第838回 「幡多の恵みと厳しさ」

2月16日

昨年、高知でLABプロファイル(言葉と行動分析)の講座を共同開催した神奈川の八重田さんは何度も高知を訪れて、すっかり高知ファンになりました。そんな仲間が三連休に高知を再訪し、スタッフの中村と3人で海がきれいな宿毛・大月地域に日帰りしました。私は30年ほど前に両地域に住んでいたこともあり、あちこちご案内しました。

最初の写真は大月町の樫西海岸です。海沿いを走り、昼食をベルリーフ大月でとりました。実は高知県は全国3位の養殖マグロの産地で、しかもほとんどが大月町で生産されているそう。2月はマグロ祭りの最中とかでそれ目当てだったんですが、前日確認するとベルリーフでは「仕入れてない」というのでガッカリ。ところが当日「天然の小さいのが上がりました!」とご案内下さって、ラッキー♪

まさしく幡多の海の恵みです。冷凍をしていないから、厚みのある一切れがブルンと口の中で存在感を主張し、その後とろける感じ。素晴らしいお刺身でした。

ついでに車を足摺方面に15分ほど走らせ、小才角に。ここには今の時期の風物詩があるんです。

スルメイカの一日(ひいとい)干し。しっとり柔らかいイカをあぶって食べるのは最高!2~3枚で千円を一袋、家族へのお土産に買いました。

あと、今回欲しかった物に「ひがしやま」があります。そう、あのサツマイモを干した昔ながらのお菓子です。一般的には固いものですが、写真は柔らかいひがしやま。お芋がそのまままるごとなんですが 柔らかくてもっちりとして味が濃く、絶品です!大月町の道の駅では1080円、四万十市では1280円でした。(すみません、写真をアップで撮る前に家族が全部食べてしまいました…)

その後、柏島に車を走らせました。悲願だった2車線の県道が2011年に開通してずいぶん行きやすくなったのですが、あえて途中で1車線の旧道に入り、展望台に。

ところが途中で通行止めでかなり迂回しなくてはならず、落石の跡が残る狭い道を冷や汗をかきながら上りました。でもご褒美に、展望台からのこの景色が!

八重田さんもこの景色を喜んでくれて、ホッとしました。
また細い道をくねくねと戻って、柏島に向かいます。

昨年の平成30年7月豪雨はすごかったですが、その爪痕が土砂崩れとなり、あちこちに残っていました。こちらもそうです。

柏島の手前に巨大な落石があり、自衛隊が出動して破壊したとニュースで流れていました。現在は工事が進み、片側交互通行で特に支障なく通行できていて、何よりでした。3月末には工事も終わるようです。

でも崖のぐにゃりと曲がった異様な崩れ方は、空恐ろしささえ感じるほどでした。つくづく、自然には勝てません。

橋の上で釣りをする親子連れの姿は、きっと昭和から代替わりしても変わらないのでしょうね。微笑ましい光景でした。

そして、港は冬の弱い日差しでも海の底が見えるほどきれいでしたし、

『避難場所 田中さんの畑』
こんなに和む避難看板はないと思うなぁ~♪大好きです、柏島。

その後、宿毛市の林邸へご案内しました。

昨年の8月、第813回「見所満載!宿毛の林邸」でご紹介した林邸ですが、残念なことに1階のカフェは閉店していました。オーガニックの商品など力を入れてやってらっしゃった素敵な雰囲気のカフェだっただけにすごく残念です。やはり地方では経営を維持していくのが難しいのでしょうか。

沢山の恵みをくれる幡多の現実は厳しいけれど美しく、八重田さんは高知を満喫してくれたようで、私も嬉しかったです。次はどこを案内しようかなぁ♪

第831回 「高知 蔦屋書店 オープン!」

12月22日

有名な「蔦屋書店」が今月、高知市南御座にオープンしました。駐車場が5カ所・300台分もあるというのに、なかなか入りにくい状態が続いています。

蔦屋書店は大型倉庫をリノベーションした複合施設です。運営は中四国TSUTAYA(広島市)とサニーマートグループのウイル(高知市)の合弁会社です。書店と名乗りながらも日常が楽しくなる“市場”をコンセプトとし、高知県が誇る「食」を中核とした市場のような「にぎわい」を目指した、地域密着型の大型複合書店だそうです。

1階は書店とマーケット・レストランなど、2階は蔦屋書店、3階は子どものための本屋と遊びの施設になっています。特に1階は期間限定のお店を含め20数店舗も入っていて、ちょっとした新しいひろめ市場って感じです。

「世界で最も美しい書店」という写真集でも有名な東京・代官山 の蔦屋書店ですが、高知店も「そこで過ごす時間を楽しめるような空間づくり」という流れを汲んでいるのが感じられます。

蔦屋書店の象徴とも言える、大型壁面の書棚一杯の本。飾りではなく、本物の洋書で埋め尽くされています。圧倒的な知のイメージがカッコイイ!

