第665回 「土佐の日に見たプロ意識」

10月3日

10月3日は10(と)3(さ)で、土佐の日。以前ご紹介したように、 絶好の秋晴れの日、第2回目の「高知家の大家族会議」が行われました。私もパネリストとして、参加させて頂きました。

665-5

開催1時間前に行われた打ち合わせ。11人のパネリストが初めて顔を合わせ、高知大副学長の受田先生が進行を確認していきます。一人5分の持ち時間で「高知の幸せについて話す」こと、話す順番などを確認していきました。

開演15分前、「この会議のまとめとして、GKH(高知県の幸福度を考える県民会議)を可視化しよう」という話になり、受田先生が「マンガ家スター」くさか里樹さんに「今日の会をマンガで描いて下さいませんか」というまさかの無茶ぶり!ええー?15分前にいきなり!?それを「いいですよ」と軽く受けるくさかさん。スゴ過ぎます…。「何に描きますか?大きな紙もないし」「ホワイトボードならありますよね」という怒濤の展開に、くさかさんのプロ意識を感じました。

前半の高知家の家族会議会長や知事のごあいさつ、家族会議の紹介・報告の後、いよいよ後半のパネルディスカッションへ。

665-6
皆さんそれぞれの「高知家のしあわせ」についてのスピーチは感動しました。

「中山間スター」桐島正一さんの「人の役に立って死ねると幸福だと思う」というお話、「高知商業スター」の女子高生、松藤江巳吏さんと山本楓佳さんのラオスとの交流を通じて幸せを再確認したお話、「龍馬が好きすぎて移住しちゃったスター」吉冨慎作さんは、移住してシシ肉ドライブスルーを経験したお話。(車で通っていると「シシ肉いるかえ?」と窓からいきなり肉の塊をもらった話)から、幸せは測るものではなく気づくものだ、ということ。

「土佐は人間のエネルギー値が高い」(マンガ家スター・くさか里樹さん)とか、「一生幸せになりたかったら高知へ」(釣りバカ移住スター・黒笹慈幾さん)とか、素敵なフレーズもたくさん伺えました。

私の提案は、毎月22日を「笑顔の日」にしましょう、ということ。たとえばあいさつ、親切、おもてなしなど、自分も相手も笑顔になれるようなことを1日最低3つする。みんなでやったら、高知は笑顔があふれ、幸せが高まりますよね。「ニンニン」で22日なんてどうでしょうか?月に1回やると、かなり効果が高まるのではないかと思うのですが。(笑)

さて、討論会も終わりに近づき、くさかさんがその場で描いてくださった絵をご披露なさいました。

「GKHとは?」

665-3

665-4

くさかさ~ん、高知家の皆さんの議論を、よく捉えて下さいました。スター眼鏡が効いてます。(掲載許可もありがとうございました。)

665-7

それにしてもたった10分かそこらで、このクオリティ!今日お越し下さった方々はめったに見られないマンガ家さんの仕事ぶりも生で見られたわけですね。

なんだかとっても幸せな気分が高まった、土佐の日でした。

第664回 「安芸市の美味なパスタ」

9月25日

安芸市においしいイタリアンレストランができたらしい、という噂を聞きつけて過日、行って参りました!店名もノリノリな「伊太利亜食堂 リンダリンダ」。(写真はクリックで大きくなります)

664-1

お昼はすぐ一杯になるので、一番乗りで店内写真を撮らせて頂きました。テーブル席が5つ(1つは座敷)とカウンター2席、全18席のこじんまりとしたお店で、7月21日にオープンしたばかりらしいです。豊かな食材に恵まれた安芸ならではのイタリア料理店を目指しているとか。

664-2

高知県東部にはイタリアンのお店は少ないので、嬉しい限りです。女性のお客さまに混じって、地元のおじさんや高齢者のご夫婦とかがいらっしゃるのが安芸らしくて、微笑ましい。(笑)

664-3

パスタランチはサラダ、パンかライス、ドリンク付きで850円。
こちらは「白身魚と水菜のスパゲティ」。お魚はシイラでした。
後半はレモンをかけて、よりサッパリと♪

664-4

「豚肉ラグーソースのパッパルデッレ」
きしめんみたいに太い麺とソースがからまって、絶妙です!

