第756回 「道後山の手ホテルにて」

7月14日

わが家では年に一度だけ、1泊で家族旅行に出かけます。長女が車いすなので、バリアフリールームがあり、1泊で行ける距離のホテルに泊まります。今回は愛媛県松山市の「オールドイングランド 道後山の手ホテル」に行ってみました。

756-1

道後温泉本館から、150mほど坂を上ったところに、このホテルがあります。
道後温泉街に、なぜか英国の雰囲気。かなり違っているところが面白い。

756-2a

「オールドイングランド」の名前の通り、英国風の瀟洒なエントランス。
絵になる衣装のドアマンもいます。

756-8

フロント前は落ち着いた雰囲気。ロビーには、沢山のおしゃれ雑貨が置いてあり、お値段も数千円とお手頃です。

756-9

創作フレンチのレストラン「キングオブダイニング」に続くロビー。
夏ですのでガス暖炉?は火が入っていませんが、イングランドっぽさを演出しています。

756-3

お部屋は花柄の壁紙が可愛く、印象的でした。これまでは家族4人で2部屋取っていたのですが次女が結婚したので、ツインルームをトリプルにして、3人で1部屋を予約。ずいぶんコストは下がりました。(笑)

756-4

前室との間のドア幅も結構広かったです。幅60cmの車いすも余裕でした。

756-5

トイレが広いのは、介助するのにとてもありがたいです。
手すりが可動式なのも、車いすを動かすのに邪魔にならず助かります。

756-11

水回りはこんな感じ。右手がトイレで、ワンルームになっています。

756-6

バリアフリールームというと、機能優先で殺風景な壁とかが多いのですが、ここは花柄の壁紙を使っていたり、ボーダー柄のタイルを使っていたりととてもオシャレで楽しい気分でした。バスルームのドアは折れ戸で、大きく開口できます。浴槽は深め。

756-7

それから、前室が広い!車いすを置いても、まだこれだけ幅に余裕があるのは珍しいと思います。

756-10

驚いたのは、こちらで見かけた車いすの方が多いこと。
夕食の同じ時間、数名の方とご一緒になりました。多分、バリアフリーで行きやすく、美味しいお食事が楽しめるからではないでしょうか。

ということでまた来週、お食事についてご紹介しましょう。