第748回 「幕末維新写真展」

5月21日

高知家では3月から「志国高知 幕末維新博」が開幕しました。幕末維新期の土佐の歴史を巡り、維新の息吹を感じとって頂くものです。場所は、新しくオープンした高知城歴史博物館と坂本龍馬記念館の2つのメイン会場、加えて各地域における幕末維新の志士ゆかりの歴史文化施設など20の地域会場があります。

748-1

その会場の1つである宿毛市歴史館で行われている「幕末維新写真展」を見に行きました。全国でも貴重な幕末から明治にかけての多くの「ガラス湿板写真」を展示するというもので、ちょっと面白そうと心が動いたのです。会場は、宿毛文教センター3階の宿毛歴史館。

748-4

幕末維新写真展は、幕末から明治にかけて撮影された貴重な写真を展示していました。撮影はOKだけど、フラッシュは禁止とのこと。きっと光による劣化を避けるためでしょうね。

748-5

リアルな着物と髷(まげ)の形。当時の人々の息づかいまで聞こえそうです。
右の写真ケースの裏には、「慶応二年六月一五日 三橋樓 仲居 政女 三浦屋店妓女 君子」と書かれていました。なるほど、襟の合わせ方などがゆったりとしていて、いかにも仲居さんや芸妓さんだなと感じました。

748-11

これは京都で新発見された、堀与兵衛撮影の写真。(初公開)最近、こうした仲居さんと一緒に写真に写った志士の写真などが新たに発見されていますよね。「歴史上の人物」といった感じではなく、なにか親近感を覚えます。

748-9

当時の肖像画と、写真を対比して見るのも面白いものでした。
こちらは明治天皇の皇后、昭憲皇太后の肖像画です。華やかですね~。
そして昭憲皇太后の御真影は、こちら。

748-10

やはり写真になると、ぐっとお一人の人物像を感じます。
肖像画は衣装の華やかさが前に出てくるのに対し、ご真影はお顔立ちから毅然となさったお人柄まで忍ばれるようにも思います。

748-6

坂本龍馬の写真3点もありました。いずれも慶応三年に撮されたものです。

748-7

中でもこの写真は、龍馬の雰囲気がよく伝わってきます。
現存する龍馬の上半身写真では、非常に鮮明に写っているものだとか。
明治期を代表する写真師、成田常吉が複写したものです。

748-8

日本画家、公文菊僊(くもんきくせん)が描いた龍馬の肖像画もありました。右の写実的なものから左のデフォルメされたものまで、年代で比較できるのも面白かったです。そういえば亡くなった大伯父の家にも、真ん中の肖像画に近いものがあったなぁ。

もっと面白いのは、公文菊僊は龍馬の死後の画家で、幕末維新期に撮影された龍馬の写真を参考にしたということです(笑)。菊僊が筆を持ち始めた頃には実際の龍馬を知る人がまだ健在であったため、聞き取りをして肖像画を完成させたとか。

わかるわ~、明治生まれだった私の亡くなった祖母からは、「龍馬は小さい頃には寝小便たれやった」とか、まるで近所のおじさんのことのように聞かされたので。(笑)土佐人にとって龍馬は偉い「センセイ」ではなく、隣にいる身近な友人なのだな、と改めて感じたのでした。

なお「幕末維新写真展」は、宿毛市での展示は5月21日(日)で終了しましたが、中岡慎太郎館(北川村)で7月12日(水)~9月4日(月)まで開催予定です。

第740回 「横浜近代建築③ 氷川丸」

3月25日

昨日、久しぶりに中学の同級生と語らいました。このコラムを読んでくれているのが嬉しく 中でも近代建築が好きと言ってもらえて、まだ書いていなかった横浜の建築ネタを思い出しました。ということで、横浜近代建築シリーズ3回目です。

③日本郵船「氷川丸」

740-1

山下公園前に係留されている、「氷川丸」。氷川丸は1930年に建造されてシアトル航路へ就航し、戦時中は海軍特設病院船となり、その後シアトル航路に復帰。約30年にわたって洋上で活躍した豪華客船です。戦前の日本で建造され現存する唯一の貨客船で、今は日本の造船技術や客船の船内インテリアを伝える貴重な産業遺産として高く評価されています。2016年に重要文化財に指定された「海に浮かぶ文化遺産」です。

740-2

ここは一等児童室。一等船客(ファーストクラス)専用の遊戯室で「スチュワーデス」と呼ばれた子どもの世話をする女性乗組員がいたそうです。デイナーの時も託児があるので、大人はゆっくり食事を楽しめたとか。壁の上に子どもの絵があるのがわかるでしょうか。

740-3

この絵は竣工当時(昭和5年)のものです。かっぽう着を着たお母さん、妹をおんぶする姉、凧揚げをする子どもなど当時の世相がしのばれます。

740-4

こちらは一等食堂。昭和初期の華やかな客船文化がわかります。昭和12年、秩父宮両殿下がご乗船の時の豪華なディナーが再現されています。

740-7

優美な階段を上って…

740-5

一等社交室へ。氷川丸のメインホールで、夜はイスを片付けてダンスパーティーの会場になりました。喫煙室が男性の社交場だったのに対し、こちらは女性の社交場の意味合いが強かったようです。