664-5

こちらは「ワンプレートランチ」1000円。 スープ、ライス、お総菜2種、ドリンク付き。この鶏もパリパリでおいしかったけど、アンチョビ入のポテトサラダも後を引く美味しさでした。

664-6

料理って写真を見れば美味しさは推測できる所がありますよね。

夜は17時半から21時まで営業しているそうです。きっと雰囲気がガラッと変わるのでしょうね。ちょっとそれは味わえないけど、
東部方面に行く時の楽しみが増えた、嬉しい味でした。

664-7

伊太利亜食堂 Linda Linda

高知県安芸市本町3丁目1-8

TEL:0887-37-9807

営業時間 11:30~14:00, 17:30~21:00

664-8

 

 

 

 

第663回 「笑いと意識」

9月19日          (中村 覚)

先日、本屋さんで日本のお祭りについて書かれた「奇祭」という本を手にしました。題名の通り、日本全国で行われている祭りの中から一風変わったものをいくつか紹介しています。 その中に、“笑いのお祭り”というのがあり、 和歌山県のとある神社では顔を白く塗って頬に赤字で「笑」と書いた人物が、無理やり笑いを振りまきながら(何か笑える理由があるわけでもないのに) 地域の方や見物人を巻き込んで練り歩くそうです。

IMG_1757

著者はこの祭りの一連の流れを紹介した後、お祭りと笑いの関係性について語ります。そこで登場するのが天照大御神(あまてらすおおみかみ)の話。太陽神である天照大御神は天岩戸に隠れるのですが、外から八百万(やおよろず)の神々の笑い声がする! 「おかしい、外は真っ暗なはずなのに、何故 笑い声が?」と怪訝に思い、岩戸を開けて外を覗いてしまいます。結果、世界に再び光が戻ったという話ですが、このように“笑い”は神話の世界から重要視されていたというのです。

なるほど、今まで“笑い”というものをこういった角度で捉えたことがなかったので、その歴史の古さ(?)にガッテン。

そして笑いの効用へと話は続きます。笑うと気分が明るくなったり、リラックスしたり、体の免疫力がアップしたりなど、これを科学的に説明すれば笑うことで脳内にβ(ベータ)エンドルフィンが分泌されるので、幸福感が得られるのだそうです。

はて? βエンドルフィン? どこかで聞いたような気も・・・。ちょっと 調べました。このβエンドルフィンとは神経伝達物質のエンドルフィンの一つです。 鎮痛効果や気分の高揚、そして多幸感が得られることから脳内麻薬とも呼ばれているそうです。どうりで、笑えば楽しい気持ちになり どことなく充実した気持ちになるわけですね。

そして著者いわく、この笑う事で出ているβエンドルフィンは祈りの時にも出ているというのです。 つまり “笑い” も “祈り” も行き着く先は同じということ! 私はこのことに驚くと同時にとても納得しました。

祈りと言うと 日頃の生活からちょっと離れた感じもするので、私はこれを勝手にお参りと解釈しました。お参り となれば、神社、仏閣へのお参りや先祖のお墓参りを連想すると思います。 あのお参りをすませた後のさっぱり感や充実感は、βエンドルフィンのおかげだったのかと、長年の疑問(?)がフッ飛びました。

目を閉じて掌を合わせ 意識を集中すれば、体内で何かしらの変化がある、このことを昔の人は感覚的にわかっていたのでしょう、多分。それを今の時代、科学的に説明すればβエンドルフィン云々ということになるわけで・・・ でも 言ってしまえば、こんなのは感覚の後付けです。 そう考えると人間の感覚って、スゴイッ! 一人、一人、みんなが良いもの、持っているわけです。

ところで 皆さん 「マインドフルネス」 という言葉をご存知でしょうか。 日本で言うところの瞑想に近いものだそうですが、アメリカの研究者が座禅に注目し、集中力を高めたり ストレスを緩和させたりするためのスキルとして提案したものです。目をつむり座って自分の呼吸に意識を集中する。 結果として 雑念が去り、記憶力や免疫力が上がるということからストレス対処法として、医療、教育、ビジネスの現場で取り入れられているそうです。

人間の意識や感覚を科学的に説明できるようになったことで、(もちろん、全てではないと思いますが)自分自身の内なるものを大切にする時代に、もっともっとこの先 なっていくのではないでしょうか。それは良いことだと私は思います。