第847回 「ポジティブ心理学、夢の共演」

4月20日

先週末は東京で、ポジティブ心理学による人生の意義を確認できた素晴らしい三日間を過ごしました。

まずは【Well-Being 3.0 カンファレンス】で様々な方々の対談を伺いました。Well-Beingとは、心身・社会的にも健康で幸せな状態を言います。
中でも面白かったのは【テクノロジーの発展とWell-Beingの測定】。

幸福度を測ることは難しいと言われる中、Web上のビッグデータを解析して測定するライル・アンガー教授の手法は広く知られています。日本のHITACHIの「体の動きのデータ集積だけで幸せかどうかわかるようになった」という話にも、そこまで来てるのか!とワクワクしました。

次の日からは【ポジティブ心理学プラクティショナー認定ワークショップ 】2日間にファシリテーターとしての参加でした。
ポジティブ心理学の創始者セリグマン博士だけでもすごいのに、セリグマン博士のご尽力でディーナー博士やタル・ベン・シャハー博士など、豪華講師陣4名の方々が世界初の夢の共演となったのです。

この近さで、あの伝説の先生方のお話を伺えるなんて…その贅沢さと内容の素晴らしさには感無量でした。

力強く語るポジティブ心理学の父、マーティン・セリグマン博士。
昨年のポジティブ心理学の基礎的な内容にプラスして、ポジティブ心理学は政治の分野でも活かすことができるのか、というお話もなさっていました。「地上のWell-Beingを高めることが私の人生の意味だ」とお話しなさっていたのが印象的でした。

Dr.ハピネスことエド・ディーナー博士。
日本がワールドレポートで幸福度が58位まで下がっている現状に対して、
「それを心配するより、以前より向上しているかを意識しよう」、
「結婚が素晴らしいのではなく、素晴らしい人が結婚して幸せな結婚になるのだ」、「もし自分が不幸なら、他の人を幸せにしていくこと」などいくつもの示唆が得られました。

エミリー・スミスさん。「ポジティブ心理学を学ぶジャーナリストです」と自己紹介し、「目的ある人生を生きる」ことの重要性をお話し下さいました。穏やかな笑顔で会場を包み、かと思えば「人生の4つの柱」のワークでダイナミックに聴衆を動かし、人間力があふれる素晴らしい女性でした。

そして私が一番お目にかかりたかった タル・ベン・シャハー博士。
「幸福になるには、まずネガティブ感情を受け入れること。ネガティブ感情をなかったことにすると、強化されてしまう。まずは受け止めよう。」

「ストレスが問題なのではない。ジムでも心理的問題でもストレスは良いことで、それがレジリエンスを強くしてくれる。問題は、十分な回復期間が取れないことだ。
人生の中でのストレスの利点を考えよう」。

「現代社会は【AかBか】で排他的だが、日本は【A and B】の包括的だ。
大阪はすべてが早いが、電車で30分の京都はゆっくりで平和的で穏やか。
日本は大阪 and 京都。どちらもあるのが素晴らしい。」

「人生の意味を見つけよう。あなたの仕事の使命は何ですか?」

「NATAN(ヘブライ語で与える)。与えることが即、受け取ることになる。
GIVERとは、寛大に与える人。大事なことは、自分にも与えること。」

あっという間の4時間。終わると皆さん自然にスタンディングオベーション!!さすがはハーバードで幸福学教室を教えていらっしゃる先生です。それまであまり積極的ではなかった参加者も思わず席を立って拍手をしている姿が本当に嬉しかったです。

今回いらして下さった先生方の共通点として、上から「ものを教える」のではなく、参加者と皆フラットで自由にものを言いやすい雰囲気を作ってくださっていたのが講師としてさすがだなぁと非常に勉強になりました。これは人間力の高さの表れだと思います。少しでも見習いたい!と強く思いました。

そして幸福になるための5つの要素、PERMA。今回は特にM(人生の意義、意味)とR(良き人間関係)が心に残りました。自分の人生における目的、方向性はこれでいいんだと意を強くできましたし、ファシリテーター仲間の皆さんとたくさん心が触れ合えた時間を頂けました。

余談ですが、セリグマン博士がディーナー博士の講演中に茶々を入れたり意見を挟んだりなさっていたのが、高知工科大学 大学院起業家コースで学んでいたときの先生方同士で議論が白熱した時のことを思い出し、熱意あふれる学びの場って同じなんだと感じ入りました。

そして昨年に続き1億円もの投資をして、日本に本物のポジティブ心理学を根付かせて学びのチャンスをくださった矢澤祐史さん、心からありがとうございました。

さあ、これから高知で、これをどう活かしていきましょうか?(笑)
2025年に日本の人口の25%が幸福を感じられるPERMA 25JAPANが達成できるように、自分には何ができるだろうかというのが次の課題です。
あせらずにじっくりと考え、取り組みます。

