第680回 「LABプロファイル」

1月22日

「プロファイルと言えば、犯罪捜査!」アメリカの捜査官もののドラマが大好きな私には、そういう思い込みがありました。

だから今通っているNLPの講座でも、「講座の8日目には、LAB(ラブ)プロファイルの試験があります」と言われた時に、(え?なんで?)と、今ひとつピンときていなかったのです。

実は「プロファイル」とは横顔とか分析結果、というような意味。もちろんNLPで学ぶのは「捜査に関する分析」ではなく、LABプロファイル=言葉(Language)と行動(Behavior)の関係性分析。言語パターン、と言ってもいいでしょう。相手とのコミュニケーションをよりうまく行うためのノウハウです。

たった12個の質問から相手が「何を」話すかではなく、「どのように」話すかで思考パターンを分析するのです。それによって、どう自分が話せば、相手にメッセージがより届くかがわかりますし、相手のこともより理解することができます。言葉だけで相手に影響を与えることもできるのです。

たとえばあなたは服を買う時に、どういう優先基準で買っているのでしょうか。色やデザイン?もしくは店員さんのお薦め?または着心地?価格?

680-2

実は優先するものは、ほぼ同じパターンだと思います。たとえば私は色やデザイン優先(視覚型)ですから、店員さんに「きれいな色でしょう?他にもこんな色がありますよ」と言われると、つい近寄りたくなります。

でも、「これは女優の◯◯さんが雑誌で着ていたもので~」(聴覚型)とか「とにかく肌触りが最高なんですよ」(体感覚型)とか、最初のプッシュの方向性が全然違うと、とたんに意識のシャッターがガラガラーっと下りて、「撤退!」となります。ペアワークをやってみた時には、我ながらその違いにビックリしました。(笑)

LABプロファイルの勉強は12枚(!)ものDVDを視聴するもので、何回寝落ちしたことか。(笑)でもお正月休みを挟んだお陰で、何とかクリアできて助かりました。

680-1

先週の日曜日が、その試験日でした。間の悪いことにホテルのエアコンが寝ている間に切れてて冷え込んでお腹をこわし、眠れないまま研修会場へ。

試験は36のパターンと12の質問内容を書き出す筆記試験でしたが、さび付いた記憶力にむち打った成果で、なんとか合格を頂けてホッとしました。NLPプラクティショナーコースで一緒に学んだ仲間18人が全員合格で、みんなで喜び合いました。

NLPも面白いけど、LABプロファイルをもっと突き詰めるのも面白そう!

しかし、それには軍資金が~(汗)。と嬉しい悩みが増えた2016年初頭です。

 

第679回 「年神様」

1月15日            (中村覚)

何事も勢い付けば、タタタッーと流れに任せて一気にやってしまいたくなる性分です。昨年末の大掃除など その最たるものです。窓ガラスを拭いて、水回りは磨いて、要らない物は捨ててと 正月に向けて王道まっしぐらでした。

679-1

これらにプラスして例年になく塀磨きにもちょっとばかり精を出しました。ところが、力任せに たわしでゴシゴシやってた 2日目、急に首、肩、に痛みが出て 左右はおろかしっかりと上を向くこともできなくなってしまいました。こうなると塀磨きはもちろん、その他の掃除もストップ。大事なのは休養に早変わりです。家や部屋が徐々にきれいになっていく様を見るのは気分も良かっただけに途中で止めなければならないのは悔しく、気持ちだけエンジンがかかったままでした。

そして、2日後 やっと首が治りはじめた頃、「完治は待ってはおれぬ・・・ 見切り発車、掃除再開!」しかし、すでに元旦。子供の頃に聞いた言葉が頭をよぎります。「正月、三が日は掃除をしてはいけない、福を逃がす、家から福が出て行く~。」 みなさんはこういった事をお聞きになったことがあるでしょうか。

でも 世も既に平成28年、21世紀ですぞ。お戯れを申すな、きれいに掃除をして何が悪い。 そもそも大掃除をしたぐらいで 「福が家にやって来る」という考え自体、かなりオメデタイですぞ!(笑)

大掃除の続きをやりたいばかりに、こんな風に考えたのでした。けれど一通り文句は言ったものの、やっぱりやらない方が良いかなあと。長い物には巻かれろです。

そして、この一連の流れを後日、筒井に聞いてもらったところ、「大掃除をしたから福が来るんじゃなくて、お正月にトシガミサマを迎えるために掃除をするんじゃないの?」と言われました。 ・・・トシガミサマ?どなた様?

