第739回 「LABプロファイル講座、開講します!」

3月18日

これまでコラムで折々に触れてきましたが、私が心理学で学んだ中でも「これはビジネスコミュニケーションの即戦力になる!」と感銘を受けたLABプロファイル。

人を深く理解し、相手の言葉の使い方のパターンを知り相手に響く言葉を使うことで、短時間で信頼関係を築けるスキルです。日本ではまだ知られていませんが、米英のビジネス課程やマイクロソフトやIBMなどのグローバル企業でも導入され、世界30カ国で効果が実証されている心理技法です。

739-1

世界のリーダーやカリスマと言われる方々は、相手にどのような言葉をかけたら良いのか、その使い方が非常に巧みです。ある状況下で、どんなタイプの人の心理状態はどうなっているのか、どのようにして語りかけると相手が動いてくれるのかという「影響を与える言葉の選び方」の能力が突出しているという共通点があります。

ある特定の場面において、人は…
・どのようにしてやる気が起きるのか?(動機付けの特徴)
・大切なものは何なのか?    (価値基準)
・物事をどう判断するのか?   (判断基準)
・ストレスにどう反応するのか? (ストレス反応)
・生産性を上げるための他人との関わり方は?(連携)…

LABプロファイルでは こうした12の質問から相手の37パターンを知ることで、相手に響く言葉(影響言語)を学んでいきます。同時に、自分の価値基準やパターンもわかりますので、相手と自分の違いや、どう言えばミス・コミュニケーションを防げるのかなどが 理論とワークで身につきます。

739-2
今年いよいよ高知で、このLABプロファイルの講座を開催させて頂く運びになりました!「LABプロファイル®プラクティショナー認定コース」です。プラクティショナーとは実践者で、言わばLABプロファイルの基礎編です。月に1回、午後1時から5時までの4時間のセミナーを6回行います。

相手のパターンがわかると役立つ人財採用や育成担当など 人事部門のビジネスリーダー、伝わる言葉が必要とされる経営者や講師、セールスや広告・プレゼンなど話す力で結果を出す方は、これで飛躍的にレベルアップできます。日頃の業務運営でのお客様や上司や部下、さらに大切な家族や友人ともより素晴らしい関係性が手に入り、人間関係の問題で無駄に遠回りをしなくても良くなります。

「人をどこかに連れて行きたいなら、相手が今いるバス停まで迎えに行かなければならない」というのが、私が学んだ世界的な言語パターンの権威、シェリー・ローズ・シャーベイ先生の教えです。その誠実さは対人関係の信頼を築く上で、非常に大切なことだと思います。

739-3

そして6日間のコースに全部出席し 最終回の課題をクリアして頂くと、カナダSuccess Strategies 社公認 LABプロファイル®プラクティショナーの認定資格を取得できます。

739-4a

講座日程は、以下の通りです。

① 6月27日(火)、 ② 7月25日(火)、③ 8月29日(火)、
④ 9月26日(火)、 ⑤ 10月24日(火)、⑥ 11月28日(火)

一人でも多くの方にこの素晴らしい技法を知って頂きたいので、受講希望がお一人から、開催いたします。また講座日程と調整がつかない場合、(別途料金にはなりますが)補講もいたします。

受講料は、税込・テキスト・認定料込みで全6回 120,000円です。 決してお安くはありませんが 東京までの交通費や労力を考えると、高知で半日ずつで受講できるのは今までになかった機会です。なお、4月30日(日)までのお申込みなら、早割料金 110,000円とさせて頂きます。分割払いご希望の方は、ご相談下さいませ。なお、お申し込みの締め切りは6月20日(火)です。

詳しい講座案内はこちらです。お問い合わせも088-871-0818人・みらい研究所まで、お気軽にどうぞ。

どんな皆さんとお目にかかれるのか、考えるとワクワクしてきます!
心よりお待ちしております。

第733回 「メンタル・マネジメント研修」

2月4日

若い世代の方にとっては「50歳も過ぎると、人間ができてくるのでは」というイメージがあると思いますが、残念ながら実際は年をとれば自我や思い込みがより強くなり、自分も含めガンコになっていくように感じます。生きるよりどころである価値観がしっかりとできてくるわけですから仕方のない部分もあるのですが、「もう少し広い視野で見れば、うまく行くのに」と思うことってありますよね。

733-2

私は幸い、ここ最近では母から感情的な言葉をかけられても(笑)、日常生活で「え!困ったな」というトラブルが起きても、コツを押さえたお陰で、うまく対処できるようになりました。

