第692回 「放送のリアル」

4月16日

熊本で震度7の地震が起こり、その後も大きな余震が相次ぎ、本当に心配です。九州の皆さまが、どうぞ一日も早く穏やかな日常にお戻りになれますようにお祈りいたします。

今日16日の土曜日の朝10時、私は高知さんさんテレビに向かっていました。

692-1

実は土曜日の12時からの「おちゃのまLive さんスタ!」という情報番組に出演させて頂く予定だったのです。しかし熊本地震が起こり「難しいかも…」と感じつつ、状況が流動的なため、ひとまず局に伺うことになりました。

私は独身時代、NHK高知でニュースキャスターを務めていましたが、民放へのスタジオ出演は初めてです。「さんスタ!」はこの4月から始まった番組ですが、高知らしい明るさ満載で、日頃から拝見しているので楽しみにしていました。

まずはディレクターのTさんにお目にかかり、打ち合わせです。何かと細やかに対応して頂き、助かりました。
692-2

1時間番組で、台本は6ページにわたっていました。関係スタッフの方々は25名ほどでしょうか。キューシートと呼ばれる番組進行表は、「VTR」「中継」「CM」「モニター」などが一覧でき、秒単位で計算されています。

692-3

その後はリハーサルでスタジオに移動です。テレビで見慣れた色鮮やかで可愛いセットが並んでいます。

692-4

イスに座ると、カメラが目の前に3台。ピンマイクを付けます。あー懐かしい、この感じ。何とも言えない、スタジオの空気感です。スタジオって、独特の時間が流れているように思えるんですよねぇ…。

692-5

司会の合田泰吾アナウンサーはとてもフランクながら実際お会いすると落ち着いた風格があり、和田早矢アナウンサーは目がくりくりして可愛らしい美人さんでした。リハーサルが始まり、私はコメンテーターとしてご紹介頂きました。

692-6

時間がわかるよう、秒針が付いた大きな時計が目の前にあります。以前いたNHKと違ってCMがあるので、タイム管理が難しそう。

VTRを受けての感想、中継先の玉井アナウンサーとのかけ合いがうまくできるかなど、それぞれのシーンを確かめていきます。若い司会のお二人の「さんスタ!」らしい楽しい空気感がとても居心地良く、あっという間に30分ほど時間が過ぎました。

692-7

リハーサルが一通り終わって、本番まで休憩です。無人になったスタジオで許可を頂いて、日頃は見られない角度からのスタジオ風景を、コラムをお読みの皆さまにお届けしようと、撮影をさせて頂きました。

692-8

床に貼られている「ばみり」です。立ち位置や小道具の場所などに付けられた目印のテープで「和田イス」「ごうだ」などと書かれています。

692-9

ライトは昔に比べて、少ないのに明るいなぁ。小型になったカメラと共に、技術の進歩を実感しました。

692-11

地震などの災害直後の情報番組というのは、放送する側も悩む所です。そのため「さんスタ!」も今回はオープニングの楽しいタイトルは抜きにして、司会お二人の2ショットから入り、報道センターにつなぎ、それから番組に返る…といった流れを予定していました。

東日本大震災の後、震災映像ばかりが一週間ほど流れ、それで心の病を発病した方が多かったことをご記憶の方もいらっしゃるでしょう。実は私の長女がまさにそうなってしまい、いまだに回復しきっていません。(そのあたりのことは第469回「新たな試練」にも書いてあります。)

今回も「地震、恐い」と言うので地震映像は極力見せないように、注意を払っています。そういったこともあり、テレビをご覧の皆さまにもひととき、ホッとする時間を味わって頂く選択肢を提供したかったのです。スタッフの方々にも了承してもらい、それをオープニングで少しお話しさせて頂こうと思っていました。

本番45分前になってTディレクターがいらっしゃって「申し訳ありません、やはり飛びました」。フジテレビの地震特番になり、ローカル番組は中止になったのです。

これがまさに、放送のリアルです。でもこういったことはめったにあるわけではなく、ディレクターも初めてとのこと。貴重な現場を見せて頂いた体験となったわけです。「ぜひ改めて来月に」とおっしゃってくださいましたが、私のスケジュールが7月初めまで埋まっているため、改めて仕切り直しとなりました。