ではまず1階から少しご紹介しましょう。実は私がこちらに伺ったのは、四万十町の「まんしゅう」が出店していたからでした。

お店は11時からのオープンですが、11時過ぎにはすでに多くのお客さまが。
ここでホルモンの入った名物、ジャン麺を堪能。(880円)

これから大好きなメニューを味わいに 気軽に行けるので、かなり嬉しいです。

こちらは仁淀川町の沢渡茶カフェ2号店「CHA CAFE ASUNARO」です。私はスタバでなく、「さわたりほうじ茶タピオカラテ」をホットで頂きました。(笑)

四万十ドラマの期間限定ストア「しまんとマルシェ」で、大好きな四万十地栗を使ったモンブランを購入。残念ながら、1月9日(水)までだそうです。

「RAKUDA NIKU BARU JAPAN」もありました。四万十育ちの鶏「龍馬ブラック」をはじめ、各種肉料理をご提供する肉バルレストランですね。

この他、現代企業社のレストラン「イソップの台所」や複数の雑貨店など、あちこち見て回りたいお店ばかり。こりゃ一旦入れば、時間かかるはずです。

2階の蔦屋書店のゆったりとした通路は、ベビーカーや車椅子にも優しい造りです。

とにかく本と対象物のコラボぶりがすごいです!
雑貨は他のお店でもよくありますが、規模が違います。

地域振興コーナーでは、沢山の地元開発の商品が並んでいましたし、

1階のジビエ料理コーナーでは梼原産のイノシシや鹿肉まで売っていました。

驚いたのは宝石のような石けん「サボンジェム」を沢山置いてあったこと。結構珍しい品物で、店頭では初めて見ました。商品のラインナップが、実にオシャレです。

さて、最後に3階です。アクセスの階段の壁の模様も素敵ですよ。

階段を登り切ると・・・

沢山のぬいぐるみがお出迎え。
HANSAというメーカーのぬいぐるみは、大人も楽しめるクオリティです。

広々としたキッズスペースは、特に雨の日は親御さんにはありがたいでしょう。ただ、有料ですのでお気を付け下さいね。

営業時間は各店舗で違いますが、蔦屋書店はなんと8時~23時!
遅くまで、ゆったりと楽しめるわけですね。

外のテラスでほうじ茶タピオカラテを飲みながら、買ったばかりの「ハーバードの人生を変える授業2」を読みました。知的刺激をたくさん受けて、ますます人生が楽しくなる予感がする2018年の師走です。

第822回 「一石三鳥の雑貨屋さん」

10月19日

文教の町と言われる佐川町。上町地区のこの辺りは司牡丹を始め、藩政時代の風情漂う白壁の建物が多く残り「酒蔵ロード」と言われています。

先日、たまたま行く用事があり、そのついでに有名な雑貨屋さん「キリン館」に行ってみよう!と中村と話が盛り上がりました。過去2度定休日(火曜)と被っていたもので、初めて訪れました。

キリン館は2年前にこちらに移転したお店で、江戸時代後期に建てられた国の登録有形文化財「旧竹村呉服店」を改修しています。ちなみに竹村家は江戸時代には質屋を営み、その後呉服商へと商売を発展させた、地域の豪商です。

店内はぎっしりと見応えある雑貨や洋服などが一杯!
オーガニック食品やフェアトレード商品、お洋服まで、目移りします。
ふと右手を見ると・・・

なんと!家の中にお蔵がありました。初めて見ましたが、内蔵と言うそうです。
中もお宝がぎっしり並べられています。(笑)

そしてお店の奥に、もう一つの世界が広がっていました。

喫茶「まるきゅう」です。
「旧竹村呉服店」のお店の紋が「丸に久」だった由縁だとか。

立派な床の間。

特に素敵だなと思った、光と陰が美しい部屋。
右手奥の中庭が効いています。
家具はこちらに似合うイギリス製のアンティークものを探したんだそうです。

メニューを見て驚き。佐川の地乳アイスやオーガニックハーブティーなどと並んで、フランス マリアージュ社の「マルコポーロ」があるじゃないですか!大好きな香りの紅茶です。それと、いちじくのシフォンケーキをオーダー。

美味しくて大満足♪こちらのオーナーさんの「良いもの」へのこだわりを強く感じました。お話ししていると「上もどうぞご覧下さい」とのこと。大喜びで2階へ!

2階の店舗側は、旧竹村呉服店の成り立ちなどをまとめた資料がありました。

左右の鉄窓に文政11年(1828)と明治5年(1872)の刻印があることから、文政11年頃に建築し、明治5年頃に改修したと推測されるそうです。

う~ん、190年も前に建てられたのですね!すごいなぁ。

北側は、住居スペース。
江戸時代を感じられる広々とした和室。欄間も見事な造りです。

踊っている波の模様が光を通し、まるで炎のようにも見えました。

雑貨、カフェに建築まで楽しめて、一石三鳥の大満足なキリン館。
これからも、足を運ぼう!と思いました。