第850回 「素晴らしい方々とのご縁」

5月12日

時代が平成から令和に変わるとき、皆さんはどちらで何をしていらっしゃいましたか?
私は令和初日から6日間、東京でセミナー漬けでした。というのも、LABプロファイル(言葉と行動分析)の世界的権威で、敬愛するシェリー・ローズ・シャーベイ先生がトレーナー養成講座で来日なさり、そのセミナーにコーチとして参加させて頂いたのです。

私はシェリーの大ファンです。世界トップの講師なのに決して偉ぶらず、太陽のように温かく明るい笑顔でエネルギーを放ち、楽しいジョークでみんなを笑わせてくださる人間性を、深く尊敬しています。

子どものような好奇心で、「日本語の『ありがとうございます』と『ありがとうございました』の違いは何?」なんて質問をなさり、「そうか、終わったことは『ました』なのね」なんて日々学ばれていました。

シェリーはセミナー中にたくさんのジョークを言うんですが、残念ながら感覚の違いでウケないこともたびたびあり(笑)そういう時には(もうすんだ話ね)という意味で「~ました」と茶目っ気たっぷりにおっしゃって、笑いがあふれました。

小柄なシェリーの「高いディレクターズ・チェアに走って行って飛び乗る」パフォーマンスはDVDでみんな知っていて、再現するとやんやの喝采!人を楽しませるエンターテイメント力と高い講師力の両立には、いつも感銘を受けます。

シェリーの「声」になっていらっしゃるのは通訳の本山晶子(せいこ)先生。ご自身もLABプロファイルのトレーナーで、LABプロファイルのコンピューター版iWAM(アイワム)の日本での代表もなさっています。完璧な通訳が唯一あやふやになるのは、シェリーが晶子先生を褒めたとき。本当に人間としてチャーミングなお二方なんです。

今回の受講なさる皆さまは60名あまり。それを11名のコーチがサポートします。前回の私たちの時よりもずっとレベルが高く、昼休みもセミナーが終わった後も写真のように自主勉強会をなさっててビックリ。どれだけ意識が高いんでしょう!

かたや私は今回コーチが初めてということもあり、次第にやるべきことが増え頭がオーバーヒートし、4日目にはもう限界になっていました。落ち込む私にセミナー後のコーチ・ミーティングでシェリーが言ってくださった言葉。

「リラーックス!」
「今日、私がミスしたこと、いくつあった?」
すべったジョークがあったことを、笑いながらそう表現なさるんです。
「でも、ミスをしても、私は受講生から信頼を勝ち取れる。完璧でなくてもいいの。みんなもそうよ。どれだけ自分たちが影響力を与えられる存在だと思う?」

この言葉で、私は救われました。一つ壁を越えることができ、翌日も頑張れたのです。シェリーから「今日は少しリラックスしているように見えたわよ」とおっしゃって頂けたことが宝物です。

言葉の端々からわかるのですが、きっとシェリーご自身も人生で様々な厳しい壁を乗り越えてこられたのでしょう。だからこその強さと優しさを感じた時間でした。

そしてLABプロファイルトレーナーの同期にも、ずいぶん助けてもらいました。コーチ仲間は具体的な提案をくれ、懇親会で久々に会った同期からは「コーチのペルソナ(仮面)を被ったらいい」との助言。持つべきものは、敬愛できる師と素晴らしい仲間ですね。ありがとうございます。本当に、感謝しかありません。

LABプロファイルトレーナー養成講座は、後期が7月にあります。
少しでもお役に立てるように、また頑張らなくちゃ!

第827回 「LABプロファイル®リポート」

11月23日

前回、LABプロファイル®マスタープラクティショナー認定講座のことを書きましたが、今回はそのリポートです。

マスタープラクティショナー講座では、基本の理論を学んだ後、チーム分析も学びました。メンバーのパターンを付き合わせると、面白いことに顔合わせの前でも、チームがどうなるのかがわかるのです。講座最終日には、新規事業をプレゼンするという課題をやってもらったのですが…

今回のチームは全員が、仕事の時にはオプション型でした。オプション型とは、様々なやり方や多様な選択肢に惹かれるパターンです。だからAさんが言っている意見にBさんが被せて言い、違うことをCさんが提案し、Dさんは話が戻る…という混沌としたカオス状態。でも、どんどん新しい話が出て、全員が「楽しい!」と笑顔。

