第762回 「遊び心」

8月25日               中村 覚

子供の頃、刑事になりたかった・・・いや そうでもないです。でもテレビで刑事ドラマが旺盛だったのは事実です。「太陽にほえろ」や「あぶない刑事」など、その影響もあり こういう物に今でも興味があります。

本来なら、“桜の大門”だと思うのですが、アメリカチックなのも歓迎です。

裏側のピンを~、

皮の土台に差し込むと

ハイ、出来上がり。土台とセットだと よりサマになります。アマゾンで「セットで買いましょうね」と言われるがまま購入。(笑)

後ろの金具の部分をベルトに差し込んだら完了。そして外を闊歩します。
しかし ここは日本なので できません。もっと目立たないように遊びます。

100均で買ったフックを車内のメーター計の横に貼って、それに土台の金具部分を取り付けます。

すると、このように いつでもポリス気分で運転をすることができます。少々のことなら警察に止められても、これを見せれば「ご同業でしたかあぁ!」と和気アイアイ。けど、一時停止違反で捕まりました。しかも2回。やはり桜の大門の方が良かったようです。(笑)

ある日のこと。ガソリンスタンドでフルサービスを受けてお釣りをもらう時に、店員さんがこのバッジを見て、ぼそりと「警察関係の方ですか・・・。」

半分以上シャレで聞いてくれていると思いながらも 「もしかして?」という気持ちを感じたので、即座に「いえいえ、ただのおもちゃです」と答えました。

後でこのことを友人に話すと、そういう時は人差し指を口に当てて「シィ~!」と言うのだと教わりました。 でも、私はそれほど図太くありません。(笑)

なんにしろ、こんなふうに、自分が面白がってやっていることに、人様から反応をもらえると嬉しくなります。

リアクションをもらえた話を もう一つ。ある時 コンビニに寄ると、自分と同じ車種 色も同じ車が停まっていました。向きを揃えて、その車の横に停車。特に意味はなかったのですが、こうすれば「分身の術」です。ちょうど店から親子が出てきて、一瞬 立ち止まり、 子供が「・・・あれぇ?」 手を引いていたお母さんは すかさず笑顔で「さあ、どっちでしょう?」(笑)

もちろん、難なく 自分たちの車に乗り込んでいったわけですが、この親子のやり取りを聞けたことで、気持ちがちょっと弾みました。

「真横に停めて良かったあ、ノリの良い親御さんで良かったぁ!」

ご存知、「けん玉」です。技と言えるようなものは何もできません。せいぜい皿の上に玉を乗せるぐらい? ところが それもままなりません。

なぜなら、実はこれ、大きいんです。(右は、ほぼ普通サイズ)

皿の部分でキャッチするには、大きいことは有利だと思うかもしれませんが、赤い玉が重いので、ポンッと皿の上に乗った途端、重心がブレて腕がふらつき落としてしまいます。重さは約600g。(赤い玉だけで約400g) けん玉は腕を伸ばした状態で遊ぶわけですから、より重たく感じて何度か練習するだけで腕も疲れてきます。

無駄に大きいことを面白がり、買って はや10年ちょっと。

けん先へ刺す練習も、この大きい玉が手首あたりに落ちてきて痛くて・・・なかなか ね。 思うに、こりゃ 観賞用ですね。

今年の初め、何か新しいことを始めようと10kgの鉄アレイを購入したのですが、これもマズかった。鍛えるはずが痛めることになりかねず こんな重くて危ない物は、どうしてくれようかと・・・。

ただ床の上に転がしておくのも もったいないので、DVD立てにしてあげました。 まっ 書見台みたいなものです。

「今、部屋で上映しているのは この映画です!」みたいな。 不思議とサイズもピッタリ。立て掛けてあるDVDケースは映画「ダ・ヴィンチ コード」。名画モナリザの顔が写っていますが、奇しくもモナリザがヘッドフォンをしているように見えるのは、私だけでしょうか? (笑)

今回は 自分自身、多少なりとも遊べたものを並べてみました。
でも頭の中で理想とする「遊び心」とは、もっともっと変化を伴うものじゃないかなと思うんです。

今後はそういったことをやってみたいです。

第761回 「アグレッシブな自己表現」

8月19日

今年は新しくLABプロファイルの講座を半年にわたって開催しているため、8月だというのにこれからのレジュメ作りに追われ、夏を楽しめていません。でも、東京では8月1日以来雨の連続記録が更新中だとか、さぞかし憂鬱なことでしょう。2014年の夏は高知市でも8月が一カ月ずっと雨で 豪雨で浸水もしたので、人ごとではありません。どうか早くお天気が回復しますように。

さて、先日はある市役所の継続研修でした。今回のテーマは「アサーション」。良い人間関係づくりのための適切な自己表現についてだったのですが、その中で驚いたことがありました。

