第785回 「下関近代建築① 旧下関英国領事館」

2月3日

山口県下関市とお向かいの北九州市門司港には、近代建築がいくつもあります。出張のついでに、散策を楽しみました。中でも一番印象に残ったのは、明治39年建築の「旧下関英国領事館」でした。日本に現存する最古の領事館だそうです。

国内には港町だった長崎・函館・横浜に、英国領事館跡が残っています。下関の英国領事館は、長崎と同じ設計者(ウィリアム・コーワン)で同時期のものだそうです。

赤い煉瓦と白い石材の対比が美しい外観。南側ベランダの三連のアーチが特徴的です。

この建物は昭和29年に下関市がイギリスから購入し、その後警察派出所、考古館として使用され、平成になって重要文化財に指定。平成20年から5年半の改修期間を経て平成26(2014)年に再オープンしたそうです。

1階は展示室、2階は喫茶・パブなどのレストラン「Liz」になっています。

建設当時の赤煉瓦などの展示がある「赤レンガ室」。

入口の階段を上がると、レストランに続きます。

旧文書室にあった椅子とテーブルも雰囲気一杯で、お洒落です。

こちらは、旧領事室。暖炉の前には当時の椅子とテーブルが。

館長さんにご案内をお願いしたら、ものすごく熱心に歴史からご説明下さいました。机に座る姿はまさに、英国紳士のようです。

せっかくなので、私も「I am 領事!」なんてお茶目なフォトプロップスを持って1枚。(笑)

1階には4つ、2階には3つの部屋があり、どの部屋にも暖炉があります。
一番立派な暖炉はこの旧領事室のもので、当時のイギリス国王エドワード7世のイニシャルと王冠の浮き彫りが施されています。

暖炉の周りに貼られた装飾タイルは、部屋によって色や図柄が違っていて、それを見るのもまた面白かったです。

館長さんによると、窓の鍵や鍵穴は、長崎の英国領事館にあった物を原型として、レプリカを作って取り付けてあるそうです。小物一つでもおろそかにしない配慮が好感を持てました。

こちらの2階のレストランも、改めて取り上げますね。
お楽しみに。

第740回 「横浜近代建築③ 氷川丸」

3月25日

昨日、久しぶりに中学の同級生と語らいました。このコラムを読んでくれているのが嬉しく 中でも近代建築が好きと言ってもらえて、まだ書いていなかった横浜の建築ネタを思い出しました。ということで、横浜近代建築シリーズ3回目です。

③日本郵船「氷川丸」

740-1

山下公園前に係留されている、「氷川丸」。氷川丸は1930年に建造されてシアトル航路へ就航し、戦時中は海軍特設病院船となり、その後シアトル航路に復帰。約30年にわたって洋上で活躍した豪華客船です。戦前の日本で建造され現存する唯一の貨客船で、今は日本の造船技術や客船の船内インテリアを伝える貴重な産業遺産として高く評価されています。2016年に重要文化財に指定された「海に浮かぶ文化遺産」です。

740-2

ここは一等児童室。一等船客(ファーストクラス)専用の遊戯室で「スチュワーデス」と呼ばれた子どもの世話をする女性乗組員がいたそうです。デイナーの時も託児があるので、大人はゆっくり食事を楽しめたとか。壁の上に子どもの絵があるのがわかるでしょうか。

740-3

この絵は竣工当時(昭和5年)のものです。かっぽう着を着たお母さん、妹をおんぶする姉、凧揚げをする子どもなど当時の世相がしのばれます。

740-4

こちらは一等食堂。昭和初期の華やかな客船文化がわかります。昭和12年、秩父宮両殿下がご乗船の時の豪華なディナーが再現されています。

740-7

優美な階段を上って…

740-5

一等社交室へ。氷川丸のメインホールで、夜はイスを片付けてダンスパーティーの会場になりました。喫煙室が男性の社交場だったのに対し、こちらは女性の社交場の意味合いが強かったようです。

740-6

アール・デコの優美な装飾があちこちに見られます。

740-8

一等客室。冷温水の出る洗面台がついていました。狭い部屋ですが ベッドはアメリカ製でスプリングのついた寝心地のよいもの、換気・空調設備も船客が自由に調節できる、当時としては最新式の装置が導入されていました。日本の客船の伝統、飾り毛布が置かれています。毛布の折り紙みたいなものですね。

740-9

一等特別室は、チャップリンや秩父宮両殿下をはじめ、各国の貴賓や著名人が利用したスイートルームです。ステンドグラスや豪華な調度品など、船の中とは思えないほど豪華です。

740-10

この部屋は、三代川島甚兵衛のデザインとされ、テーブルと椅子を除き、壁紙など、竣工当時の姿そのままに残されています。

740-11

バスルームはさすがに狭いですが、腰壁はコンクリートではありませんよ。
グレーの大理石です。

740-12

さすがに天井の鉄骨の梁はむき出しなところが、船だと思い出させます。

740-13

船の廊下なので、かなり狭いです。

740-14

船長室は、船長専用の居室兼寝室です。何か起こったときには素早く対応できるよう、操舵室から最も近くにあります。船長室と操舵室は「伝声管」という連絡用のパイプでつながっていて、いつでも操舵室の航海士が船長に連絡をとれるようになっていました。

