第732回 「横浜近代建築①」

1月28日

先日、横浜へ研修で行きました。1日研修だったのですが、どうせなら前泊して横浜の近代建築巡りをしよう!と思いつきました。時間の関係で行けたのは数カ所でしたが、シリーズで横浜市の近代建築をご紹介していきましょう。

①ホテルニューグランド

732-1

以前、近代建築のホテル特集で横浜のホテルニューグランドを知り、「いつか行ってみたいなあ」と憧れていました。横浜へ行く時の飛行機のチケットを取る時、偶然、ホテルニューグランドがホテルの選択肢にあり「これは行こう!」ということで決定。

羽田空港から高速バスで、横浜へ。「山下公園前」で下りると、公園の真ん前にホテルニューグランドがあります。古い本館と新しいタワー棟があり、タワー棟1階にフロントがあります。タワー棟もクラッシックホテルらしい、重厚なインテリア。

732-2

「ホテルニューグランド」は、関東大震災からの復興の証として計画がスタートし、1927年(昭和2年)に開業しました。銀座和光などを設計した渡辺仁氏によるもので、日本有数のクラシックホテルです。外国人専用ホテルとして長い間、外国との架け橋的存在でもありました。太平洋戦争終戦後、マッカーサー元帥が執務室として使っていた315号室は「マッカーサーズ・スイートルーム」として、現在も使われています。

1991年にニューグランドタワーが建てられ、1992年には横浜市歴史的建造物に指定。2007年には、経済産業省が選んだ近代化産業遺産の認定を受けました。

732-3

ホテルニューグランドと言えば、この本館の大階段。ホテルのシンボルのような存在です。重厚な作りと美しさを、ぜひクリックしてご覧下さい!

732-4

本館2階ロビーは、広々としてクラシックホテルの存在感を示しています。数々の映画やドラマのロケに使われているのもうなずけます。

732-5

レインボーボールルーム。舞踏室(Ball Room)として、当時は横浜の大人たちが集う社交の場でした。下調べが不足していたせいで、この部屋の豪勢なインテリアをのぞき見しませんでした…。ああ、後悔!!
グーグルで、ここのバーチャル体験ができます。見事ですよ!

732-6

夜の本館ロビーは、また光の陰影が実に美しいのです。

732-7

さて、私が泊まったのは本館の3階で、しかも窓からの眺めが隣のビル。(笑)ということで、お安く泊まれたのでした。でも、クラシックホテルに安く泊まれるなんて、実にお得感満載♪

732-8

クラシックホテルって、空間がゆったりしてていいんですよねぇ。
奥のドアは、クローゼットです。

732-9

ダブルの部屋を、今夜は独り占めです。(笑)

732-10

トイレの洗面所にも大理石を使ってあったり、絵があったり。
バスタブも大きくて、ホントに贅沢な空間です。

732-12

この他にも歴史を感じられるスポットがあったり、1泊ではとても見切れない、見所満載のホテルでした。

732-11

中華街にも歩いて5分ほどと近く、ホテルの目の前にはあの氷川丸が。
またここに泊まりたいと名残惜しかった、美しいクラシックホテルでした。

 

第731回 「遊び心はゆとり?」

1月20日             (中村 覚)

最近、読んだ本に書いてありました。時代は明治。70歳を過ぎたお坊さんが、ある時 英語の勉強をし始めます。お弟子さんが「今さら勉強しても、どうにもなりませんよ。」とズバリと申し上げる。「わかっておる、お前の言う通りじゃ。でも こうやって 単語を1個、2個でも覚えておけば、次に生まれてきた時 ちょっとでも楽じゃろ?」とのお返事。

和尚さんにしてみれば、本業から大きく逸れた?英語の勉強はあえてしなくてもいいものだったはずです。でもしなくてもいいものだからこそ、遊び心を交えて、「じゃぁ ちょっと やってみようか!」これこそ、ゆとりですね。

この話に感化されて購入したのがこちら。

①

英語の辞書です。ちょっくら単語でも調べてみよう! でも だからと言って あからさまな“勉強”ではなく、冒頭の和尚さんのように楽しく英語に接してみようと・・・。

手始めに、SF映画「スターウォーズ」のキャラクターを紹介した本を開きます。1ページにつき1人、大きな写真を交えて、人物のプロフィールや衣装、持っているアイテムなどについて詳しく書いてあります。

でもこの本、全文 英語なんです。英語版だとアマゾンで日本語版よりも安く購入できますので。それに読めなくてもキャラクター辞典ですから、「写真だけ見て 楽しんだら それでいい」と買った当初は思っていました。でも今は、見ている内に気になった単語をランダムに拾って、気の向くまま調べてみるのもいいかなと。遊び感覚を軸に、ちょっとだけお勉強です。

ところが、すぐに中止です。紙面の7割程は写真ですが、残りの余白を埋めるように活字が並び、字面に威圧されて面白くありません。ちょっと教科書っぽい感じ。それに(最初からわかっていた事ですが)書いてある内容って、実際には存在しない人物のデータなわけで、言ってしまえば 嘘八百。嘘のくせに人を威圧するとはタチが悪い。(笑) スターウォーズの本は失敗に終わりました。 出だしからつまずきましたが、所詮 遊びの範囲。気分を害することなく切り替えます。

