第703回 「持つべきものは友人」

7月1日

今年度、高知工科大学のインターンシップガイダンスの「ビジネスマナー」の講義で、初めての要請がありました。毎年全学部で行っているマナー講座の人数が多すぎるので(およそ500名)、今年は1クラスを2つに分けて「講師2人制で行って欲しい」とのこと。

703-1

しかし高知工科大学では、ほぼ同じ時期に教職希望者に対する「介護等体験事前指導」の講義もあり、中村は体力的に両方は無理です。そこで、親友でもある岡山の研修講師、中谷優子さんにお願いしよう!と思いつきました。

中谷優子さんは、ほぼ私と同年代。2003年に日本話しことば協会の講師養成講座で知り合ったのですが、その後そろって日本交流分析協会のインストラクターになり、岡山と高知を行き来しながら、お互いに交流分析やコミュニケーションを学び切磋琢磨する友人関係です。

703-2

彼女はとにかく明るくてパワフルで、勉強熱心!お母様の介護体験から認知症高齢者との対応を学んでこられ、それを医療・介護研修に活かされています。自由で楽しくわかりやすい研修は、いつもなごやかムードです。日頃からマナーや大学での講義もなさっているので、安心してお願いできます。幸い、彼女も快く引き受けて下さいました。持つべきものは友人! ありがとうございます。

インターンシップのビジネスマナーは、内容がビジネスマナーの4原則からあいさつ・身だしなみチェック、名刺交換や自己紹介などワークも入れて分刻みで最後にレポートも書いてもらうため、タイム・マネジメントが相当大変で気が抜けません。実は中谷さんはパワーポイントを今まで避けてきたそうですが、持ち前の勉強熱心さで難なくクリア。念のために事前に半日、研修会場を借りて3種類の講義内容を実践して頂いて、準備もしました。

お陰さまで1回の受講人数がこれまでの半分の50名ほどになったため、一人一人の動向がよく把握でき、学生のみなさんの参加意識も向上したようにレポートからも見受けられました。

彼女は一週間に一度来高して前泊し、朝早くから大学に出向き、隣り合ったクラスに分かれ、2コマ講義をしてレポートを受け取り、それをチェックして、最終便の高速バスで帰る。仕事の合間にレポートの質問への答えを書いて私に送り、次に備える。ずいぶんとハードな三週間だったと頭が下がります。

そんな中での癒やしの食事が、こちら。

703-3

野市の「Kappa38」の特製ヘルシーランチです。野菜がたっぷりで、おいしいケーキ付き。(ケーキの写真は撮り忘れましたが)彼女も喜んでくれました。

中谷さんと一緒に仕事をしたのは初めてでしたが色々と情報交換もでき、良い機会を頂けたのでした。

第702回 「アニマルグッズあれこれ」

6月24日                (中村 覚)

「昔に比べて質は下がったのに値段は上がったよな。」「10年前なら200円だったものが、今じゃ300円が当たり前。 ひどくない?」四十路を前に友人と愚痴ります。 そんな昨今でありながら、「これが200円! スゴイやんッ!」

これが1個、200円です。アニマルマグネット(ガチャガチャ)。

702-1

写真はスチール製のブックスタンドに くっ付けた状態です。1つ1つ丁寧に見ていくと荒削りの出来ではありますが、これが野性味ってモンです。 コストを抑えるためか、立体感はさほどありませんが、トータル、大満足な商品です。

702-2

今回は動物特集で行ってみたいと思います。

702-3

702-4

この色白のカバはホームセンターのガーデニングコーナーの奥で、セール対象品になっていました。多分、以前は同じような品がたくさん あったのでしょうが、少しずつ数が減って行き、最後に残った彼は孤軍奮闘中でした。そんな気概に触れる内、買って帰ることに・・・( 安かったもんね。)

本来は屋外に置いて、長い時間をかけて経年劣化(?)をすることで趣を増していく品だと思いますが、せっかくの“白”をわざわざ汚さなくてもと思い、ブックスタンドにしました。