740-15

船の総司令室、操舵室です。
右手後ろには船名の由来である埼玉県の氷川神社の神棚が。

740-16

舵輪の前に立つと、目の前に海が見えます。舵を握る航海士もこの景色を見ていたんだろうなあと思うと、なんだか感慨深いです。

740-17

船のデッキからは横浜の夕景が美しく広がっていました。

若い頃に聴いた谷村新司さんの曲で、「窓辺の猫」というのがあります。

 遠くきらめく船の灯りは 旅することない氷川丸…

その氷川丸に初めて乗船できたことも良い思い出となりました。
氷川丸がここに係留されてから、もう50年以上がたつのです。多分、私が生まれた頃と同じだったのかもしれません。航路を引退してもこうして人を喜ばせている氷川丸に、何か人生を教えられたような気もするのでした。

第734回 「横浜近代建築②」

2月11日

横浜の近代建築と言えば、山の手の異人館を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。でも私の好みは大きくて豪奢な建造物なので、限られた時間での散策に、神奈川県庁周辺の近代建築巡りをしようと思いました。

②横浜市開港記念会館

734-1

まるでハリー・ポッターの世界のようなこの建物は、横浜市開港記念会館です。目的地の一つにはしていましたが、通りから見える見た目の美しさに引き寄せられるように入って行きました。

734-2

こちらは横浜開港50周年を記念し市民の寄付金により大正6(1917)年に創建され、大正12(1923)年の関東大震災の時に鉄骨補強のおかげで倒壊こそしなかったものの時計塔と壁だけを残し、内部を焼失。その後昭和2(1927)年に創建時と同じ設計スタッフが計画にあたり復旧され、現在も公会堂として利用されています。なんと今年平成29年7月1日に、開館100周年を迎えるそうです!

中に入ると、右手のテーブルに館内のガイドボランティアさん達が数人いらっしゃって、ベテランの男性ガイドさんに無料案内をして頂きました。ラッキー♪ 次の時間の予定があったわけではないので、1時間くらいゆったりと説明を受け、写真も撮れたのが何より良かったです。

734-3a

「実は一階の講堂を一番見て頂きたいんですが…」とガイドさん。「基本的に貸しているので、今日も夜まで借りられているんですよ」と残念そう。「休憩時間とかがあれば、うまくいけば見られるかもしれませんが…」というお話を伺っていると、その数分の間に講堂の扉が開きました。入れ替えがあったのです。超ラッキー!!

734-4

うわぁ、素敵!ガイドさんがかけ合って下さり、主催者の方のご厚意で見せて頂けました。ときめきの一瞬で恋に落ちた感じ♪(笑)

734-6

後で調べると 大正7年に竣工した大阪中之島の公会堂と並ぶ、大正期の二大公会堂なのだそうです。確かに、このステージを取り巻く客席とか 豪奢さが似ています。

734-5

ここが見られると全然値打ちが違う!と実感。実は散策の前、携帯電話が壊れて修理に行ったり無駄に時間を使って少しへこんでいたんですが、そのお陰でこの幸運とも巡り会えたという訳だったんです。感謝。毎月15日には、一般公開しているそうです。

734-7

これは上から2枚目の外観の写真の内側です。ガラス窓の形でわかるでしょうか。

734-8

このステンドグラスは、横浜開港当時の交通状況を題材としています。宇野沢組ステンドグラス製作所のものだとか。これも関東大震災で焼失しましたが、昭和2年に当初のものを尊重し復旧したそうです。

734-10

中央のひし形は横浜市のマークで、「ハ」と「マ」の図案化なんだとか。

734-12

武士から町人までが一緒に船に乗り合っているこういう図柄のスタンドグラスは他にないそうです。言われてみればそうですよね。

734-9a

ステンドグラスをくぐると、資料コーナーで、壁にはバラ窓が。

734-14

横浜市開港記念会館のシンボルである時計塔は、「ジャックの塔」の愛称で親しまれており、高さは約36mです。神奈川県庁(キング)・横浜税関(クイーン)と共に、横浜三塔を形成しています。

734-13

外観のポイントになっている、塔屋へ上がる螺旋階段。年に一度、開港記念日の6月2日にだけ上がれると伺いました。すごい人数が並ぶそうです。

734-15

特別室(旧・貴賓室)。建物端のドームの下です。大正の創建当時の内装は木工技術の粋を集めた豪奢な造りだったようです。

734-18

メダリオンと言われる、照明の根元の装飾飾り。色んな形の物があり陰影が美しく、見ていくと飽きません。

734-19

木製の中央階段。どっしりと重厚です。

734-16

734-17

中央階段のステンドグラス。いわゆるペリーの「黒船」が描かれています。これらは日本のステンドグラスの歴史上、非常に価値の高い作品として貴重なものとか。とても美しい色合いですが、右の方に富士山と星条旗が一緒に収まっているのが構図として面白いです。

その他 見所はまだあるのですが、ぜひ機会があればご覧下さい。
大正期のジャックは100年を過ぎてもなお健在で、人々を魅了しています。