第690回 「驚嘆!大塚国際美術館①」

4月1日

美術館としては、日本一高い入場料 3240円。しかも、展示されているすべての美術品は複製品(レプリカ)。それでも、「行ってよかった美術館&博物館ランキング2011」で堂々の第一位を獲得した大塚国際美術館。いったい、どんな所なの?って思いますよね。

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館は、母体があのポカリスエットやボンカレーで有名な、大塚製薬です。先日、母の81歳の誕生日のお祝いに妹と3人でこちらを訪れました。2人は10年前に行っているのですが、私は初めて。

690-1

こちらが入口。拍子抜けするほど、こぢんまりとした感じです。なんでも、瀬戸内海国立公園内にあるため建築規制があり、山をくりぬいて地下3階の巨大な空間を作ってあるのですが、地上には2階建ての部分しか見えないのです。

690-3

そのため、国立新美術館に次ぐ日本第2位の広さ(延床面積29,412m²)にも関わらず、圧迫感はゼロ。でもネットで下調べをすると、見学の総延長が4kmにもなり、1日でも回りきれないほどだとか。

690-2

入ってすぐに長~いエスカレーターがあり、そこを上って行くと、地下3階に着きます。え、上って地下3階?と思われるでしょうが、入口が坂の途中のためです。この日は観光シーズンの土曜日だったので混むことが予想されたため、11時過ぎでしたがまずはランチに。

690-4

レストランは1階です。外壁補修工事のため、シートがかかっていて外が見えなかったのが残念。「うずしお海鮮丼」(1200円)を頂きました。

690-5

タイ、エビ、サーモン、イカ、イクラ…などが入っていて、なかなか美味でした。おつゆのワカメの量がハンパじゃない、さすがは産地。タイのアラもおいしかったです。

690-6

妹は3月までの企画展に合わせた期間限定のテーマランチ、「悪(ワル)のランチ」(1000円)。うーん、和食の方がこちらは得意なのかな?と感じました。

さて、地下3階に戻り、いよいよ探索開始です!

まず入ったのが正面にある「システィーナ礼拝堂」。いきなりの広大な空間に、圧倒されます。ぜひクリックしてご覧下さい。

690-7

こちらの美術館の売りは、「環境展示」。行動や生活を見せる旭山動物園の「行動展示」が有名ですね。こちらは環境ですから、古代遺跡や教会の壁画などを原寸大でまるごと再現してあるのです。そして、その材料はなんと「陶板」。つまり、すべて焼き物で本物と寸分違わず作られているのです。凄すぎる!

690-8

臨場感、圧倒感、とにかくその迫力に打たれます。私は本場バチカンのシスティーナ礼拝堂にはきっと死ぬまでご縁がないでしょうが、行った気に十分なれます。(笑)この天井画の一部分を展示してありました。

690-9

とにかく大きい。一見プロポーションが悪く感じられますが、天井に設置し15m下から見上げると、遠近法、短縮法、明暗法によって完璧なバランスに見えるそうです。(残念ながら、彼女が天井のどこにいるのかまったくわからずじまいでしたが…)

690-11

バチカンのシスティーナ礼拝堂は、ミケランジェロが1508年からわずか4年で描き上げたそうで、聖書の「天地創造」から始まる神と人類の壮大な物語が描かれています。ちなみにこの礼拝堂では結婚式もでき、女優の水野真紀さんもこちらで挙式なさったそうです。

690-10

しかし1998年の開館時には、この複雑な曲面で構成された天井と壁を結ぶ部分や微妙な反りを陶板で再現することは至難の業で、一部は再現できなかったそうです。

690-15

2008年の開館10周年にあたり、陶板を制作した大塚オーミ陶業株式会社は総力を挙げてミケランジェロの完全再構成を行い、ついに現在の姿に完成させたとか。なんだかもう、「プロジェクトX」の世界ですねぇ。