なぜなら、数年前から学んできた「ポジティブ心理学」や「レジリエンス(逆境を乗り越える力)」「NLP」などの心理学によって、気づきをもらえたからです。交流分析を学んだ時もそうでしたが、トラブルに直面しても客観的な視野を持てるようになり「(私は違うけど)あなたはそう思うのね」「これってどういうこと?(俯瞰)」などにより、環境や誰かの感情・行動によって振り回されずにすむのです。つまりは、生きやすくなるということです。

733-3

生きやすくなれば、熱意を持って色々と取り組めますし、ストレスにも強くなるなどビジネスにも当然良い影響を与えます。ぜひこの学びを広くお伝えしたく、高知県産業訓練協会で、初めて「メンタル・マネジメント研修」を行うことにしました。

内容は、ポジティブ心理学・交流分析・レジリエンス・NLPのエッセンスを取り入れて融合し(かなり欲張りです)、ストレスの多い社会の中で少しでも心をゆったりと保つコツを1日で学んで頂こうというものです。

733-4

・ポジティブ心理学のエッセンスを使って、自分を見つめる。
・交流分析のエッセンスで、人との関わり(ストロークの法則)を学ぶ。
・NLPのエッセンスのリフレーミングで、心を楽にする 生き方のコツを知る.
・レジリエンスのエッセンスで、逆境に負けない自分になる。

なお、日時は2月21日(火)です。もう少し早くご紹介することに気づけば良かったのですが、ごめんなさい。詳細はmm seminerをご覧頂ければと思います。(クリックすると詳細が出て来ます)

幸福度を高める生き方ができれば、とても楽になります。
よろしければ、ご一緒なさいませんか?

第703回 「持つべきものは友人」

7月1日

今年度、高知工科大学のインターンシップガイダンスの「ビジネスマナー」の講義で、初めての要請がありました。毎年全学部で行っているマナー講座の人数が多すぎるので(およそ500名)、今年は1クラスを2つに分けて「講師2人制で行って欲しい」とのこと。

703-1

しかし高知工科大学では、ほぼ同じ時期に教職希望者に対する「介護等体験事前指導」の講義もあり、中村は体力的に両方は無理です。そこで、親友でもある岡山の研修講師、中谷優子さんにお願いしよう!と思いつきました。

中谷優子さんは、ほぼ私と同年代。2003年に日本話しことば協会の講師養成講座で知り合ったのですが、その後そろって日本交流分析協会のインストラクターになり、岡山と高知を行き来しながら、お互いに交流分析やコミュニケーションを学び切磋琢磨する友人関係です。

703-2

彼女はとにかく明るくてパワフルで、勉強熱心!お母様の介護体験から認知症高齢者との対応を学んでこられ、それを医療・介護研修に活かされています。自由で楽しくわかりやすい研修は、いつもなごやかムードです。日頃からマナーや大学での講義もなさっているので、安心してお願いできます。幸い、彼女も快く引き受けて下さいました。持つべきものは友人! ありがとうございます。

インターンシップのビジネスマナーは、内容がビジネスマナーの4原則からあいさつ・身だしなみチェック、名刺交換や自己紹介などワークも入れて分刻みで最後にレポートも書いてもらうため、タイム・マネジメントが相当大変で気が抜けません。実は中谷さんはパワーポイントを今まで避けてきたそうですが、持ち前の勉強熱心さで難なくクリア。念のために事前に半日、研修会場を借りて3種類の講義内容を実践して頂いて、準備もしました。

お陰さまで1回の受講人数がこれまでの半分の50名ほどになったため、一人一人の動向がよく把握でき、学生のみなさんの参加意識も向上したようにレポートからも見受けられました。

彼女は一週間に一度来高して前泊し、朝早くから大学に出向き、隣り合ったクラスに分かれ、2コマ講義をしてレポートを受け取り、それをチェックして、最終便の高速バスで帰る。仕事の合間にレポートの質問への答えを書いて私に送り、次に備える。ずいぶんとハードな三週間だったと頭が下がります。

そんな中での癒やしの食事が、こちら。

703-3

野市の「Kappa38」の特製ヘルシーランチです。野菜がたっぷりで、おいしいケーキ付き。(ケーキの写真は撮り忘れましたが)彼女も喜んでくれました。

中谷さんと一緒に仕事をしたのは初めてでしたが色々と情報交換もでき、良い機会を頂けたのでした。