次はこれ。

④

 

この本も英語版ですが、子供向けの絵本です。ですから1ページあたりの活字の量は簡単な単語が6~10個程度。 ほとんど絵だけでストーリーが進んで行くので、気分も軽い軽い。話の内容も最初からわかっています。(笑) この絵本は有名な「ノアの方舟」の物語だからです。表紙に書いてある「NOAH’S ARK」=「ノアの方舟」の意味だそうです。思惑通り、軽く調べちゃいました。

これはご存じの通り、旧約聖書の話です。神は世の人間の堕落を見て、洪水をおこして滅ぼすことを決めます。そして正しい人間ノアにそのことを伝え、方舟を作るように言います。ノアは言われた通り大きな方舟を作り、自分の家族と全ての動物のつがいを方舟に乗せます。そして洪水は40日間続き地上に生存するものは滅ぶ~、とこの後も話は続きますが、私はこの動物のつがいを乗せるという部分が大好きなんです。「人間より動物なのっ!」みたいな。(笑)

再読した際、気ままに調べた単語、他には「creature」=(意味)生き物、特に動物。「クリ―チャー」というのはTVゲームをやっている時に何度か聞いたことがありましたが、「つづりはこう書くのかぁ」と新発見でした。

まっ こんなことをしたからと言って、私の英語力が飛躍的に上がるわけでもないし、また それを望んでいるわけでもありません。「これ、なんの意味かなぁ?」と調べなくてもいいけど、ちょっと調べてみる、この遊び心から生まれる 「ゆとり」、捨てたもんじゃありません。読み終わってもどうせ たいしたことは書いてないんですが、でも何を書いているのか 辞書を片手に時間をかけて調べる行為が面白いかなぁ~と楽しんでます。(笑)

第730回 「嫁ぐ覚悟」

1月14日

50代の私たちが昭和の時代慣れ親しんできたホームドラマの中には、まれに娘が嫁ぐシーンがありました。嫁ぐ前夜、両親に手をついて頭を下げ「お父さん、お母さん、今までお世話になりました…」。そんなセリフがなんとなく頭に入っていて、「そうするものなんだ」という刷り込みがあり、自分自身も嫁いだ時にそうした覚えがあります。

730-1

さて、前回書かせて頂いた通り、次女が2週間前に嫁ぎました。ただ結婚式は5月の予定ですし、新居はうちのすぐ近くのため、引っ越し用にと貯めた段ボールも出番がないまま終わったくらい。(笑)嫁ぐ前夜も あまりにもいつも通りだったため、主人が寝室へ行った後、「お父さんへきちんとあいさつをしなさい」と言うと、「何て言えばいいの?」。

そうか!私たちの頃と違って、ドラマにもそういうシーンは出てこないし、刷り込みがないんだと納得。でも「それは自分で考えなさい」と促しました。

主人を呼び、いざあいさつの時、次女から出て来た言葉が
「これから、よろしくお願いします。」
思わず笑ってしまいました。
「えー!?そりゃあ、◯◯さんに言う言葉でしょ!」と私も思わず突っ込み。

ところが次女に言わせると、『私は出て行くので、これから筒井家をよろしくお願いします』という意味だったらしいのです。なるほど~。訊いてみないとわからないものですね。(笑)

730-2

さて、結婚して3日め。次女からLINEで
「明日、夫が飲み会なのでそっちで晩ご飯食べていい?」という連絡が来て驚愕。
確かに3日前まで家にいたので、一緒に食べてもどうってことはないのですが…

ここでそれを許すと、娘に甘えが生まれ、嫁ぐ覚悟ができない気がしました。

「あなたはお嫁に行ったんじゃないの!?」と返信すると、1時間後に
「それもそうだし寂しくご飯食べるー」とのこと。ホッとしました。

今までは毎日仕事から帰るのが遅くて上げ膳据え膳だったので、「結婚してから大変だよ~」と脅していたのですが、ひよこながらもヨタヨタと頑張っているようです。

同窓会で「ご主人は淋しがってない?」と訊かれたのですが、うちの場合はいまだに(障害のある)長女の子育てで忙しく、次女が巣立ったのは一安心、という思いが強いようです。夫は次女が引っ越した大晦日から猛然と次女の部屋の片付けをしていました。(次女は新居の片付けで忙しく、私は家全体の大掃除があったので)ずいぶんと片付いた時、私が「(次女は)ちょっと淋しがるかな?」と言ったのですが、思いがけない返事が返ってきました。

「すぐ近くにいるってことは すぐ帰れると思い、つい甘えが出やすい。だからこそ、『自分の部屋はもうない。ここには戻れないんだ』ということを親が示してやらんと、覚悟ができんやろ?」

この言葉を聞いた時、心打たれました。「父親としての覚悟」ですね。結婚を許す時にも初対面ですぐに受け入れ、「二人で仲良くやりなさい」と後押しをした温かい態度と結びつき、「そうだね」と深くうなずいたのでした。

次女からは、夜12時過ぎに「家事してたー。ほんとに自分の時間がなくなって大変やね」という実感がこもったLINEが来たりしているこの頃。少しずつ覚悟を固めていって、仲良くやって欲しいと願っています。