第720回 「東京駅:工事中 前編」

10月30日

先日東京出張した際、以前から見たかった赤煉瓦の近代建築、東京駅 丸の内駅舎に行きました。ところが…、なんと言うことでしょう。

720-1

東京駅、工事中でした。(;_;) ちょうど駅前広場を整備していて、完成は2017年春のようです。せっかくの美しい建築が、下がシートで無粋に覆われていて、残念…。

720-2

でも、せっかく来たんだからと、気を取り直して見学しました。まずは改札を通らないと見られない、駅構内の南北通路へ。1914年(大正3年)に建てられた、国の重要文化財でもある東京駅の歴史やその頃の写真などが展示されていました。

720-7

下は「赤煉瓦ドーム」というプレートがついていた建物です。これも駅構内にあり、じっくりと間近で見ることができます。

720-11

東京駅は、明治時代の洋式建築家第一号の辰野金吾氏の設計です。建築100年にあたる2014年に、5年半かけて建築時の姿に復元されました。戦争の空襲で破壊された3階部分や創建当初の丸いドーム(北口・南口ドーム)↓を復元したのです。

720-13

そして、駅舎全体を免震構造にしたそうです。歴史的建造物と免震の最先端技術を融合させたわけですから、さぞかし難工事だったことでしょうね。

720-12

丸の内南口改札付近では、100年前の赤煉瓦(構造レンガ)をじっくりと観察できます。所々に穴が空いているのは、木(もく)レンガといって内装の部材を取り付けるために埋め込んだ木の跡だとか。何とも言えない味があります。

720-8

南口改札を出ると、この景色。
高~い天井、復元されたドームが、頭上に広がります。

720-4

見上げると、八角形のドームはまるで万華鏡のような美しさ。淡い黄色にキッパリとした白の彫刻が映え、創建当時の姿を楽しませてくれます。

720-5

舞い飛ぶのは白鳩かと思ったのですが、調べたらワシでした。なんと2.1mの大きさだそうです。その下には、丸いグリーンの干支のレリーフがあります。

720-6

細やかな彫刻仕上げは、実に豪華です。写真をクリックするとわかりますが、彫刻などの剥落の危険を考えてか、ドーム全体に網が張り巡らされています。写真を撮るにはちょっと残念な気もしますが、リスクマネジメントとしては当然でしょうね。

このドームは撮影する人が多いのでしょう、「ドーム内での長時間の撮影は、混雑の原因になりますのでおやめ下さい」との注意書きもありました。
(駅舎保存・復原工事を請け負った鹿島建設は、網のない とても美しい内部写真をアップしています。)

720-10

というわけで長くなりますので、続きはまた後編でご紹介しましょう。

 

第719回 「救いの手に感謝」

10月21日              (中村 覚)

「先生、わかりません!」「うん、これはね~」ある疑問を感じた時、自分で考えなくても聞けば 教えてもらえた、校舎での懐かしい日々。 大人になったら わからないことは自分で調べて、それでもわからなければ、もぅちょっと調べます。それでもわからない時には、どなたかの力をお借りするのも…。

716-1

実は 第716回、私はこの場をお借りして「言い間違い、聞き間違い」ということで、なぜ高知の郷土料理、皿鉢(さわち)のことを高知県方言辞典で「さーち」と長音で表記しているのか? もう皆目見当も付かなかったので、「どなたかご存知ないでしょうか?」と、ほとんど天にお任せするような形で文章を終えていました。

ところが本当に後日、ご連絡を頂けました。 weekly N をご覧下さっている松山にお住いの玉岡さんという方が「さーち」表記について、大変わかりやすくご説明して下さいました。今までコラムを書いていて、こんなに嬉しかったことはありません! お会いしたこともない方からメールを頂けるなんて、私の人生観の守備範囲を飛び越えています。

玉岡さんは言語学を学ばれたということで、頂いた文章をそのまま皆様にご紹介させてもらいます。

皿鉢ですが、表記から言っても、おそらく最初の発音は文字通り「さらはち」だったのだと思います。以下ローマ字で説明します。そのほうがわかりやすいので。  sarahachi   ところが、「ら」の音は発音しにくいので、saraの「r」音が欠落したのでしょう。この発音しにくい、しやすい、というのは、言葉の並びの前後関係によって変わってきます。要するに口の開け方が、スムーズにいくように、ということがその大きな理由です。 r音が欠落して、saawachiになって、前のa音が重なることで無くなります。これで、sawachi です。ところが「w」の音もやはり発音しにくいので、欠落します。そうなるとsaachiです。 そして「さーち」。言葉は言いやすいように変化をします。

私はこのローマ字表記によるご説明を拝見して、とても納得致しました。今後 誰かとこういった言葉について話すことがあれば、是非、真似をさせてもらいたいと思っています。

また、「さーち」以外のお話も伺えました。

例えば、「沢田さん」という時に、正しくは「さわださん」のはずですが、私たちは、「さーださん」と無意識に言っていたりします。「わ」は口を大きく開けないといけないのですが、それは発音しにくいので、「わ」の「w」を省略しようとします。「さーださん」と言ってそれで普通に意味が通っているではありませんか?

