第707回 「涼歌、30歳になりました」

7月30日

長女、涼歌(すずか)が先日、30歳の誕生日を迎えました。

707-1b

以前から「Weekly N」をお読み下さっている方はご存じでしょうが、私の長女涼歌は生まれた時の医療ミスにより、脳性麻痺の障害を持っています。手足が不自由で知的障害もあり、養護学校を卒業した後 デイサービスに通所しています。

2003年から2008年までは、弊社のホームページで「気ままにDO!」を連載してくれました。涼歌が文章を考え、私がパソコンで打ち込む形式で65回綴りました。(現在はトップページのバックナンバーにあります。)車いすながら、彼女なりに穏やかに日々を過ごしていました。…24歳までは。

すべてがひっくり返ったのは、あの東日本大震災でした。震災1週間後、溢れる震災の映像で彼女は心の病にかかってしまったのです。あんなに人とのおしゃべりが好きだったのにコミュニケーションが通じなくなり、あんなによく笑っていたのに、表情が動かない。眠らない、食べない彼女に、家族も振り回され、どれだけ泣いたことでしょうか。

まったく食事をしないと衰弱するので、口を無理矢理でも開けて食べさせるのですが口を閉じて抵抗するので、毎日が戦争でした。夜中じゅう、大きな声で独り言を言うため私は夜眠れなくなり、昼は仕事ですから精神的に参ってしまいそうでした。

しかし、以前の身体障害を乗り越えた経験があるので、そのうち「泣いているだけでは何も変わらない。あるがままのこの子を受け入れなければいけない」と気がつきました。「過去と他人は変えられない。変えられるのは今、ここにいる自分と未来だけ」という交流分析の言葉に救われました。

「時薬(ときぐすり)」とはよく言ったもので、時間と共に薄紙をはがすように症状が少しずつ落ち着いて来ました。

24歳までは、デイサービスから送迎車で帰ってきた第一声は「お母さん、今日の晩ご飯は何?」でした。震災以降は意味の通じるやりとりが一切できなくなっていたのですが、数ヶ月後のある日、帰るなり久しぶりに「今日の晩ご飯は何?」と聞いてきたのです。涙が出るほどの嬉しさでした!日頃の何気ないコミュニケーションって、こんなにも貴重なものなのだと彼女に教えられました。

今は話が通じる時は半々くらいでしょうか。薬を使わなくても眠れるようになり、食事も好き嫌いがあるもののなんとか食べてくれるようになり、体重も戻りました。以前のように頭の中だけでコラムの文章を作れた能力は失われてしまいましたが、もう「生きてるだけで良いよね!」と主人と笑い合っています。

今、私はこの体験をリハビリテーションカレッジと准看護学院の授業の中で、お話しさせて頂いています。これから医療の現場に出る皆さんに、障害児育児のことや家族の思いを少しでも知ってもらえたら、という願いからです。

先日は、年に一度の家族旅行に徳島に出かけました。涼歌はホテルに泊まって美味しいものを食べるのが大好きなのです。介護者はヘロヘロになりますが。(笑)

707-2

ルネッサンスリゾートナルトのアクセシブル(バリアフリー)ルームです。次回、ここについては改めてリポートします。

大塚国際美術館を巡りながら、家族4人で静かな夏を楽しみました。まあ涼歌はレストランの方が楽しかったと思いますが。(笑)

707-4

今後も、穏やかな日々が続きますようにと「スクロヴェーニ礼拝堂」で祈ったのでした。

707-3

第706回 「ミスジャッジ」

7月22日             (中村 覚)

日頃の行いが良いのか悪いのか、神のみぞ知る? いえいえ 神様もお忙しいでしょうから、こういったことは自分でジャッジします。休日のイベント等で天候に恵まれたり、混雑時のショッピングモールで駐車場に事欠かなければ「ラッキー、日頃の行いが良いから」と冗談半分に自画自賛。こういった経験、皆さんもお持ちではないでしょうか。日々の善行の真偽はともかく(笑)。

706

一週間ほど前です。その日は朝からパラパラ小雨が降り、気圧変動のせいと寝不足のおまけが重なり気分がすぐれず、蒸せる部屋にいるよりこんな時は外出に限ると思い、家を出ました。目的地もないまま、途中 オープンしたばかりのコンビニによって、淹れたての100円コーヒーで目を覚まそうと。自分でカップにコーヒーを入れなければならないので ひと手間ですが、缶コーヒーより断然こっちがおいしいと人が言うもんですから。

空のカップを持ってコーヒーの機械の前に並ぶのですが、店内にはもちろん他のお客さんもいます。 私が松葉杖で歩けば ざっと3人前ぐらいの幅を取るので「すみません」と言ってスペースをゆずってもらいつつの移動。と この時、ポテッと転んでしまいました。つまずいたんです。

転ぶ瞬間、側面の大きなガラス窓に右手をつくことができ、とっさに床についた左手もたいして痛くなく、腕から離れた松葉杖もそろりと落ちて、大きな衝撃音も立ちませんでした。 つまりソフトに転ぶことができたと内心、ホッとしたんです。 が、他の人から見れば、ふつうに「転倒」です。そばに居た見ず知らずのお客さん3人が驚いた様子で「大丈夫ですか?」とすぐに駆け付けてくれました。

