第695回 「高知のヘルシーランチ① 雨風食堂」

5月5日

先月少しダイエットをして、食べるものもよりヘルシーなものを、と意識が働くようになりました。そこで、ヘルシーランチのお店をご紹介するシリーズなら一石二鳥!と思いつきました。

第1回目はこちら、食事と図書「雨風食堂」です。食事と図書スペースのあるお店で2013年にオープンし、ネットで評判になっているようです。

695-1

実は事務所のすぐ近くなんですが、一度も行ったことがありませんでした。以前ここにあった麺屋こぶしに思い入れがあったからかもしれません。

11時半の開店前、22分頃着くとすでに3人の親子連れが。その後女性2人組、女性4人組と瞬く間に増え、11時半にシャッターが開くと、8人もになっていました。私以外は皆さん予約なさっていたようです。11席あるテーブルには全部に「ご予約」カ-ドが。す、すごい!

695-3

プラス、予約すれば親子連れにはもってこいの本の部屋があったり、テラス席もあるのですが、あっという間に満席です。

695-2

お昼ご飯は1種類。この日は「ヘイジの青海苔バター」1300円なり(2016年4月現在)。食堂の外観とうらはらで、ドリンクもない食事だけではいいお値段ですが、それでもこんなにお客さまがいらっしゃるのはスゴイ。それにしても、ヘイジって、何?どんな料理?謎が謎を呼びます。(笑)

雨風食堂では食事が出てくるまでに相当時間がかかるとネットで調査済みでしたので、そのつもりで私も本を3冊持参。しかし、2番目に入店したこともあり、予想よりも早く12時5分、35分待ちで食事が供されました。

695-4

おお、しっかりと作り込まれた印象の「お昼ごはん」です。おいしそう!一品一品手が込んでいて、これは確かに時間がかかるのは無理もないと納得。一汁五菜ですね。(写真はクリックで大きくなります。)

695-5

こちらがメインの「ヘイジの青海苔バター」。ヘイジはハマダイと言う、あまり手に入らない白身の高級魚(らしい)。煮付けの上に、青海苔のバターソースがかかっていて、手が込んでいます。青海苔バターの香りが鼻腔を刺激する…。手前は大根おろしではなく、トロロです。煮付けの味がしっかりめなので、レモンを搾りこれで丁度良い感じ。

695-6

大好きなカツオのタタキの土佐巻がある♪しかも、きゅうりや青菜入りで豪勢。お浸しはピーマンとちりめんじゃこ、シメジとほうれん草の2種類あり、どちらも優しい薄味です。

695-7

素揚げした野菜のあんかけは絶妙。かぼちゃ、なす、もち巾着、豆腐揚げ、トッピングはサツマイモのパリパリ素揚げ。野菜の甘みが感じられる、一番好きな味でした。

揚げ出しとワカメのスタンダードなお味噌汁の味は出汁が利いたしっかりめ。(私はもう少し薄くてもいいかな。)

695-8

それにしても、ごはんが美味し過ぎ。口の中でふわっとほどけるんです。全体でかなりボリュームもあるんですが、待つことによってより一層美味しくなり、つい完食してしまいました。味にメリハリがあり、ご主人の料理への情熱とプライドを感じました。

デザートは「フローズンクレームブリュレ」と「黒みつきなこの豆乳プリン」、どちらも美味しそうだったんですが、食事の量がしっかりめだったので、ここは断念。残念。

695-9

私より少し後に来た人は待ち時間が1時間くらいでしたが、皆さんマナー良くお待ちでした。時間と心にゆとりを持った人に許される贅沢なのかな。
帰ってきて思い返すと、よけいに満足感が高まるお料理だと思いました。

695-10

 

第694回 「言葉は、自由自在」

4月30日        (中村 覚)

唐突ですが、動物の「カンガルー」の語源をご存知でしょうか。昔、オーストラリアにたどり着いた探検隊が、2本の足で飛び跳ねて歩く 変な生き物を初めて見た時、現地の人に「あれは なんだ?」と尋ねます。すると「カンガルー」と言われ「そうか、あれはカンガルーという動物か」と。でも実はカンガルーというのは現地の言葉で「わからない」という意味だったとか。

694-3

中学生の時に教科書でこの話を知り、「人間はもっとお利口さんかと。…しかし 間違いが間違いじゃなくなるんだな」とけっこう衝撃的でした。ところが、これをコラムに書こうと調べて もっと衝撃的なことが判明。このカンガルーの話、実は誰かが考えたフィクションだったらしいのです。えぇ~ 話として面白いし、これが事実でいいのに。

ちなみに、「カンガルー」の語源は現地語のgangurruで 意味は「跳ぶもの」だそうです。ちゃんと当たってます。 中学校の時の教科書に だまされ続けて25年余りの時間経過…、 なんて ことでしょう(笑)

今度は間違ってはいたけれど、ちょっと 惜しい(?)話です。

学生の頃に、付き合い程度で友人とスポーツ店に行った時のことです。大していや全然スポーツに興味のない私は、連れが楽しく品定めをしている間、ただただ暇でした。仕方ないので陳列された商品を見るともなく見ていた時のことです。

