第785回 「下関近代建築① 旧下関英国領事館」

2月3日

山口県下関市とお向かいの北九州市門司港には、近代建築がいくつもあります。出張のついでに、散策を楽しみました。中でも一番印象に残ったのは、明治39年建築の「旧下関英国領事館」でした。日本に現存する最古の領事館だそうです。

国内には港町だった長崎・函館・横浜に、英国領事館跡が残っています。下関の英国領事館は、長崎と同じ設計者(ウィリアム・コーワン)で同時期のものだそうです。

赤い煉瓦と白い石材の対比が美しい外観。南側ベランダの三連のアーチが特徴的です。

この建物は昭和29年に下関市がイギリスから購入し、その後警察派出所、考古館として使用され、平成になって重要文化財に指定。平成20年から5年半の改修期間を経て平成26(2014)年に再オープンしたそうです。

1階は展示室、2階は喫茶・パブなどのレストラン「Liz」になっています。

建設当時の赤煉瓦などの展示がある「赤レンガ室」。

入口の階段を上がると、レストランに続きます。

旧文書室にあった椅子とテーブルも雰囲気一杯で、お洒落です。

こちらは、旧領事室。暖炉の前には当時の椅子とテーブルが。

館長さんにご案内をお願いしたら、ものすごく熱心に歴史からご説明下さいました。机に座る姿はまさに、英国紳士のようです。

せっかくなので、私も「I am 領事!」なんてお茶目なフォトプロップスを持って1枚。(笑)

1階には4つ、2階には3つの部屋があり、どの部屋にも暖炉があります。
一番立派な暖炉はこの旧領事室のもので、当時のイギリス国王エドワード7世のイニシャルと王冠の浮き彫りが施されています。

暖炉の周りに貼られた装飾タイルは、部屋によって色や図柄が違っていて、それを見るのもまた面白かったです。

館長さんによると、窓の鍵や鍵穴は、長崎の英国領事館にあった物を原型として、レプリカを作って取り付けてあるそうです。小物一つでもおろそかにしない配慮が好感を持てました。

こちらの2階のレストランも、改めて取り上げますね。
お楽しみに。

第784回 「冬の下関にて」

1月27日

先週末は、山口県下関市の病院で研修を行いました。ご縁を頂いての研修で、山口県は初めて。博多まで飛行機で行くか JRで行くか迷いましたが、1月の時期なので雪が降ったら飛行機が飛ばないかもしれないリスクを考え、片道6時間かけてのJR移動を選びました。

看護部門の管理職の方々を集めての研修でしたが、どう接すれば、疲弊している医療現場で部下が元気になれるのか?何より自分が元気になれるのか?というテーマで、交流分析の「ストローク」(心のふれあいの行動)を選びました。「心の栄養、足りていますか?」というサブタイトルをつけて。

理論を学びたくさんのワークをして頂いたので、最初は真面目で硬かった下関の皆さんも、次第に笑顔と元気がこぼれてきたのが印象的でした。

「研修の中で一番嬉しかったのは、自分を見てもらえる受け入れてくれていると心から思えたことです。自分の知らなかったことを相手が見てくれる嬉しさ、とても印象深いです。」
「職場や人間関係、子育ては色々な迷いがあったりうまく行かないことが多く、考えることも多い中、今回の研修でかなり沢山の生きるヒントを頂いた気がします。」

お陰さまでお役目を果たせて、ホッとしたのでした。

そして研修の後、看護部長さんがご厚意で名物「瓦そば」の「たかせ」という有名店へ連れて行って下さいました。西南戦争で薩摩軍の兵士たちが戦の合間に瓦で肉や野草を焼いて食べていた話から、瓦で茶そばを焼くという料理が創作されたそうです。

写真では伝わりにくいですが、この瓦、すっごく大きいんですよ!ポットや湯飲みと比べてみて下さい。これで2人前で、女性二人では食べきれないくらいの量がジュージュー音を立てて出て来ました。

熱々の茶そばに錦糸卵や牛肉を乗せ、ネギに海苔、レモン、もみじおろしも。温かいおつゆにつけて頂くのですが、茶そばが次第に熱い瓦でパリパリになっていく食感が楽しく、予想以上に美味しかったです。

まるで竜宮城のような外観の、赤間神宮。1185年、源氏と平家が最後に戦った壇ノ浦の合戦において入水された幼い安徳天皇を祀った神社です。境内には平家一門の墓や、小泉八雲の怪談で有名な耳なし芳一堂もありました。(そこは写真を撮ってはいけない気がして、自粛。)

有名な平家ガニ。壇ノ浦の戦いで討たれた平家の怨念が乗り移ったカニだという言い伝えがもとになっていますが、本当に憤怒の形相のようで驚きました。食用ではないらしいですが、獲れても嫌でしょうねぇ。

さて、高知は食の宝庫ですが、下関も食が豊かで、実に味わい深い所でした。

最初の夜に頂いた、活きイカのお刺身。身が透き通っていて、プリプリでした。

そして、下関と言えば、何と言ってもフグです!
「KATSUMOTO」というお店で、「ふく」ののフルコースを頂きました。下関では濁らずに「ふく」と言います。幸せの福にあやかって縁起が良いからだとか。

