第667回 「土佐弁シリーズ①」

10月17日          (中村 覚)

万々 → 薊野 → 一宮 → 岡豊
いきなり何の羅列か疑問に思われるのではないでしょうか。

実はこれ 自宅から祖母の家までのコースを大ざっぱに地域順に書いたものです。 高知市在住の方なら この4つの地名、すぐに読めると思いますが、これらは県外の方からすると 読めない地名らしいのです。

万々(まま)、 薊野(あぞうの)、 一宮(いっく)、 岡豊(おこう) ですが、パソコンに打ち込み変換して出てきたのは薊野だけでした。暮らしに溶け込むと当たり前のことでも、一歩キョリを置き 違う目線で見ると 「?」 ということがしばしばあります。 こういった地名もそうですが、やはり代表格は方言ではないでしょうか。ということで、今回は方言=土佐弁を取り上げてみたいと思います。

ただ 私も土佐人ではありますが、歴史ある土佐弁をただただ自分の思い込みだけで書くのはイカン(いけない)と思い、今回、参考にさせてもらったのが こちら。 「土佐弁さんぽ」 (著者:竹村義一、昭和60年刊)。 あ行~わ行までの約165個の土佐弁の意味とその例文を収録しています。

K0010746

それでは、まずは祖母の思い出とからめて。

【ズツナイ】  どうにもしようのない、つらい せつない。
何か考え事や心配事をしている時、祖母は「もう ズツナイ」 と言っていました。 祖母の様子や言い方から 「つらい」 という意味とわかっていました。

そして祖母は「ズツナイ」以上につらそうな時に使ったのが「エズラシー」でした。めったに言いませんでしたが「もう ○○のことを考えると本当にエズラシー」という具合です。 「ズツナイ」よりもワンランク上の悩みが発生した時です。

【エズラシー】 ひどく困惑した状態の中で、つらい せつない思いをする。

これら「ズツナイ」や「エズラシー」は、言葉の響きや字面にインパクトがあります。 しかし、言ってた本人(祖母)はそれ程 悲愴感たっぷりでもありませんでした。 土佐弁って、表現がオーバーなんですよね。(笑)

次は【ゾーモム】。(注:象を揉む、意味ではありません。 どれだけ握力あっても足りません。)忙しい思いをして気をもむこと。
「ゾー」=「臓」。 心臓や肝臓に始まり、五臓六腑を含む内臓の諸器官を総称した意味。

「たかでたまぁるか、ゾーもんだねえー」
(実に大変だ、気をもんだねえー)

2年程前、関東出身の方と話していた時です。その方が仕事で大変なピンチに陥り、多数の人の協力により 何とか無事に事なきを得たという話題になりました。 私もすっかり感情移入して、「無事に済んでよかった、本当に大変でしたね」という思いになり、瞬間 口から出たのが「それは、本当にゾーモミましたね」。

空気は静まり返ります。 会話を円滑に進めるため、なるべく標準語を使いイントネーションにも気を付けていたのに、「ゾーモム」はないでしょうよ・・・。

では最後に、比較的有名な土佐弁を一つ。なぜ有名かというと坂本龍馬が発した言葉だからです。関連するドラマや映画をご覧になった方は、聞き覚えがあるのでは?

【ホタエル】  ふざけて人を押し倒したりして騒ぐこと。

龍馬暗殺のクライマックス・シーンです。近江屋で 中岡慎太郎と2人でいる時に、部屋のむこうからドタバタと音が聞こえてきます。 まさか自分の命を狙いに来た刺客によるものとはつゆ知らず、龍馬は音のする方に「ホタエナ!(騒ぐな)」とたしなめるように言い放ちます・・・。 そしてその後、ご存知のように33歳で人生を終えます。

土佐人なら子どもの頃、遊んでふざけている時に親から「ホタエナ」「ホタエナサンナ」などと言われた経験があるのでは?

まだまだご紹介したい言葉はたくさんあり、例えば「タカデ タマルカ ヤチガナイ」 「ドレバー コレバー モウビット」などほとんど呪文に近い響きです。
続きは、また次の機会によろしくお願いします。

第666回 「NLP、学び始めました」

10月10日

この秋から、新しい学びを始めました。

666-2

私の周りの講師仲間はとても勉強熱心で、アンガーマネジメント、心理カウンセラー、タッピングタッチなど色々な学びを深めています。そういう仲間といると刺激を受け、(私ももう少し、何か学ばなければ…)と数年前からずっと思っていました。「学ぶとすれば応用範囲が広い心理学で、交流分析とは別角度のものがいいな」と色々と調べ、NLP(神経言語プログラミング)を学ぶことに決めました。

NLPは1970年代にアメリカで開発された、言語学と心理学を組み合わせた実用的な学問です。当時有名だった3人の天才セラピストの思考・行動・コミュニケーションパターンを分析・モデル化したものです。NLPを使うと即効性があり自己実現にも効果が高いということで、医療からビジネスまで広く応用されています。様々な組織がありますが、ビジネスに強いということでNLP-JAPANラーニング・センターを選びました。

基礎コースとも言える「NLPプラクティショナーコース」は10日間。高知ではやっていないので一番近い大阪まで、土日×5回で通うことになりました。ところが、自分の仕事のスケジュールとことごとく重なり、半年も待つ羽目に。(笑)

