第748回 「幕末維新写真展」

5月21日

高知家では3月から「志国高知 幕末維新博」が開幕しました。幕末維新期の土佐の歴史を巡り、維新の息吹を感じとって頂くものです。場所は、新しくオープンした高知城歴史博物館と坂本龍馬記念館の2つのメイン会場、加えて各地域における幕末維新の志士ゆかりの歴史文化施設など20の地域会場があります。

748-1

その会場の1つである宿毛市歴史館で行われている「幕末維新写真展」を見に行きました。全国でも貴重な幕末から明治にかけての多くの「ガラス湿板写真」を展示するというもので、ちょっと面白そうと心が動いたのです。会場は、宿毛文教センター3階の宿毛歴史館。

748-4

幕末維新写真展は、幕末から明治にかけて撮影された貴重な写真を展示していました。撮影はOKだけど、フラッシュは禁止とのこと。きっと光による劣化を避けるためでしょうね。

748-5

リアルな着物と髷(まげ)の形。当時の人々の息づかいまで聞こえそうです。
右の写真ケースの裏には、「慶応二年六月一五日 三橋樓 仲居 政女 三浦屋店妓女 君子」と書かれていました。なるほど、襟の合わせ方などがゆったりとしていて、いかにも仲居さんや芸妓さんだなと感じました。

748-11

これは京都で新発見された、堀与兵衛撮影の写真。(初公開)最近、こうした仲居さんと一緒に写真に写った志士の写真などが新たに発見されていますよね。「歴史上の人物」といった感じではなく、なにか親近感を覚えます。

748-9

当時の肖像画と、写真を対比して見るのも面白いものでした。
こちらは明治天皇の皇后、昭憲皇太后の肖像画です。華やかですね~。
そして昭憲皇太后の御真影は、こちら。

748-10

やはり写真になると、ぐっとお一人の人物像を感じます。
肖像画は衣装の華やかさが前に出てくるのに対し、ご真影はお顔立ちから毅然となさったお人柄まで忍ばれるようにも思います。

748-6

坂本龍馬の写真3点もありました。いずれも慶応三年に撮されたものです。

748-7

中でもこの写真は、龍馬の雰囲気がよく伝わってきます。
現存する龍馬の上半身写真では、非常に鮮明に写っているものだとか。
明治期を代表する写真師、成田常吉が複写したものです。

748-8

日本画家、公文菊僊(くもんきくせん)が描いた龍馬の肖像画もありました。右の写実的なものから左のデフォルメされたものまで、年代で比較できるのも面白かったです。そういえば亡くなった大伯父の家にも、真ん中の肖像画に近いものがあったなぁ。

もっと面白いのは、公文菊僊は龍馬の死後の画家で、幕末維新期に撮影された龍馬の写真を参考にしたということです(笑)。菊僊が筆を持ち始めた頃には実際の龍馬を知る人がまだ健在であったため、聞き取りをして肖像画を完成させたとか。

わかるわ~、明治生まれだった私の亡くなった祖母からは、「龍馬は小さい頃には寝小便たれやった」とか、まるで近所のおじさんのことのように聞かされたので。(笑)土佐人にとって龍馬は偉い「センセイ」ではなく、隣にいる身近な友人なのだな、と改めて感じたのでした。

なお「幕末維新写真展」は、宿毛市での展示は5月21日(日)で終了しましたが、中岡慎太郎館(北川村)で7月12日(水)~9月4日(月)まで開催予定です。

第736回 「愛と希望を革製品に込めて」

2月25日

736-5

先週末、高知市の大丸前で「第4回 市特市(しっとくいち)~届けよう!高知特支のポジティブ力!!~」という催しが開催されました。これは高知市立高知特別支援学校が作業学習で取り組んでいる物の販売を通して、生徒が満足感や成就感を味わい 地域との交流を深める活動です。

736-6

高知県振興キャンペーン「高知家ポジティブコレクション」にも参加し、高知家の大家族の一員としてプロモーションの一翼も担ったようです。

736-9

中学生や高校生が木工、縫製、食品加工、レザークラフト、石けん、園芸…などいくつもの班に分かれ、日頃の成果を披露していました。

実は私は2月初め、ご依頼を頂いて高知特別支援学校の中学部レザークラフト班で「良い接客を学ぼう!」という研修を行ったのです。

736-1

それに先だって、1月に現場の見学に伺いました。レザークラフト班には、12名の生徒さんが所属しています。

736-2

染色した革を丁寧に接着し、2本の針を使って一針一針 縫っていきます。本当に「心をこめて」いるのが伝わってきました。

736-3

コミュニケーションが苦手とか集中力が課題だったり、先生に注意されると不安定になることもあったり、色々な生徒さんの個性があります。でもそれは特別なことではありません。社会人の私達だってみんな、色々な課題があるわけですから。
とは言え、知的ハンデを持つ中学生への研修は私も初めてで、どう彼らの良さを引き出せば良いのか かなり悩みました。

736-4

そして販売活動の10日ほど前に、一時間の接客研修を行いました。

「どんな接客をされたらうれしい?」から入り、以前の販売会でお客さまにどんな声をかけたのか考えてもらい、販売に限らず今後の人生に役立ててもらいたいと「人と仲良くするための3つの方法」を紹介しました。

・笑顔
・言葉
・心を込める

最後に、ロールプレイングでお客さま役の中村とやりとりをしてもらいました。みんな実に良いあいさつや笑顔 やりとりを見せてくれ、嬉しい思いで一杯でした。(集中していたので、写真は撮り忘れちゃいましたけど)