一般的に仕事を進めるなら、ここにプロセス型の人が入ればいいのです。プロセス型は手順や順番を重んじますので、「じゃあちょっと流れを書いてみましょう」と全体の話をまとめたり整理したりしやすいのです。
後でふり返りの時にそれを聞き、全員納得していました。

そして最後に「LABプロファイルを学んで」の個人プレゼンをして頂きました。

中谷優子さん

「職場のリーダークラス以上の方には、ぜひLABプロファイルをやってもらいたいですね。今、どこの職場でもモチベーションアップが課題ですが、給与など物質的なことで満たそうと思っても、そう簡単ではありません。
でも人間重視で影響言語(相手に影響を与える言葉)を使うことによって、モチベーションアップしていけば経費もかからないし、メンタルヘルス不調の予防もできる。今の日本社会に、LABプロファイルはとても実践的で使えるツールです。」

後藤 誠治さん

「接客や部下指導に役立てるために、どういう言葉を使ったら伝わりやすいかを知りたいと思ってLABプロファイルを受講しました。相手の言葉や行動で相手のパターンがわかり、コミュニケーションの取り方が変わりました。お客さまや部下に、自分の言葉が届きやすくなったと実感もしています。マスターを受講してチーム分析を学び、職場メンバーがどういうパターンか考え、発する言葉も変えていけるようになりました。」

森 久晃さん

「仕事の交渉の場で意識してみると、LABプロファイルのセオリー通りだとわかりました。例えば人員計画の時に『こういう問題が起きたときに対応ができないが、構いませんか?』と問題回避型の人にそのパターンで提案すると『それはいけない』と提案が通ったり、『人数を二人増やすとこうできるからスムーズで、工期も短縮できますよ』と目的志向型の人に合わせて話したらそうなったり。
LABプロファイルは交渉の場面で特に、使えるメリットが大きいですね。」

こうして皆さん、本当に優秀なLABプロファイル®マスタープラクティショナーとなられました。きっと日常の様々な場面でどんどん役立てて行かれることでしょう。

来年度はまた5月以降に、基礎編のLABプロファイル®プラクティショナー講座を計画しています。皆さんも、この「使える」LABプロファイルを一緒に学んでみませんか?

第826回 「LABプロファイル®・マスターコース第1期終了!」

11月16日

お釈迦様は相手によって説法を変えたそうです。これは、相手によって響く言葉を変えるLABプロファイルに通じることではないかと思います。

お陰さまで、9月から始まった【影響言語で人を動かす】LABプロファイル®マスタープラクティショナー認定講座第1期を、無事終えることができました。共同開催した神奈川の八重田(やえだ)洋 講師とみんなでLABプロファイルの「L」でニッコリ(笑)。

LABプロファイルを使うとパターンを聞き取り、相手に響く言葉を選んでコミュニケーションをとることで、信頼関係を構築できる/お客さまを惹きつける/チーム分析ができるなど、戦略的にビジネス展開をすることができます。

思えば昨年、基礎コースのLABプロファイル®プラクティショナー認定講座を高知で初開催した時、言葉と行動の分析がいかに役立つものか自信はあっても、半日×6回で10万円を超す講座が はたして高知で開催可能なのか?半信半疑でした。

それが無事に終了でき、思ってもいなかった「上級コースも開催を!」というご要望に力を頂き、今年のマスターコース開催につながったのです。初めはあまりに急展開で少し不安だった私を、昨年手弁当でアシスタントに来て下さった八重田さんが「じゃあ、僕も一緒にやるよ。共同開催しよう!」と力強いお言葉。どれだけ嬉しかったことでしょう!八重田さん、ありがとうございます。

こうして、今年は1日コースを3ヶ月、月1開催となりました。
受講なさった皆さんは本当に素晴らしい方々で、もう受講生と言うよりも仲間です!和気あいあい、しかししっかりと試験勉強もしてマスターの資格を取られ、「LABプロファイルは仕事のこういう場面で、このように役立っています」という実践についてのプレゼンもして頂きました。次回、ご紹介させて頂きますね。

来年は6月以降にLABプロファイル®プラクティショナー認定講座を開催予定です。また2019年1月22日(火)に産業訓練協会主催で「ビジネス心理学入門セミナー」を半日行うのですが、そこでもLABプロファイルを少しご紹介いたします。
ご興味のある方は、ぜひおいでくださいませ。お待ちしております。