690-12

このように大塚国際美術館には、世界25カ国190以上の美術館が所蔵する1000点以上の名画が最新の技術によってすべて原寸大で忠実に再現されているのです。絵画は退色劣化しますが、陶板はそのままの色と形を2千年保てるとか。

だから、ここの美術館はロープもなく間近で鑑賞できるのです。それどころか、写真撮影もOK!みんな、パシャパシャ写真を撮っていました。(ただし作品のみの撮影や、ストロボや三脚の使用は禁止です)

その上、オリジナル作品の美術館なら絶対にできないことがもう一つ。

690-14

実は触るのもOK!なんです。

690-13

だから、デコボコした筆のタッチまでわかるんですよ。
入場料3千円オーバーも納得!さすがは日本の技術です。

次回も、大塚国際美術館についてお届けします。

 

第689回 「海洋堂シマントミュージアムビレッジ」

3月25日

高知県四万十町にある山奥のへんぴなミュージアム「海洋堂シマントミュージアムビレッジ」が3月5日、リニューアルオープンしました。2月1日よりリニューアルのため休館していた「海洋堂ホビー館四万十」「海洋堂かっぱ館」「馬之助神社」が新たにお目見えしたのです。そんなわけで、「海洋堂ホビー館四万十」に取材に行って来ました。(写真はすべて、クリックで大きくなります)

玄関前には実物大ケンシロウがお出迎え。高知の強い陽ざしで、日焼けしないでしょうか?ちょっと心配。

689-1

名物カタロニア船の前には赤いドラゴンが。

689-2

女神フィギュア?3体もいます。撮影スポットみたいです。

689-3

展示物は数を絞って、飾り方をスッキリと工夫してありました。例えばスターウォーズのフィギュアのビフォー・アフターはこんな感じ。

2011年
2011年
2016年
2016年   人形は同じものです。

1階左手の海洋堂の歴史コーナーも、スッキリと変わっていました。

689-8

その中で「こんな物までフィギュアになっていたの!?」と驚いたのが、これ。

689-6

「必殺仕事人」シリーズのアクションフィギュアです。動くから、ポーズも変えられるわけですね。藤田まことの「中村主水」、京本政樹の「組紐屋の竜」などおなじみの5人。とりわけよく似てる!とうなったのが中条きよしの「三味線屋の勇次」。この表情!

689-7

流し目まで再現されてる…。恐るべし、海洋堂クオリティ。
当時(2000年)の価格は2000円だったようですが、今ではこの「三味線屋の勇次」フィギュア、プレミアが付いて12000円くらいしているようです。

689-11

出入り口上には、トリケラトプスが寝ていますが、わかりますか?
はて、この恐竜、どこかで見たような?

角度を変えてみましょう。

689-12

見覚えありませんか?世界的大ヒット映画、「ジュラシック・パーク」の撮影で実際に使用されたものなのです。なんと、あの病気のトリケラトプスは海洋堂製だったのかーー!!

ところで、海洋堂と言えば、これ。ガチャガチャコーナーもリニューアル。

689-9

これって、「子ども向けのおもちゃ」と見られがちですが、ここは明らかに大人をターゲットとしたラインナップ。水族館限定、エジプトの秘宝、日本の動物、お城、仏像、恐竜…こんな落ち着いたガチャガチャのラインナップ見るのは、初めてです。

689-10

海洋堂のラインナップは主に男性向けだなあと思うのですが、その中で女性受けするのが「アリスのティーパーティー」シリーズ。

689-13

はい、実は私もここへ来るたびに買って、この度シリーズ1はコンプリートしました。欲しくなるんですよねえ、見るたびに「300円で、良くできてるなあ」って。

689-14

実際、今回もこのアリスシリーズに入れあげて、「猫が出るまで買う!」と、何枚も千円札を両替してチャレンジする4~50代の女性を見かけました。20個以上、お買い上げだったと思います。やっと出た時にはかなり嬉しそうでした。

