第657回 「本物のスゴミ。」

8月9日                  (中村 覚)
今、高知県立歴史民俗資料館で「小さいもの見~つけた! 海洋堂のニッポン・ミニチュアカタログ」 が夏の企画展として9月6日まで開催中です。海洋堂と言えば、お菓子のおまけ(動物フィギュア)が大ヒットを記録して以来、すっかり有名になりました。

現在も小さな動物から版権を有するキャラクターのフィギュアまで幅広く手掛けています。 会場の2Fにはこれらの商品が展示されていますので、夏休みの子供たちの目を引くこと請け合いです。(写真はクリックすると大きくなります)

1

そして1Fでは少し趣向を変えて、海洋堂所蔵のミニチュアの歴史とも言うべき珍しい物も展示しています。昔の人々の暮らしに密接した道具類のミニチュアや暮らしの風景のジオラマの数々。

本来、こういった物はエンターテイメントとは離れた存在だと思いますが、全くそんなことはありません!ちゃんとエンターテイメント、してます。今回の企画展のメインは、実はこっちなんですよ。(笑)それでは どうぞご覧下さい。

2

まずはこちら。江戸時代以来の職人さんの道具類をセレクションしたものです。鑿(のみ)、鋸(のこぎり)、鉋(かんな)など様々な物が収められています。

驚くのは、同じ道具でも 微妙に形状の違う物も集めていることです。用途によって使い分けされていた技術のこだわりを垣間見ることができます。

そして これらのミニチュアが畳に飾り付けされていることにも驚きました。雰囲気が抜群なんです。

3

続いて こちらは日本の小物類を集めたもの。 うちわ・和傘・下駄・足袋などなど。華やかさを感じます。

4

ところで、これらのミニチュアは海洋堂の所蔵品ですが、海洋堂が引き継ぐ前は、映画俳優の今清水英一(いましみずえいいち)さんのコレクションでした。

今清水さんは大正13年生まれ。時代が変わっていく中、日本の古い文化が消えていくことに危機感を持ったことが、ミニチュアを集めるきっかけに。 既存の品を集めるだけではなく、わざわざ職人さんに頼んで作ってもらった物も多数。 できあがりが気に入らなければ何度でも作り直してもらう凝りようだったそうです。

5

実物の素材を使っているため包丁の中にはサビたりしているものもありますが、だからこそ本物の持つスゴミが迫ってきます。

6

50年もの歳月をかけてのコレクションです。一つ一つの「小物」と言うよりも「道具」の作り込みが、その年月を感じさせます。

7

こちらは今回の企画展のパンフレットの表紙にもなっている能面のセレクション。2つの大きい面は右が山姥(やまんば)、左が小面(こおもて)、共に実物大です。私は今まで、女性の顔をしたこの小面のことを能面だと思っていました。違うんですよね、能面の種類の一つに小面があるんです。皆さん、ご存知でした?(笑)

8

こちらは、纏(まとい)。 江戸時代の町火消(まちひけし)がそれぞれの組の目印として使用したもの。今清水さんが最初に収集したのがこの纏のミニチュアだそうです。

10

これは、江戸の看板。当時 遠くからお店を見た際に、暖簾(のれん)だけでは何のお店か わかりにくい、と言うことで、立体物の看板を出すようになったそうです。形や絵柄で、何のお店か だいたい見当が付きます。

9

こちらは急須・鉄瓶。 作品の質感に特に感じ入ったのは これが一番だったかもしれません。

江戸時代の屋台のジオラマもあります。

11

今回、ご紹介したのは展示品のほんの一部分です。是非とも会場でゆっくりと、そして少しでも多くの方に見て頂きたいです。 物の存在感や存在価値、そして たどってきた歴史をエンターテイメントとして楽しんでもらえると思います。

第656回 「土佐のカエル 2015」

8月1日                         (中村 覚)

1

サギ、カラスにアライグマ! 狙われているのはカエル。卵やオタマジャクシの時にはカワセミやイモリに狙われ、カエルになれば、ほ乳類や鳥類、そしてヘビなどのハ虫類にも狙われます。 ご覧の通り、カエルは色々な生き物の好物です。

5

ここは越知町 横倉山自然の森博物館。現在 夏休みの企画展として開催されている「土佐のカエル 2015」の展示室です。 (9月6日まで開催。)

企画展のメインは文字通りカエルですが、そのカエルを捕食する側の動物のはく製には圧倒されます。まさに主役を食っています(笑)。

6

展示室には大きなパネルが並んでいて、視覚的にカエルの生態系を楽しく学べます。子供が見ているのはカエルに関するクイズです。それぞれの台にファイルされた紙ベースの質問が設置されているので、ゆっくりと見ていけます。 演出が上手ですよね。これがもし、ファイルを何枚も重ねて机の上に置いてあれば、サササァ~と見て、たいして頭にも入らずにすぐに終わります。私が子供ならそうします(笑)。