そして待ちに待った、初回の研修(1日目と2日目)。仕事続きで体調が悪かったのですが、わかりやすい学びとワークが満載で向学心が刺激され、ワクワク。「学ぶってたっのし~い!」「こういう心理学が学びたかった!」とすっかり元気になりました。

ラポール(信頼の架け橋)を作るための技法、自分の感覚で優位なものは何か、自己重要感を満たすためには、自分の価値観の探求など、盛りだくさんでした。

講師は田原正史さん。30代後半の男性の方で整体師さんでもあり、接骨院の経営をなさっているとか。穏やかで物腰も柔らかく、心もときほぐされました。理論も学ぶけど、ワークが多いのがすごく良かったです。腑に落ちるし、自分には合っていると思いました。

ペアやグループでのワークが多くあり、仲間意識も高まります。主体的で穏やかな方が多く、どなたと組んでも和やかな感じだったので、場の雰囲気も最高でした。

学びに来ていた仲間は30名弱で、サラリーマン、OL、歯科医、医学生、専業主婦、自営業の方など実に様々。さすがは自己開示の早い関西圏の皆さん、1日目夜の懇親会で早くも盛り上がり、親近感がグッと増しました。(笑)

私は「メンタリスト」という心理捜査ドラマが大好きなのですが、主人公の名前がパトリック・ジェーンと言います。被疑者に突飛な質問をして、その反応から「彼女は親のことを訊いたとき、右を見ていた。だからちゃんと○○を思い返してたんだ」などと当てていくのに、「この人、絶対NLPを使ってる!」と思ったのですが、その通りでした。アイ・パターンという眼の動きで、脳が「記憶された視覚イメージにアクセスしている」などと読み解けるんですって。

「ジェーンみたいに心理を読みたい」というのも学ぶ動機になり、講座での私のニックネームは「ジェーン」にしました。するとある方が「ハーフですか?」と訊いてこられ、ウケました。(笑)

2日目は飛行機の最終便に乗るため、少し早く出て急いで飛行場に向かいました。折しも中秋の名月で、飛行機と月の共演が印象的でした。

666-1

次回は11月末です。1月には言葉だけで人に影響を与え、人を説得できるようになる「LAB プロファイル」の資格認定試験(!)もあるそうです。

来年2月までコースが続くので、これからが楽しみです。

 

 

第665回 「土佐の日に見たプロ意識」

10月3日

10月3日は10(と)3(さ)で、土佐の日。以前ご紹介したように、 絶好の秋晴れの日、第2回目の「高知家の大家族会議」が行われました。私もパネリストとして、参加させて頂きました。

665-5

開催1時間前に行われた打ち合わせ。11人のパネリストが初めて顔を合わせ、高知大副学長の受田先生が進行を確認していきます。一人5分の持ち時間で「高知の幸せについて話す」こと、話す順番などを確認していきました。

開演15分前、「この会議のまとめとして、GKH(高知県の幸福度を考える県民会議)を可視化しよう」という話になり、受田先生が「マンガ家スター」くさか里樹さんに「今日の会をマンガで描いて下さいませんか」というまさかの無茶ぶり!ええー?15分前にいきなり!?それを「いいですよ」と軽く受けるくさかさん。スゴ過ぎます…。「何に描きますか?大きな紙もないし」「ホワイトボードならありますよね」という怒濤の展開に、くさかさんのプロ意識を感じました。

前半の高知家の家族会議会長や知事のごあいさつ、家族会議の紹介・報告の後、いよいよ後半のパネルディスカッションへ。

665-6
皆さんそれぞれの「高知家のしあわせ」についてのスピーチは感動しました。

「中山間スター」桐島正一さんの「人の役に立って死ねると幸福だと思う」というお話、「高知商業スター」の女子高生、松藤江巳吏さんと山本楓佳さんのラオスとの交流を通じて幸せを再確認したお話、「龍馬が好きすぎて移住しちゃったスター」吉冨慎作さんは、移住してシシ肉ドライブスルーを経験したお話。(車で通っていると「シシ肉いるかえ?」と窓からいきなり肉の塊をもらった話)から、幸せは測るものではなく気づくものだ、ということ。

「土佐は人間のエネルギー値が高い」(マンガ家スター・くさか里樹さん)とか、「一生幸せになりたかったら高知へ」(釣りバカ移住スター・黒笹慈幾さん)とか、素敵なフレーズもたくさん伺えました。

私の提案は、毎月22日を「笑顔の日」にしましょう、ということ。たとえばあいさつ、親切、おもてなしなど、自分も相手も笑顔になれるようなことを1日最低3つする。みんなでやったら、高知は笑顔があふれ、幸せが高まりますよね。「ニンニン」で22日なんてどうでしょうか?月に1回やると、かなり効果が高まるのではないかと思うのですが。(笑)

さて、討論会も終わりに近づき、くさかさんがその場で描いてくださった絵をご披露なさいました。

「GKHとは?」

665-3

665-4

くさかさ~ん、高知家の皆さんの議論を、よく捉えて下さいました。スター眼鏡が効いてます。(掲載許可もありがとうございました。)

665-7

それにしてもたった10分かそこらで、このクオリティ!今日お越し下さった方々はめったに見られないマンガ家さんの仕事ぶりも生で見られたわけですね。

なんだかとっても幸せな気分が高まった、土佐の日でした。