第659回 「明治村②」

8月23日

前回に引き続いて、明治村の近代建築のご紹介です。
(写真はクリックすると大きくなります)

博物館明治村は明治時代の文化財が取り壊されていくのを惜しんで、昭和40年に開村しました。最初は15件だったものが、現在では国の重要文化財10件を含む67件になり、敷地も当初の倍、100万平方メートルに広がっているそうです。私が前回行ったのが昭和51年でしたから、そりゃあ変わってるはずですよね。(笑)

659-0

建造物はただ単に移築するだけでなく、文化財としての価値が最もよく発揮されるように配置され、周囲の庭園や植樹なども配慮して村の環境を創作しています。歴史資料の展示はもちろん、実際に当時の電車やバスを走らせているのは、その頃の生活をできるだけ体感できるようにとの配慮でしょう。

1

こちらの建物は、内閣文庫。明治44年、皇居大手門内に明治政府が、中央図書館として建てた内閣文庫庁舎の本館です。石とレンガ造りのルネッサンス様式で、手前の豪華な電灯は、明治26年頃に皇居正門前の石橋に設置されたものです。

659-5

正面には高さ7mの4本の円柱と2本の角柱があり、古代ギリシャの神殿を思わせるデザインです。

659-2

玄関部分も優美な線で構成されています。

659-3

この建物の隣には、ちょっと変わった形の建造物が遠くからも見えました。なんだかミステリアスな雰囲気。

659-8

こちらは、川崎銀行本店です。時代は少し新しく、昭和2年に建てられました。銀行は当時は日本銀行を始めあちこちに素晴らしい近代建築を造りましたが、ここもその内の一つです。

東京の中心地、日本橋のシンボルだったこの建物は、昭和61年、ビル立て替えのため惜しくも取り壊され、正面左側角の外壁部分が明治村へ移築されました。後ろ側から3階の展望部分に上がることができます。

659-6

ところで明治村の中には、現役の郵便局もあります。

659-11

明治42年に現伊勢市に建てられた、宇治山田郵便局です。玄関脇には明治20年代の黒い郵便ポストが復元され、現在も利用されています。

659-12

天井はドーム型です。

659-13

窓口で明治村の記念切手を購入しました。

最後はこちら。聖ザビエル天主堂です。
明治23年の建築で、昭和48年に移築されました。

659-9

高校生の頃見た時は白亜の教会で、それはきれいでした。
年月の流れを感じますが、中に入ると…

659-10

たまたま西日が差してステンドグラスの色が床に映り、 時の流れが一瞬に思えて、クリスチャンではない私もなんだか荘厳な気分になりました。

659-14

短時間でしたが本物の近代建築を満喫でき、幸せな時間でした。
次の機会があれば、もうすこしゆっくり見て回りたいものです。

 

 

第658回 「明治村①~帝国ホテル」

8月15日

ホームページが新しくなったら大きな写真が載せられるので、それから書こうと温めていたテーマがあります。近代建築シリーズです。

今春仕事で名古屋に行った時に、強行軍で2時間だけ明治村に行きました。

高知-名古屋の航空便は1日1便。午後2時に着き、明治村には3時過ぎに。閉館は午後5時。時間節約のためタクシーで、正門ではなく駅に近い北口から入りました。明治村はバスが走るほど広く、行きたかった建物が北に集中していたためですが、北口にはロッカーがなかったのです。お陰で効率良く見られましたが、キャリーバッグをゴロゴロ引っ張りながら見て回る羽目に…。(笑)でも高校の修学旅行以来数十年ぶりに、懐かしく建築を見られました。

少しご紹介しましょう。(写真はクリックすると大きくなります)

1

北口を入るとすぐ、SLの東京駅があります。この汽車はNHKの朝のドラマ「花子とアン」にも登場していましたっけ。

2

そして、ここに来たかった!帝国ホテルの中央玄関です。
以前は中には入れなかったので。

3

こちらはアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトが設計し、大正12年(1923年)8月に完成した石造りのホテルです。92年も前なんですよ?

