第809回 「知らなかった!熱中症対処の落とし穴」

7月22日

先日の夜9時頃、知人の女性から電話がかかってきました。
「今、具合が悪くて…、手がしびれてなんか意識が遠くなりそうで…熱中症じゃないかと思うんだけど」
知人は一人暮らしです。あわてて、我が家のドクター(夫)と駆けつけました。

彼女はぐったりと座っていました。昼間、外回りの仕事をして、夜まで元気だったのに急に具合が悪くなったようで、首筋など体を数カ所冷やしていました。「さっき、水もコップ2杯ぐらい飲んだんだけど、だんだん具合が悪くなってきて…」

その時夫が言った言葉。「熱中症は具合が悪くなってから水を飲んだら逆効果だよ」
え!?と彼女と私は驚きました。「水を飲んじゃいけないの!?」

「水を飲んじゃいけないんじゃなく、水だけじゃいけないんだ、塩分も取らないと。具合が悪くなってからは、水じゃなくて経口補水液やスポーツドリンクを飲まないといけない。これ、飲んで」と家から持ってきたOS-1を渡しました。(所さんがCMに出ている、あれです。)

それを飲んで話をするうちに、15分ほどで彼女は回復して、ホッとしました。
30分ほどして帰宅しましたが、私はさっきの驚きがまだ尾を引いていました。
「熱中症で具合が悪くなってから水を飲んだら、逆効果なんて知らなかった。」
「水だけじゃいけないってこと。別に経口補水液じゃなくても、水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの だっていいんだけどね」

「ついでに言うと、コーヒーやお茶はカフェインがあるから利尿作用があって、飲んでも水分補給にはならないから、熱中症予防にはお水を飲んだ方がいい」
「じゃ、カフェインがない麦茶なら?」
「麦茶はOK」

そういえば、私が見た麦茶にはわざわざ「カフェイン0」と表記されていました。妊娠中や美容の面からもカフェインを避ける女性たちが増えているようですが、熱中症にもいいんですね。

厚生労働省の「熱中症予防のために」というサイトを見ると、
「熱中症が疑われる人を見かけたら
・涼しい場所へ  エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など
・体を冷やす  衣服をゆるめ、からだを冷やす
・水分補給  水分・塩分、経口補水液などを補給する 」

とありました。でも「水分補給」だけだと、「とにかく水を飲ませればいいんだ」と誤解している人は私を含め、多いように思います。いざという時のために、冷蔵庫には経口補水液を常備しておくといいですね。

それで思い出したことがあります。昔から夏には冷えたスイカを食べていますよね。塩をちょっとふると甘みが増しますが、あれってスイカの水分・糖分、そして塩と、天然の経口補水液だったのかもしれませんね。(笑)

第808回 「お隣の昔話」

7月13日               中村 覚

読みかけの本を持って お昼を食べに店に入ります。食事が運ばれて来るまで読むつもりが、面白くて食事がきてからもついパラパラとやっていました。気が付くと、1mも離れていない隣の席の話し声が聞こえるともなく聞こえて来ます。頭髪が白くなった男性2人の会話です。カメラの話をしているようで「最近は何につけ、許可をもらって撮らんといかんので、面倒になったな。」などと話しています。言外に「昔はそんなわずらわしさはなくて良かったよな」そんなふうに感じます。

カメラのことはわかりませんが、懐古趣味のある私は「その気持ち、わかるなぁ」と。(笑) それから話は 日本製品と外国製品の比較や朝鮮戦争の時、寒い現地で活躍したカメラや難しい機種名が出てきて、話はどんどん専門的に。こうなると自然と気持ちも読んでいた本に戻るというものです。

ところが、カメラはカメラでも今度は映写機の話になり、「昔、ロードショーは(映画館の)中央の座席はちょっと料金も高い時期があったなあ。」と。(えっ!? そんなの初めて聞くし…。) ちょっと背伸びをしたら手が届きそうな昔話は大好きなので、読みかけの本よりこっちの方が断然、面白そうと心変わりしました。

「お話し中、すみません。 あの、昔は中央の座席、値段が高かったんですか?」と2人の間に割り込んでしまいました。「なんじゃ、コイツは?」と思われるのは覚悟していたのですが、この後 しばらく話に混ぜてもらうことができました。もちろん私はもっぱら聞き役です。何も知らない私が入ってきたので、わかりやすいようにと話題に補足説明を加えてくれ、話すスピードも若干落としてくれたような気がしました。 どうもお2人の内、一方の方は映写技師をなさっていたようです。

昔の映画業界のことを「そうかぁ、そういうことがあったのかぁ。」と興味津々、お聞きすることができました。もちろん全てを理解できたわけではないですが、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
話の中で、特に印象に残った話題を1つ。

