第736回 「愛と希望を革製品に込めて」

2月25日

736-5

先週末、高知市の大丸前で「第4回 市特市(しっとくいち)~届けよう!高知特支のポジティブ力!!~」という催しが開催されました。これは高知市立高知特別支援学校が作業学習で取り組んでいる物の販売を通して、生徒が満足感や成就感を味わい 地域との交流を深める活動です。

736-6

高知県振興キャンペーン「高知家ポジティブコレクション」にも参加し、高知家の大家族の一員としてプロモーションの一翼も担ったようです。

736-9

中学生や高校生が木工、縫製、食品加工、レザークラフト、石けん、園芸…などいくつもの班に分かれ、日頃の成果を披露していました。

実は私は2月初め、ご依頼を頂いて高知特別支援学校の中学部レザークラフト班で「良い接客を学ぼう!」という研修を行ったのです。

736-1

それに先だって、1月に現場の見学に伺いました。レザークラフト班には、12名の生徒さんが所属しています。

736-2

染色した革を丁寧に接着し、2本の針を使って一針一針 縫っていきます。本当に「心をこめて」いるのが伝わってきました。

736-3

コミュニケーションが苦手とか集中力が課題だったり、先生に注意されると不安定になることもあったり、色々な生徒さんの個性があります。でもそれは特別なことではありません。社会人の私達だってみんな、色々な課題があるわけですから。
とは言え、知的ハンデを持つ中学生への研修は私も初めてで、どう彼らの良さを引き出せば良いのか かなり悩みました。

736-4

そして販売活動の10日ほど前に、一時間の接客研修を行いました。

「どんな接客をされたらうれしい?」から入り、以前の販売会でお客さまにどんな声をかけたのか考えてもらい、販売に限らず今後の人生に役立ててもらいたいと「人と仲良くするための3つの方法」を紹介しました。

・笑顔
・言葉
・心を込める

最後に、ロールプレイングでお客さま役の中村とやりとりをしてもらいました。みんな実に良いあいさつや笑顔 やりとりを見せてくれ、嬉しい思いで一杯でした。(集中していたので、写真は撮り忘れちゃいましたけど)

736-10

そして迎えた、「市特市」だったのです。レザークラフト班は大丸北の中央入口の横という、格好の立地条件でした。

736-8

「oflove」というのは、レザークラフト製品のオリジナルブランドです。「愛と希望を革製品に込めて」という言葉が添えられていました。

736-7

生徒達はお客さまにあいさつし、ちゃんと対応していました。嬉しいなぁ。詳しい補足説明はできないので、そこは先生が受け持ってくださっていました。もちろん、私も「oflove」の製品を買わせて頂きました。

736-12

「かわいい」「色がキレイ」と、すでにいくつかもらわれて行きましたが、革の切れ端まで「Thank you」と刻印して小さな手提げに使ったり、なかなかオシャレです。来月会う友人にも、お土産にしようと思っています。愛と希望が届きますよね、きっと♪

第733回 「メンタル・マネジメント研修」

2月4日

若い世代の方にとっては「50歳も過ぎると、人間ができてくるのでは」というイメージがあると思いますが、残念ながら実際は年をとれば自我や思い込みがより強くなり、自分も含めガンコになっていくように感じます。生きるよりどころである価値観がしっかりとできてくるわけですから仕方のない部分もあるのですが、「もう少し広い視野で見れば、うまく行くのに」と思うことってありますよね。

733-2

私は幸い、ここ最近では母から感情的な言葉をかけられても(笑)、日常生活で「え!困ったな」というトラブルが起きても、コツを押さえたお陰で、うまく対処できるようになりました。

なぜなら、数年前から学んできた「ポジティブ心理学」や「レジリエンス(逆境を乗り越える力)」「NLP」などの心理学によって、気づきをもらえたからです。交流分析を学んだ時もそうでしたが、トラブルに直面しても客観的な視野を持てるようになり「(私は違うけど)あなたはそう思うのね」「これってどういうこと?(俯瞰)」などにより、環境や誰かの感情・行動によって振り回されずにすむのです。つまりは、生きやすくなるということです。