初めて聞く名です、調べました。
年神様。 神です。 私が悪うございました。

大掃除は年神様を迎えるためのもの、そして正月 三が日に掃除をすることは年神様を家から追い出すことになるのだそうです。ほうきで掃けば運を吐き出す、水で洗い仕事をすれば、幸運を流す などなど。知らないとは罪ですね。なんとご無礼なことを・・・。 所詮、人間ふぜい、やはり ここは ゴマすりすりしておかねば。

年神様のご紹介です。 皆さん、よぅ~くお聞きください。
年神様とは、1年の幸せをもたらす新年の神様。(神道の神) 別名 「正月様」。

祖霊神や山の神でもあるので、子孫繁栄、五穀豊穣と関連があり、幸福や健康を授けてくれるとされています。元旦に年神様をお迎えする意味から、新年を“迎える”と表現するのだそうです。掃除、門松、しめ縄、しめ飾り、鏡餅などは全てお迎えするための準備なのです。(そうだったのかぁ~、キレイに全部 知りませんでした。)

679-2

門松は年神様が家々に迷わずやってくるための目印。

「 門松を飾っておく期間 = 年神様がいらっしゃる期間 」 と考え、1月7日まで。 これを「松の内」と言います。ちなみに松の内にしておくこととして、初詣、年賀状のやり取り、年始のご挨拶などがあるそうです。

しめ縄、しめ飾りは年神様をお迎えするための神聖な場所の意味。

天照大神が岩戸に2度と隠れないように、縄をはったとされる日本神話に由来してのことです。しめ飾りは玄関に飾ることで、災いが家に入って来るのを防ぐようです。しめ飾りを飾る期間は門松と同じで、一般的には1月7日の松の内までとのこと。

679-3

鏡餅は家にいらっしゃった年神様の依り代(居場所)になります。

神社ではよく鏡をご神体としている所があります。 そのご神体の鏡をお餅で表現したことから鏡餅と呼ばれるようになったそうです。丸い形も昔の鏡を元にしており、大小2段になっているのは、月と太陽、陰と陽の表現で、円満に年を重ねるといった意味合いです。

このように、正月になれば今まで当たり前のように見てきた物にも、ちゃんと意味があるんですね。そうとわかれば、やっぱり新年早々の掃除は お控えなスって!

まっ こういった話は、人それぞれ 「信じる」、「信じない」あると思いますが、意味付けとして、ちょっと面白いかも? と感じることができるものは、知ってて損はないかなと思います。いや もっと正直に言うと、子供の頃から「日本昔ばなし」が好きだったせいか、知ってしまえば好感を持って素直に従うのです。(笑)

第678回 「同窓会のサプライズ」

1月9日

今年初めてのコラムです。
皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

678-1

今年は、ずいぶん温かいお正月でした。
1月2日には毎年の恒例行事がありました。中学校の同窓会です。

今年は卒業して40年の記念同窓会だったのですが、その幹事を仰せつかっていました。幹事は毎年、男性と女性の2名があたるのですが、今回のペアのOくんはサービス精神が旺盛で、「せっかくの記念同窓会だから、遠方からの参加者も集めよう」と、年間を通じて活動してくれていました。以前首都圏にいた強みで首都圏同窓会をしたり、ニュースレターを出したり。

かたや私は、昨年は最も仕事が多忙だったせいで活動がままならず、本当に申し訳ない思いで一杯でした。12月の研修が20日に終わってから遅すぎるスタートダッシュでしたが、せめてもと17ページの記念冊子を製作しました。返信ハガキのコピー、以前の同窓会の写真、今年の同窓会ニュースレターにコラムなど。

当時のクラスは46名でしたが、40年たった今でも全員の住所がわかっています。もう同窓会もSNSやLINEで連絡するご時世ですが、私たちはいまだに往復ハガキ。そして、近況を添えたハガキの返送率は何と8割!出席者は最終的に28名に達しました。
同じ中学校出身の次女が「それ、1クラスでね?学年じゃないよね?」と訊いて来ました。確かに…。(笑)出席率は6割、過半数です。

しかし予想を大幅に超える人数だったため、予約していたお店の部屋(24名まで)に入りきらず、12月20日にあわてて別の店を探すという、嬉しい悲鳴でした。

ネットで探していると、「同窓会プラン」というお得なプランを見つけました。

・30名以上で、恩師1名の食費がタダ
・集合写真を最初に撮ってくれ、帰るときに渡してくれる

集合写真!?後日送ろうと思っていたので、これは助かります。葉山という老舗料亭で、広い畳の部屋を自由に行き交えるのもいい。渡りに船でこちらへ変更しました。

当日は、飛び入り参加のお子さんがいたり、同級生同士再婚したカップルにサプライズでお祝いの品を贈呈したり、その男性がみんなの名前を彫ったハンコを配ったり(みんなにはサプライズでした)、楽しくワイワイと過ごしていました。

678-3

そして最後にサプライズをくれたのは、久々に参加してくれたAくんです。

なんと、当時みんなが美術で作った銅版画をもらってずっと保管していて、それを返してくれたのです。なんでも「40周年の同窓会の時に配ろうと決めていた」そうで、25~6名分あったでしょうか。全員ではなかったのですが、これにはみんな大感激。「え~、全然覚えてない!」「みんな、うまいねえ」と大盛り上がりでした。ありがとう、Aくん!

678-4

というわけでサプライズ一杯の同窓会も無事終了。
改めて、「人」が「人を思う」ことの素晴らしさに感じ入りました。

年に一度 40年も集まっていると、なんだかもう同級生というよりも親戚に近いように思います。改めてこういうクラスを創って下さった担任のS先生には感謝です。

出席したみんなの満面の笑顔を見られて、今年も元気で頑張れそうだなと嬉しくなった年明けでした。

678-2