第673回 「子鹿園の追憶」

11月27日            中村 覚

記憶力というものは、多分・・・
小学6年生の時には小学2年生の頃を思い出すのはけっこう簡単だったはず。高校生の時に中学生の頃を思い出すのもそうでしょう。 社会人になりたての頃、楽しかった学生時代を懐かしく思い出すことも ごくごく当たり前だったはずです。二十歳頃までは、過去の記憶は、頭の中で ある程度 整理整頓されていたので、思い出すのも簡単でした。

ところが最近、記憶はゴチャ混ぜ状態です。 ○○に旅行に行ったのは、2年前?いや5年前か・・・? 日記でも見ないことにはわかりません。なにより 何年前かという些末な部分は もうどうでもよくなってきてます。 2年前も5年前も 大した差はなく、「ちょっと前」でくくれますし、10年以上 前のことになれば「昔」で片付きます。40歳手前になると どんどん人間がおおらかになっていくのでしょうか?(笑) ~にしても、子供の頃に強烈に記憶したはずのものまでが、思い出しにくくなっている現状、これ、一体、どういうことでしょうか。

というわけで、思い出せる分だけでも思い出して、今の内に書いておくのも一つの手かと思います。

673-4

第670回のコラムで、筒井が「療育福祉センター」について書いていました。私は子供の頃、約4年間、ここでお世話になっており、その頃の名称はまだ「県立子鹿園」でした。 この度、建て替え工事という大きな区切りでもあるので、過去の記憶を絞り出してみます。 ひどく個人的な内容になりますが、 「書いてよし」 と筒井からゴーサインも出ましたので。(笑)

673-3

股関節の病気で入園したのは今から約34年前、4才の時です。園では治療の一環として、寝る時以外は足に装具をはめていました。同じ症状の同年代の子と一緒に6人部屋で寝起きを共にします。朝、起床は6時。 看護師さんが「おはようー」と入ってくるなり部屋の電気を点け、窓際のカーテンを開けると1日の始まりです。 4才の子供が6時 起床・・・ 厳しいぃぃ。 今 思うと泣けます。 もっと寝かせてあげて下さい。 冬の寒い日など、もっとゆっくり寝たかったのですが、共同生活ですから つまらぬ わがままは通りません。 共同生活で育もう、協調性! でも入園して以来、いっぱいいっぱい使ったので、退園する頃には もうなくなっていました。

朝食を食べた後、(多分、みんなで 食堂で食べたはず。) それぞれ 付属の保育園や、年齢が上がれば小学校に行きます。そしてたくさん遊んで、勉強して「ただいま!」と帰ってくるのは自分の部屋。普通なら家族の待つ家に帰るはずですが、園の生活では学校から帰っても、他人と一緒の生活です。 6人部屋ですから 厳密に言うと、寝起きするベッドの上だけが自分の空間。この頃はこれを当たり前と思っていました。

673-1

今でもはっきり覚えているのは、自分のベッドの上に置いてあった色鉛筆を、向かいのベッドの子が、断りもなく、ある日 勝手に使っていました。私も子供、むこうも子供。「あっ、色鉛筆、貸してもらっているよ」「うん、良いよ、いつでも使ってね」 などとは爪の先程も思いません。強く思ったのは「勝手に使うなよ!」でした。別に相手が嫌いだったわけじゃなく、その行為が嫌でした。このように 融通の利かない子だったんです。

まぁこんな調子ですから、園での一番の楽しみは週に一度、家に帰れることでした。土曜日のお昼をみんなと食堂ですませた後、自分の部屋に帰ると、それぞれの親御さんが我が子を迎えにきています。この時の嬉しさと言ったら園からの脱出に等しく、最高でした。このように土曜のお昼から、それぞれ我が家に帰り、翌日の日曜日の16時までには園に戻ってこなくてはいけませんでした。それが規則です。 迎えに来てもらう側の子供たちは、どれだけ嬉しかったことか。

でも 今 考えると、東は芸西や室戸、西は宿毛から我が子を迎えに来ていた親御さんのご苦労は計り知れないと思います。それに比べ、我が家は園から車で15分ぐらいの所にありましたので、「これがたまるかっ!」言うぐらい、親は楽チンでした。

家に帰っても外してはならない装具を、帰りの車の中で 早速 外して身軽になった後、いつもの駄菓子屋さんに寄ってお菓子を買ってもらうのが、何よりも嬉しかったです。私は子鹿園で7歳までお世話になりました。退園できることがわかった半年前から、園の中でも装具をのけてのびのび過ごすことができました。心の余裕ができたのか、嫌だった園での生活も残りの半年は自由を感じることができたように思います。