740-6

アール・デコの優美な装飾があちこちに見られます。

740-8

一等客室。冷温水の出る洗面台がついていました。狭い部屋ですが ベッドはアメリカ製でスプリングのついた寝心地のよいもの、換気・空調設備も船客が自由に調節できる、当時としては最新式の装置が導入されていました。日本の客船の伝統、飾り毛布が置かれています。毛布の折り紙みたいなものですね。

740-9

一等特別室は、チャップリンや秩父宮両殿下をはじめ、各国の貴賓や著名人が利用したスイートルームです。ステンドグラスや豪華な調度品など、船の中とは思えないほど豪華です。

740-10

この部屋は、三代川島甚兵衛のデザインとされ、テーブルと椅子を除き、壁紙など、竣工当時の姿そのままに残されています。

740-11

バスルームはさすがに狭いですが、腰壁はコンクリートではありませんよ。
グレーの大理石です。

740-12

さすがに天井の鉄骨の梁はむき出しなところが、船だと思い出させます。

740-13

船の廊下なので、かなり狭いです。

740-14

船長室は、船長専用の居室兼寝室です。何か起こったときには素早く対応できるよう、操舵室から最も近くにあります。船長室と操舵室は「伝声管」という連絡用のパイプでつながっていて、いつでも操舵室の航海士が船長に連絡をとれるようになっていました。

740-15

船の総司令室、操舵室です。
右手後ろには船名の由来である埼玉県の氷川神社の神棚が。

740-16

舵輪の前に立つと、目の前に海が見えます。舵を握る航海士もこの景色を見ていたんだろうなあと思うと、なんだか感慨深いです。

740-17

船のデッキからは横浜の夕景が美しく広がっていました。

若い頃に聴いた谷村新司さんの曲で、「窓辺の猫」というのがあります。

 遠くきらめく船の灯りは 旅することない氷川丸…

その氷川丸に初めて乗船できたことも良い思い出となりました。
氷川丸がここに係留されてから、もう50年以上がたつのです。多分、私が生まれた頃と同じだったのかもしれません。航路を引退してもこうして人を喜ばせている氷川丸に、何か人生を教えられたような気もするのでした。

第735回 「神戸どうぶつ王国」

2月17日               (中村 覚)

735-1

突然ですが、これ、何の鳥か おわかりでしょうか。

735-2

羽は、こんな感じ。

735-3

答えはハシビロコウです。

自分の家の犬や猫のしっぽや毛並など、間近で観察することは簡単ですが、動物園にいる動物となると、柵や金網やガラスの向こう側に展示されていることが多くて難しい。アップで写真を撮ろうとすれば、一眼レフのカメラにニョキッと長い望遠レンズを付けて~と、一手間です。でも動物との距離がとても近ければ、普通のカメラでアップの写真も撮れます。そんな動物を身近に感じられる動物園をご紹介します。

「神戸どうぶつ王国」です。以前、知り合いの方がブログで紹介しているのを見て、是非、一度行ってみたいと思っていました。そして 行けば、ただただ驚くばかり。近い、近い、動物との距離感、近過ぎ。

735-4

これはレッサーパンダ。愛嬌がありつつも、勇ましいポーズ?
~で、どこにいるかというと・・・

735-5a

こんなトコに。(画面の左上です。)そして、右の木の上には猫を大きくしたような真っ黒い地味な生き物が。 この動物については、取り立てて注目していなかったのですが、見た目以上にサービス精神旺盛なようで、ダラァ~ンと

735-6

ぶら下がって「よう、来たねぇ~!」こんなことをされたら子供じゃなくても喜びますって。(笑)

735-7

いつものことらしく (写真中央の)係の方がすぐに割って入り やんわりと「あぶないので離れて下さい」と。(笑)

ちなみにこの真っ黒い生き物は「ビントロング」。しぐさが面白かったので後で顔の写真を撮ったのですが、家に帰って確認するとピンボケ。ご興味のある方、是非ネットで「ビントロング」の顔を、一度見てやってください。

735-8

次はナマケモノ。こんなにも間近で見たのはもちろん初めてでしたが~

735-9

それよりも、こんな光景はどこの国のことかと思いました。

735-10

他の鳥も自由気ままです。公園にいる、人になついたハトのよう。

735-11

735-12

735-13

プッと懐に入れられて連れて帰られるんじゃないかと心配。(笑)

735-14

のっそ のっそと ペリカンが。

735-15

外ではカメの甲羅干し?

735-16

735-17

ワラビ―のお昼寝。

735-18

では、最後に、愛想のないスーパースターをもう一度。

735-19

「俺のことか?」

735-20

「あんまり 見るんじゃねえ」

735-21

「動いてやるから、見とけ。」

735-22

シカ「あなたは 何なの? どこから来たの?」
ハシビロコウ「・・・」

735-23

シカ「愛想のないこと。 もう知らないわ」
ハシビロコウ「・・・」

735-24

「昼寝の時間だ、消えな。」

子どもの頃以上に、大人になっても楽しめる動物園でした。