第788回 「松原ミートで渾身のジビエを頂く」

2月24日

ジビエとは、野生の鳥獣肉。高知県では今、県内40店舗でジビエ料理が食べられる「よさこいジビエフェア2018」を行っています。

イノシシや鹿による農林業被害が2億円を超え非常に深刻化しているため、捕獲されたジビエを大切な資源として有効活用しようという試みです。これは乗ってみなくちゃ!

ということで神奈川から遊びに来た講師仲間Hさんを、高知市のジビエレストラン「松原ミート」にご案内しました。ジビエの捕獲から関わっている本格派のお店で「本日ハクビシンの有害捕獲出動のため閉店します」なんてことも。(笑)

店内はL字型カウンターのみです。メニューは冷蔵庫に貼られています。

私も中村もジビエは鹿やイノシシを数回食べたことがある程度で、わからないなりに一通り注文しました。

肉料理は多くが「100gいくら」なので、肉のかたまりを見せて「どのくらい切りますか?」と訊いてくれます。

◯シャルキュトリ盛り合わせ(1500円)
ジビエ専門店に来たぞ!感満載の前菜です。

右上から時計回りに、豚の生ハム(プロシュート)、豚のソーセージ、鹿のパテ、イノシシの頭の煮こごり。どれも熟練の加工で肉の旨みがしっかりしていました。イノシシの煮こごりは少し味が濃かったのでパンを頼み、載せてサクサクと美味しく頂きました。

◯季節の野菜とヴァントレッシュ(700円)

山盛りの葉物野菜に、ヴァントレッシュって何なのか?後で調べると、塩漬けの豚バラ肉を燻製にしたものらしいです。

◯ソーセージ(ブーダンノワール950円/100gほか  )

ブーダンノワールは黒いソーセージ。鹿の血を使っていると事前勉強してました。恐る恐る注文してみると、意外度100%!玉ねぎも入ってコクがあり、実に美味しい!概念が変わりました。もう一種は今帰仁アグーとふきのとうのソーセージだったかな?私は、ブーダンノワールの方がより美味しかったです。

◯土佐赤牛の炭火焼き(1800円/100g)

ドンと来た、土佐赤牛の赤身肉。これぞ肉祭り!(笑)肉の旨みをストレートに、何度も噛みしめて味わいました。「牛肉はやはり王道の美味しさだね」と納得。

◯ピクルス(300円)

やはりガッツリお肉を食べるので、サッパリした野菜が欲しくなります。ピクルスには四方竹も入っていました。

◯ハクビシンのバロティーヌ(2800円)

さあ 本日のメイン、ハクビシンです!ハクビシンって美食家で、ミカン畑でも食べ頃の甘い木のものしか食べないとか、そりゃ美味しくないわけがないでしょう。農家の敵をとってやります。沖縄で様々なお肉を食べたHさんもこれは初体験とか。

やはり美味しいお肉。バルサミコ酢味かな?でも、今まで食べた どの肉とも違う味。鳥とも豚とも牛とも鹿とも違う…。うーん、文章力のなさが悔やまれます。(^^;)ハーブなどをうまく使っていて、匂いもありません。食感は少し干したイカのようで、噛みしめがありました。右はハクビシンのソーセージですが、クセがなくて美味しい。
(ハクビシンはいつもあるわけではなく、予約が必要です。)

◯エゾ鹿の炭火焼き(1300円/100g)

ものすごく柔らかくてジューシーなのが驚き!鹿肉は鉄臭くて固いイメージがあったのですが、ラム(子羊)みたいな柔らかさで鹿肉の旨みを味わえました。シェフの凄腕を確認した一品で、鹿肉のイメージがガラッと変わりました。

◯皮付きイノシシのブレゼ(2500円)

ブレゼは蒸し煮で、シンプルにお塩で頂きます。イノシシの旨みは固い皮の下の脂身だと私は思っていますので、本当はとろけるほど煮込んだ方が好みなんですが。これは歯ごたえも残しているので食べ応えがありジビエ祭りのトリにふさわしく、満腹でご馳走様となったのでした。Hさんにも魚だけではない高知の食の奥深さを喜んで頂けました♪

お酒が飲めない私はフルーツソーダでしたが、お肉の分解酵素があるキウィが甘すぎない感じで程良く、ついお代わりしちゃいました。

ジビエはなじみが薄いので欲を言えば(メニューでもいいから、もうちょっと説明して欲しかったなぁ)とは思いましたが、とにかくジビエを美味しく、その奥深さも堪能させて頂けました。せっかくなので何人かで行くと、より多くのお肉を味わえますね。

何より、シェフ渾身のジビエ料理は感動ものでしたし、命を頂くということの原点を考えさせられました。(動物たちに手を合わせて)ご馳走様でした。

第760回 「宿毛歴史遺産③ 河戸樋管」

8月13日

突然ですが皆さん、「河戸樋管(こうどひかん)」ってお聞きになったことはありますか?宿毛市に残っている現役の歴史遺産ですが、私も聞いたことがありませんでした。

今年の春、「とさぶし17号 特集その5 東宿毛駅」という記事を読んで、初めて知りました。「堤防には今も当時の河戸樋管(こうどひかん)が残っています」という文章と、右から書かれた文字を見てみたい思いが強く残りました。

樋管とは、用水流入や内水排除のため堤防を貫通して設置 される暗渠(あんきょ:外から見えない水路)です。昭和二年(1927年)と90年も前の古いものらしいので、ネットではこれ以外に情報が見つからず、宿毛歴史館の方にも尋ねたのですが場所もわかりませんでした。

そこで、宿毛市に行った際  堤防近くをうろうろしていると、記事で見た水路を偶然 発見!県道4号線の「Osakaya」という写真右手のレストラン沿いです。

この奥に、きっとあるに違いないと信じて行ってみます。

小さな水路に出ました。
この奥にきっと河戸樋管がつながっているはずです!