736-10

そして迎えた、「市特市」だったのです。レザークラフト班は大丸北の中央入口の横という、格好の立地条件でした。

736-8

「oflove」というのは、レザークラフト製品のオリジナルブランドです。「愛と希望を革製品に込めて」という言葉が添えられていました。

736-7

生徒達はお客さまにあいさつし、ちゃんと対応していました。嬉しいなぁ。詳しい補足説明はできないので、そこは先生が受け持ってくださっていました。もちろん、私も「oflove」の製品を買わせて頂きました。

736-12

「かわいい」「色がキレイ」と、すでにいくつかもらわれて行きましたが、革の切れ端まで「Thank you」と刻印して小さな手提げに使ったり、なかなかオシャレです。来月会う友人にも、お土産にしようと思っています。愛と希望が届きますよね、きっと♪

第697回 「高知家のポジティブ・パワー!」

5月21日

先日、高知県庁から面白い依頼を受けました。

697-1

昨年「高知家 ALL STARS」としてスター登録していたのですが、私がちょうど1000組目だったことと、その時の紹介文が高知家プロモーションの目指す姿と一致したため、「ぜひ一度お話を伺い、高知家スターとして紹介させていただけないでしょうか」ということでした。

面白いこと大好き!な私としては、喜んで県庁に参上しました。

697-2

県庁の入口は、高知家の入口です。(笑)

697-3

ここが高知家プロモーションの本拠地、「地産地消・外商課」です。

「高知家のうた」を発表したり、「爺-POP」という高知県の男性グループによる「高齢バンザイ!」という歌がメジャーデビューを果たしたりと、話題には事欠きません。

平成25年に「高知家」というプロモーションが始まった時、そのネーミングの秀逸さにはずいぶんと驚嘆したものです。今まで高知県は観光や自然、食べ物を売り出してきましたが、「人」にスポットを当てたことはかつてなかったですから。そして、高知県人の温かさ、つながりといったものをなんとうまく表現しているのだろうと感じ入りました。

697-4

「高知家プロモーション室」の吉野チーフ(右)と西森さんです。色々なお話を伺えました。

そもそも「高知家」は、産業振興計画の一環として「高知で暮らしてもらおう」という移住促進から始まったプロモーションだったそうです。東京の広告代理店の有名コピーライターの方が高知を訪れた時、「国際的にもありえないほどの人と人との近さ」に驚き、「外から見ると県民が一つの家族のようだ」「外から来ても、いきなりそのレベルの接し方をしてくれる」と、このコピーになったと伺いました。

「高知家の娘」広末涼子さんも「高知県は、ひとつの大家族やき。」とPRしてますよね。でも「高知家」って、高知県民だけではないんですよ。高知に来た方も、高知が好きな方も、「高知県と縁がある人は、みんなぁ家族。」なんです。(^^)/

4年間、高知家のプロモーション撮影に入れ替わりで安いコストで来てくれる東京の監督やカメラマンが、みんな口々に「高知は~だと聞きました。楽しみにしてます」とおっしゃるそうです。

まず「みんな素人なのに、しゃべりがうまい。」 かつ、
「ここまで協力してくれて、かつこんなにノッてくれる県民性はない!」

はい、土佐弁では人に乗せられて調子づく、ふざけることを「おだつ」と言います。専用の言葉があるくらい、昔からノリのいい人が多かったんでしょう。(笑)

697-66

中でも「高知家の唄」のプロモーションビデオは島崎和歌子さんが歌い、あちこちで素人の皆さんが集まって、本当に楽しそうな光景です。みんなぁ、お酒抜きでもやるやんか!(笑)

♪いっしょに笑おうや ひとりで悩まん
ひとりで泣かんでえい みんなぁで高知家
いっつでも「おかえり」・・・

このラストシーンを帯屋町で撮った時には、400人もが集まったそうです。上から俯瞰で撮ってた監督が最後に、「じゃあみなさん、これから家族になってください!」というアバウトな指示を出したのに(笑)、みんないきなり「わーーっ!」と集まって、すっごく良いシーンが撮れたとか。その時、カメラマンは思わず泣いたそうです。「こんな県民はない。こんないい絵が、こんな風に撮れることはない」と。

プロのカメラマンも感動した、「高知家の唄」はこちら♪

697-8

さて そんな高知家プロモーションも4年目に入り、首都圏でも、「高知家」の認知度は36%と上昇し、高知家のピンバッジは25万個(!)も売れているそうです。昨年からは高知家のポジティブ・パワーを日本中におすそ分けする「NIPPON POSITIVE PROJECT」も始まっています。歌と踊りで高知の魅力やポジティブさを発信する「爺-POP」もその1つ。

前代未聞の平均年齢67歳のお爺ちゃんアイドル5人組が「高齢バンザイ!」という曲をリリースし、なんとメジャーデビュー。

697-10

北川村、高知市、中土佐町、大月町の海の男・山の男が「日本を、ポ爺ティブに。」ですって~、ステキ。上に立つ者自ら良い意味で「おだつ」、この人生に前傾姿勢なのが実にカッコイイじゃないですか!

近年、日本には「生きる力」が足りなくなってきています。心理学の交流分析的に言うと、生きる力は本能でもあり、それは「子どものように自由な心(Free Child)」によるものとされています。これが削れてきていると。

しかし、この自由さ・楽しむ心が日常にふんだんにあるのが「高知家」なのです。その象徴が、常に進化し続けるよさこい祭りですよね。

697-7

「高知家の元気で日本をポジティブに!」\(^▽^)/
というわけで、プロモーション推進室で「おだって」頂きました。(笑)奥にいらっしゃる高知家プロモーション推進室の室長も、さすがのスター眼鏡姿です。これぞ、人生を楽しむ、正しい高知家の家族のあり方でしょう。

 ☆ご紹介頂いたフェイスブック「高知家オールスターズ スター紹介15」はこちら。