第724回 「高知工科大学 起業家コース オープンキャンパス」

11月27日

725-1

11月23日、高知工科大学 大学院 起業家コースで オープンキャンパスが開かれました。起業家コースは2015年に香美市の香美キャンパスから高知市の永国寺キャンパスに移転しましたが、オープンキャンパスは起業家コースとしても初の試みでした。

725-2

オープンキャンパスにお越し下さったのは、なんと41名もの皆さま!
ビックリです。高知でも、こんなにも社会人教育のニーズは高くなっているのですね。起業家コースの特色、教育内容、研究計画の立て方についてのお話の後、永島教授の「マーケティング発想の経営」の体験講義もありました。

その後、修了生の体験発表ということで、近森さんという男性と私が起業家コースで学んで良かったことや、皆さんから質問が出た論文テーマについて等をお話しさせて頂きました。

725-5

実は来年度から、高知工科大学 大学院 「起業家コース」は名称を「起業マネジメントコース」に変更します。

725-3

1999年、技術と経営とを融合した起業工学を提唱し、起業実践を目標とし開設された起業家コースは、日本でも先駆的な試みでした。 その後 起業概念も拡張し、様々な組織が自らの課題を解決し変化に適応するあり方をも含むように研究論文も進化してきました。

そこで2017年4月より、起業家コースを起業マネジメントコースと改称し、これからの脱成長の時代に魁(さきがけ)となる社会人のための大学院に取り組むことにしたそうです。起業とは新しい価値を創造すること。その価値創造を実現していくことがマネジメントの真髄であり、そのマネジメントを体得した人材を輩出するのが狙いです。

725-4

その後も場所を変え、実に沢山の入学希望の皆さんが、直接先生方に質問や相談をしました。私も7人ほどの方と「論文への不安」や「家庭との両立」「履修科目」などについてお話しさせて頂きましたが、皆さん 目を輝かせてご自分の思いを語って下さっていたのが印象的でした。なかなかの盛況ぶりに、卒業生としては本当に嬉しい日となりました。

そして昨日は、起業家コースの集合セミナー(研究発表会)にも卒業生仲間と出席し、懇親会では先生方とも交流させて頂き、現役時代を懐かしく思い出しました。

来年度は高知教室の人数が大幅に増えることでしょう。先日ご縁があった皆さんとも、また永国寺のキャンパスでお目にかかれることを楽しみにしています。

 

第723回 「覆面パトカー」

11月19日                (中村 覚)

723-1

たまたまバックミラーに目をやると「あっ 後ろ、覆面や・・・」レスラーではなくパトカーです。これはマズイ。すぐに路肩に車を寄せて、道を譲りました。このままずっと後ろを走られると刺激が強過ぎます。たまたまですが、ホントに気が付いて良かった、第六感ってやつでしょうか。

覆面パトカー、横を通り過ぎたかと思うと、すぐに前方で路肩に寄って私の車の前で停車。制服を着た2人の警察官が降りて、こちらに近づきドア越しに「犯人はお前だっ!」

ここまでダイレクトではなかったですが(笑)、まっ 捕まったんですね。警察官に言われたんです。「さっき、向こうの信号の所で、一時停止しましたか?」んぅ、正直、記憶は定かじゃありませんがぁ、一時停止しなかったからこそ、あなた方は私を追ってきたんでしょ? これこそが確固たる証拠でなくて何でありましょうや。 腹をくくり キッパリと「していません!」ハイッ、罰金、7000円。 まるで切腹。

免許を取って5年、初めて捕まりましたが、こんなにも簡単に捕まるとは。スピード違反には ずぅ~っと気を付けてきたのに・・・関係ないけど。

723-3

「あの信号機の近辺は 警察がいるから、気を付けてね」と、以前 地元の人に言われていた場所でのことでした。付近を何度か通る内に、実際に待機しているパトカーを見た事もあり、今回もそこの200m程手前から「居る」 か 「居ないか」ちゃんと確認! でも、そっちに気を取られて「一時停止」の確認をつい・・・。しかも この日は覆面パトカー・・・聞いてないし。

なんだかんだと悪いのは 私ですが、今回、模範的に捕まったと思います。だってバックミラーで確認後、(道を譲る意味で)自ら即、停車。パトランプを鳴らすことも「前の車、停まりなさ~い」的なことも、こういったお手数を一切かけておりません。

「じゃぁ 模範の反対は?」と思い、キップを切られた時に「つかぬ事をお聞きしますが、(これ)逃げたら どうなりますか?」反抗的なヤツだと思われたくないので「逃げるつもりもありませんが」と付け加えて聞いてみました。