そこから北に歩くこと150mほど。
少し心細くなってきた頃に水色の昔ながらの小さな可動堰?を発見。
「おお~」と見つめると…

その先に、河戸樋管がありました!

日本古来の右からの書体。近代建築に通じる時代を感じます。
もう90歳ですが、まだまだ現役のおじいちゃんですね。
嬉しくなっちゃいました。

この堤防の向こうは、松田川なんです。
河戸樋管の上には、記念碑?が建っていますが…

文字がもう溶けてしまって、読めません。

左手に石碑が建っていますね。場所が特定できてからわかったのは、宿毛歴史遺産①でご紹介した宿毛城跡から、堤防沿いに南に150mほどの所だということと、

松田川にかかる大きな堰(橋にもなっている)のすぐ南だった、ということです。

これでお読み下さっている皆さまも足を運べますね!
いや、そこまで興味はない?ごもっともです!(笑)
でも私にとっては 宿毛市に埋もれていた遺産を皆さまにご紹介できて、嬉しさが残る取材でした。

第759回 「しまんと市民祭、迫力の提灯台!」

8月4日

先日、毎年恒例の四万十市での研修がありました。

見慣れた赤鉄橋が鮮やかにお色直しされ、夏の陽ざしに映えていました。20数年前にはこの橋のたもとに住んでいたこともあり、懐かしい景色です。

研修が終わると、「今夜はお祭りがありますよ」と教えて頂きました。四万十市と言えば「土佐一條公家行列 藤祭り」が有名ですが、あれは5月だったような?…
夕食後に商店街に立ち寄ってみると、いつになくすごい人ごみです。

夜店も出て、とってもにぎやか。「しまんと市民祭」と言うそうです。
後で市役所に伺うと、例年通り1万6千人ほどの人出だったそうです。

商店街を通ると、ちょうどよさこい祭りの地方車のようなトラックが通り「具同提灯台(ぐどうちょうちんだい)」とありました。見ていると…

何これ!?灯りをともした提灯台を担いで、男性陣が勇壮に練り歩いています。
そして辻に来ると、ぐるぐる提灯台を回すパフォーマンス。その迫力にビックリ!

「提灯台パレード」と言うそうです。今までまったく知りませんでしたが、見ていると次々に違う提灯台が通りかかります。
こちらは「大橋通提灯台」チーム。法被と提灯の赤が鮮やかです。

四国電力グループ。それぞれ、提灯台の色やデザインが違うんですね。
皆が口ずさむ唄が耳に残ります。でも言葉はよく聞き取れません。

「姉モセー 妹モセー ササーナンデモセー」

このサビの部分は耳に残るんですが、意味がわかりません。
残念ながら、市役所の職員さんもわからないとのことでした。

フジグラン四万十チーム。法被が紺で、粋でした。だいぶ見慣れてきました。

と、明らかに今までとはまったく違う、提灯台ではないチームが登場!
「太鼓台」と書かれた法被のチームです。

その名も「太鼓台保存会」。10台出る提灯台に対し、太鼓台はこの1台だけです。
色とりどりの紐結びが、幻想的に浮かび上がります。通りすがりのおじさんが「これは値打ちがあるけん」と教えて下さいました。

興味を持って、高知に帰ってから調べてみました。

そもそも提灯台は、一説には1467年(550年前)、前関白の一條教房公が中村に下向し、京都の祇園祭を模して始めたとも言われているそうです。す、すごい歴史があったんですね!昔は地区ごとに提灯台を構え 練って歩いたそうですが、今はそれが企業に代わっているというわけです。

子ども太鼓台も後をついて行きます。残念ながら人混みでほとんど見えませんけど、こういう体験が後進を育てるんですね。

太鼓台のチームのある下田は、四万十川の河口の町です。市役所の職員さんによると夏祭りの太鼓台の巡行は、160年前の江戸時代から伝わっているのだとか。

布に籾殻を詰めた飾りの太鼓台は 提灯台よりも数倍重く1トン近いそうです。下田の太鼓台は江戸時代に大阪の堺から購入してきたものと伝えられているそう。一説には、港町として栄えた下田の気の荒い男達の間で喧嘩が絶えないので、新しい祭事を始めて収めようとしたとか。

川村慎也さんという方の「はたのみち草 第8回 下田の 太鼓台」という記事に詳しく書いてあります。下田の町を太鼓台が練って行く様をぜひ見てみたい!という思いが湧くほど、素敵な記事でした。

このお祭りが終われば、四万十市にも夏がやって来ます。