第675回 「羽生結弦選手の驚異的なレジリエンス」

12月14日

フィギュアスケートの羽生結弦選手(21)がグランプリファイナルで、また「雲の上スコア」の世界最高記録を更新しました。おめでとうございます!(2015年12月現在←こう注釈を付けておかないと、また記録更新をした時に、いつのことだかわからなくなりそうですね。)

IMG_8294

11月末のNHK杯で322.40点を叩き出した時には、初の300点越えの驚異的な点数として今後の彼のプレッシャーになるのでは?とも心配されていました。しかし、わずか半月でそれをまたあっさりクリア。「異次元の強さ」で330.43点と歴代最高得点を更新し、2位のフェルナンデス選手を37点差で引き離して、男子では史上初の3連覇を果たしました。

「自分で自分を追い込んでいた。重圧と戦った。」「NHK杯は素直に喜べたが、今回は安堵感があった」と落涙していました。絶対王者ゆえのプレッシャーに、見事打ち勝った凄さには、ただ脱帽です。

羽生選手は手足が長く恵まれた容姿を持ち無垢な少年のような笑顔を見せますが、時に鬼神のような鋭い眼光を放ち、何よりもその強靱な精神力には驚嘆します。
近年、レジリエンス(逆境からの回復力)が着目されていますが、私はレジリエンスという言葉が、羽生選手とぴったり重なるのです。

彼は2歳頃からずっと喘息に悩まされたそうで、発作の引き金になるため冷たいスケートリンクに長くいられず練習時間が限られ、「体力不足」というハンデにつながりました。気道が狭くなり呼吸が苦しい中、マスクを付けての練習など、相当苦しいトレーニングをしてきたようです。

2011年には、仙台市内で練習中に東日本大震災に被災しました。
彼はスケート靴のまま避難し、家族4人で避難所生活を送ったそうです。練習リンクがなくなったため半年間、全国を転々として復興支援アイスショーに参加し、合間に練習するという過酷な日々でした。被災者として「自分だけがスケートをやっていていいのか」と自問自答し辛い時期もあったようですが、それらの経験がすべて彼の強いメンタルを作り、磨いてきたのでしょう。

2012年にはコーチを変え、カナダへ拠点を移します。
この年に初めて出場した世界選手権の練習中に右足首を捻挫。一時は棄権も考えましたが隠して出場、ショート7位から捻挫していたとは思えない奇跡の演技で、大躍進の銅メダルを獲得しました。続く2013年は左膝の故障が起きます。

しかし彼はこうした困難を乗り越えて2014年、ソチオリンピックで金メダルを獲得。(この時のことはコラム第581回「礼を尽くす、金メダルの羽生選手」に書いてあります。)この年は、金メダル・グランプリファイナル・世界選手権の三冠達成し、最年少で紫綬褒章も受賞しました。

ただ、彼の困難は続きます。同年11月、中国・上海で行われたグランプリシリーズの直前練習中、中国の選手と激突。流血でしばらく起き上がれなかったにも関わらず、オリンピックチャンピオンとして欠場せず、気力で滑りきって2位となり、号泣したのが記憶に残っています。また、12月には腹部の病気が発覚し、手術。

2015年3月の世界選手権では銀メダルになり、連覇を逃して
「悔しさが9割だが、また追いかける事が出来る立場になった。悔しさをバネに進んでいける。」と語っていました。その言葉通り、今季は前人未踏の、世界記録更新とグランプリファイナル3連覇を成し遂げたのです。

こうして見てみると、羽生選手は人一倍様々な困難に直面し、乗り越え、そのたびに逆境に負けないレジリエンスを育て、それが自身をより強くしているようです。いやむしろ、逆境があるからこそ、より闘志が湧くようにも見えます。

しかし彼の見事さはただ強いだけではなく、謙虚で感謝を忘れないことです。
「自分に対して何と言いたいですか?」という質問に、こう答えました。
「ありがとうと言いたい。(優勝を)狙って、できるような練習に耐えてくれた体」「周りの方々が自分の体の中にたくさん力を入れてくださった。皆さんの力に感謝したい。」