警察官は余裕たっぷりに「意図的に逃げるとなると、まずスピード違反、信号無視を重ね、警察官に『停まりなさい』と言われて停まらなかったら指示・命令違反、そういう感じでどんどん罪が重くなっていきます。最終的に捕まったらもう免許なくなってしまう、みたいな。」(笑)

最後に「最近、何か違反はしましたか?」「いえ、初めてです」「普通の人は1年間この点数が残るんですが、過去2年以内に無事故無違反の人に関しては、今日から3ヶ月間無事故無違反なら、点数はゼロに戻ります。(ただし違反歴は残る)」それから「反則金は一週間以内に所定の金融機関に振り込むように」と言われました。

そう言えば別の用事で、銀行に行って振り込みをしなければいけなかったんですが、なぜか行く気になれず、ダラダラとそのままに。ちょうど良かった、反則金を払う時に一緒に片付けましょう。

それから運転も、ちょっと初心に戻って。

 

第722回 「高知の足湯 ベスト3」

11月12日

このところ、めっきり寒くなってきました。寒くなると肩こりがひどくなる私としては、悩みの種です。先日も限界を超えたコリで頭痛がひどくなり、危うく寝込みそうになりました。

そんな時に心強い味方が、足湯です。足は「第二の心臓」と呼ばれるほど、体の神経が多く集中している所。足湯につかることで足全体の血行が促進されて、たまっている老廃物が排泄されるそうです。また足には内臓と関連の深いツボが集中しており、足を温めるだけで内臓全体を温めてくれるんだそうですよ。

というわけで、高知の足湯ベスト3をご紹介しましょう!
第3位は、高知県香南市(高知市から東に車で30~40分)、温泉の駅のいち「くろしおの市」。

722-1

高知黒潮ホテルの駐車場の中にある直販所の中にある足湯です。ここ、前から来たかったんですよ。この入口を通って、テラスへ行きます。無料です。

722-2

平日の午後3時半とあって、誰もいません。独り占め~♪
奥の左手に、黄色いタオルも完備されています。

722-3

蛇口はなぜか、タツノオトシゴ。きれいな透明のお湯です。この日は高知市は20度を超えて温かかったのですが、ここのお湯は割とぬるめに感じました。これならおしゃべりしながら、長く入っていられそうです。足湯の効果を得るためには、15分から20分は足を浸す方が良いそうですよ。

722-4

ここのお湯、黒潮温泉「龍馬の湯」は四国でも珍しいアルカリ性低張性温泉で、地下1300mから湧き出る天然の湯を利用して足湯も設置されているようです。神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、冷え性、疲労回復などに効能があるようです。

さっぱりしたところで、次の足湯をご紹介しましょう。第2位は高知市から西へ車で40分くらいの、土佐市の横波スカイラインにある「土佐龍温泉 三陽荘」です。

722-5

高知市から行くと、宇佐大橋を渡って500mくらいの右手にあります。こちらも無料です。木の床が足に気持ちいい。

722-6

こちらも「タオル、敷物 ご自由にどうぞ」と、おもてなしの心に溢れています。

722-9

このミニ畳のような敷物は、腰に優しくてありがたかったです。

722-10

そしてこちらのお薦めは、目の前のオーシャンビューです!
これはいいですよぉ~♪クリックしてご覧下さいね。

722-11

このテーブルが、座るのに楽なんですよ。それでもって、少しだけフタっぽくて?温度低下予防にもなっているような…。(笑)

722-7

お湯は温泉らしい、濁り湯。「あったか~い♪」源泉が42.5度だそうで、足湯にはちょうど良い温度。15分くらいたつと、全身がゆっくり温まりました。塩分が含まれ保温効果に優れた湯冷めしにくい天然温泉だそうです。神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復などに効果あり。

722-12

第36番札所 青龍寺の近くにありますので、お遍路さんも沢山立ち寄っていました。

722-8

さて、高知の足湯ベスト1は…土佐清水市 足摺岬にある「万次郎足湯」です!

722-13

高知市からは車で3時間くらいでしょうか?結構遠いです。土佐清水市出身のジョン万次郎にちなんだ名前ですね。

722-14

ご覧のように足湯が数段の階段状になっていて、30人くらい入れそうです。どこからも目の前の白山洞門と太平洋を存分に楽しめるようになっています。足湯の横には木のベンチスペースもあり、休憩場所としても活用できます。

722-15

お湯はおよそ1,200年前に足摺を訪れた弘法大師が疲れを癒したという伝説が残るあしずり温泉。ラドンを含む良質の天然温泉で、足湯の温度は段によって違うようです。

722-16

施設は無料なのですが、貸しタオルは1枚100円です。まあ、これだけの設備なのですから、ここは協力金として妥当かなと思います。

722-17

いかがでしたでしょうか?
寒くなる季節、ぜひ足湯も楽しみつつ元気でお過ごしくださいね。