7

こちらは、カエルのグッズです。ケースの中に色々な品がきれいに並べられています。 ここで再確認です。 カエルの緑は やはり映えます。

9

こちらは冊子です。年代を感じさせる表紙は既に絶版物かと、あらぬ方向に(?) 想像力が働きます。

ところで、ご存知のようにカエルはオタマジャクシの時まで水中で暮らし、その後は陸上でも生活します。この両方の生活環境がないと生きていけません。代表的な場所は 田んぼ。 しかし この田んぼ、つまり生息地が近年、消失しています。原因は減反政策や農家の人手不足です。田んぼは そのまま放っておけば、数年で原っぱになってしまい カエルは卵が産めなくなります。じゃあ 田んぼがあれば 安心と思いきや そうではありません。今度は農薬や除草剤の問題です。

体毛や羽毛がないカエルは皮膚を露出しているため、こういった化学物質を体に取り込みやすいそうです。つまり 環境汚染にとても敏感な生き物の代表格。

10

「両生類は環境の健全性を測る際に、優れた指標の一つ。その減少は環境破壊の時代である。」と言う 専門家の言葉にドキッとしました。やがては自分達、人間にも・・・ ってことですよね。

環境破壊によってその数や姿を消していく生き物達。しかし 最初から その姿を見たことがなければ、いまいち ピンとこないというのも正直なところです。

館内には飼育ケースに入れられた数種類の生きたカエルも展示されています。 子供がケースに近づいて まじまじと見ながら、自分の父親にも「早く見て見て!」と、興奮した大きな声で催促していました。 この光景って、実はかなり貴重ですよね!

11

こういった状況ですから、ついついカエルの撮影に力が入ってしまう方も多いのか 注意書きがあり、カメラのフラッシュ禁止、ケースをたたかない、などカエルをビックリさせないための配慮をお願いしていました。カエルってデリケートなんですね。そう言えば窓口の方が「最近は(カエルも)ちょっとは撮影に慣れてきましたが・・・。」とおっしゃっていました。最初、聞いた時は半分冗談なのかと。(笑)

夏休みですから、子供たちに生き物とのふれあいを楽しんでもらえればと思います。

 

 

 

 

 

第655回 「恐竜ロマン」

7月27日

このたびホームページのリニューアルを行い、コラムの写真もより大きくご覧になれるように変更いたしました。みなさま今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

さて もうすぐ8月初めに、映画「ジュラシック・ワールド」が公開されます。ご存じの通り大胆にCGをとりいれ「恐竜を生き返らせた」伝説の映画で、見るのを心待ちにしています。前売り券も買ったし、準備は万端!(笑)

私は小学生の頃から恐竜が大好きでした。「恐竜の大きさはすごいんだろうなあ。実際に体感してみたい」というのが私の長年の夢でした。それが実現できる恐竜公園が岡山にあるのを最近知り、行ってみたのです。それがこちら。(写真はクリックで大きくなります。)
2

笠岡市立カブトガニ博物館の恐竜公園。平成2年に開館したそうで、もう25年も前なんですね。本格的な恐竜公園としては、国内では初めてのものだとか。恐竜は実物大で、当時の学術監修を受けて製作されています。そのため皮膚のシワや筋肉の付き方などにいたるまで精密に再現されているそう。ティラノサウルスは体長15m。この当時の検証で作られているため、現在主流の尾を上げている姿勢ではなく、ゴジラ立ち(私の勝手な命名)しています。

1この角度がリアル!

 

 

 

「え、ティラノサウルスの首って赤いの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。実は恐竜の化石には色素が残らないため、どんな色だったのかはまったく不明なのです。だからこそ、面白いとも言えますね。

恐竜達の中で一番リアルだったのが、ディプロドクスです。体長は27m。(プールよりも長いんだ!)女子中学生が並ぶと、こんな感じです。そう、実際に人と恐竜が並ぶとこうなるという、このリアル感が見たかったんです!ワクワクしました。

3 655-5

公園内の恐竜は温血動物説によるポーズをとらせているため、この模様は現在、同じような環境にいる哺乳類を参考にしてつけたそうです。つまり同じような生活をしていれば、色も似てくるという考え方です。上のディプロドクスはキリンのような模様をしています。

こちらは、エラスモサウルス。公園の池の中にいますが本当は海に住む首長竜の仲間で、1968年に福島県で発見されたフタバスズキリュウと近い種です。でもこれ小学生が見ると、軽くトラウマになりそうな凶暴な顔つきをしています。

4

実寸で見ると、恐竜のいる公園はこんな感じなんですね~。
最近は恐竜といえば福井県になっているようですが 高知からはかなり遠いので、
岡山県笠岡市の公園で長年の夢だった「リアル ジュラシック・パーク」を体感できて、かなり嬉しいスポットでした。

655-6