733-3

生きやすくなれば、熱意を持って色々と取り組めますし、ストレスにも強くなるなどビジネスにも当然良い影響を与えます。ぜひこの学びを広くお伝えしたく、高知県産業訓練協会で、初めて「メンタル・マネジメント研修」を行うことにしました。

内容は、ポジティブ心理学・交流分析・レジリエンス・NLPのエッセンスを取り入れて融合し(かなり欲張りです)、ストレスの多い社会の中で少しでも心をゆったりと保つコツを1日で学んで頂こうというものです。

733-4

・ポジティブ心理学のエッセンスを使って、自分を見つめる。
・交流分析のエッセンスで、人との関わり(ストロークの法則)を学ぶ。
・NLPのエッセンスのリフレーミングで、心を楽にする 生き方のコツを知る.
・レジリエンスのエッセンスで、逆境に負けない自分になる。

なお、日時は2月21日(火)です。もう少し早くご紹介することに気づけば良かったのですが、ごめんなさい。詳細はmm seminerをご覧頂ければと思います。(クリックすると詳細が出て来ます)

幸福度を高める生き方ができれば、とても楽になります。
よろしければ、ご一緒なさいませんか?

第685回 「ストローク研修」

2月26日

少し前に高知県医療ソーシャルワーカー協会さまからのご依頼で、研修を行いました。医療ソーシャルワーカーとは、病院などで社会福祉の視点から患者さまや家族の方々の相談に乗り、心理的・社会的な悩みの問題解決のお手伝いをする専門職です。状況に合わせた、わかりやすいアドバイスや援助などをもらえると困った時には助かりますよね。

685-3

今回は「人間力につながる、心の栄養源となるものを学びたい」ということで交流分析をお薦めし、その中でもストローク研修を3時間で、となりました。ストロークは「相手の存在を認める働きかけ」で、心の栄養素となるものです。いつも心を砕いてお仕事をなさる医療ソーシャルワーカーの方々に、気持ちにぽっと明かりが灯るような時間をお持ち頂こう、と思いました。

ストロークの定義から始まり、ストロークの種類と法則、ストロークの制限パターンなどを学んで、いくつものワークを体感して頂きました。

たとえば初めて医療相談室を訪れる患者さまに、パソコンを打ちながらあいさつするのと、仕事の手を止め・目を合わせ・笑顔で・立ち上がってあいさつする…など、何重ものストロークをかけるとどう感じ方が違うのか?など。

当日は34名の医療ソーシャルワーカーの皆さまがご参加くださいました。ほとんどの方が高知市内の病院勤務ですが、地域の病院や介護施設からもご参加くださいました。30代以下の女性がほとんどで、ワークをすると笑顔の花が咲き、ぱっと明るくなって「いいなあ」と私も楽しませて頂きました。

685-4

・「ストローク」とは何だろうと思っての参加でしたが、ストローク、心の栄養素というとても身近で大切なものであることを学べました。日頃ストレスを感じることが多いですが、職場内でストロークのやり取りができ、双方支えあえるような関係性づくりにつなげていければいいなと思いました。

・ストロークの分類やパターンを研修で教えていただいたことで、自分の苦手とするストロークを知ることができ、それについてどう逆転させていくかをワークもできたので、明後日からの業務に生かしていきたいと思います。

・あっという間でとても楽しく充実した時間でした。「ストロークを与えること、たくさん与えることで豊かになる」今日の研修で実感、体感しながら学ぶことができました。今とてもあたたかい気持ちとパワーで満たされています。会場全体でも笑いと笑顔、明るい声であふれて、豊かで幸せな空間になっていたと思います。明日からとても苦手な「断り上手」になれるよう、ストロークを磨いていきたいと思います。ありがとうございました。

685-2
ちなみに会場は最近できた「ちより街テラス」という、とてもきれいな所でした。

この後、新年会にもお呼び頂いて、医療ソーシャルワーカーの皆さんと楽しくストロークを交わしたのでした。ご縁を頂けて、とても嬉しい一日でした。