第789回 「下関近代建築③旧秋田商会ビル」

3月3日

山口県下関市の近代建築をご紹介するシリーズ、3回目です。前回ご紹介した旧下関英国領事館からすぐ西にある建物です。

写真右手が「旧秋田商会ビル」で、左手は「下関南部町郵便局」。大正4年(1915)から、こうして百年以上も仲良く並んでいるんですよ。

大正4年(1915)に竣工した旧秋田商会ビル。 西日本で最初の鉄筋コンクリート造の事務所建築とされ、ドーム型屋根のある塔屋が印象的です。

なんと屋上には、全国で現存する最古の屋上庭園(と茶室)まであるそうです。残念ながら年に数回のみの公開で通常は非公開のため、見学できませんでした。

外観は褐色のタイル貼り、縦長で小さなバルコニーを備えたフランス窓があり、外観・内部とも後世の改変が最小限で ほぼ建築当初の姿を保っているそうです。

1階は洋風の事務所、2階・3階は和風の住居という、和洋折衷の面白い設計です。

昔の造りなので、耐荷重のため2階・3階へ上るのは人数制限があるため、1階の階段わきで名前と人数を記入して、靴を脱いで上がります。

2階、3階とも和室が広がっていました。3階は大広間で、きっと宴会や集会を行ったのでしょうね。

塔屋部分には、木製の螺旋階段があります。(上がることはできません)
木で螺旋階段を作るという、当時の高度な技術に感心しました。

大正時代の先進的な水洗トイレもありました。壁のタイルは秋田商会が大陸へ進出し、隆盛を誇った頃に輸入したものだそうです。

面白かったのは、このドア。ノブにご注目下さい。
位置が今とはずいぶん違っていませんか?

かなり前にかがまないといけないんです。なんだか、おとぎの国に来たみたい。当時の人は身長が低かったことを実感しました。

こちらは、「下関南部町郵便局」。

明治33年(1900)に建てられた南部町郵便局は、数ある下関の近代建築の中で一番古い建物ですが、郵便局として今も現役だそうです!すごい!

中庭などで結婚式も挙げられるそうですが、残念ながら日曜日でお休みのため、見学できませんでした。

赤い郵便ポストがアクセントになって、とても素敵なたたずまいでした。

下関の近代建築については何も知らなかったのですが、知れば知るほど深みがあって、本当に楽しめたのでした。

第786回 「下関近代建築② 英国領事館レストラン」

2月9日

さて、前回に引き続き下関市の近代建築、旧英国領事館のご案内をしましょう。
(写真はクリックで大きくなります)1階の展示室を見て回り、階段を上がると…

レストラン「Liz」です。英国領事館ですから、きっとエリザベス女王のお名前にちなんでいるのでしょうね。

優美で落ち着いたインテリア。ここでお食事ができるのは嬉しいですね。
気持ちもゆったりと、くつろげそうです。

それぞれの部屋に暖炉があります。

内側から見たベランダのアーチは、こうなっています。

ラッキーなことにランチ時間に、一番乗りでした。ピーターラビットオリジナルランチ「ピーターラビットのキッチンガーデン」(2000円)を頂くことにしました。ここではピーターラビットが公式キャラクターになっているのです。

前菜が来ました。「マグレガーさんの農園 ~季節野菜のテリーヌ~」
とっても可愛らしいテリーヌの断面にビックリ!!いかにもピーターラビットが好きそうです。トップにはトマトで作ったというムースが♪

スープは「ピーターとベンジャミンのお土産 ~季節野菜のスープ~」
見た目はシンプルですが、マッシュルームとポルチーニ茸の味が絶妙で、実に美味しかったです。

メインは「犬のダッチェスのおもてなし ~牛バラ肉の赤ワイン煮込み~」
ピーターラビットというキャラクターでフィルターがかかっていましたが、こちらのレストラン、実に優秀なシェフがいらっしゃると確信しました。

最後のデザートには、ノックアウトされました!
「ピーターラビットのひみつのお花畑 ~抹茶のティラミスとピンクのメレンゲ~」

なんて美しいんでしょうか!感動です。
 野原は抹茶のティラミス、周りの壁はチョコ、花もウサギも、すべて食べられるんですよ♪♪

カップにはさりげなく、ピーターラビットが。「大人可愛い」ってフレーズを思い出しました。いや~このランチ、きれいで美味しくて、お薦めです!!

また下関に来ることがあれば、絶対に再訪しようと思いました。

第785回 「下関近代建築① 旧下関英国領事館」

2月3日

山口県下関市とお向かいの北九州市門司港には、近代建築がいくつもあります。出張のついでに、散策を楽しみました。中でも一番印象に残ったのは、明治39年建築の「旧下関英国領事館」でした。日本に現存する最古の領事館だそうです。

国内には港町だった長崎・函館・横浜に、英国領事館跡が残っています。下関の英国領事館は、長崎と同じ設計者(ウィリアム・コーワン)で同時期のものだそうです。

赤い煉瓦と白い石材の対比が美しい外観。南側ベランダの三連のアーチが特徴的です。

この建物は昭和29年に下関市がイギリスから購入し、その後警察派出所、考古館として使用され、平成になって重要文化財に指定。平成20年から5年半の改修期間を経て平成26(2014)年に再オープンしたそうです。

1階は展示室、2階は喫茶・パブなどのレストラン「Liz」になっています。

建設当時の赤煉瓦などの展示がある「赤レンガ室」。

入口の階段を上がると、レストランに続きます。

旧文書室にあった椅子とテーブルも雰囲気一杯で、お洒落です。

こちらは、旧領事室。暖炉の前には当時の椅子とテーブルが。

館長さんにご案内をお願いしたら、ものすごく熱心に歴史からご説明下さいました。机に座る姿はまさに、英国紳士のようです。

せっかくなので、私も「I am 領事!」なんてお茶目なフォトプロップスを持って1枚。(笑)

1階には4つ、2階には3つの部屋があり、どの部屋にも暖炉があります。
一番立派な暖炉はこの旧領事室のもので、当時のイギリス国王エドワード7世のイニシャルと王冠の浮き彫りが施されています。

暖炉の周りに貼られた装飾タイルは、部屋によって色や図柄が違っていて、それを見るのもまた面白かったです。

館長さんによると、窓の鍵や鍵穴は、長崎の英国領事館にあった物を原型として、レプリカを作って取り付けてあるそうです。小物一つでもおろそかにしない配慮が好感を持てました。

こちらの2階のレストランも、改めて取り上げますね。
お楽しみに。