くり返し立ちはだかる高い壁にもひるまずに挑み続ける彼の高い精神性は
羽生結弦=レジリエンスを強烈に印象づけました。逆境が彼を謙虚な絶対王者に育てたのかもしれません。そのメンタルの強さには、今後も目が離せません。

「壁の先には壁しかない。課題を克服しても、自分は人一倍欲深いから、また超えようと思う。」(羽生結弦)

 

第673回 「子鹿園の追憶」

11月27日            中村 覚

記憶力というものは、多分・・・
小学6年生の時には小学2年生の頃を思い出すのはけっこう簡単だったはず。高校生の時に中学生の頃を思い出すのもそうでしょう。 社会人になりたての頃、楽しかった学生時代を懐かしく思い出すことも ごくごく当たり前だったはずです。二十歳頃までは、過去の記憶は、頭の中で ある程度 整理整頓されていたので、思い出すのも簡単でした。

ところが最近、記憶はゴチャ混ぜ状態です。 ○○に旅行に行ったのは、2年前?いや5年前か・・・? 日記でも見ないことにはわかりません。なにより 何年前かという些末な部分は もうどうでもよくなってきてます。 2年前も5年前も 大した差はなく、「ちょっと前」でくくれますし、10年以上 前のことになれば「昔」で片付きます。40歳手前になると どんどん人間がおおらかになっていくのでしょうか?(笑) ~にしても、子供の頃に強烈に記憶したはずのものまでが、思い出しにくくなっている現状、これ、一体、どういうことでしょうか。

というわけで、思い出せる分だけでも思い出して、今の内に書いておくのも一つの手かと思います。

673-4

第670回のコラムで、筒井が「療育福祉センター」について書いていました。私は子供の頃、約4年間、ここでお世話になっており、その頃の名称はまだ「県立子鹿園」でした。 この度、建て替え工事という大きな区切りでもあるので、過去の記憶を絞り出してみます。 ひどく個人的な内容になりますが、 「書いてよし」 と筒井からゴーサインも出ましたので。(笑)

673-3

股関節の病気で入園したのは今から約34年前、4才の時です。園では治療の一環として、寝る時以外は足に装具をはめていました。同じ症状の同年代の子と一緒に6人部屋で寝起きを共にします。朝、起床は6時。 看護師さんが「おはようー」と入ってくるなり部屋の電気を点け、窓際のカーテンを開けると1日の始まりです。 4才の子供が6時 起床・・・ 厳しいぃぃ。 今 思うと泣けます。 もっと寝かせてあげて下さい。 冬の寒い日など、もっとゆっくり寝たかったのですが、共同生活ですから つまらぬ わがままは通りません。 共同生活で育もう、協調性! でも入園して以来、いっぱいいっぱい使ったので、退園する頃には もうなくなっていました。

朝食を食べた後、(多分、みんなで 食堂で食べたはず。) それぞれ 付属の保育園や、年齢が上がれば小学校に行きます。そしてたくさん遊んで、勉強して「ただいま!」と帰ってくるのは自分の部屋。普通なら家族の待つ家に帰るはずですが、園の生活では学校から帰っても、他人と一緒の生活です。 6人部屋ですから 厳密に言うと、寝起きするベッドの上だけが自分の空間。この頃はこれを当たり前と思っていました。

673-1

今でもはっきり覚えているのは、自分のベッドの上に置いてあった色鉛筆を、向かいのベッドの子が、断りもなく、ある日 勝手に使っていました。私も子供、むこうも子供。「あっ、色鉛筆、貸してもらっているよ」「うん、良いよ、いつでも使ってね」 などとは爪の先程も思いません。強く思ったのは「勝手に使うなよ!」でした。別に相手が嫌いだったわけじゃなく、その行為が嫌でした。このように 融通の利かない子だったんです。

まぁこんな調子ですから、園での一番の楽しみは週に一度、家に帰れることでした。土曜日のお昼をみんなと食堂ですませた後、自分の部屋に帰ると、それぞれの親御さんが我が子を迎えにきています。この時の嬉しさと言ったら園からの脱出に等しく、最高でした。このように土曜のお昼から、それぞれ我が家に帰り、翌日の日曜日の16時までには園に戻ってこなくてはいけませんでした。それが規則です。 迎えに来てもらう側の子供たちは、どれだけ嬉しかったことか。

