第684回 「土佐弁シリーズ④ 生活感」

2月19日              (中村 覚)

683

私が学生だった頃、食べ物や場所、特定の人物などを指して「ヤバイ」という言葉は、良くない、危険だ、避けた方がいいなど、マイナスの意味を持つものでした。ところが近頃、「ヤバイ」の意味合いは180度変わり プラスの表現として使われています。何かを食べて とてもおいしければ「ヤバイ」という具合に、賛辞になっています。

次世代が語感の響きに新しい意味付けをして頻繁に使用すれば、いつの間にか世間に根付きます。言葉は生き物と言いますが、まさにそうです。とは言うものの 最初に耳にした時には違和感があったのも事実です。(笑)

こういった言葉の世代間ギャップは、いつの世にもあるのでしょう。以前、叔父から珍しい話を聞いた時に、突発的に 「ウソッ!?」と 声が出ました。すると叔父は「ウソなもんか。」と戒めるように答えました。 私は話の内容を疑ったのではなく、「えぇ、本当にっ!」という感嘆詞的な意味合いで使った言葉でした。同世代なら普通の会話だと思うのですが、叔父は80歳を超えているので、「ウソ」という言葉に対して、私とは認識が違ったのです。「ウソ」は「嘘」で、嘘は言ってはいけないの「嘘」なわけです。

使い慣れた言葉は端的に感情を表現でき ニュアンス的にもバッチリです。多少の世代間ギャップがあっても です。そして、他県の人には わかってもらえなくても。

すっかり前置きが長くなりましたが、言葉のニュアンスなら地域に根付く方言が飛び抜けているのではないでしょうか。~という事で、土佐弁の4回目です。

【だきな】きたない。

だきな部屋や。→「きたない、散らかっている部屋だ」という意味です。整理整頓された状態からはほど遠いわけです。 いつもきれいにしておくのが理想ですが、忙しくてしばらく掃除ができておらず、最近 散らかっているな、(でも また掃除をすれば そこそこ きれいになる。) 部屋なんてのは こういった状態の繰り返しではないでしょうか。

しかし「だきな部屋」となると、掃除ができていなかった諸事情は一切許されず、掃き溜め ワースト1状態が頭をちらつきます。言葉の意味自体は普通なのに、ニュアンスがどぎついのです。友人宅に行って、ちょっと しかめっ面しながら「だきな部屋や」と言えば、友達関係 終われます。(笑)

【もぶれつく】 群がりつく、小さなものが群れている状態。

みかんや柿の木にたくさん実がなっている様を見て「もぶれつく、もぶれついちゅう」と言います。たくさん実っていれば たくさん食べられるわけですから豊かな状態、喜ばしい状態なはず。しかし、それを「もぶれつく」などと言うと、ちょっと どこか悪口? みたいな気も・・・。 土佐の先人達よ、ちょい ひねり過ぎた? でも、わかります。 「鈴なり」なんて目じゃねーぜ、やっぱ「もぶれつく」でしょ。

【ねぶる】舐める。

最近は服の袖で鼻をふく子を見かけなくなりました。同様に口元をねぶって、手のあかぎれのように、口元の皮膚が赤くひび割れている子もいなくなった気がします。かつての私自身がそうでした。意味もなく口元をねぶって、やがてひび割れてきて、口をちょっとでも大きく開けようものなら、皮膚が割れて血が出て 痛い、痛い・・・ 何が面白かったのでしょう、でも なぜか やってました。「そんなに ねぶったら いかん!」冬場、よく怒られたのでした。

3つとも、生活感みなぎる言葉を選んでみました。考えてみれば方言とは、生活の中から生まれてきたので、たくましさも感じられます。ただ残念?ながら、これら3つは ほとんど使われなくなってきています。平成の世にはそぐわないのかな。

 

第683回 「何を・誰に・誰と学ぶか」

2月11日

NLP-JAPANラーニングセンターでNLPの基礎を学んだ、10日間の「プラクティショナーコース」が終了しました。共に学んだ20名の仲間で喜び合いました。

683-2

昨年9月から月1回のペースで大阪に来て2日間の学びを重ねた中、最初は 「何を学ぶか」=NLPを学びたい!からのスタートでした。コミュニケーションはもちろん、セルフマネジメント、セラピー、カウンセリング…、思っていた以上に様々な内容が盛りだくさんで、新たな世界の広がりを実感しています。

メイン講師の田原正史さんはとても民主的な方で、「先生と呼ばないでください」とおっしゃり、受講生ができるようになることを無条件で信頼し、常に「いいですねぇ」と認め、伸ばして下さいました。そのご指導によりクラスの雰囲気がとても温かく、居心地の良いものになっていました。

「誰に学ぶか」は非常に重要です。講師によって教え方が違うので、それによって内容は同じ50のものでも傾倒すると80に上がり、反発すると20に下がることもありますよね。今回、田原さんに講師としての姿勢の学びも深めさせて頂き、大変ありがたかったです。

683-3

そして最後に「誰と学ぶか」。男性・女性・職種・役職関係なく、一人の人間として心の内を開き、話し合ってきた仲間とはかけがえのない絆が生まれました。たくさんの方々とペアやグループを組んでワークを行いましたが、お互いの目標や悩みを分け合う中で、笑ったり癒やされたり励まされたり、時には涙することもあり、心がぐっと近づきました。

講座が終了したとき、記念に修了証を持って仲間と一緒に撮った写真です。その中の1枚が、証書が逆さまになっていて、大笑いしました。いかにもウッカリな私らしいでしょ。(自慢してどうする!)