「あぁ 大丈夫です、(よっこらせ、と立ち上がりながら)ご心配をおかけしました。」 他人のことはお構いなしで自分さえよければ良い、そんなニュースで溢れる昨今、人の親切を感じる一瞬です。 が、ありがたいなぁと思いつつ、やっぱりちょっと恥ずかしい。私に怪我もなく、たいしたことがないとわかると皆さんそれぞれの買い物に戻っていきました。

「あぁあ 痛くはなかったけど、やっぱり 人前で転びたくはないな」と思いつつ、カップにコーヒーを入れ終わり、袋に入れて店を出ようと思った時、見計らったように、横から「(コーヒーを)持っていきますよ」と。さっき駆け付けてくれたお客さんの一人が笑顔で横に立ってくれてます。「あぁ いえいえ、大丈夫ですので・・・」「そんなこと言わず、お手伝いさせて下さい」と笑顔のまま。こんな声がけをしてもらったのは初めてです。 デッカイ荷物なら「是非、お願いします」と頼みたいのですが、コーヒーを駐車場の車まで持って行くのは いつものことだし・・・。でもあまりに柔らかな雰囲気で言ってくれるのでお頼みすることに。

店を出ると、雨にぬれることもいとわず、ゆっくり私の歩みに合わせてくれ、「では、乗ったら(コーヒー)渡しますね」と私が乗り込むまで横で待ってくれていました。たしかに運転席に腰かけてから物(コーヒーに限らず)を渡してもらえると、体勢が安定しているのでとても助かります。今まで考えたこともなかったです。この方は人をサポートするお仕事に携わっているのかなと思いつつ、ただただ「ありがとうございました。」 私には それ以外なかったのです。

最初と変わらぬ笑顔のまま「お手伝いさせてもらって嬉しかったです。」と、向こうの方に停めてあったご自分の車に去って行きました。

こんな方と出会える確率はどのくらいなのか?
どう考えても自分とは不釣り合いな、親切で雰囲気の良い方でした。
多忙な神の採点ミスによる出会いに感謝です。

 

第705回 「ニールマーレと避難タワー」

7月15日

705-1

ここ数年ずっと水質日本一、「奇跡の清流」と呼ばれ「仁淀ブルー」を誇る仁淀川。124kmに渡る仁淀川は海と出逢う河口まで、多くの人を魅了するスポットです。今の時期、最も河口の新居(にい)地区には多くのサーファーが訪れています。(写真は仁淀川大橋の景色ですが、クリックしてみると、より雰囲気が伝わると思います。)

ここにこの春、新居地区観光交流施設「南風(まぜ)」がオープンしました。1階は地域の直販所、2階は「カフェ ニールマーレ」、3階は展望テラスです。

705-2

実は、ここには津波避難タワーも併設されています。直販所とカフェのコラボは珍しくありませんが、避難タワーとの連携は珍しいのでは。

705-3

タワーの高さは23m、5階分の高さです。建物3階のテラスから避難タワーにつながっていて、登ることができます。

705-4

直販所では、海洋深層水で栽培されたミネラルメロン「プリンセス ニーナ」がなんと2000円でした。地元名産のスイカも、夏の売れ筋です。

705-5

「仁淀ブルー」の名付け親、写真家 高橋宣之さんのポスター。美しい青、蒼、碧(あお)の世界です。

さて、11時半になったので2階のカフェがオープンしますが、あいにくここにはエレベーターがありません。階段昇降機が2階まではあるので、中村に乗ってもらいました。自分でボタンを押すのですがゆっくり動くので、高齢者の方でも大丈夫でしょう。

705-6

カフェ 「ニールマーレ」は、「新居」と「イルマーレ(海)」を合わせた造語だそうです。店内に入るとすぐ、右手に広がる太平洋の青!

705-7

太平洋を眺められるカウンター席につきました。とびっきりのオーシャンビューです!これは県外のお客さまをお連れすると喜ばれますね。

705-8

頼んだのは、半熟卵のせスパイシータコライス(850円)と、

705-9

サーモンとアボガドのヘルシーボウル(880円)。

705-10

メニューのターゲット層は若いと思うのですが、お昼にたくさんいらっしゃったお客さまは、半数はご年配の方でした。でもまたそれが、地域密着な感じでいいんですよねえ。(笑)

705-11

夏に食べたい分厚いカットメロンは さすが産地で、400円!

705-12

こちらは一押しのデザート、ミネラルメロンの豆乳レアチーズ。(580円)つるんとレアチーズが入ってきて、後でメロンの香りと味が追っかけてきます。中にはカットメロンが潜んでいます。アイスココナッツラテもおいしかったですよ♪

705-13

さて、3階のテラスから避難タワーにはこんな感じでそのまま行けます。避難タワーに上るのは初めてですが、こうしたことが気軽にできる経験って、意外と大事なんじゃないでしょうか。

705-14

屋上はこんな感じ。眺望は抜群です。カフェを通らずにタワーに行けるので、気軽に上れます。ちなみに1枚目の写真は、屋上から東を見た景色です。

705-16

そして「仁淀ブルー」は海まで続いています。
この夏、ぜひこのブルーに逢いに来るのはいかがでしょうか。