第758回 「大歩危の妖怪ロード」

7月27日                 中村 覚

国道32号線、徳島県三好市、ここは四国山地の秘境、大歩危(おおぼけ)です。たま~にこの辺りを通るのですが、いつも先を急いで一本道の国道をただ走るだけ。でも 今回は、あえて寄り道です。目の前の赤い橋を渡らず左折です。

というのも 以前から気になっていた、こんな物が橋のたもとにあるからです。どこかトーテムポールを思わす木の彫刻。「妖怪の里」と看板があります。妖怪に関する何かがあるのかな~と興味本位のみです。そして妖怪といえば、「ゲゲゲの鬼太郎」。 懐かしさも手伝いつつ、この時期 涼を取るにも良いかな~と。

道の左側を涼しそうに川が流れています。ため息が出るほどにきれいな水です。これを見られただけでも、国道からそれてみて良かった!

そんな川を上流向けて走ること数分、山側にこんなものが。
手前に1体、奥の方に1体います。

手前にいたのが これです。

奥の方に見えていたのはこれ。2体共、景色に溶け込んでいるので、車のスピードが出ていると うっかり気付かず前を素通りしてしまいそうでした。

次に出くわしたのはこれ。今度は川岸にあるデッカイ岩の上にいました。これは目を引きます。

ゴツゴツした岩、後ろの山、これぞ自然の中の妖怪「夫婦遍土(めおとへんど)」。 もし本当に現れたら こんな感じでしょうか?この雄大さは本の中の妖怪イラストとでは味わえません。欲を言えば、闇夜で見たかった・・・かな? 暗くて見えないでしょうか?(笑)

さらに車を走らせること数分。今度はこれ。牙がありますが、愛嬌もあります。「カワミサキ」もちろん初めて聞く名前の妖怪です。

ちょっとまた車を走らせると、今度のは、「おっ、なんとなく知ってるぞ!」

「どろめき淵のエンコ(かっぱ)」と説明がありました。この面構えはカッパに違いありません。首から下は素材の木材 そのままに。手足不要、この顔だけでインパクト大です。

更にちょっと進むと、左側の木々の中にこんなものが。「妖怪の休み場」と看板があり、妖怪はこのような休み場でくつろぎ、人間社会の醜い出来事を覗き見しているのだそうです。(笑)

中の様子です。この小屋の存在には驚きました。雰囲気満点!大人でも「ややっ!」と思うわけですから、子供が見たら更に倍? もっと?

ここまで見ている内に、空が様変わりしてきました。暗くなり 一雨来るのかといった感じです。若干 涼しくもなり「妖怪」を楽しむ雰囲気も盛り上がります。お天道様もわかってらっしゃる。

さらに車を進めると、今度は山側になにやら・・・

あれ?

「コナキヂヂ」です。ここで面喰いました。なぜ急にこんな有名な妖怪が? 石碑を読むと、この「コナキヂヂ」はこの辺りの出身のようです。普通に知らなかった。日本民俗学の父、柳田國男さんが昭和13年に著書で紹介し、時は流れて、その後、漫画家の水木しげるさんが姿形を与えて「ゲゲゲの鬼太郎」に登場させたことで広く全国に知られたとのこと。通りで私でも「コナキヂヂ」なら知っているわけです。

詳しく御覧になりたい方は、記念碑の写真をクリックしてみて下さい。

さらに上流向けて進むと、公園もあり~

彩色され「たからす天狗」、そして この像の5m程後ろの茂みには~

・・・(笑)

鬼太郎と目玉のおやじです。
コナキヂヂからの流れを考えると、粋な計らいに「ありがとうございます!」

国道から逸れて、ちょっとした寄り道のつもりでしたが、思いもかけず楽しませてもらいました。

第757回 「追悼 日野原重明先生」

7月22日

先週末は、LABプロファイルの勉強に東京出張していました。
旅先の朝のテレビで聞いた訃報…、日野原重明先生が105歳で人生をご卒業なさったと。ああ、ついにこの日が来てしまった、と思いました。今回は予定を変更して、日野原先生を偲びたいと思います。

明治生まれの105歳でも現役の医師であったこと。第2次世界大戦中の東京大空襲では、被災者の治療に携わったこと。よど号ハイジャック事件に人質として巻き込まれ4日間も拘束されて、助かった時は「残る人生は、神様から与えられたもの」と生き方が変わったこと。地下鉄サリン事件では聖路加国際病院の院長としてみずから陣頭指揮をとり、外来診察を中止し病院に運び込まれた640人の被害者の治療に当たったこと。予防医療の普及に尽力され、日本の長寿に大きく貢献した人間ドックを考案し、「成人病」を「生活習慣病」と改名したこと。自立し社会に貢献する「新老人」を提唱し、新しい生き方を実践なさったこと。人生についての提言を続け、90歳を過ぎての著書「生きかた上手」はベストセラーとなったこと…。

