第806回 「元気な道の駅、“よって!西土佐”」

7月1日

高知市から車で2時間ちょっと。美しい四万十川沿いの四万十市西土佐地域は 昔は西土佐村でしたが、2005年に旧中村市と合併しました。2013年8月には41度を記録し、「暑さ日本一」の記録を持っています。ここに道の駅ができたのは2年前、2016年4月でした

その名も、「よって!西土佐」。人口わずか2800人ほどの西土佐ですが、でもここの道の駅、なかなか頑張っているんですよ♪

「みずみずしい市場」「西土佐食堂」「鮎市場」などが並んでいますが、意外にもちょっとおしゃれなスイーツショップもあります。

「ストローベイルSANKANYA」です。心を引かれつつ、まずは市場にGO!

2周年記念のディスプレイが目を引きます。

そしてこの、インパクト抜群のディスプレイをご覧下さい!

決してこの軽トラは間違って突っ込んできたわけではありません。野菜を積んであるんですが、いや~、斬新過ぎる…。(笑)夕方だったので、売れて商品は少なめでした。

ちなみにナンバープレートは、高4010(しまんと)、に4103(にしとさ)です。ほんと、洒落が効いてる。(笑)

商品が、どこにでもある高知県内のお土産物ではなく、西土佐の地の物をメインにオリジナル商品をしっかりプッシュしていて、好感が持てます。私がこの日買ったのは、いくり(スモモ)、タマネギ、桃、にんにく…。いかにも地の物、という安さと新鮮さ。もちろん美味でした♪

西土佐は天然鮎の産地ということで、鮎部門は独立しています。大きなスッポンも水槽にいました。

最近は塩焼きだけでなく、天然鮎のコンフィ(低温のオリーブオイルで長時間煮込んだもの)も商品開発されています。2500円ですが、大きいし絶対美味しいはず。(写真はホームページからお借りしました)これはネットでも買えますよ。

自動販売機も、こんなおしゃれなデザイン。

西土佐の沈下橋をモチーフにしています。

「沈下橋では車に気をつけて!」ほんと、車1台分の道幅で狭いので、すれ違うの怖いんですよ~。(笑)

実にいいなあと眺めていたら、何やら撮影をしてる。宣伝の撮影かな?いや、何か違う。見てみると、なんと、ウエディングドレス姿の女性とタキシードの男性が!

お二人は、こちらの職員さんなんだそう。うわ~、これは素敵なところに出逢いましたっっ!嬉しくなってきます。撮影しているのを見かけて、お年寄りや子どもまで知り合いが次々に声をかけていきます。手を振って答える花嫁さん。その光景が、実にほのぼのしていました。いいなあ。どうぞお幸せに。

そういえば、ここのロゴもおしゃれだし、公式テーマソングも流れているんですよ。素朴で耳に残るフレーズ「鮎・鮎…」のくり返し。ホームページもしっかり作られてるし、考え抜かれている。有名な地域商社、(株)四万十ドラマのプロデュースかなと思い 駅長のさんに伺ってみると、地元西土佐のサコタデザイン(株)迫田司さんにお願いしたのだとか。迫田さんは、あの佐川町の「ぢちち」吉本牛乳のパッケージデザインも手がけた方。とは言え、四万十ドラマの畦地さんも30年来の仲間だと笑っていらっしゃいました。

四万十川流域は道の駅の激戦区で、「あぐり窪川」「四万十大正」「四万十 とおわ」「よって!西土佐」「サンリバー四万十(旧:中村市)」とひしめき合っています。その中で、どう戦っていくのかが、腕の見せ所ですね!
今後も
「よって!西土佐」がもっと、発展していきますように♪

 

第800回「緊張感」

5月19日               中村 覚

先日、最近では一番の緊張した出来事がありました。 事の始まりはこうです。突然 声が出づらくなり、話をしようとするとひどく咳き込んでしまうのです。仕事柄マイクを使用して人前で話をするのですが、それでもほとんど声が出ない状態。どうも喘息をこじらせてしまったようです。今まで喘息になったことなどなかったのに・・・。それもそのはず、なったのは私じゃなくて代表の筒井なんです。

マスクをした状態で、ひそひそ話をするように小さな声で 「これぐらいしか 声が出せないの」 と言うわけです。日頃の元気な様子とあまりに違うので、最初は手の込んだ冗談かと思いましたが、話をしている内にこれは もしや~

「ホント、大丈夫ですか?」
「・・・」
お返事がない。 こりゃホントだっ!

