第852回 「サイの角のようにただ独り歩め」

5月24日              中村 覚

先日、「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め」というお釈迦様の言葉があるらしいと兄から聞きました。世にたくさんある こういった格言、私はそれほど知っているわけではなく いや ほとんど知りませんので、この話も有名だとのことでしたが、やっぱり知りませんでした。

けど、お釈迦様なら まぁ言いそうかなぁ。ホントのことなんだろうなあ。(笑)

一般的にこういった話を年長者から聞けば、うやうやしくありがとうございます、なのですが、相手が兄なものですから、ちょっとした疑問をぶつけてみました。

「『サイの角のようにただ独り歩め』から連想するサイの角って、1本な気がする。立派な体躯で歩むサイの先端にあるのは誇らしく突き出た1本の角!でも、お兄ちゃん、サイの角は2本で。」

たまたま ちょっと前に買ったサイの置物が部屋にあるのですが、 ほら この通り。(別にお釈迦様の言葉にケチをつけるつもりはないですが。)

兄は特に何も言いませんでしたけど、
内心「 そもそも 釈迦は角の本数には触れていないのだから、角が1本でも2本でも、だいたい言わんとするところはわかるだろ? ゴネるな。」と。

もちろん だいたいは わかります。(笑)相手が兄だから聞いてみただけで…。でも ちょっとやっぱり気になったのでした。

それから数日が経った頃、部屋で手にしたのが、このミニガイドブックみたいな小さな動物図鑑です。

たまぁ~に 自分の知らない面白そうな動物はいないかと無造作にページをめくるのですが、今回に限っては「そうだっ!」とサイの載っているページを探しました。

そこで判明しました。私の部屋にある置き物のサイは「シロサイ」で、このシロサイには角が2本あるのです。 多分、皆さんもサイと聞いてイメージするのは このシロサイではないでしょうか。 生息地はアフリカです。

それから(これは 他の動物にも言えることですが)基本形から派生したように○○サイというのが何種類かいて、その中に「インドサイ」というのがいました。これには角が1本です。 生息地がインドですから、どうもお釈迦様が見たのはこのインドサイのようです。

「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め。」
これならイメージとピッタリ!(笑)

気持ちもすっきりしたところで、この言葉の意味を念のためネットで探してみました。
人の悩みの原因というのは、人とのつながり 人間関係からくるものが少なからずあるので、仏教では「孤独」を勧めるようです。一時的に他者から距離を置いてみることで、気持ちも癒され それは心の成長にもつながる、といったようなことでした。

確かに人との関係は楽しくもありますが、面倒なこともあります。(笑)

お釈迦様の生きた時代と今の時代、 同じ人の世ですが、現代では面と向かって誰かと一緒にいなくても、SNS等によって、一人で居る時でも知り合いとつながっていたり、誰かの書いた文章を読んだり、誰かが作った映像を見たりと、とにかく1人でボウ~っと何となく自分自身について考えてみる、そういった時間が極度に少ないと思います。

表面的であれ、これだけ他者とのつながりに慣れてしまった現代の私達には孤独というのは、あまりに厳しく聞こえないでしょうか。でも、いざ「本当の友達は?」 というようなことになれば、表面的なつながりにはたいして意味もなく…。

こういった現代だからこそ、そっと胸のポケットに忍ばすハンカチのように

「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め。」

第851回 「セラピストの共感能力」

5月19日

ごくたまに、講師をしていて本当に良かった!と感じ入る瞬間が訪れます。まるで神様からご褒美を頂けた気分になり、心が大きく動く瞬間です。先日も、そういうことがありました。

ある医療系専門学校の講師として16年間関わらせて頂いているのですが、感性が豊かな時期の学生の皆さんと継続して関われるありがたいお仕事です。その中で数々のドラマがありました。

中村と私が障害体験や障害育児体験を語る授業があります。これから医療現場に出て行く学生の皆さんに、障害の実情を知り患者さんへの理解や共感力を高めてもらうため、私たちが最も力を入れているものです。ありがたいことに毎年レポートで大きな反響を頂くのですが、ベストの環境を作るため、寝る人には退室勧告をすることがあります。

昨年のAくんもそうでした。寝ているように見え注意したら20分ほど中座して、最後にはまた帰ってきました。レポートにも理由は書いていなかったのですが、後でB先生に自分の抱える問題としんどさを語ったそうです。非常にまれですが自分自身や生活環境にジレンマがある場合、私たちの語る体験談がそれと重なるのか、辛くなってしまう学生もいます。でもそれは豊かな感性、中でもセラピストになってから必須の共感能力の表れでもあると思います。

私と中村は事情がわかってから、彼のために何ができるか何度も話し合いました。もう授業は終わっていたので、機会を作らないと会えません。できれば直接話をしたかったのですが、彼自身がそれにプレッシャーを感じるのでは?と、やめました。手紙も同じです。結局、彼に役立ちそうな本だけを送ろう、と決めました。

