第715回 「初めてのSPレコード」

 

9月23日                                  (中村 覚)

715-1

ここは高知市から東にある、芸西村文化資料館。先月、こちらで戦前・戦後のSPレコードなどを試聴できるという企画展がありました。新聞で読み、興味本位で行ってみたのですが、ちょっと思わく違い。 資料館の部屋の片隅にちょこんとレコードとプレーヤーが置いてあり「ご自由にお聴きくださいね」の形式と勝手に思っていました。

ところが部屋にはスタッフの方が2人。急に緊張し始め、ただの興味本位だけで来てしまったことを後悔し、つい出た言葉が「薄っぺらの知識しかありませんが…」 と卑屈な挨拶。でも係の方は「ちょうど良かった、薄っぺらのがあるよ」と笑顔で迎えてくれました。(笑)

テーブルの上にズラリと並ぶレコードの数々。いや まさか、こんなにもたくさん。私もレコードを全く知らない世代ではないので、レコード自体が珍しいわけではありませんが、これらのほとんどが戦前・戦後の貴重なSPレコードなんです。

715-2

何も知らないに等しい私は、先程の「薄っぺらの」からまず聴かせてもらいました。715-3

ソノシートです。声のえほん 「花咲爺」。本来は絵本を見ながら一緒に聴くのでしょう。花咲かじいさんもこのように漢字表記されると、イメージが違ってきますね。最初に いつぞやの自分が知ってるものを聴かせてもらえて、敷居が低くなりました。(笑)

715-4

続いてこちら。浪曲 「山内一豊の妻」です。浪曲? 浪曲は知りません。「なに? 既にそんな世代が出てきているの?」と係の方に驚かれました。が しかし 説明無用、聴けばわかるさ 若者よ!(笑) ということで、再生開始。何やら浪曲師が山内一豊の妻についての話を、身振り手振りを交えて抑揚つけ語っている感じでした。一体何が良いのかさっぱり…。普通、歌を聴けばリラックスしたり気分が高揚したり。しかし そういったこととは、ほど遠かったです。恐るべし、浪曲。

715-5

次の歌は私からリクエストさせてもらいました。 もし こちらにあれば是非!という思いで「荒城の月」をお願いしたんです。私の知っている数少ない昔の歌の1つです。

するとあら不思議、既に係の方が数枚レコードを手にしていたのですが、その一枚目が荒城の月(藤山一郎)でした。嬉しくも不思議、来て良かった! 再生してもらうと、「これが昔の荒城の月かぁ~」と感じ入りました。レコードの雑音や音の悪さがより情感をあおります。目の前のスピーカーから出ている音も、どっかお山の向こうから聞こえてくる感じ、ちょっと言い過ぎ。(笑)

715-6

他にも、長唄や当時の流行歌、筑前琵琶など知らないレコードがジャンル別に分けられ、とにかくどっさり。一時間ほど色んな歌を聴かせてもらいましたが、私には難し過ぎて 今となっては記憶のかなたです。

715-7

ところで、これは今でいうCDラックのような物だと思います。もちろん初めて見ました。箱自体の重量感もずっしり、当時はかなりの値打ちものだったのではないでしょうか。

715-8

実はSPレコードは、取り扱いが難しかったようです。 なぜなら盤 自体が非常にもろく、衝撃にも弱く割れやすい。そして原料の酸化アルミニウムなどをカイガラムシの分泌する天然樹脂で固めているため、カビが発生しやすいのだそうです。雑音が多いのも材料の粒子が粗いのが原因。品質の良いレコードも作られていたそうですが、戦時中は物資不足のため材料の悪さから、スクラッチノイズ(針を盤に落とした時に出る、シャー、シャーという連続音)もひどかったようです。おまけにレコードが擦り切れやすい などなど。

当時、高価であったはずのSPレコード、ちゃんと保管してあっても、ある日 取り出すと知らない間に、「カビがっ!」「 ひび割れがっ!」こうなると泣くに泣けなかったんじゃないかなと。でも今の人と違って精神性を大切にした時代で、実は物に対する執着心がそれほどなかったのかもしれません。正確に当時の人の気持ちを知ることはできませんが、こういった昔の物に触れると ついつい想像力が刺激され、ロマン?を感じます。

第714回 「近代建築ホテル 学士会館④~宴会場」

9月17日

東京・神田にある近代建築ホテル、学士会館のご案内、最終回です。
ここは文化庁の「登録有形文化財」指定を受けています。

714-16

9月は4泊する予定だったのですが、台風で飛行機が欠航するかもしれないと、大阪から東京へ直行することになりました。そのため急遽、学士会館にはもう2泊することに。

711-11

朝食後、フロントの方に宴会場を見学したい旨申し上げると、警備員さんが案内して下さいました。1階ロビーからエレベーターで2階へ上がります。

714-7

エレベーターホールの上部アーチ部分の装飾。光に浮かび上がり、気品を放ちます。

714-6

2階のロビーを抜けて…

714-1

まずは201号室へ。学士会館の中では比較的、建設当時の姿をよく残している宴会場です。

714-2

目を引くのは、何と言ってもオーケストラ用バルコニーがあること!これがあると、部屋の格が上がるんですよねぇ。手すりの装飾も手が込んでいて、見事です。

714-3

この柱にある波のような装飾は「持ち送り」と言うらしいです。石膏で作られた葉の装飾は、西洋建築ではポピュラーなものだとか。

714-4

豪華な大理石のシャンデリアが、柔らかな光を放ちます。

714-5

豪奢な当時の雰囲気が色濃く残るため、沢山の映画やテレビのロケがこの部屋で行われてきました。有名な「半沢直樹」の土下座シーンもここで撮影され、一時は見学者ルートができていたそうです。