豪華絢爛、ふくの薄造り。下関では1枚ずつ食べずに箸で数枚すくって、細いネギを巻いて食べるそうで、贅沢にそうやって味わいました。

手前は、ふくのにぎり寿司。後ろの女性と比べると、いかにふくのお刺身のお皿が大きいかがわかるでしょう。ほぼ皿鉢大です。女性4人では食べきれないほどでした。

ふくの唐揚げ。

ふくちり。食べ終わったらぞうすいにしました。
もう一生、ふくをこんなにたらふく食べることはないでしょうねぇ~。

初の下関でしたから、せっかくなのであちこち見て回りました。
次回へ続きます。

第777回 「昭和の横丁、思い出倉庫」

12月8日                                    中村 覚

愛媛県 伊予の小京都、大洲市にあるポコペン横丁の入口です。レトロ感のある町並みなどをネットで検索している時に偶然見つけました。松山に行った際にちょっと足を伸ばした次第です。

広場には昔の看板が多数あり、昔の自転車がそのまま放置、いえ展示してあります。

目を引く看板やリヤカー。

これは昔のアイスクリーム屋さんのリヤカー。ここまで古い物になると私にとっては「懐かしい」ではなく「珍しい」です。懐古趣味が基本にありますのでどっちでも楽しいです。

そして、これがポコペン広場内にある「思い出倉庫」です。
「倉庫? 何を置いてあるの?」ごもっともです。

答えはこちら。これは受付の様子です。

奥に向けて昔の物がたくさん展示されています。

看板の前に数台並ぶ自転車。先程の屋外の自転車に比べてこちらの方は状態が良さそうです。右上にある「金鳥」の看板、カッコ良いなぁ。原色がかもす雰囲気はどことなく子供のおもちゃを思わせます。

こちらは化粧品等の展示です。さすがに興味があるわけではないですが(笑)、全体的な雰囲気は「うん、わかる わかる!」昔はこんな風にして売られていたのでしょう!知らなくても全肯定。(笑)

裸電球に照らされるキャラクター物のおもちゃです。今の時代なら商品は全面ガラスのショーケースに入っていると思います。重みがあってこっちの方が良いな。

「感謝特別大奉仕」、大奉仕なんてほとんど聞かなくなりました。
棚に納められているのはボタンです。

ここは、当時の駄菓子屋をそっくりそのまま再現!といった感じでしょうか。
私が子供の頃に行った駄菓子屋はもっと現代風でした。でもこの風景を見ていると思い出します。夕方、100円持って買いに行き、買ったお菓子は全部食べます。夕食の時に「なぜ、ご飯をもっと食べないのか?」と親に詰め寄られますが、ご飯前にお菓子を買って食べたとは言えませんでした…。

中央や左下にある「ハウスカレー」の箱。
存在感、佇まい、手頃な大きさ、正直 自分の部屋に欲しいです。

お店を再現しているスペースから更に奥を覗けば~、これがホントのタイムスリップ! 昭和の家庭が…

ちゃぶ台があって、掛け時計に鉄の扇風機、鏡台など。

こうなると私よりもぐっと上の年代の方にも楽しんでもらえること請け合いだと思います。

角のタバコ屋さんの風景です。数年前、新聞に書いてありました。昔はタバコ一つ買いに行っても、店の人と多少なり世間話をして、それが生活の憩いだったと。

ロッテガムの横にあるライターはわかったのですが、下の棚にある物が何かはわかりませんでした。キセルだそうです。

「ヨコハマタイヤ」確かにこれ、ありました。奥で映っている古いテレビはDVDが映るようにしてあるそうです。

受付の方が話してくれました。ご夫婦でいらした年配のお客さんは最初ただ黙っていたのに、お店を出る頃には「昔は あ~で、こ~で」とお二人の会話がすっかり弾み、明るい雰囲気になることが少なくないそうです。

店内に置いてある年代物の品々、その佇まいが自然な感じで、こういった展示の仕方は他ではあまり見られないのではないかと思います。展示である以上、計算はされているものの、「これを見よ!」と言うよりは「当時はこんな感じよ」といったフラットな雰囲気が本当に良いなと思います。

木戸銭(入場料)が200円というのも日常の感覚を後押ししてくれます。仮に500円~1000円を払うとなると、見終った後に「結果、どうだった?」と良し悪しを無意識の内に問いかけてしまいそうで、「懐かしむ」というゆとりがなくなってしまいそうです。良心的な木戸銭も雰囲気作りに大きく貢献してくれているのだと思います。価値ある200円です。

思い出倉庫を出ると両脇にはお店が並んでいます。(写真は閉まっている様子)

これらのお店が開くのは4月~11月は毎週日曜日、12月~3月は毎月 第3日曜日とのことです。次回はこの日に合わせて昭和の賑わいを感じてみたいものです。