第813回 「見所満載!宿毛の林邸」

8月18日

皆さん、宿毛市にある林邸をご存じでしょうか?高知県宿毛市に明治22年(1889年)に建てられ、林有造、譲治など3代続けて大臣を輩出した林家の大邸宅、「林邸」。

約630坪と高知県内でも類を見ない広大な住居建築物で、近代建築様式を取り込みながら独特の政治機能をも盛り込んでいる、全国でも貴重な木造建築物でした。

築後130年が経過し倒壊の危機に瀕していたところ、早稲田大学建築学科の研究室の協力やクラウドファンドを得て、新たな観光や住民の交流拠点「宿毛まちのえき林邸」として、今年4月にリニューアルオープンしたのです。

耐震改修や最低限の変更を加えながら、古材と歴史的価値を最大限活かし、地域振興の観光に役立つ再生を試みたのだそうです。

林邸の正面玄関は珍しい、神社を思わせる  丸みのあるむくり屋根。

この飾りは、宿毛湾の波を意匠化しているそうです。大きくしてご覧下さい。

1階は4室連続する座敷と、直角して付属する3室の客室が庭園に面しています。こちらの3室は20畳の続き部屋。

そして最大の特徴は4室連続し、開け放つと36畳の大広間です。
合計で56畳が庭を囲んでいました。
宿泊を含めた来訪者のため、規模に応じてふすまで仕切り、演説会や宴席など政治活動に使われたそうです。

宿毛は自由民権運動が盛んだった土地柄で、残されたおびただしい食器や火鉢などからは百名規模の来客が想像できるそうです。ホテル並みですね。(笑)

箱階段を上がって、2階へ行ってみましょう。

いかにも政治家の邸宅らしいと思ったのは、一見物入れにも見えるような小部屋。見張りを兼ねた書生部屋だそうです。明治の政治家は危険にさらされていた時代背景があり、ここから外玄関の来訪者を確認し、危機を察知したようです。

こちらも危機回避装置の一つ。
床の間の畳を外し、隙間から1階に降りることができます。

言わば「隠し階段」ですね。
公然の秘密だったようですが、使われた形跡はないとのこと。

こちらは、2階で最も贅沢な仕上げの「月見の間」。

当時は堤防が低かったため、右手の障子を開けると欄干の向こうに松田川が見え、川面に映る月を愛でながら酒宴を楽しめたそうです。

ちなみにここ、和室8室とキッチンが部屋ごとに1時間数百円でレンタル可能!
もしかしたら使用中だと、ご覧になれないかもしれませんね。この日は運良く、すべて見学できました。

さて、1階の一角には、新たに作られた光あふれる「林邸カフェ」が。
透明な強化ガラスの壁は、月見の間と同じ 組子細工耐力壁が使われ、開放感を活かした美しい耐震改修となっています。

円形キッチンを囲み、おしゃれな飲食&物販スペースが広がっています。
ちなみにこの日頼んだのは…

ポークビンダルーカレー、800円なり。美味しそうでしょ。
有機のスイーツや飲み物もありました♪

カフェ外側の犬走りには、かつての瓦が再利用されています。
なかなかオシャレです。

とにかく書き切れないほど魅力満載の、林邸。
ぜひ宿毛にいらしゃった時には足を運んでみてはいかがでしょうか?

第806回 「元気な道の駅、“よって!西土佐”」

7月1日

高知市から車で2時間ちょっと。美しい四万十川沿いの四万十市西土佐地域は 昔は西土佐村でしたが、2005年に旧中村市と合併しました。2013年8月には41度を記録し、「暑さ日本一」の記録を持っています。ここに道の駅ができたのは2年前、2016年4月でした

その名も、「よって!西土佐」。人口わずか2800人ほどの西土佐ですが、でもここの道の駅、なかなか頑張っているんですよ♪

「みずみずしい市場」「西土佐食堂」「鮎市場」などが並んでいますが、意外にもちょっとおしゃれなスイーツショップもあります。

「ストローベイルSANKANYA」です。心を引かれつつ、まずは市場にGO!

2周年記念のディスプレイが目を引きます。

そしてこの、インパクト抜群のディスプレイをご覧下さい!