714-8

202号室は、全くイメージが違うモダンな感じです。

714-9

こちらは210号室。柱がなんだか近未来的なイメージですね。

この日の見学は以上だったのですが、2日後の朝、守衛さんにバッタリ会い「今日、ウェディングフェアの日なので部屋がセットされてるんですが、見に行きますか?」と教えて頂き、それはラッキー!と喜んで行きました。

714-10

先日とは違う会場だったので、また楽しめました。ウェディングフェアは仏滅の土曜日に行っているそうですから、たまたまその時に泊まっていたってことはものすごくラッキーだったんですね!

714-11

320号室のドアをくぐると、「うわ~」という言葉しか出て来ませんでした。まるで絵はがきのようなクラシカルな世界です。

714-12

金のカトラリーセットは、320号室専用の食器だとか。「晩餐」という言葉がふさわしい格を感じました。

714-15

もし東京に住んでいたら、娘に学士会館での挙式を強く勧めたことでしょう。(笑)見とれてしまう、気品の会場でした。

714-13

記念写真を撮る際に使われるステンドグラスの窓も、美しい光景です。

714-14

建築88周年を迎える学士会館のように、こちらで挙式なさるカップルもきっと、縁(えにし)が長く続くことでしょうね。

というわけで、4回にわたった学士会館のご案内にお付き合い下さり、ありがとうございました。本当に素敵な近代建築に泊まれて、幸せでした。

 

 

第713回 「近代建築ホテル 学士会館③~食事」

9月10日

近代建築ホテル 東京の学士会館のご紹介、3回目は食事を取り上げようと思います。前回ご紹介したシングルルームは、1泊9,936円。これで豪華な朝食が付いています。

713-1

朝食会場は1階の「セブンズ・ハウス」。フレンチの「ラタン」と入口は一緒です。

713-2

近代建築らしく、どこを向いても落ち着くインテリアです。

713-3

和食の朝食。五穀米?、きんぴら、切り身魚、納豆、大根おろしとオクラ、香の物と梅干し、焼き海苔5枚、お味噌汁。全体的に塩加減が絶妙でいかにも健康的でした。

713-4

私はもっぱら、洋食を食べていました。無料なのに、卵料理がオムレツ・スクランブルエッグ・目玉焼きから選べるのが贅沢。サラダの具は日替わりでしたが、カリフラワーやブロッコリー、ツナなどかなり良い内容♪あとクロワッサンなどパン2個、ベーコン2枚と、コーンフレーク&ミルク、ヨーグルトと盛りだくさん。

713-5

こんなに豪華な無料の朝食、見たことないです!
毎朝感動して、胸もお腹も一杯になっていました。(笑)

713-16

学士会館では今時出逢えないような、知的なご年配のまさに「紳士」な方々がいらっしゃいました。こちらの席の男性は、そのまま絵になりそうな雰囲気でした。

さて、せっかくなので宿泊者特典、ステイディナー(6千円→4千円)を体験してみることに。これもコラムに書くためです。(笑)
ステイディナーはお寿司、中華、フレンチの3種あるのですが、フレンチの「ラタン」に行ってみることにしました。

713-6

天井の高いクラシックなお部屋の雰囲気に惚れ惚れします。
ここは以前、図書室だったのだそうです。

713-14

一人きりなのがもったいない感じですね。

713-7

アミューズは、イカと野菜でした。

713-8

自家製スモークサーモンと真鯛のマリネには目を見張りました。
紅白のコントラストが目にご馳走の上、とても美味しかったんです。

713-9

本日のスープはコーンスープでした。

713-10

本日の魚のポワレ バンブランソース。鯛だったと思います。
皮がパリパリで、これも美味でした。

713-11

牛フィレ肉のグリル トリュフソース。これはちょっと色合いが惜しいですね。
黒いソースはもう少し減らした方が美しいのではないかと思いました。

713-13

デザートは、フランボワーズのムースでした。淡いピンクが綺麗。
ご覧のように、すごくお得感のあるコースでした。ご馳走様でした!

713-12

せっかくなので記念写真を撮って頂きました。
この上品な絵は、学士会の会員の方にお借りしているそうです。
「一億まではしませんが(笑)」とのことでした。

お部屋の雰囲気もお食事も堪能させて頂き、とても幸せでした。
次回は最終回で、豪華な宴会場をご紹介いたします。