しかも、9月1日の披露式の当日になんと関東大震災に見舞われましたが(!)周辺の多くの建物が倒壊する中で、ほぼ無傷だったそうです。その歴史だけで圧倒されそう。

9

石造りの玄関。どっしりとした風格があります。建物には、日本の大谷石を多用しています。

4

玄関をくぐると、左手には、フロント。すべて石造りなので、冬はさぞかし寒かったことでしょうね。

5

正面すぐに階段があります。天井は低く、豪華な赤いじゅうたんが鮮やかです。

6

低い天井の階段を抜けると…

7 

芸術的で、伸びやかな空間が広がっています。

IMG_5722

この飾り柱は、日本の行燈(あんどん)をイメージして作られたそうです。
ぜひ大きくして石の質感、光と影の共演をご堪能下さい。

10

11

とにかく、どこを切り取っても美しい。言葉を必要としません。

12

13

この椅子は、ライトがデザインしたものだそうです。現代にも通用する造形を見ると、本物は時を超えて存在するのだなあと感じ入りました。

15

14

時間がなくて、2階のカフェでお茶を味わえなかったことだけが心残りでした。でもこの照明の影さえ、どこか懐かしく感じます。こうした古い建物って、どうしてこうも心が落ち着くんでしょうか?不思議です。

次回も、明治村の建築をご紹介します。

第657回 「本物のスゴミ。」

8月9日                  (中村 覚)
今、高知県立歴史民俗資料館で「小さいもの見~つけた! 海洋堂のニッポン・ミニチュアカタログ」 が夏の企画展として9月6日まで開催中です。海洋堂と言えば、お菓子のおまけ(動物フィギュア)が大ヒットを記録して以来、すっかり有名になりました。

現在も小さな動物から版権を有するキャラクターのフィギュアまで幅広く手掛けています。 会場の2Fにはこれらの商品が展示されていますので、夏休みの子供たちの目を引くこと請け合いです。(写真はクリックすると大きくなります)

1

そして1Fでは少し趣向を変えて、海洋堂所蔵のミニチュアの歴史とも言うべき珍しい物も展示しています。昔の人々の暮らしに密接した道具類のミニチュアや暮らしの風景のジオラマの数々。

本来、こういった物はエンターテイメントとは離れた存在だと思いますが、全くそんなことはありません!ちゃんとエンターテイメント、してます。今回の企画展のメインは、実はこっちなんですよ。(笑)それでは どうぞご覧下さい。

2

まずはこちら。江戸時代以来の職人さんの道具類をセレクションしたものです。鑿(のみ)、鋸(のこぎり)、鉋(かんな)など様々な物が収められています。

驚くのは、同じ道具でも 微妙に形状の違う物も集めていることです。用途によって使い分けされていた技術のこだわりを垣間見ることができます。

そして これらのミニチュアが畳に飾り付けされていることにも驚きました。雰囲気が抜群なんです。

3

続いて こちらは日本の小物類を集めたもの。 うちわ・和傘・下駄・足袋などなど。華やかさを感じます。

4

ところで、これらのミニチュアは海洋堂の所蔵品ですが、海洋堂が引き継ぐ前は、映画俳優の今清水英一(いましみずえいいち)さんのコレクションでした。

今清水さんは大正13年生まれ。時代が変わっていく中、日本の古い文化が消えていくことに危機感を持ったことが、ミニチュアを集めるきっかけに。 既存の品を集めるだけではなく、わざわざ職人さんに頼んで作ってもらった物も多数。 できあがりが気に入らなければ何度でも作り直してもらう凝りようだったそうです。

5

実物の素材を使っているため包丁の中にはサビたりしているものもありますが、だからこそ本物の持つスゴミが迫ってきます。

6

50年もの歳月をかけてのコレクションです。一つ一つの「小物」と言うよりも「道具」の作り込みが、その年月を感じさせます。

7

こちらは今回の企画展のパンフレットの表紙にもなっている能面のセレクション。2つの大きい面は右が山姥(やまんば)、左が小面(こおもて)、共に実物大です。私は今まで、女性の顔をしたこの小面のことを能面だと思っていました。違うんですよね、能面の種類の一つに小面があるんです。皆さん、ご存知でした?(笑)

8

こちらは、纏(まとい)。 江戸時代の町火消(まちひけし)がそれぞれの組の目印として使用したもの。今清水さんが最初に収集したのがこの纏のミニチュアだそうです。

10

これは、江戸の看板。当時 遠くからお店を見た際に、暖簾(のれん)だけでは何のお店か わかりにくい、と言うことで、立体物の看板を出すようになったそうです。形や絵柄で、何のお店か だいたい見当が付きます。

9

こちらは急須・鉄瓶。 作品の質感に特に感じ入ったのは これが一番だったかもしれません。

江戸時代の屋台のジオラマもあります。

11

今回、ご紹介したのは展示品のほんの一部分です。是非とも会場でゆっくりと、そして少しでも多くの方に見て頂きたいです。 物の存在感や存在価値、そして たどってきた歴史をエンターテイメントとして楽しんでもらえると思います。