第828回「先人の知恵をおさらい」

11月30日             中村 覚

いつもパソコンやケータイで文を打ち込んでいると、実際に字を書くことがめっきり減り 読めるけど書けない、そんな漢字がちらほらと、いやけっこうたくさんあったりします。「ん~、知っているのに、ここまで出かかっているのに・・・」 でも 書けなければ知らないに等しいわけです。

画数が多い字など、その代表格ではないでしょうか。例えば「憂鬱」の「鬱」。グゾグゾッと何やら書いてあり、「お前、ひと昔前の漢字だろ?」と言いたくなりますが、漢字は全部 昔々また昔。

いや マジメな話、まずは手始めにと「鬱」の字は、今度なんかの時にはちゃんと書けるようにと調べてみました。まぁまぁややこしかったのですが、そんなことよりも「体に元気、ウコンの力っ!」あのウコン、「鬱金」と書くのだそうです。すっかりカタカナのウコンに慣れてしまっていますが、漢字で書いた方が効きそうに思います。

そして「鬱金香」 読みは「ウッコンコウ」。意味は「チューリップ」とのこと。「咲いた、咲いた チューリップの花が~♪」と気安く歌いましたが、チューリップの格が上がりそうです。(笑)

「諳んずる」
最近は「そらんずる」なんて言わなくなったと思いますが、小学生の頃、九九を覚える時に2×9=18(ニクジュウハチ) 3×8=24(サンパ~)と計算云々よりも先にソラで言えるようにと「音」で覚えたものです。改めて「諳んずる」とは意味も通り、覚えやすい漢字だなと思うわけです。ちなみにパソコンで「諳んずる」すぐ出ます。

こんなふうに できの良い漢字を挙げていれば切りがないわけで~、昔の人はちゃんと考えて漢字を作ってくれたんだなと改めて思います。

先日、「キョウ」と音読みする字をパラパラと辞書で調べていました。ネットなどと違い 目当ての漢字に最短でアクセスというわけにはいきませんので、調べている間 目がふらふらと寄り道をします。途中のページに「胸」という字も載っていて、「あぁ 確かに胸もキョウと読むよな」。 でもこんなわかりきった字に用事はありません。

~と思いきや、 改めて見てみると「胸」の中には「凶」という字があることにハッとさせられました。文部科学省的に言うなら胸の中には「心」があってもよさそうなものですよね。なんで「凶」?

面白いなあと思い 自分なりに考えてみたのですが、多分 人はみんな悩むもの。「相手を羨んだり、妬んだり、腹を立てて怒ったり、こういった感情になるのは当たり前。だって胸には元々「凶」が宿っているのだから。こういった気持ちになることが悪いのではなくて、こんな時、気持ちのバランスをどう取るのかが 大事なんだよ」と、先人が言ってくれているのかなと・・・。

でも調べたら実は、昔中国では人が亡くなった後、死体に悪霊が入りこまないようにと、×の印を胸に付けたそうで、そこからこの字が生まれたようです。・・・失礼いたしました。

第827回 「LABプロファイル®リポート」

11月23日

前回、LABプロファイル®マスタープラクティショナー認定講座のことを書きましたが、今回はそのリポートです。

マスタープラクティショナー講座では、基本の理論を学んだ後、チーム分析も学びました。メンバーのパターンを付き合わせると、面白いことに顔合わせの前でも、チームがどうなるのかがわかるのです。講座最終日には、新規事業をプレゼンするという課題をやってもらったのですが…

今回のチームは全員が、仕事の時にはオプション型でした。オプション型とは、様々なやり方や多様な選択肢に惹かれるパターンです。だからAさんが言っている意見にBさんが被せて言い、違うことをCさんが提案し、Dさんは話が戻る…という混沌としたカオス状態。でも、どんどん新しい話が出て、全員が「楽しい!」と笑顔。

一般的に仕事を進めるなら、ここにプロセス型の人が入ればいいのです。プロセス型は手順や順番を重んじますので、「じゃあちょっと流れを書いてみましょう」と全体の話をまとめたり整理したりしやすいのです。
後でふり返りの時にそれを聞き、全員納得していました。