さぁ こっからです。声が出づらいので、「研修の一部分を代わりに担当して。」と言われ、まさに晴天の霹靂、寝耳にお湯。

確かに、私が担当すれば、その分だけ喉を休ませることができます! 理屈じゃわかりますが、そんな自信のないことを引き受けていいものか どうか。
お役に立ちたい~と言うか、なんで自分の声は普通に出ているのか、私の方が出ていなければ良かったのに・・・。(笑)

ということで、原稿をもらったのが研修の2日前でした。とは言っても、毎年横で聞き慣れた研修内容の小一時間ぐらいです。

まずは書いてある内容を把握します。聞くと話すでは大違い!全文 覚えることができればいいのですが、そんなウルトラCはできません。大事な表現にチェックを入れて、何度も読んで流れを覚えます。こうしておけば、発表する際に原稿を棒読みすることだけは防げるからです。

次に自然に話せるように、日頃から自分が使い慣れている言葉にある程度原稿を書き換えます。ニュース原稿とは違い、一字一句、間違わずに言う必要はないので、その点では助かります。例えば「心遣い」を「気配り」に変えるといった具合です。こうすると覚えやすく、本番の時に自然に言葉が出やすくなります。

今までの経験則からいくとこれで準備完了です。 いや完了ではないです。できればもっと練習時間が欲しいのですが、そんなことは言っていられません。

そして研修、当日。 いつにも増して変に緊張しているなと自覚してのスタートです。開始10分ぐらいでしょうか。急に頭が真っ白になりました。次に何を言ったらいいのかわからなくなったのです。わからなくなれば原稿に目を戻せばいいというのは理屈です。 が、緊張しているので、原稿を見ても 今どこを読んでいるのかわかりません。 「・・・」 空白の時間が流れます。その間、2~3秒でしょうか。私にはとても長く感じられ、何か言わなければ、何か言わなければと 頭の中で言葉を探します。

こういう時って、出てこないんですね、言葉が。

苦し紛れにやっとの思いで出てきたのが「ちょっと、何て言っていいのか わかりませんが~。」でした。自分でも『なんじゃ それは? 君、君、大丈夫?』

妙な発言をしたためか、この後、緊張がほぐれて元に戻りましたが・・・。

今回思ったのは、緊張してしまうこと自体は 大なり小なり いつものことですから、それはちょっと横に置いておいて~。とにかく もっと語彙を増やさなくては!それと、グッとチューブを握れば 自然に出てくる歯磨き粉のような、緊張に左右されない対応力。

対応力は一朝一夕にはいきませんが、語彙力をつけるためには基本中の基本、まずは毎日の読書から始めたいと思います。

 

第743回 「T.O.T.E モデル」

4月15日
743-1b

今年は桜の時期が高知では4月にずれ込みました。この時期、フレッシュな新人研修会のご依頼を頂きます。「4月は新人研修で忙しいでしょう?」とよく訊かれるのですが、今では新人研修は少しで、4月から6月の時期は大学がメインとなっています。

それでも、素直でやる気に溢れた新人研修は、私もリフレッシュさせて頂けます。
5年ぶりにご依頼頂いた先日の研修会では30分前に会場に入り、事務局の皆さんも一新なさっていて、ごあいさつ。いつものようにチェックシートをチェック、シート配布のタイミングを事務局の方はきちんと受講者用レジュメに書き込まれていました。

さて、研修開始。ところが30分後、予想もしなかった事態が。「次、読んで下さい」の指示に新人さんが戸惑って、「ないです」「ないって?」
実は、受講者用レジュメが最初の3ページしかなかったんです。想定外の展開に。

身だしなみ、ホウレンソウ、敬語、電話応対…細々と書き込んだ資料が一切ないと、書き込みだけで相当時間を取られます。一瞬途方に暮れましたが、笑顔で「仕事ではこんな風に、予想もしなかったことが起こります!ここをどう乗り切るかが大切なんですね」と話し、「皆さん、ノートを持っていますか?」と確認。持っていない人には白紙を持って来ていただき、続けました。

休憩時間に確認すると「今、印刷に行きました!」とのこと。しかし資料のページ数が多かったため 人数分印刷できたのは、身だしなみ、ホウレンソウ、敬語が終わってからでした。たくさん記入して頂いた分 時間が押してしまったのですが、最後の名刺交換でなんとかカバーできて、無事定刻に終われホッとしました。

実は学んだ心理学のお陰で、あまり動揺しなくてすんだのです。

NLP(神経言語プログラミング)の中でT.O.T.Eモデルというものがあります。目標達成までの行動プロセスで、T.O.T.Eの文字は
Test(行動)- Operate(修正)- Test(行動)- Exit(目標をめざす)。

やってみて、うまくいかなかったことを修正し、何度でもやってみる。失敗を失敗ととらえない考え方です。パニックになったり失敗を恐れて立ちすくんでしまうと、何も生み出せないままになってしまいます。当たり前のことではありますが、感情を乱されずに最善の対処行動をすることが大事ですよね。

「失敗はない。ただフィードバックがあるだけ。」
これはNLPで学んだ中で、私の特に好きな言葉です。
あ、本当はここまで伝えられたらもっと良かったかも。

そしてフィードバック。受講者用のレジュメは今後必ず準備して頂いて、中までチェックすること!研修講師になって20年ですが、今回 お陰さまで、とても良い学びを頂けました。すべての出来事が学びの師、ですね。(笑)