ニケ…? 「これ ニケと読むの?」とシュピンッと刀傷のようなロゴの入った商品を指して聞きました。友人は驚いて、「ウソやろっ!!」の一言。

皆さん ご存知 「ナイキ」 と読むのですが、「あぁ そぅ、 まっ ナイキもニケも(自分にすれば)一緒やけどね。」
それから10年程経った頃です。 コンビニエンスストアでたまたま見かけて、買ったのがこの本。

694-1

「天使」と「悪魔」がよくわかる本。

皆さん、天使といえば、背中の翼がイメージとしてしっかりあると思います。しかし もともと聖書には天使の姿形についての描写は、ほとんどなかったようです。有翼の姿が人々に広まるのは4世紀以降とのこと。この時にモデルにされたのが、ギリシャの女神「ニケ」。ローマ名はウィクトリア、英語ではヴィクトリア。 勝利の女神です!

そしてスポーツメーカーの「ナイキ」は「ニケ」の英語読みで、会社のロゴは翼がモチーフということが書いてありました。学生の時に知らずに「ニケ」と読みましたが、あながち間違っていなかったのかな と。(笑)

最後に。
皆さん、「Michael」 これを何とお読みになりますか。

最近 知ったことなんですが、この「Michael」は 英語読みすればマイケル、ヘブライ語読みすれば ミカエルだそうです。私にすれば、「うーん、まぎらわしい。」(笑)

マイケルと読めば、「フォッー!」と独特なダンスで奇声を発する マイケル・ジャクソンが頭に浮かび、ミカエルと読めば、大天使ミカエル、教会の大聖堂や聖書が浮かぶかもしれません。

694-2

最初に活字を見て、次に読んで、そしてイメージする。 視覚 → 聴覚 → イメージ。でもそれらはちょっとしたきっかけで、大きく変わるんですね。言葉とイメージって、ホントに面白いなとつくづく感じます。

第693回 「熊本地震災害に想う」

4月19日

先週起こった熊本地震は、「本震だと思われたものが前震だった」「震源が移動する」「今までにない回数・大きな余震が続いている」など、聞いている私たちも戦慄を覚える現状です。被災者の方々は本当に辛い日々をお過ごしのことと思います。心からお見舞い申し上げます。

693

熊本の友人の安否が確認できホッとしましたが、大変な事態はこれからもしばらく続くでしょう。人は、「想い」と「行動」の両方が大切ですが、熊本の皆さまのために、今自分は何ができるのか?…まずは、寄付しかありません。

調べると、寄付もずいぶんと多様化しています。ネット募金も多くなり、クレジットカード決済もできるようになって、非常に行動しやすくなっていると感じました。夫と話し合い、人・みらい研究所は被災された方々に渡る赤十字の義援金を、夫は熊本県の自治体に直接寄付することにしました。彼は旧・吾北村の出身なので「同じ村である南阿蘇村に寄付したい」との意向でした。

郵便局に行き、赤十字社への募金の振込用紙をカウンターに持って行くと、「手数料が◯円になります。」ん?「赤十字への義援金は、振り込み料が無料のはずですが?」と言うと「お調べしますので、お待ち下さい」。…寄付活動が始まったばかりとはいえ、係の方がご存じないのはちょっと腑に落ちませんでした。

そして南阿蘇村への寄付。見ていくと ふるさと納税サイト「さとふる」なるものがあり、ちょうど「ふるさと納税で南阿蘇村、菊池市を応援しよう」というキャンペーンをやっていました。

うん、ふるさと納税っていう手もあるね。仲介の「さとふる」は一切の収益をもらわないそうで、安心。「なお、お礼品はございませんのでご了承ください。」もちろん、そんなものはいりませんとも。

「南阿蘇村へ寄付する」をクリック→会員登録ページで、会員登録する・しないを選んで、寄付を行う→寄付金額を打ち込み→情報の入力で名前、住所、電話、メールアドレスなどを打ち込んでいきます。クレジットカード決済ができるので、非常に便利でした。

よく考えられているなあと思ったのは、寄付金の使い道も6つから選べるようになっていることでした。金額を細かく分けることもできます。ご参考までに。

1.指定なし
2.地域振興
3.公共施設の整備
4.社会福祉の向上
5.環境保全対策の推進
6.財政健全化

 

以前の震災で被災した友人が言っていました。

「きっと今は、身を守ること、目の前のことで精一杯で、身近な人との連絡もままならない状況なのでは…。」
「まずは電源が限られた中での身近な人との連絡や、生きるため、身を守るために最低限必要なことを、今は優先させてあげて欲しいな」

電源も限られている…。聞いてみて、ああそうだ、と初めて気がつきました。つい心配で「大丈夫?」とかメールしたりしがちですが、その方にとってはそれどころではないですものね。経験者だからこその重い言葉で、学びになりました。

避難所の物資も不足しているそうで気がかりですが、まずは道路などのインフラが整わないとどうにもなりません。どうか一日も早く復旧できますように。

そして心身共に疲れ果てていらっしゃる皆さまが、少しでも早く、長く安らげますように。