第670回 「さよなら、療育福祉センター」

高知市若草町にある、高知県立療育福祉センター。昭和31年に「県立整肢子鹿園」として開園し、昭和39年に「県立子鹿園」と改称。平成11年に6機関を統合し、「高知県立療育福祉センター」と改称されました。心身の発達に障がいのある子供たちの医療、福祉、相談等の必要な支援を行っている施設です。(下の写真は北口。写真はすべてクリックすると大きくなります)

670-1

昭和61年生まれの長女、涼歌(すずか)は4歳から24年間、ずっとこちらのリハビリに通ってきました。保育園の頃、大腿部の腱を切る手術もこちらで受けましたし、言語療法も4歳から2年ほど受けていました。(下の写真は南口)

670-2

20年以上ずっとお世話になってきたリハビリの嶋田先生がこのほどご退職になり、それに伴い来年から彼女のリハビリは、南国市の重度心身障害者施設「希望の家」に変わることになりました。

偶然ですが、療育福祉センターもこのほど建て替え工事をすることとなり、昭和50年に建てられた本館は近々、取り壊しをされるようです。

670-3

そして実は、中村も4歳から3年半、子鹿園に入所していたのです。幼い頃だったので、家に帰りたくてたまらなかったと聞いたことがあります。同時期には、ソプラニスタの岡本知高さんもいらっしゃったとか。そんなわけでここは、人・みらい研究所にとっても思い入れのある場所なのです。

670-4

受付付近。夏休みの期間とかはごった返し、待ち時間が長くて大変だったことを懐かしく思い出します。

670-5

遠隔地の子どもはリハビリなどの訓練に通えないため、お母さんと一緒に短期間入所する、「母子入園」をしていました。左の窓はそのための「母子棟」の部屋の窓です。

670-6 670-7

中庭。中村曰く、「昔はここに保育園の砂場があった」そうです。ピンクのブーゲンビリアの花も、長年咲いていましたっけ。

670-8

20年通った、リハビリ室の中です。たくさんの道具が並んでいます。

670-9

次女が幼かった頃は、おもちゃが一杯あるここは天国のようで、一緒にリハビリに来ては喜んで遊んでいました。(笑)

670-10

食堂です。かつては多くの子どもが利用していたのでしょう。「7の付く日はカレーライス」と聞いたことがあります。

670-11

今では使われていない、洗面室。中村によると、昔はこの小さな棚1つ1つに歯磨き用のコップを入れていたとか。もうかなり前から床がたわむので危ないと使われていないようです。

670-12

特に時代を感じるのが、トイレです。男性トイレと女性トイレが同じ部屋にあるって…今では考えられないですね。しかもドアがカーテンだったりするわけですし。

670-13

駐車場の植え込みもプールも、もう撤去されました。
これから建築工事が始まるのでしょう。

涼歌のこちらでのリハビリも残すところ、あと1回です。本当に長いことお世話になった子鹿園=療育福祉センター、嶋田先生にこの上なく感謝しています。

新しい療育福祉センターは、平成29年にオープン予定だそうです。

 

 

第669回 「土佐弁シリーズ③」

10月29日                中村 覚

「こんまいことを ちまちま 言よったち、いかんき~」
→「小さなことを細々 言っていても だめだから~」という意味です。
「物事は俯瞰して見よ!」 みたいな言葉がこの後に続くわけです。
ということで 今回は、初っ端、大きく出たいと思います。

まずは、土佐にゆかりのある歴史的名曲をどうぞっ!