おっしゃる通りです。歌手の沢田研二さんを子供の頃から「さーだけんじ」と何度言ってきたことか。

それから。実は学術的には「土佐弁」という方言はないのです。どうしてかと言えば、ちょっと考えるとお分かりいただけると思うのですが、高知市の方言と、旧中村市の方言(幡多郡方言)は異なります。また室戸の方言と、須崎の方言は同じか、と言えばやはり異なると思うのです。方言はあくまで地域で話されていた言葉であって、土佐一国、というような大きなくくりでひとまとめにしてはいけない、という考え方なのです。 テレビを見ていると、芸人さんが、よく関西弁という言い方をしていますが、 関西弁というような方言も、実は存在しません。ちょっと考えるとわかるのですが、大阪の方言と神戸の方言と京都の方言でさえ全く違います。大阪と神戸なんて、わずか電車で20数分の距離ですが、それでも方言は変わります。

私は目から鱗でした。考えてみるとおっしゃる通りです。でも今まで考えたこともなかったのが実状です。もちろんこの先も便宜上、土佐弁や○○弁という言い方をすると思いますが、こういった事を知っているのと知らないのでは、会話の土台の厚みが違ってくるように思います。

玉岡さん、この度は大変勉強をさせて頂きました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

第718回 「LABプロファイル・トレーナーになりました」

10月15日

718-1

今年の1月にコラム第680回で、学び始めたLAB(ラブ)プロファイルについて書きました。どう話せば相手に確実に届く言葉になるのか、相手が気持ち良く動いてくれるようになるのか?「相手を理解するためには、相手のバス停まで迎えに行く」。その人のパターンを知ることでより相手を理解でき、伝わる言葉を投げかけられる心理技法です。今は世界30カ国で使われています。

718-5

今年5月の「LABプロファイル® マスタープラクティショナー講座」を経て、9月から10月の10日間「LABプロファイル® トレーナー・トレーニング講座」を受講し、濃密な時間を過ごしました。内容は思ったよりもハードで プロファイル10人以上と課題提出もあり、ホントにLAB漬けになった期間でした。頭が煮えそうになりながらも筆記課題と実技課題に無事パスし、このたび晴れてLABプロファイル®コンサルタント&トレーナー資格を頂きました。

718-4

講師はLABプロファイルの第一人者、カナダのShelle Rose Charnet (シェリー・ローズ・シャーベイ)先生です。

一番の収穫は講師のモデリングができたことでした。シェリーは知的で民主的で人間重視、でもお茶目♪まさに私が「こうありたい!」講師像そのもので、素晴らしい先生でした。いつもやわらかな笑みをたたえ、休憩時間の後は全員でダンス!え、なんで?…実は日本のように休憩時間を守ってくれない他の国々では、ダンスをすることにより「なんか楽しそう」と席に帰ってきてくれるのだそうです。まさに、文化の違いですね。みんな、ちょっと照れながら踊っていました。(笑)

718-6

目指す講師像を生で視覚・聴覚・体感覚で(ハグしたので)まさに実感できた日々でした。

別の収穫は、素晴らしい仲間の皆さんとの出逢いです。毎夜のように交流し、LABプロファイルについて深めたり、人生の様々な示唆や刺激を受けました。

718-7

718-8

全国から集まっている仲間は仕事も年齢も様々ですが、お互いに言葉を通してコミュニケーション力向上、人間力向上を目指していると感じられ、楽しく深い時間でした。

718-9

あまりに濃密な時間だったので、講座修了後、社会復帰に困難を来す人も少なからずいたようで…。(笑)フェイスブックのLABコミュニティでは体調を崩したり、仕事でポカをやったり、という仲間の書き込みがたくさんありました。わかります!私も研修のハイシーズンに抜けたので、研修をこなしながらの山のような準備に潰されそうなプレッシャーです。負けるもんか!ああ楽しい~♪(これは言ったモン勝ちですからね)

718-10

さて、来年には私もLABプロファイルの講座を開けるように、準備していきます。たとえば採用面接でも使えます。「入社させたら、面接の時に思っていたような人材ではなかった」という採用のミスマッチを防ぐことができるのです。いくつかの自然な質問をするだけでその人の行動パターンが魔法のようにわかるので、本当に欲しい、マッチした人財を採用できるわけですね。

「どう言えば、相手のモチベーションが上がるのか?」ということにも使えるので、社内でのビジネス・コミュニケーションも的確に行えます。「部下が何を考えているのかわからない」という上司の方には、部下の言葉から行動パターンがわかるので、特にお薦めです。

LABプロファイルを使うことで、ミスコミュニケーションを防ぎ、社員も会社も上司も部下も、そして家族も、みんなが幸せになって欲しいなぁと願っています。