673-2

断片的な記憶のつぎはぎのような文章になりましたが、記憶とは楽しかったことよりもしんどかった部分の方が強烈に残るのでしょうか。

第672回 「神戸居留地の近代建築①」

11月21日

神戸は異人館など、有名な近代建築のメッカです。

実は神戸に泊まった時、ホテルのすぐ近くに近代建築がたくさんあるのを見かけて、早速撮影に出かけたのでした。旧居留地と呼ばれていた場所の最南端、海岸通り沿いです。わずか500mくらいの圏内に近代建築が並んでいる様は壮観でした。
(写真はクリックで大きくなります)

672-1

↑国道2号線のメリケン波止場前にある、神戸郵船ビル。大正初期に建てられた、日本郵船の神戸支店だったビルで、現在は紳士服のお店です。1945年の神戸空襲で焼けたそうですが、戦後改修工事をし、1994年(阪神大震災の前年)に耐震補強工事をしていたため、ほとんど地震による被害はなかったそうです。なんてラッキーな建物でしょう!

672-2

↑通りを挟んで東には、海岸ビル。(旧三井物産神戸支店)。阪神大震災でほぼ全壊しましたが、外壁を残して再建されました。

672-3

そのため、中は現代的にこうなっています。

このビルのすぐ東隣にあるのが・・・

672-4

↑まるで貴婦人のように優美な、商船三井ビルディング。大正11年生まれ(と呼びたいくらい美しい)。当時は珍しい地上7階建てで、大正期の大規模オフィスビルとして現存するものはこれだけだそうです。

672-5     672-9

関西の商業ビルを数多く手がけた近代日本の建築家・渡辺節(わたなべ せつ)氏の設計です。

672-8

672-7

現在、1階には大丸神戸店のインテリア館やアンティークショップが入っています。

672-6

横顔もなんて美しいんでしょう!
ここに会えただけで、神戸に来た幸せを感じられたのでした。

 

第671回 「ホテルオークラ神戸のユニバーサルルーム」

11月14日

車いすの長女を連れて家族で旅行をする時には、ホテルのユニバーサル(バリアフリー)ルームの情報収集が不可欠です。でも、意外にネットにもそういう情報って少ないんですよね。いつも苦労しています。

ということもあり、忘れていましたがこの夏、家族旅行をした際のユニバーサルルームのことを書いてみます。神戸に行ってみようか?ということで、ネットでユニバーサルルームを調べ、ホテルオークラ神戸が良さそうだと予約しました。

家族4人を乗せた車いす仕様のボクシーは、高速道を5時間ほどひた走り、明石海峡大橋を渡って、神戸へ。私の大学は神戸の近くだったんですが、神戸に行くなんてもう20年ぶりくらいでしょうか。懐かしい思いで神戸に降り立ちました。

671-1 (写真は クリックすると大きくなります)

車いすの乗降後、ボクシーをパーキングタワーではなく玄関横に駐めさせて頂けて、本当に助かりました。

671-2

私たちが泊まったのは、22階のユニバーサルルームです。1室は3名まで宿泊可能ということですが家族4人のため、ユニバーサルルームとつながっているコネクティングルームのツインと2部屋を予約しました。

671-3  671-9

長女の車いすはリクライニング型で大きいため、ホテルの部屋で取り回しに苦労することも多いのですが、さすがはホテルオークラ。37平方メートルのゆとりある設計で楽々でした。

671-4 671-8

ベッドの間って狭いものですが、ユニバーサルルームは広めで車いすも入るため、とても助かりました。

671-5

トイレは引き戸仕様です。ここの入口幅は80cm。

671-6

手すりは両側で可動式。

671-7

お風呂用のチェアーもあります。長女は全介助なので使いませんが。

671-11

客室入り口の幅は85cm。クローゼット付近も、幅60cmの車いすが通っても、これだけゆとりがあります。これは心のゆとりにもつながります。

671-10

こちらはコネクティングルームのツインです。

671-12 671-13

22階なので、眺望も素敵でした。玄関からすべてバリアフリーで、レストランや買い物にもストレスなく移動できることはありがたいことです。スタッフの接遇も、さすがでした。

そうして神戸の散策や近代建築も楽しんだのですが、そう遠くない将来 次女も結婚することを考えると、家族みんなで行ける旅行は、あと何回あることでしょうか?
そう考えると、家族のメモリアルの貴重な1ページとなりました。