「春 高楼(こうろう)の花の宴   巡る杯 影さして~♪」
あれ? またお酒の話? いえいえ。 と言うか、これ「荒城の月」でしょ? そうです、荒城の月です。 荒城の月と言えば、作曲は瀧廉太郎・・・ 瀧さん、高知県出身だったっけ? 違います。じゃあ 作詞の土井晩翠? 違います。実は土井晩翠の奥さんが高知県出身なんです。  晩翠さん、土佐のお嫁さんをもらったから、あんなすばらしい歌詞をお書きになられたのでしょう。(笑)

奥さんの名前は土井八枝さん。 この方「土佐の方言」という本をお書きになっています。 この本です。

IMG_2772

実はそれを知ったのはつい最近です、おどろきました。 歴史的役割の大きな方ではないでしょうか。

土佐弁の「オドロク」について。
私のさきほどの「おどろきました。」というのは標準語の「びっくりした」の意味です。ところが 祖母の使う「オドロク」は違っていました。

「今朝は早うから おどろいた。」というわけです。明け方にショッキングな夢でも見たのか? もしくは朝早くから家族にびっくりさせられたのか? 実はこれ 「今朝は早くから目が覚めた」の意味です。
【オドロク】 目が覚める。

同じ土佐人でも世代の違う 私にすれば「なんじゃ そりゃ? まぎらわしい」ってなものです。まぁ 今 考えると「毎朝、毎朝、なにか新発見を楽しみに驚きをもって目覚めたい」みたいな感じっていいですよねぇ~。そんな意味ありませんけど(笑)。

次は取り扱い注意の土佐弁。 県外の方には なかなか わかってもらえない方言です。

まずは「 カク 」     例 → (机を)カク。
「机さん、机さん、かゆいのはここですか?」 ポリポリ。
「いやー中村君、助かったよ。」 「いえいえ また いつでも どうぞ。」
・・・ これは 無理。

【カク 】(重い物を) 持ち上げたり、運ぶ。

「このタンス、一緒にカイテ」。こう使います。

次は 「ノーガワリー」
例えば、友人が ぶかぶかの靴を履いているのを見て「ノーガワリーろ」と言います。 高知県人同士なら問題ないですが、県外の方なら「(そんな大きめの靴を履いて、お前は) 頭が悪いのか」 と言われたと思い、気分を害するかもしれません。

【ノーガワリー】 具合が悪い。
「 ノー 」は性能の能です。脳ではありませんので、以後 お見知りおきを。

そして、「ノーガワリー」は、語気を強めて言う場合もあります。例えば 「いよいよ(本当に) この車、ノーガワリーッ!」 エンジンがかかりにくいなどの理由から、具合が悪い、役に立たないと、舌打ちの一つも交えてののしる時です。(ちょっと言い過ぎか?)斬って捨てる時ですね。

土佐人は自分の思い通りにならない物(特に所有物)に対しては、容赦なく斬りつけます。思い通りにならない物は大嫌いです。(笑)

「いよいよ この車、ザット シチュウ!」 これは平成版「天誅」の意味です。 バッサリ やります。

【ザットシチュウ】 雑な、いい加減な
・・・天誅はウソです。(笑)

では、最後に。 数年前に、知り合いから聞いた話で、いまだに忘れることができない「やっぱり土佐の方言は伝わらない」話です。

全国の色んな企業が集まった会議で、収支報告を聞かれた時のことです。 「うちは 今年は、トン トンでした。」 すると同席している皆さんは「?」。
妙な空気を感じたので、あわてて「ボッチリということです。」 と言い直したのですが、やっぱり「?」。 悩んだ末、「今年は プラス マイナス ゼロでした。」 すると、一同 「おぉ なるほどぉ」 やっと納得してくれたそうです。

この方は、高知に帰ってきて、 「いよいよ、県外に行ったら、土佐弁は英語より通じざった。」 → 「本当に、県外に行ったら土佐弁は英語より通じなかった。」と同僚にこぼしたそうです。

【トン トン】、 【ボッチリ】 丁度の意味。

では今回はこの辺で締めるのがボッチリかと。(笑)

第668回 「土佐弁シリーズ②」

10月24日                中村 覚

【タカデタマルカ ヤチガナイ】 こういった意味のわからない言葉も だいたい3回ぐらいくり返せば、ありがたく聞こえてくる気もします。(笑) 実はこれ、「本当にたまったものではない。ばかばかしい。」という意味の土佐弁です。大正生まれだった祖母もこれは言いませんでした。つまり、私は今まで聞いた事もなければ使った事もない代物です。