アンパンマンの作者、やなせたかしさんの「明日をひらく言葉」という本は、やなせさんご自身の劣等感、逆境、それでも前を向くことの大切さが書かれています。「Aくんの明日をひらいてもらいたい」という願いを込めて送りました。

B先生を通じてそれを受け取った彼は驚き、私たちの思いを聞くと目に涙をため「僕どうしたらいいんでしょう?あんな態度を取ってしまったのに、こんなにしていただいて」と言ったそうです。B先生がメールに書いて下さった彼の言葉に、すべて報われた思いになりました。

1年がたち、新たな気持ちで学校に伺い、授業前に講師控え室でB先生と打ち合わせをしているとドアがノックされました。思いがけずAくんが、私と中村を訪ねて来てくれたのです。1年越しのお礼を言ってくれ、ニコニコと自然な笑顔の彼を見て、嬉しくて胸が一杯になりました。

繊細な感性は、医療の現場に出たときには患者さまに寄り添える優しさになります。あなただからできることがあるはず。頑張ってね、と握手してパワー注入!しました。

その後、移動で校舎内を歩いているとき、偶然彼を含む数名のグループと会いました。「こんにちは」とみんなが元気よく声かけしてくれる中、彼は90度近いんじゃないかと思われるほど、深々とおじぎをしてくれました。

Aくん、ありがとう。心に残る光景が、また一つ増えました。私の宝物です。

第850回 「素晴らしい方々とのご縁」

5月12日

時代が平成から令和に変わるとき、皆さんはどちらで何をしていらっしゃいましたか?
私は令和初日から6日間、東京でセミナー漬けでした。というのも、LABプロファイル(言葉と行動分析)の世界的権威で、敬愛するシェリー・ローズ・シャーベイ先生がトレーナー養成講座で来日なさり、そのセミナーにコーチとして参加させて頂いたのです。

私はシェリーの大ファンです。世界トップの講師なのに決して偉ぶらず、太陽のように温かく明るい笑顔でエネルギーを放ち、楽しいジョークでみんなを笑わせてくださる人間性を、深く尊敬しています。

子どものような好奇心で、「日本語の『ありがとうございます』と『ありがとうございました』の違いは何?」なんて質問をなさり、「そうか、終わったことは『ました』なのね」なんて日々学ばれていました。

シェリーはセミナー中にたくさんのジョークを言うんですが、残念ながら感覚の違いでウケないこともたびたびあり(笑)そういう時には(もうすんだ話ね)という意味で「~ました」と茶目っ気たっぷりにおっしゃって、笑いがあふれました。

小柄なシェリーの「高いディレクターズ・チェアに走って行って飛び乗る」パフォーマンスはDVDでみんな知っていて、再現するとやんやの喝采!人を楽しませるエンターテイメント力と高い講師力の両立には、いつも感銘を受けます。

シェリーの「声」になっていらっしゃるのは通訳の本山晶子(せいこ)先生。ご自身もLABプロファイルのトレーナーで、LABプロファイルのコンピューター版iWAM(アイワム)の日本での代表もなさっています。完璧な通訳が唯一あやふやになるのは、シェリーが晶子先生を褒めたとき。本当に人間としてチャーミングなお二方なんです。

今回の受講なさる皆さまは60名あまり。それを11名のコーチがサポートします。前回の私たちの時よりもずっとレベルが高く、昼休みもセミナーが終わった後も写真のように自主勉強会をなさっててビックリ。どれだけ意識が高いんでしょう!

かたや私は今回コーチが初めてということもあり、次第にやるべきことが増え頭がオーバーヒートし、4日目にはもう限界になっていました。落ち込む私にセミナー後のコーチ・ミーティングでシェリーが言ってくださった言葉。

「リラーックス!」
「今日、私がミスしたこと、いくつあった?」
すべったジョークがあったことを、笑いながらそう表現なさるんです。
「でも、ミスをしても、私は受講生から信頼を勝ち取れる。完璧でなくてもいいの。みんなもそうよ。どれだけ自分たちが影響力を与えられる存在だと思う?」

この言葉で、私は救われました。一つ壁を越えることができ、翌日も頑張れたのです。シェリーから「今日は少しリラックスしているように見えたわよ」とおっしゃって頂けたことが宝物です。

言葉の端々からわかるのですが、きっとシェリーご自身も人生で様々な厳しい壁を乗り越えてこられたのでしょう。だからこその強さと優しさを感じた時間でした。

そしてLABプロファイルトレーナーの同期にも、ずいぶん助けてもらいました。コーチ仲間は具体的な提案をくれ、懇親会で久々に会った同期からは「コーチのペルソナ(仮面)を被ったらいい」との助言。持つべきものは、敬愛できる師と素晴らしい仲間ですね。ありがとうございます。本当に、感謝しかありません。

LABプロファイルトレーナー養成講座は、後期が7月にあります。
少しでもお役に立てるように、また頑張らなくちゃ!