第710回 「紫電改に思う」

8月20日           中村 覚

今年、71年目の終戦記念日を迎えました。小学校の頃、夏休みの宿題“夏のこども”の中に「戦後は戦前である」という言葉を見つけ、子供ながらに動揺し 漠然とですが ある種の怖さを感じたことを今も覚えています。あれから30年近く経過して、我が国を取り巻く環境も著しく変化する中 誰もが“戦前”に近づいてほしくないと願っているはずです。

710-1

ここは愛媛県愛南町、目の前に広がるのは久良(ひさよし)湾です。今から37年前の昭和54年にこの久良湾から日本海軍の紫電二一型、通称・紫電改が海底から地上に引き揚げられました。きっかけは養殖業者のダイバーが偶然、海底に沈んでいた機体を発見したことです。

710-2

破損した箇所が多くあったものの原型をとどめており、最小限の修復が施され当時の雄姿が再現されました。展示してあるのは馬瀬山(ばせやま)公園内にある紫電改展示館です。

710-3

館内の中心に鎮座する紫電改をぐるりと囲む状態でパネルや資料を交えて当時の時代背景などを学ぶことができます。紫電改の開発の経緯や海底からの引き揚げ時の様子は視聴することも可能です。

710-5

このプロペラが操縦席の方向に向けて内側に曲がっているのは海面に不時着したためであり、高い操縦技術をもったパイロットが乗っていた証拠とも考えられています。

ところで、そもそも紫電改とは? ゼロ戦なら聞いたこともあるけど…。こういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。私もこの展示館に来るまで全く知らずにいました。最初に見た時、なんかゼロ戦に似ているけど、名前はズバ抜けてカッコ良いなぁと そんな具合でした。

710-9

紫電改は川西航空機が開発した局地戦闘機(陸上戦闘機)です。太平洋戦争も終盤の頃、それまで生産していた“紫電”を改良し 運動性能や操縦性をアップさせたものです。機体の高い能力が評価され、大増産体制が敷かれましたが、大戦末期の混乱もあり、生産されたのはわずか400機程度。活躍した期間も半年程で短かったようです。しかしこの短期間に色々なエピソードが語られ、今では日本海軍の航空機の中ではゼロ戦の次に人気がある機種だということです。

710-7

紫電改に乗り込み敵との交戦の結果、若い命を捧げたパイロットの写真もあり、館内は厳粛な空気が張りつめています。こういった空気感の中にいると、自然と自分が生まれてからの現在に至るまでの立ち位置のようなものを考えてしまいます。そして当時をそのまま語る目の前の展示物に対して、もっと真摯な態度で臨まなければと、そう思いました。ですが戦争体験のない私達世代は、少々頭でわかったつもりになっても…という思いはぬぐいきれません。

710-10

そんな時、かなりのご高齢の男性が杖をつき、ご家族の方に付き添ってもらいながら入館されました。すぐに中央の紫電改の前で立ち止まり、じっと見上げるような眼差しで御覧になり、ご家族の方と言葉を交わされていました。戦場へ行ったご経験をお持ちなのか、もしくは 本土を空襲するアメリカの飛行機を幾度となく見上げた少年時代を過ごされたのか。 とにかく この展示館にある物 全てを、私とは全く違う意味合いで御覧になっているのだと思いました。

710-8

最後に、この紫電改が日本で現存するのはこの紫電改展示館のみです。終戦時にはまだいくらか機体は残っていたそうですが、3機を残し全てアメリカ軍に接収され焼却処分されたそうです。残った3機は調査のためアメリカに送られ、今もオハイオ州やフロリダ州などの3カ所の博物館に展示されています。

人間は何事も基本的には自分が経験したことでないと わからない生き物だと私は思っています。しかしこと戦争に関しては、それは何の救いにもなりません。戦争を体験した方々がどんどん少なくなっている現在、戦争を踏まえての平和の価値観をどう後世に残していくのか、身に迫る課題です。

紫電改展示館

愛媛県南宇和郡愛南町久良1060 馬瀬山頂公園内
開館時間 9~17時  休館日12 / 29 ~ 1 / 1
入館無料

 

第709回 「さんスタ!」やっと本番♪

8月13日

よさこいも過ぎ、8月半ば。私が4月中旬に出演予定だった、さんさんテレビの土曜の情報番組「さんスタ!」が地震のため、その回の放送が飛んでから4か月になります。

709-1

やっとスケジュール調整ができ、番組に本日出演してきました。

709-2

左から、和田早矢アナ、合田泰吾アナ、私、リポーターの花ちゃん、MARIさん。皆さんスラッとなさって、身長157cmの私は谷間のようです。(笑)

この番組のリハーサルは二度目ですが、本番は初めてで、生放送。和田さんに「元NHKニュースキャスターの筒井典子さんです」とコメンテーターとしてご紹介頂いたのですが、もうウン十年前の話なので軽く詐欺のような気分。(笑)すみません。