それでも今回紹介したかったのは、この言葉に「デ」や「ガ」の濁音が含まれ、勢いもあり、響きも面白く 「いかにも土佐弁!」と思ったからです。

本やネットで調べていると思わぬ発見(?)がありました。日頃からよく使っているために てっきり標準語だと思っていたものが、「これ 土佐弁なが?(土佐弁だったのか?) すっかり騙されちょった(騙されていた。) 」という具合です。

その代表格が【マケル】。
これは勝敗に負けるの意味ではなく「 液体が容器からこぼれる 」の意味です。

例えば、「コップの水がマケル。(こぼれる) 」「バケツの水がマケタ。(こぼれた) 」という具合に使います。

また この「マケル」に関連して 「マケマケイッパイ」 という言葉があります。

【マケマケイッパイ】 容器に液体がこぼれる程に入っている状態。

水やジュースなど液体が 表面張力、もう無理! と言わんばかりに入っている様は、見ているだけで気持ちが豊かになります。 ましてや それがお酒となれば。(笑)

土佐の先人達は杯にマケマケイッパイ注がれた酒を酌み交わし、なんちゃじゃない(たいしたことのない)ことにも議論を吹っかけ、どんちゃん騒ぎで盛り上がり、宵越しの金は持たぬと豪語する内に「♪~おらんくの池にゃ 潮吹く魚が泳ぎよる~♪」と歌い出したのでした。

IMG_1788
※土佐人のおおまかなイメージをデフォルメした表現ですので、事実とは異なります。

「おらんくの池にゃ 潮吹く魚が泳ぎよる 」
これは高知県民謡 「よさこい節」の歌詞の一部分です。意味は「私の家の池には潮を吹く魚が泳いでいます」。 池というのは太平洋のことで、潮吹く魚は鯨のことです。 太平洋は高知県民のものじゃないのに、好き勝手言ってゴメンナサイね、 酔ってるもんですから。(笑)

「マケマケイッパイ」 酒処の土佐だからこそ映える言葉ではないかと思うのですが、 ただの身贔屓でしょうか?(笑)

次は 【ドレバー、コレバー】【モービット】
「どれくらい? これぐらい」「もう少し・・・」の意味です。

IMG_1790

端的なのは やはり宴会、グラスにビールやお酒を注ぐ時です。注ぐ側が「ドレバー(どれくらい入れましょうか?)」、注がれる側は親指と人差し指を使って、「コレバー (これぐらい入れて)」と指し示します。お酒の好きな人は 注がれた後に、遠慮気味に もうちょっとだけ注いでほしい気持ちを相手に伝える時に「モービット(もう少しだけ)」と付け足します。 ちなみに「ピット」とも言います。

ビットは少しの意味。 既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、この「ビット」、実は英語にもあります。  bit =「少し」   a little bit =(量が) 少し。

結構、国際派!

【アイマチ】 思いがけず負傷すること。「あやまち(過失)」の訛ったもの。

以前、知り合いが怪我をして手術の必要もあり、2ヶ月程 入院しました。退院後、「今回は、いよいよ(本当に)、アイマチをした。」と言うわけです。私はアイマチという言葉を聞くのは初めてでしたが、話の前後から何となく意味はわかりました。 そして言葉の響きが良いなと思ったのです。単に怪我をした、手術をした、長い入院をした、という言い方だと、怪我による痛みや不便さを第一にした会話に聞こえます。(怪我をしたわけですから 当然のことです。)

ところが「アイマチをした」と言うと、怪我に始まり入院中の時間の過ごし方などから、色々と考えるところもあり、確かに怪我をしたことは良いことではなかったが、今回の一連のことは悪いことだけでもなかった、と含みがあるように聞こえました。この含みが良いなと! もちろん これは私の勝手な拡大解釈ですので、言った本人はそんなつもりはなかったのかもしれません。でも土佐弁の深みを感じました。