すべてがあまりにも大きな功績で、とても書ききれるものではありません。

2003年、先生が92歳の時に来高され、講演を拝聴して感銘を受けたことから私はファンになりました。当時、コラムにもそのことを書いたものです。今は750回を超えるウイークリーNの第48回「日野原重明先生のお誕生日に」です。

その少し前、2002年から朝日新聞でコラム「91歳私の証 あるがまゝ行く」を始められ、「105歳私の証 あるがまゝ行く」となった現在まで14年間、連載を続けてこられました。週に一度、どれだけ学ばせて頂き、楽しませて頂いたことでしょう!日頃から「命ある限りこのエッセーを続けます」と公言なさり、「最後のごあいさつ」と題した最終回の予定稿など数本の原稿を書きためていらしたとか。まさに「気骨の明治生まれ」でいらしたのですね。

日野原先生のことはあちこちで取り上げられていますが、今回、私が初めて知ったことも沢山ありました。今さら?と言われそうですが…
・聖路加国際病院は「せいろか」ではなく「せいるか」と読むこと。
・血圧測定が医療行為とみなされ、家庭で血圧を測ることができなかった当時、
厚生省と交渉し血圧測定を認めさせたこと。
・国内で初めての独立型のホスピス専門の病院を設立するなど、日本における
終末期医療の確立に尽力されたこと。
・看護教育にも尽力され、教科書もたくさん執筆されたこと。

その他、聖路加国際病院は日野原先生の発案で、大災害の発生を見据えた備えがあるそうです。廊下や待合室などの壁面に酸素の配管が2千本近く張り巡らされ、阪神大震災の時の水不足を念頭に置き、建物の下に 20メートルのプールを造ったとか。2人部屋を主とした病棟を作り、外来の廊下も緊急時にベッドが置けるほどの広さにしてあるそうです。日野原先生が生涯に何度も戦争やテロなどを体験なさったことが、たくさん活かされているわけです。

千人を超える負傷者を助けられなかったご自身の辛い戦争体験から、日本の憲法を「いのちの泉のようなもの」と表現なさっていました。「いのちを守るということについて、これほどしっかりとつくられた憲法は世の中のどこにもありません。」と「十代のきみたちへ: ─ぜひ読んでほしい憲法の本」など、沢山の著作から若者たちに平和への思いを託されています。

すべてにおいて、すごい生き方です。人は105歳まで現役で活躍し、影響を与えられるのだと身をもって示して下さった方です。そんな先生の「生き方上手」を少しでも見習えるように頑張ろう!と改めて思いました。

日野原先生、一世紀を超える間、本当にお疲れさまでいらっしゃいました。
どうぞ安らかにお眠り下さいますように。

第756回 「道後山の手ホテルにて」

7月14日

わが家では年に一度だけ、1泊で家族旅行に出かけます。長女が車いすなので、バリアフリールームがあり、1泊で行ける距離のホテルに泊まります。今回は愛媛県松山市の「オールドイングランド 道後山の手ホテル」に行ってみました。

756-1

道後温泉本館から、150mほど坂を上ったところに、このホテルがあります。
道後温泉街に、なぜか英国の雰囲気。かなり違っているところが面白い。

756-2a

「オールドイングランド」の名前の通り、英国風の瀟洒なエントランス。
絵になる衣装のドアマンもいます。

756-8

フロント前は落ち着いた雰囲気。ロビーには、沢山のおしゃれ雑貨が置いてあり、お値段も数千円とお手頃です。

756-9

創作フレンチのレストラン「キングオブダイニング」に続くロビー。
夏ですのでガス暖炉?は火が入っていませんが、イングランドっぽさを演出しています。

756-3

お部屋は花柄の壁紙が可愛く、印象的でした。これまでは家族4人で2部屋取っていたのですが次女が結婚したので、ツインルームをトリプルにして、3人で1部屋を予約。ずいぶんコストは下がりました。(笑)

756-4

前室との間のドア幅も結構広かったです。幅60cmの車いすも余裕でした。

756-5

トイレが広いのは、介助するのにとてもありがたいです。
手すりが可動式なのも、車いすを動かすのに邪魔にならず助かります。

756-11

水回りはこんな感じ。右手がトイレで、ワンルームになっています。

756-6

バリアフリールームというと、機能優先で殺風景な壁とかが多いのですが、ここは花柄の壁紙を使っていたり、ボーダー柄のタイルを使っていたりととてもオシャレで楽しい気分でした。バスルームのドアは折れ戸で、大きく開口できます。浴槽は深め。

756-7

それから、前室が広い!車いすを置いても、まだこれだけ幅に余裕があるのは珍しいと思います。

756-10

驚いたのは、こちらで見かけた車いすの方が多いこと。
夕食の同じ時間、数名の方とご一緒になりました。多分、バリアフリーで行きやすく、美味しいお食事が楽しめるからではないでしょうか。

ということでまた来週、お食事についてご紹介しましょう。