「封切りしたばかりの映画」 この表現、今まで聞いたことはありましたが、「封切り」の意味は「公開」と考えていました。もちろん意味はこれで通りますが、教えてもらった話によると、昔は映画フィルムを入れ物から取り出して機械にセット。この時 開封する、封を切っていたから、「封切り」と言ったそうです。

封切りされたばかりのネガフィルムは映像がきれいで、初めて大阪で「封切り映画」を観た時のことは今も覚えていると おっしゃっていました。当時はフィルムですから、上映を繰り返している内に画面に線が入ったりして、次第に劣化していくわけです。高知などの地方に回ってきたネガは、それ相応の状態だったのかと想像します。しかし、劣化したフィルムしか見ていなければ、何も不満はなかったのかもしれません。公開する順番によって画質が違っていたというのは今の時代では考えられないことだと思いました。

ところで、最近の映画館は昔のように何度でも観ることができません。ほとんどの館が、1回観たら退室です。こういった状況の中でも、ついつい上映時間に遅れてしまうお客さんは今もいるわけです。もちろん遅れたからといって入場できないわけではありませんが、その時は座れる席がかなり限られてくるそうです。既にご覧になっているお客さんの迷惑になってはいけないという理由から、端の方の座席に限定されるらしいのです。

実は先日、映画館でスタッフの方からこの一連の説明を受けている年配の男性を見ました。その方はしぶしぶ「わかった。」と納得したようでしたが、「昔は違った。『ちょっと すんません』と会釈して、座っている人の前を通ったもんや」とつぶやいていました。

こういったこと全部含めて、映画館の移り変わりを感じたことでした。

 

第804回「ここから、また やってみて」

6月15日              (中村 覚)

先日 押入れを片付けていると木箱が出てきて、その中に封筒の束がありました。未使用の状態だったので今も使えるのですが、もう使う時もそうないかなぁと思っていると束の間から一枚の写真が出てきました。

写っているのは祖母です。祖母が趣味のパズルをしている何気ない写真です。観光地や特別な日に、「ハイ、ポーズ」パシャリ! ではなく 自然な写真を撮りたいなと思い始めた頃のものです。

で、その何気ない写真を何年かたった後に、他愛のない昔話をするように「(この時を)、覚えている?」と相手に渡して、ちょっと喜んでもらえないかなと。なにもこれは相手が祖母に限ったことではなく、そういうことをしたい時期でした。

時間の経過による写真の効果を考えると1~2年では面白くなく、5~6年は寝かした方が良いはずです。そうなると私自身がその写真の存在を忘れているぐらいがちょうどです。いつも目に入る所に置いてあると、つい相手にすぐに渡してしまいたくなりますから。

それを考えると、今回の封筒の間にしまい込んでいたというのは、けっこう お利口さん。(笑)

写真の裏を見ると08年4月と書いてありますから、知らず知らずの間に10年ものの写真に仕上がっていました。10年ひと昔、熟成度もバッチリ。

ところがです、祖母は3年前に他界したので 実は渡しそびれたのです。写真をしまい込み過ぎ。寝かし過ぎ! あ~ぁらら…。

祖母はジグソーパズルを最初 100ピースから始めて、慣れてきた頃には1000ピースのものを3ヵ月に1つは完成させていたように思います。1000ピースともなると難易度も上がります。一面に広がるまっ白な白銀の世界、 雲一つない青空、こういった部分を組み上げるとなると、80歳を超えた祖母にはけっこう骨折りだったはずです。

ということもあり 2週間に一回ぐらい祖母の家に行き、パズルの途中経過を見ていました。パズルはちゃんと合っている場合、もちろんパチッと はまるのですが、間違っていても、少々力を入れれば はまります。(老眼の祖母には正解のように見えるわけです。)でもそうすると、そこから先、また力任せに次のピースをはめ込むことになり、やがては まったく はまらなくなります。

最初の頃は、まだ慣れないこともあり かなり間違って組み合わせていたので、私がパッ、パッ、パッと無造作に10ピースぐらい外したことがあったのですが…。

これがいけませんでした。

祖母からすれば、何時間もかけて作ったのに、こんなにも間違っているの? そんな気持ちが強かったと思います。 ぼそりと言いました。「もう ようせん(できない)。」

これ以来、間違って組み合わせた部分がたくさんあっても、外すのは3ピースぐらいにとどめて、あとは祖母に気付かれないように正しく組み直すようにしました。

「ここから、また やってみて。」

楽しくパズルをやっている人のやる気を削いで、どーすんの?
今ならわかります。若かったなぁ…。
そんな思い出の写真です。