 実用的と言えば実用的です。弾、飛びますから。(笑)
「色」で物のイメージがここまで変わってしまうんですね。

スゴイなあ。