アサーションでは、自己主張には3つのタイプがあるとされます。
①自己尊重>他者尊重 アグレッシブ(攻撃的)タイプ
自分は大切にするが、相手を大切にしない自己表現タイプ。相手の気持ちは無視して、自分の主張を押しつけようとします。口調がきついだけでなく、相手を見下したり、うまく操作しようとしたりもします。

②自己尊重<他者尊重 非主張的タイプ
相手は大切にするが、自分を大切にしない自己表現タイプ。まず相手を優先するため世間的には「良い人」だと評価されがちですが、NOが言えなかったり、たまったストレスが後で悪口や皮肉に変わったりすることもあります。

③自己尊重&他者尊重 アサーティブタイプ
自分も相手も大切にする自己表現タイプ。自分の気持ちを率直に、その場にふさわしい表現方法ができ、相手の話も傾聴できます。 対立を恐れず、違う意見からより建設的なものを作ろうとします。

研修では事例を出し、この3つのタイプになってもらってロールプレイングを行い、気づきを得て頂きました。大体どこの研修でも、アグレッシブ(攻撃的)タイプの役は大声で相手に詰め寄ったりして笑いが起き、盛り上がるのが常でした。

ところが先日は、アグレッシブタイプの描写が違うグループが2つありました。自分の意見を相手に押しつけるのではなく、「私はこうなんだけど」と冷静に提示していました。「これがアグレッシブ?アサーティブタイプに見えるけど?」と評し、もう一度アグレッシブを確認。こうしたことは初めてでした。

後でレポートを拝見すると、こんな感想があったのです。
「アグレッシブはなかなか自分もすることない表現だし、周囲の人でもほとんど見たことありませんが…(略)」
ええーー!?アグレッシブな表現を見たことがないって!?ビックリ。
道理で、ロールプレイングがズレていたわけです。納得。

考えてみれば、アグレッシブタイプの多い団塊の世代も退職してしまい、攻撃的な言動に気をつけないとすぐに今は「パワハラだ」と言われかねないからでしょうか。特に行政職では、その傾向が強いのかもしれません。

しかしアグレッシブな表現に慣れていないと、不満を言っているお客さまをすぐに「クレーマーだ」と特別視することにも繋がりかねません。考えてみれば、家族でケンカした時にはアグレッシブな表現をすることは珍しくないと思うんですが…。

レポートにも「書いていて気づいたが、家庭では子どもに対してアグレッシブになることがあるので気をつけたい。」という文章もありました。状況や相手によって、タイプが変わることも立派な気づきです。アグレッシブな人はエネルギーに満ちているとも言えるわけで、気づきさえあればそれをアサーティブに変えていくことは可能なのですよね。

こうして、現状の新たな変化を教えて頂いた研修となったのでした。

第760回 「宿毛歴史遺産③ 河戸樋管」

8月13日

突然ですが皆さん、「河戸樋管(こうどひかん)」ってお聞きになったことはありますか?宿毛市に残っている現役の歴史遺産ですが、私も聞いたことがありませんでした。

今年の春、「とさぶし17号 特集その5 東宿毛駅」という記事を読んで、初めて知りました。「堤防には今も当時の河戸樋管(こうどひかん)が残っています」という文章と、右から書かれた文字を見てみたい思いが強く残りました。

樋管とは、用水流入や内水排除のため堤防を貫通して設置 される暗渠(あんきょ:外から見えない水路)です。昭和二年(1927年)と90年も前の古いものらしいので、ネットではこれ以外に情報が見つからず、宿毛歴史館の方にも尋ねたのですが場所もわかりませんでした。

そこで、宿毛市に行った際  堤防近くをうろうろしていると、記事で見た水路を偶然 発見!県道4号線の「Osakaya」という写真右手のレストラン沿いです。

この奥に、きっとあるに違いないと信じて行ってみます。

小さな水路に出ました。
この奥にきっと河戸樋管がつながっているはずです!

そこから北に歩くこと150mほど。
少し心細くなってきた頃に水色の昔ながらの小さな可動堰?を発見。
「おお~」と見つめると…

その先に、河戸樋管がありました!

日本古来の右からの書体。近代建築に通じる時代を感じます。
もう90歳ですが、まだまだ現役のおじいちゃんですね。
嬉しくなっちゃいました。

この堤防の向こうは、松田川なんです。
河戸樋管の上には、記念碑?が建っていますが…

文字がもう溶けてしまって、読めません。

左手に石碑が建っていますね。場所が特定できてからわかったのは、宿毛歴史遺産①でご紹介した宿毛城跡から、堤防沿いに南に150mほどの所だということと、

松田川にかかる大きな堰(橋にもなっている)のすぐ南だった、ということです。

これでお読み下さっている皆さまも足を運べますね!
いや、そこまで興味はない?ごもっともです!(笑)
でも私にとっては 宿毛市に埋もれていた遺産を皆さまにご紹介できて、嬉しさが残る取材でした。