そして最後に「LABプロファイルを学んで」の個人プレゼンをして頂きました。

中谷優子さん

「職場のリーダークラス以上の方には、ぜひLABプロファイルをやってもらいたいですね。今、どこの職場でもモチベーションアップが課題ですが、給与など物質的なことで満たそうと思っても、そう簡単ではありません。
でも人間重視で影響言語(相手に影響を与える言葉)を使うことによって、モチベーションアップしていけば経費もかからないし、メンタルヘルス不調の予防もできる。今の日本社会に、LABプロファイルはとても実践的で使えるツールです。」

後藤 誠治さん

「接客や部下指導に役立てるために、どういう言葉を使ったら伝わりやすいかを知りたいと思ってLABプロファイルを受講しました。相手の言葉や行動で相手のパターンがわかり、コミュニケーションの取り方が変わりました。お客さまや部下に、自分の言葉が届きやすくなったと実感もしています。マスターを受講してチーム分析を学び、職場メンバーがどういうパターンか考え、発する言葉も変えていけるようになりました。」

森 久晃さん

「仕事の交渉の場で意識してみると、LABプロファイルのセオリー通りだとわかりました。例えば人員計画の時に『こういう問題が起きたときに対応ができないが、構いませんか?』と問題回避型の人にそのパターンで提案すると『それはいけない』と提案が通ったり、『人数を二人増やすとこうできるからスムーズで、工期も短縮できますよ』と目的志向型の人に合わせて話したらそうなったり。
LABプロファイルは交渉の場面で特に、使えるメリットが大きいですね。」

こうして皆さん、本当に優秀なLABプロファイル®マスタープラクティショナーとなられました。きっと日常の様々な場面でどんどん役立てて行かれることでしょう。

来年度はまた5月以降に、基礎編のLABプロファイル®プラクティショナー講座を計画しています。皆さんも、この「使える」LABプロファイルを一緒に学んでみませんか?

第826回 「LABプロファイル®・マスターコース第1期終了!」

11月16日

お釈迦様は相手によって説法を変えたそうです。これは、相手によって響く言葉を変えるLABプロファイルに通じることではないかと思います。

お陰さまで、9月から始まった【影響言語で人を動かす】LABプロファイル®マスタープラクティショナー認定講座第1期を、無事終えることができました。共同開催した神奈川の八重田(やえだ)洋 講師とみんなでLABプロファイルの「L」でニッコリ(笑)。

LABプロファイルを使うとパターンを聞き取り、相手に響く言葉を選んでコミュニケーションをとることで、信頼関係を構築できる/お客さまを惹きつける/チーム分析ができるなど、戦略的にビジネス展開をすることができます。

思えば昨年、基礎コースのLABプロファイル®プラクティショナー認定講座を高知で初開催した時、言葉と行動の分析がいかに役立つものか自信はあっても、半日×6回で10万円を超す講座が はたして高知で開催可能なのか?半信半疑でした。

それが無事に終了でき、思ってもいなかった「上級コースも開催を!」というご要望に力を頂き、今年のマスターコース開催につながったのです。初めはあまりに急展開で少し不安だった私を、昨年手弁当でアシスタントに来て下さった八重田さんが「じゃあ、僕も一緒にやるよ。共同開催しよう!」と力強いお言葉。どれだけ嬉しかったことでしょう!八重田さん、ありがとうございます。

こうして、今年は1日コースを3ヶ月、月1開催となりました。
受講なさった皆さんは本当に素晴らしい方々で、もう受講生と言うよりも仲間です!和気あいあい、しかししっかりと試験勉強もしてマスターの資格を取られ、「LABプロファイルは仕事のこういう場面で、このように役立っています」という実践についてのプレゼンもして頂きました。次回、ご紹介させて頂きますね。

来年は6月以降にLABプロファイル®プラクティショナー認定講座を開催予定です。また2019年1月22日(火)に産業訓練協会主催で「ビジネス心理学入門セミナー」を半日行うのですが、そこでもLABプロファイルを少しご紹介いたします。
ご興味のある方は、ぜひおいでくださいませ。お待ちしております。