第672回 「神戸居留地の近代建築①」

11月21日

神戸は異人館など、有名な近代建築のメッカです。

実は神戸に泊まった時、ホテルのすぐ近くに近代建築がたくさんあるのを見かけて、早速撮影に出かけたのでした。旧居留地と呼ばれていた場所の最南端、海岸通り沿いです。わずか500mくらいの圏内に近代建築が並んでいる様は壮観でした。
(写真はクリックで大きくなります)

672-1

↑国道2号線のメリケン波止場前にある、神戸郵船ビル。大正初期に建てられた、日本郵船の神戸支店だったビルで、現在は紳士服のお店です。1945年の神戸空襲で焼けたそうですが、戦後改修工事をし、1994年(阪神大震災の前年)に耐震補強工事をしていたため、ほとんど地震による被害はなかったそうです。なんてラッキーな建物でしょう!

672-2

↑通りを挟んで東には、海岸ビル。(旧三井物産神戸支店)。阪神大震災でほぼ全壊しましたが、外壁を残して再建されました。

672-3

そのため、中は現代的にこうなっています。

このビルのすぐ東隣にあるのが・・・

672-4

↑まるで貴婦人のように優美な、商船三井ビルディング。大正11年生まれ(と呼びたいくらい美しい)。当時は珍しい地上7階建てで、大正期の大規模オフィスビルとして現存するものはこれだけだそうです。

672-5     672-9

関西の商業ビルを数多く手がけた近代日本の建築家・渡辺節(わたなべ せつ)氏の設計です。

672-8

672-7

現在、1階には大丸神戸店のインテリア館やアンティークショップが入っています。

672-6

横顔もなんて美しいんでしょう!
ここに会えただけで、神戸に来た幸せを感じられたのでした。

 

第671回 「ホテルオークラ神戸のユニバーサルルーム」

11月14日

車いすの長女を連れて家族で旅行をする時には、ホテルのユニバーサル(バリアフリー)ルームの情報収集が不可欠です。でも、意外にネットにもそういう情報って少ないんですよね。いつも苦労しています。

ということもあり、忘れていましたがこの夏、家族旅行をした際のユニバーサルルームのことを書いてみます。神戸に行ってみようか?ということで、ネットでユニバーサルルームを調べ、ホテルオークラ神戸が良さそうだと予約しました。

家族4人を乗せた車いす仕様のボクシーは、高速道を5時間ほどひた走り、明石海峡大橋を渡って、神戸へ。私の大学は神戸の近くだったんですが、神戸に行くなんてもう20年ぶりくらいでしょうか。懐かしい思いで神戸に降り立ちました。

671-1 (写真は クリックすると大きくなります)

車いすの乗降後、ボクシーをパーキングタワーではなく玄関横に駐めさせて頂けて、本当に助かりました。

671-2

私たちが泊まったのは、22階のユニバーサルルームです。1室は3名まで宿泊可能ということですが家族4人のため、ユニバーサルルームとつながっているコネクティングルームのツインと2部屋を予約しました。

671-3  671-9

長女の車いすはリクライニング型で大きいため、ホテルの部屋で取り回しに苦労することも多いのですが、さすがはホテルオークラ。37平方メートルのゆとりある設計で楽々でした。

671-4 671-8

ベッドの間って狭いものですが、ユニバーサルルームは広めで車いすも入るため、とても助かりました。

671-5

トイレは引き戸仕様です。ここの入口幅は80cm。

671-6

手すりは両側で可動式。

671-7

お風呂用のチェアーもあります。長女は全介助なので使いませんが。

671-11

客室入り口の幅は85cm。クローゼット付近も、幅60cmの車いすが通っても、これだけゆとりがあります。これは心のゆとりにもつながります。

671-10

こちらはコネクティングルームのツインです。

671-12 671-13

22階なので、眺望も素敵でした。玄関からすべてバリアフリーで、レストランや買い物にもストレスなく移動できることはありがたいことです。スタッフの接遇も、さすがでした。

そうして神戸の散策や近代建築も楽しんだのですが、そう遠くない将来 次女も結婚することを考えると、家族みんなで行ける旅行は、あと何回あることでしょうか?
そう考えると、家族のメモリアルの貴重な1ページとなりました。

第670回 「さよなら、療育福祉センター」

高知市若草町にある、高知県立療育福祉センター。昭和31年に「県立整肢子鹿園」として開園し、昭和39年に「県立子鹿園」と改称。平成11年に6機関を統合し、「高知県立療育福祉センター」と改称されました。心身の発達に障がいのある子供たちの医療、福祉、相談等の必要な支援を行っている施設です。(下の写真は北口。写真はすべてクリックすると大きくなります)

670-1

昭和61年生まれの長女、涼歌(すずか)は4歳から24年間、ずっとこちらのリハビリに通ってきました。保育園の頃、大腿部の腱を切る手術もこちらで受けましたし、言語療法も4歳から2年ほど受けていました。(下の写真は南口)

670-2

20年以上ずっとお世話になってきたリハビリの嶋田先生がこのほどご退職になり、それに伴い来年から彼女のリハビリは、南国市の重度心身障害者施設「希望の家」に変わることになりました。

偶然ですが、療育福祉センターもこのほど建て替え工事をすることとなり、昭和50年に建てられた本館は近々、取り壊しをされるようです。

670-3

そして実は、中村も4歳から3年半、子鹿園に入所していたのです。幼い頃だったので、家に帰りたくてたまらなかったと聞いたことがあります。同時期には、ソプラニスタの岡本知高さんもいらっしゃったとか。そんなわけでここは、人・みらい研究所にとっても思い入れのある場所なのです。

670-4

受付付近。夏休みの期間とかはごった返し、待ち時間が長くて大変だったことを懐かしく思い出します。

670-5

遠隔地の子どもはリハビリなどの訓練に通えないため、お母さんと一緒に短期間入所する、「母子入園」をしていました。左の窓はそのための「母子棟」の部屋の窓です。

670-6 670-7

中庭。中村曰く、「昔はここに保育園の砂場があった」そうです。ピンクのブーゲンビリアの花も、長年咲いていましたっけ。

670-8

20年通った、リハビリ室の中です。たくさんの道具が並んでいます。

670-9

次女が幼かった頃は、おもちゃが一杯あるここは天国のようで、一緒にリハビリに来ては喜んで遊んでいました。(笑)

670-10

食堂です。かつては多くの子どもが利用していたのでしょう。「7の付く日はカレーライス」と聞いたことがあります。

670-11

今では使われていない、洗面室。中村によると、昔はこの小さな棚1つ1つに歯磨き用のコップを入れていたとか。もうかなり前から床がたわむので危ないと使われていないようです。

670-12

特に時代を感じるのが、トイレです。男性トイレと女性トイレが同じ部屋にあるって…今では考えられないですね。しかもドアがカーテンだったりするわけですし。

670-13

駐車場の植え込みもプールも、もう撤去されました。
これから建築工事が始まるのでしょう。

涼歌のこちらでのリハビリも残すところ、あと1回です。本当に長いことお世話になった子鹿園=療育福祉センター、嶋田先生にこの上なく感謝しています。

新しい療育福祉センターは、平成29年にオープン予定だそうです。