でも 今 考えると、東は芸西や室戸、西は宿毛から我が子を迎えに来ていた親御さんのご苦労は計り知れないと思います。それに比べ、我が家は園から車で15分ぐらいの所にありましたので、「これがたまるかっ!」言うぐらい、親は楽チンでした。

家に帰っても外してはならない装具を、帰りの車の中で 早速 外して身軽になった後、いつもの駄菓子屋さんに寄ってお菓子を買ってもらうのが、何よりも嬉しかったです。私は子鹿園で7歳までお世話になりました。退園できることがわかった半年前から、園の中でも装具をのけてのびのび過ごすことができました。心の余裕ができたのか、嫌だった園での生活も残りの半年は自由を感じることができたように思います。

673-2

断片的な記憶のつぎはぎのような文章になりましたが、記憶とは楽しかったことよりもしんどかった部分の方が強烈に残るのでしょうか。

第670回 「さよなら、療育福祉センター」

高知市若草町にある、高知県立療育福祉センター。昭和31年に「県立整肢子鹿園」として開園し、昭和39年に「県立子鹿園」と改称。平成11年に6機関を統合し、「高知県立療育福祉センター」と改称されました。心身の発達に障がいのある子供たちの医療、福祉、相談等の必要な支援を行っている施設です。(下の写真は北口。写真はすべてクリックすると大きくなります)

670-1

昭和61年生まれの長女、涼歌(すずか)は4歳から24年間、ずっとこちらのリハビリに通ってきました。保育園の頃、大腿部の腱を切る手術もこちらで受けましたし、言語療法も4歳から2年ほど受けていました。(下の写真は南口)

670-2

20年以上ずっとお世話になってきたリハビリの嶋田先生がこのほどご退職になり、それに伴い来年から彼女のリハビリは、南国市の重度心身障害者施設「希望の家」に変わることになりました。

偶然ですが、療育福祉センターもこのほど建て替え工事をすることとなり、昭和50年に建てられた本館は近々、取り壊しをされるようです。

670-3

そして実は、中村も4歳から3年半、子鹿園に入所していたのです。幼い頃だったので、家に帰りたくてたまらなかったと聞いたことがあります。同時期には、ソプラニスタの岡本知高さんもいらっしゃったとか。そんなわけでここは、人・みらい研究所にとっても思い入れのある場所なのです。

670-4

受付付近。夏休みの期間とかはごった返し、待ち時間が長くて大変だったことを懐かしく思い出します。

670-5

遠隔地の子どもはリハビリなどの訓練に通えないため、お母さんと一緒に短期間入所する、「母子入園」をしていました。左の窓はそのための「母子棟」の部屋の窓です。

670-6 670-7

中庭。中村曰く、「昔はここに保育園の砂場があった」そうです。ピンクのブーゲンビリアの花も、長年咲いていましたっけ。

670-8

20年通った、リハビリ室の中です。たくさんの道具が並んでいます。

670-9

次女が幼かった頃は、おもちゃが一杯あるここは天国のようで、一緒にリハビリに来ては喜んで遊んでいました。(笑)

670-10

食堂です。かつては多くの子どもが利用していたのでしょう。「7の付く日はカレーライス」と聞いたことがあります。

670-11

今では使われていない、洗面室。中村によると、昔はこの小さな棚1つ1つに歯磨き用のコップを入れていたとか。もうかなり前から床がたわむので危ないと使われていないようです。

670-12

特に時代を感じるのが、トイレです。男性トイレと女性トイレが同じ部屋にあるって…今では考えられないですね。しかもドアがカーテンだったりするわけですし。

670-13

駐車場の植え込みもプールも、もう撤去されました。
これから建築工事が始まるのでしょう。

涼歌のこちらでのリハビリも残すところ、あと1回です。本当に長いことお世話になった子鹿園=療育福祉センター、嶋田先生にこの上なく感謝しています。

新しい療育福祉センターは、平成29年にオープン予定だそうです。