決してこの軽トラは間違って突っ込んできたわけではありません。野菜を積んであるんですが、いや~、斬新過ぎる…。(笑)夕方だったので、売れて商品は少なめでした。

ちなみにナンバープレートは、高4010(しまんと)、に4103(にしとさ)です。ほんと、洒落が効いてる。(笑)

商品が、どこにでもある高知県内のお土産物ではなく、西土佐の地の物をメインにオリジナル商品をしっかりプッシュしていて、好感が持てます。私がこの日買ったのは、いくり(スモモ)、タマネギ、桃、にんにく…。いかにも地の物、という安さと新鮮さ。もちろん美味でした♪

西土佐は天然鮎の産地ということで、鮎部門は独立しています。大きなスッポンも水槽にいました。

最近は塩焼きだけでなく、天然鮎のコンフィ(低温のオリーブオイルで長時間煮込んだもの)も商品開発されています。2500円ですが、大きいし絶対美味しいはず。(写真はホームページからお借りしました)これはネットでも買えますよ。

自動販売機も、こんなおしゃれなデザイン。

西土佐の沈下橋をモチーフにしています。

「沈下橋では車に気をつけて!」ほんと、車1台分の道幅で狭いので、すれ違うの怖いんですよ~。(笑)

実にいいなあと眺めていたら、何やら撮影をしてる。宣伝の撮影かな?いや、何か違う。見てみると、なんと、ウエディングドレス姿の女性とタキシードの男性が!

お二人は、こちらの職員さんなんだそう。うわ~、これは素敵なところに出逢いましたっっ!嬉しくなってきます。撮影しているのを見かけて、お年寄りや子どもまで知り合いが次々に声をかけていきます。手を振って答える花嫁さん。その光景が、実にほのぼのしていました。いいなあ。どうぞお幸せに。

そういえば、ここのロゴもおしゃれだし、公式テーマソングも流れているんですよ。素朴で耳に残るフレーズ「鮎・鮎…」のくり返し。ホームページもしっかり作られてるし、考え抜かれている。有名な地域商社、(株)四万十ドラマのプロデュースかなと思い 駅長のさんに伺ってみると、地元西土佐のサコタデザイン(株)迫田司さんにお願いしたのだとか。迫田さんは、あの佐川町の「ぢちち」吉本牛乳のパッケージデザインも手がけた方。とは言え、四万十ドラマの畦地さんも30年来の仲間だと笑っていらっしゃいました。

四万十川流域は道の駅の激戦区で、「あぐり窪川」「四万十大正」「四万十 とおわ」「よって!西土佐」「サンリバー四万十(旧:中村市)」とひしめき合っています。その中で、どう戦っていくのかが、腕の見せ所ですね!
今後も
「よって!西土佐」がもっと、発展していきますように♪

 

第789回 「下関近代建築③旧秋田商会ビル」

3月3日

山口県下関市の近代建築をご紹介するシリーズ、3回目です。前回ご紹介した旧下関英国領事館からすぐ西にある建物です。

写真右手が「旧秋田商会ビル」で、左手は「下関南部町郵便局」。大正4年(1915)から、こうして百年以上も仲良く並んでいるんですよ。

大正4年(1915)に竣工した旧秋田商会ビル。 西日本で最初の鉄筋コンクリート造の事務所建築とされ、ドーム型屋根のある塔屋が印象的です。

なんと屋上には、全国で現存する最古の屋上庭園(と茶室)まであるそうです。残念ながら年に数回のみの公開で通常は非公開のため、見学できませんでした。

外観は褐色のタイル貼り、縦長で小さなバルコニーを備えたフランス窓があり、外観・内部とも後世の改変が最小限で ほぼ建築当初の姿を保っているそうです。

1階は洋風の事務所、2階・3階は和風の住居という、和洋折衷の面白い設計です。

昔の造りなので、耐荷重のため2階・3階へ上るのは人数制限があるため、1階の階段わきで名前と人数を記入して、靴を脱いで上がります。

2階、3階とも和室が広がっていました。3階は大広間で、きっと宴会や集会を行ったのでしょうね。

塔屋部分には、木製の螺旋階段があります。(上がることはできません)
木で螺旋階段を作るという、当時の高度な技術に感心しました。

大正時代の先進的な水洗トイレもありました。壁のタイルは秋田商会が大陸へ進出し、隆盛を誇った頃に輸入したものだそうです。

面白かったのは、このドア。ノブにご注目下さい。
位置が今とはずいぶん違っていませんか?

かなり前にかがまないといけないんです。なんだか、おとぎの国に来たみたい。当時の人は身長が低かったことを実感しました。

こちらは、「下関南部町郵便局」。

明治33年(1900)に建てられた南部町郵便局は、数ある下関の近代建築の中で一番古い建物ですが、郵便局として今も現役だそうです!すごい!

中庭などで結婚式も挙げられるそうですが、残念ながら日曜日でお休みのため、見学できませんでした。

赤い郵便ポストがアクセントになって、とても素敵なたたずまいでした。

下関の近代建築については何も知らなかったのですが、知れば知るほど深みがあって、本当に楽しめたのでした。