683-1

私はニックネームが「ジェーン」だったので、(笑) 「ジェーンさんの声に癒やされました」「ワークの時、安心して身をゆだねられました」とか嬉しい言葉を一杯頂きました。仕事で疲れて来阪して、元気になって高知に帰るのが常でした。139期の皆さん、本当にありがとうございました!

IMG_3106

「何を学ぶか」は選べますが、「誰に学ぶか」は選べないことが多いですよね。まして、「誰と学ぶか」は完全に運の世界です。でもとても強運の私、本当に神様に感謝しています。

今後は、「NLPプラクティショナー」(実践者)の名前に恥じないように、精進しなければいけませんね。今月末から2ヶ月に一度、全部で12日間の上級編「NLPマスタープラクティショナーコース」が始まります。優しい仲間は「ジェーンさんが大阪に来る時に合わせて飲み会しよう」と言ってくれています。すごく、楽しみ~♪

そしてプラクティショナーコースで学んだ中の、LABプロファイル(言葉と行動分析)をより深めようと決めました。12の質問から相手の分析ができるもので広くビジネスで活用できるため、研修のニーズも高いんじゃないかな。
そう、…今年は学びの年です!

 

第682回 「厳しさの役割」

2月4日

f61518a4336f274d68b9ce34090c8725_s

最近、入社3年以内で半数がやめると言う高校生の早期離職を防止するための取り組みが色々と行われています。私が就職講座で伺っているある高校でも、入社前のこの時期に2日間のビジネスコミュニケーション講座のご依頼を頂きました。

現在、新たな高校の就職講座のご依頼は多忙のため辞退させて頂いているのですが、こちらの高校だけは先生と生徒の皆さんがとりわけ熱心でいらっしゃるので、もう10年ほどご縁を続けさせて頂いております。

ところが今回 1日目の講座の途中、最前列の男子生徒が居眠りをしていました。学校の先生に注意されて起きたのですが、しばらくするとまたウトウト…。なんでもこの日は学期試験の最終日だったとのことで、きっと遅くまで試験勉強をしていたのでしょう。

でも、講座内容は「入社してからのビジネスコミュニケーション」についてです。居眠りはもっての外、仕事では通用しません。私が注意すると彼は「すみませんでした」と座ったまま言いました。これはお詫びの実地訓練として、良い機会です。

まず、「お詫びというものは立ってするものです。立ちなさい」と言い、「すみません、はお詫びの言葉としては軽すぎます」と指導。

①まずお詫び。「申し訳ございません。」の言葉を使うこと
②それから なぜこうなったかの説明をし、
③最後にきちんとおじぎをすること

を教えました。彼は素直に実践したので、それで良しとしました。

ところが彼は、最後30分のところで、三度めの居眠りをしたのです。瞬間、これは厳しく指導すべきだと思いました。「◯◯君、寝るんだったら出て行きなさい!」とピシャリと言いました。彼は呆然としていましたが、どうしたら良いかわからなかったのでしょう、再度の「出て行きなさい!」に気圧されて荷物をまとめ、すごすごと出て行きました。

講座後彼には就職アドバイザーのYさんを通じて、明日の講座前に原稿用紙2枚の反省文を提出し面談することを、敬語のテストの課題と同時に伝えたのでした。

私は最近、注意したことに対し「ただ単に頭を下げて形式としてお詫びすることで許す」というのは何か違うんじゃないかと違和感を覚えるようになりました。そこで、講義を休んだり注意されたことをくり返したりで叱る場面では、あえて厳しめのペナルティーを与えるようになりました。どうも、そういう厳しさの役割が回ってきている感じがするのです。

そして2日目。講座開始前にYさんが彼の反省文を持ってきて下さいました。入室してもらうと彼は、昨日教えたとおりにきちんと立って「昨日は、申し訳ございませんでした!」と深々とおじぎしました。

「先生にああやって言われた時も、本当やったらお詫びの言葉をちゃんと言わないといけないのに、言えませんでした。本当に申し訳ありませんでした」ときちんと謝ってくれました。そのまま、反省文を読んでもらいました。

一番後悔したことは注意されて出て行けと言われた時に、何も言わずに出たこと、一言でもお詫びの言葉を出していれば…、と綴っていました。

さらに、「自分のしたことで高校の皆にも迷惑をかけてしまったことがわかり、それは講座で学んだ問題のある新入社員の事例と同じと気づいて申し訳ない気持ちで一杯になった」と言ってくれました。そこまで気づけば上等です。

あと1ヶ月で社会に出て行く彼は、もう二度と同じ失敗はしないでしょう。素直なお詫びの言葉を聞けて、私も嬉しくなりました。

「今日は真面目にやりますので、先生、見ていて下さい。」
「わかった、じゃあ見てるからね!」

彼は本当にその後は最前列で眼をランランと輝かせながら、受講してくれました。「人は、壁にぶつかるからこそ成長する」ことを実感しました。2日間の講座の締めで、彼を指名しあいさつをしてもらうと、みんなに「昨日は本当に申し訳ございませんでした。」と頭を下げ、私にも改めて頭を下げました。

キッパリとしたその態度は逆に好感を覚えたくらいです。「失敗した時に逃げずにちゃんと責任をとることが大事なんだ」と、同級生達にも学びになったことでしょう。彼は潔く頭を下げて、男を上げたのです。

最近は、大人でも謝り方を知らない人が多くなっています。
人間、誰しも長く生きていると何らかのミスをしてしまうものです。その時に、どう謝るのか?それこそ、人間力が問われる課題なのですね。私自身も、他山の石(自分の修養の助けとなる他人の誤った言行)とします。