702-5

続いて、こちら。アニマルフックのシロクマです。

702-6

雑貨屋の高い柱の上部に飾ってあり、この白がすぐに目を引きました。店員さんに見せて欲しいと頼むと、はしごを持ってきて登って取ってくれました。いざ手に持ってじっくり見てみると、ん~ ちょっと作りが粗いかなぁ、 特に目が。わざわざ 取ってもらったけど、遠目で見るくらいがちょうどの商品だなという結論に。

すると店員さんが、「もうこれが最後の一点で、今後の入荷の見込みも立ってない」と横でつぶやきます。 何事も一期一会だと即座に理解できました。で、家に持って帰り 柱に掛けたものの、やっぱり商品の粗さが目立ちます。お店で最初に見た時ほど高い場所には置けない、と言うか お店ほど天井が高くないのです。仕方ないので横向きに寝かして、パッと見た時に「何じゃ、これ?」状態で置いてみることに。

702-7

本来の用途には使えませんが、この発展途上の様が意外に良かったかなと自画自賛。(笑)

702-8

最後にちょっとテイストを変えまして、風変わりなワニです。商品名はレインボーアリゲーター。今年の誕生日に友人からもらった物ですが、見るからに子供向けのおもちゃです。「色合いが面白いろ?」と言われ、たしかにカラフルで楽しそうやけど・・・(苦)。 「貯めに貯めたTポイントで買った物だから、遠慮なく受け取れ」 「そりゃ どうも。」

口から出ているひもを引くと、背中のジャバラ(?)をズゥ~ングリ、ムックリと上下に動かしながら前進します。いかにも子供が喜びそうな仕掛けです。

ん~ このおもちゃを最大限に活かすには、どうするべきなのか。 子供が遊んでもう飽きちゃった、また今度ね、そんな遊びの後を思わせるように、部屋の隅に無造作に置いておく 『さりげなさ』が一番?

702-9

ん~ 難しいぃ。試行錯誤中です。でも これが 遊んでるってことでしょうか。(笑)

702-10

第701回 「近代建築?実は…」

6月19日

先日、東京にLABプロファイルのマスターコースを受講しに行きました。とても興味深く楽しく学べて秋にある上級コースが楽しみになったのですが、そのセミナー会場のすぐ向かいに魅力的な建物があったのです。それがこちら。

701-1

実はここ、あの広告業界の有名企業、博報堂と住友商事などが東京・神田に共同で開発・建設した複合ビルなんです。一見近代建築に見えますが、実は2015年4月に「テラススクエア」として生まれ変わったばかりなのです。

701-2

博報堂旧本館の一角を忠実に再現しており、中で左の高層ビルとつながっています。地上17階地下2階建の、商業施設やオフィスからなる、高い防災・環境性能を有した複合ビルです。

701-3

こちらが1930年(昭和5年)に建築された旧博報堂。シンボリックな塔が目を惹きますが、それも細やかに再現されています。

701-5

正面は、コラム(円柱)のあるデザインが目を引きます。

701-4

重厚な入り口。扉は以前の物をリユースしているのでしょうか?取っ手の中央にある「引」の文字が、時代を感じます。

701-6

さて、建物の右側から回り込んでみましょう。想定外の光景が広がります。

701-7

えらく現代的なガラス張りのカフェが見えます。1階のテナントはHASSO CAFFÈというカフェ&バーなのです。(全国初の、「カフェ&バープロント」と、株式会社博報堂のコラボレーション店舗。)こういうところはさすが、平成の建築ですね。こちらのカフェには行きませんでしたが、次回はぜひ行ってみたいものです。

701-8

2階にはレストランやフードコートがあり、気軽に利用できます。私も沖縄料理のお店やフードコートでお昼を頂きました。

701-9

テラス席も300くらいあるそうで、都会の中でも1000㎡を超えるという広場の緑に親しむことができます。

701-10

近代建築の美を残しながら、現在の使い勝手があるというテラススクエア。面白い建物体験でした。