689-15

どれが出るかわからないガチャガチャですが、子どもと違って大人買いできるのをターゲットとする戦略、まさにドンピシャでした。
とにかく海洋堂さん、頑張っています。

第657回 「本物のスゴミ。」

8月9日                  (中村 覚)
今、高知県立歴史民俗資料館で「小さいもの見~つけた! 海洋堂のニッポン・ミニチュアカタログ」 が夏の企画展として9月6日まで開催中です。海洋堂と言えば、お菓子のおまけ(動物フィギュア)が大ヒットを記録して以来、すっかり有名になりました。

現在も小さな動物から版権を有するキャラクターのフィギュアまで幅広く手掛けています。 会場の2Fにはこれらの商品が展示されていますので、夏休みの子供たちの目を引くこと請け合いです。(写真はクリックすると大きくなります)

1

そして1Fでは少し趣向を変えて、海洋堂所蔵のミニチュアの歴史とも言うべき珍しい物も展示しています。昔の人々の暮らしに密接した道具類のミニチュアや暮らしの風景のジオラマの数々。

本来、こういった物はエンターテイメントとは離れた存在だと思いますが、全くそんなことはありません!ちゃんとエンターテイメント、してます。今回の企画展のメインは、実はこっちなんですよ。(笑)それでは どうぞご覧下さい。

2

まずはこちら。江戸時代以来の職人さんの道具類をセレクションしたものです。鑿(のみ)、鋸(のこぎり)、鉋(かんな)など様々な物が収められています。

驚くのは、同じ道具でも 微妙に形状の違う物も集めていることです。用途によって使い分けされていた技術のこだわりを垣間見ることができます。

そして これらのミニチュアが畳に飾り付けされていることにも驚きました。雰囲気が抜群なんです。

3

続いて こちらは日本の小物類を集めたもの。 うちわ・和傘・下駄・足袋などなど。華やかさを感じます。

4

ところで、これらのミニチュアは海洋堂の所蔵品ですが、海洋堂が引き継ぐ前は、映画俳優の今清水英一(いましみずえいいち)さんのコレクションでした。

今清水さんは大正13年生まれ。時代が変わっていく中、日本の古い文化が消えていくことに危機感を持ったことが、ミニチュアを集めるきっかけに。 既存の品を集めるだけではなく、わざわざ職人さんに頼んで作ってもらった物も多数。 できあがりが気に入らなければ何度でも作り直してもらう凝りようだったそうです。

5

実物の素材を使っているため包丁の中にはサビたりしているものもありますが、だからこそ本物の持つスゴミが迫ってきます。

6

50年もの歳月をかけてのコレクションです。一つ一つの「小物」と言うよりも「道具」の作り込みが、その年月を感じさせます。

7

こちらは今回の企画展のパンフレットの表紙にもなっている能面のセレクション。2つの大きい面は右が山姥(やまんば)、左が小面(こおもて)、共に実物大です。私は今まで、女性の顔をしたこの小面のことを能面だと思っていました。違うんですよね、能面の種類の一つに小面があるんです。皆さん、ご存知でした?(笑)

8

こちらは、纏(まとい)。 江戸時代の町火消(まちひけし)がそれぞれの組の目印として使用したもの。今清水さんが最初に収集したのがこの纏のミニチュアだそうです。

10

これは、江戸の看板。当時 遠くからお店を見た際に、暖簾(のれん)だけでは何のお店か わかりにくい、と言うことで、立体物の看板を出すようになったそうです。形や絵柄で、何のお店か だいたい見当が付きます。

9

こちらは急須・鉄瓶。 作品の質感に特に感じ入ったのは これが一番だったかもしれません。

江戸時代の屋台のジオラマもあります。

11

今回、ご紹介したのは展示品のほんの一部分です。是非とも会場でゆっくりと、そして少しでも多くの方に見て頂きたいです。 物の存在感や存在価値、そして たどってきた歴史をエンターテイメントとして楽しんでもらえると思います。