冒頭はよさこいをふり返る企画で、歌手の三山ひろしさんがよさこいの踊り子や観客にインタビューなさっていました。ご自身も踊っていらっしゃいましたが、すごくお上手でした。

この時にお話ししたのですが、「東京オリンピックの開会式に、よさこいを!」って、良いと思いませんか?今年、よさこい親善大使(アンバサダー)もできたことですし、各国の音楽や衣装でよさこいを踊り、世界が一つになれたらいいなあ…。

その次は私の好きな「ぶろぐるグルメ」のコーナー。夏に食べたいお好み焼きという斬新な企画。土佐市にある彦兵衛さんの「ふわとろ山芋焼き」は絶対に食べに行くぞ!と固く決心しました。(笑)

サイコロ中継は先月にオープンしたばかりの土佐市の「地のもん市場ハレタ」。

709-3

先日、私もこちらに出かけていました。

709-6

で、その時に頂いたのが偶然にも値切り中継にも出た「一本釣りうるめ丼」(500円)。初めて生のウルメを食べたのですが、とても美味しかったですよ!

709-4

宇佐で獲れたウルメを漬けにしてあるものです。中継ではサイコロで値切って、なんと今日明日 限定数で350円に。これはいいなぁ~。

709-5

合田アナと和田アナはリラックスムードを作るのがお上手で、終始楽しく笑って、あっという間の一時間でした。自然なのに的確なコメント力もすごい。NHKと違いCMが細かく入る民放ではタイムスケジュールがなかなか大変そうでしたが、それを難なくこなすお二人は「お若いのにすごいなあ」と感じ入り、勉強になりました。

夜、「テレビ見たよ!」と何年ぶりかに友人から電話やメールが入りました。新聞のテレビ欄に名前が紹介されていたため、予約録画して見てくれたそうです。本当にありがたいことで、心がポッと温かくなりました。明日からも、また頑張れそうです!

第708回 「ルネッサンスリゾートナルトのアクセシブルルーム」

8月7日

私は年に一度だけ家族旅行をしていますが、車いすの長女を連れての旅行は、図らずもユニバーサル(バリアフリー)ルーム情報にもなっているかと思います。

今回泊まったのは、こちら。徳島県鳴門市のルネッサンスリゾートナルトです。(写真はクリックで大きくなります)

708-1

大塚国際美術館に行ったのですが、車ですぐ近くの立地で良かったです。

客室数が208室、メインタワー(本館)とサウスタワー(南館)に分かれています。フロント、レストラン、売店などはすべてメインタワーにあり、サウスタワーは少し歩かなければいけません。

707-2

今回はメインタワー3階のエレベーターのすぐ近くだったので、何かと助かりました。こちらでは「アクセシブルルーム」という名前でした。

アクセシブルルームの広さは38平方メートル。本来はベッドは1つらしいのですが、介護のためにもう1つ入れて頂きました。

708-5

ここは水回りの空間が、ゆとりを持って作られています。洗面所の引き戸のドアがあり、開けると

708-2

左手のトイレには手すりがあり、ゆったりめです。

708-3

右手には洗面カウンター。ちょっとした棚は使いやすそう。

708-15

この部屋の水栓はセンサー式です。ひねらなくていいのは助かる方も多いでしょうね。

708-4

お風呂には開口部の大きい3枚引き戸、手すり付き。浴槽は深めです。

708-6

ただ ここは1つ、気をつけなければいけない点があります。隣のツインルームと2部屋での1予約なんですね。予約の際にはその辺りを再確認なさった方が良いでしょう。

708-7

こちらはつなげたもう一部屋のツインルームです。オーシャンビューでしたが、こちらは部屋に大きな柱がありました。

708-8

まあ、隣がこの景色なのでこっちに集まれば、何の問題もありませんでした。

レストランは夏休み限定のバイキングを含めて5つあったのですが、8階にあるフランス料理の「フォーシーズン」に行きました。

708-9

ちょうど長女の誕生日と重なったのを訊かれて思い出しました。記念の飲み物を4人分とケーキを出して頂いて、感謝です。

708-13

「うずらとフォアグラのクレピネット ひしほ味噌」など、珍しい料理がたくさんで楽しめました。一品の量は少ないのですが種類が多いので、満ち足りました。(笑)

708-10

朝食はプラス1000円でこちらで頂いたのですが、708-11

「鳴門金時づくしのフレンチトースト」や、

708-12

「高嶺の卵 すだちエッグベネディクト」などが選べ、本当に美味しかったです。
708-14

まだ夏休み初めだったこともあり、お客さまは多かったようですが気持ち良く滞在できました。ただチェックアウトはフロントが相当混雑するようですので、フレックスで早めにすませておくことをお薦めします。

お天気にも恵まれて、良い記念になった徳島旅行でした。