第846回 「新聞の葬式と土佐人の気概」

4月11日

突然ですが、この4月から高知新聞で「新聞と読者委員」を拝命することになりました。
今年の初めにお話を頂いたとき、「え?なんで私が」と戸惑ったのですが、ある記者さんのご推薦を頂いたことを伺い「それは頑張らなければ」という気持ちに変わりました。ご期待を寄せて頂けるのは、本当にありがたいことです。

まずは春の新聞週間に合わせて、新聞に対する思いを語ってくださいとの原稿をご依頼頂きました。文量は1200字、原稿用紙3枚分です。軸が決まれば多分書けると思うのですが、何を書こうか…ずっと迷っていました。そんな時、「そうだ、あれだ!」とひらめいたものが「新聞の葬式」です。

庶民が政治参加を求めたのが自由民権運動ですが、その最盛期が明治15年。明治政府は当時、この運動の盛り上がりを恐れ条例で厳しく取り締まり、自由民権運動に大打撃を与えました。民権派の新聞は何度も発行停止処分を受け、新聞の編集長や印刷長も処分されたそうです。

決定打となったのは明治15年7月14日、「欽定憲法ノ不善ナルヲ論ス」との記事で、ついに高知新聞は発行禁止処分となりました。人間で言うなら死刑宣告です。しかし、それに負ける高知県民ではありませんでした。それに対抗して出された新聞広告がすごい。

「我ガ愛友ナル高知新聞ハ一昨十四日午後九時絶命候ニ付本日午後一時吊式執行仕候間愛顧ノ諸君ハ來會アランヲ乞」
親愛なる高知新聞は一昨日14日の午後9時に絶命した。よって本日午後1時に葬式を行うので、ごひいきの皆さんは来て欲しい、という意味でしょう。高知自由新聞社は発行停止処分を受けた時の身代わり新聞です。高知の民権派は「言論・集会の自由」を封じようとする弾圧に抗議するため、前代未聞の「新聞の葬式」を行うことにしたのです。

そして明治15年7月16日、日本初の新聞の葬式が行われました。(ちなみに仏式だったそうです)発禁号の新聞を棺に入れ、7月の暑い最中に忌中笠の壮士、提灯、位牌、僧侶、記者、愛読者が、高知新聞社のある本町から五台山まで葬列を行いました。直線距離でさえ4kmはあります。その気概もすごいですが、もっとすごいのはそれに5千人もの高知県民が参列したことです。テレビニュースもない時代に、朝、新聞を読んでその当日に5千人も集まるなんて!それだけ、自由民権を求める県民の思いは熱かったのでしょう。

この後、代わって発行された高知自由新聞も7月21日に発行禁止になり、2回目の新聞葬を行ったのですが、会葬者はなんと倍の1万人にも上ったそうです。今でも1万人のイベントなんて、当日に呼びかけてそうそうはできませんよね。

五台山には上り口に、「新聞の葬式」の記念碑が建っています。
1996年7月16日に高知新聞社や高知市立自由民権記念館などが建てたようです。

20年あまりの年月で風雨に洗われ、文字が薄くなっているのがいかにも残念です。

当時の庶民の識字率は男性が6割、女性が4割。つまり半数は新聞が読めなかったのです。と言うことは、情報を得るためにはそこに人が介在したということです。今は個人で動く個人型の社会ですが、当時はチーム型の社会と言え、だからこそ、多くの民衆が新聞葬に参列したのでしょう。

取り締まりや政府の弾圧をも恐れずに行動した明治の土佐人の不屈の闘志と気概、民衆の熱気には、胸を打たれました。自分もこうありたい、と強く思いました。

第845回 「家地川公園の桜」

4月6日

3月末 東京で桜の開花宣言が出て数日の頃、お花見で有名な中目黒でポジティブ心理学の勉強会があり、そびえ立つビルに咲き始めの桜がきれいでした。

その後高知でも開花宣言が出て、4月初め 新人研修の合間に四万十町の家地川公園の桜を見に行ってきました。高知市からは車で1時間半くらいでしょうか。

すごく有名なスポットというわけではないのですが、四万十川が流れる山間に約300本の桜が美しいと聞き、初めて行ってみました。

家地川ダムのほとりの公園です。ダムと言っても高低差はそんなにありません。
湖のような、穏やかに楽しめる桜スポットです。

桜並木も、こういう足下が緑地の所は少なくなっていますが、やはりコントラストがきれいですねえ。

ここはダムの上からの景色も楽しめます。
道路からそのままつながっているので、小さな子ども連れでも大丈夫です。

桜の木の枝目線で見る、花の海。その美しさに見惚れます。

平日だったのでお客さんは少なめでしたが、桜の下でのお弁当風景は和やかでした。子ども連れのご家族、高齢者グループなどが多かったです。

飛行機雲も、絵になる感じでした。

たまたまこの時ドローンで空撮していた方々を見かけました。
その後に見るとYOU TUBEにアップされていましたので、
空からの桜を楽しみたい方はこちらをどうぞ。

おまけで、夕暮れの桜のイメージ写真です。
カメラの設定を変えてみると、こんなこともできちゃいます。
桜はやはり綺麗で、花の中でも別格だと感じたのでした。