「さんスタ!」の皆さま、ありがとうございました!またよろしくお願いいたします。

692-10

その後、主人と長女と一緒に一宮神社にお参りに行きました。

九州の雨がひどくなりませんように。
どうか一日も早く地震が収まりますように。

被災なさった皆さま、どうかご無理をなさらず、
ご自身をいたわってお過ごしくださいますように…。

第691回 「感嘆!大塚国際美術館②」

4月9日

691-1

前回に続き、大塚国際美術館のご紹介です。(ぜひ、写真をクリックしてご覧下さい。)すべてオリジナル作品ではなく、レプリカばかりのこちらの優れた点は、世界中の名画のオンパレードである、ということです。美術の教科書で見た名画、来日した時に何時間も並んで人混みの間からわずかな時間しか見られなかった名画、現地ではめったに公開されない名画がゆったりと間近で鑑賞できる贅沢さ。

691-2

レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」は、名画の代名詞のようなものですよね。1974 (昭和49)年に来日した時には、1点のみの単独展にも関わらず、東京国立博物館は入場者が1日3万1120人の新記録を作ったそうです。それがここでは、こんなにゆったり。

691-3

ピカソの「ゲルニカ」の前を、ベビーカーがゆっくりと通り過ぎます。
非日常と日常の交錯です。

691-4

ムンクの「叫び」の横でこのポーズをしても許されます。(笑)

691-9

特筆すべきことは、絵画の修復前と修復後の絵画作品を一度に見比べることができるのです。レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、壁の左右に修復前と修復後が飾られ、その違いを確かめることができます。

691-s-1

ビフォー。もう、このオリジナルは現存しませんので、非常に貴重です。

そもそもこの絵はミラノの修道院の食堂に描かれたそうで、台所の裏側の壁で湿気が高かったため作者が生きていた頃から破損が始まり、第二次大戦の空爆で無残な状態になっていたのだとか。

691-s-2

アフター。確かにキリストや使徒の顔が元の姿を取り戻し、バックや色などもきれいになっています。でも、修復前の重々しさがどこか失われたのが惜しい気もします。

691-7

モネの「大睡蓮」は屋外展示で、溢れる光の中にあります。強い陽ざしでも色褪せない陶板の性質が、十二分に活かされていますね。

691-10

「裸のマハ」と「着衣のマハ」は隣同士に展示されていました。

その他、「真珠の耳飾りの少女」(フェルメール)、「ヴィーナスの誕生」(ボッティチェッリ)、「落ち穂拾い」(ミレー)…いやもう、名画の目白押しです。

691-11

ゴッホの、幻の「ヒマワリ」もありました。第二次世界大戦で焼失し、二度と見ることができない通称「芦屋のヒマワリ」を、原寸大の陶板で再現したものです。背景の青が印象的ですね。失われた名画の陶板での復元は初めての試みだそうです。

691-8

その他、大きな祭壇の豪華さと存在感には圧倒されっ放しでしたし、礼拝堂は前回のもの以外にも複数あります。

691-5    691-13

この日この美術館だけで4時間半過ごし、なんと5kmも歩き、美術の宇宙に揺蕩う(たゆたう)ようでした。まだまだ紹介しきれないお宝が一杯で、本当に一見の価値があること請け合いです。

691-12

あまりに素敵だったので、夏に家族を連れていく計画を立てています。実はまだ、見落としていたものがあったと判明したのです。恐るべし、大塚国際美術館!(笑)

第690回 「驚嘆!大塚国際美術館①」

4月1日

美術館としては、日本一高い入場料 3240円。しかも、展示されているすべての美術品は複製品(レプリカ)。それでも、「行ってよかった美術館&博物館ランキング2011」で堂々の第一位を獲得した大塚国際美術館。いったい、どんな所なの?って思いますよね。

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館は、母体があのポカリスエットやボンカレーで有名な、大塚製薬です。先日、母の81歳の誕生日のお祝いに妹と3人でこちらを訪れました。2人は10年前に行っているのですが、私は初めて。

690-1

こちらが入口。拍子抜けするほど、こぢんまりとした感じです。なんでも、瀬戸内海国立公園内にあるため建築規制があり、山をくりぬいて地下3階の巨大な空間を作ってあるのですが、地上には2階建ての部分しか見えないのです。

690-3

そのため、国立新美術館に次ぐ日本第2位の広さ(延床面積29,412m²)にも関わらず、圧迫感はゼロ。でもネットで下調べをすると、見学の総延長が4kmにもなり、1日でも回りきれないほどだとか。

690-2

入ってすぐに長~いエスカレーターがあり、そこを上って行くと、地下3階に着きます。え、上って地下3階?と思われるでしょうが、入口が坂の途中のためです。この日は観光シーズンの土曜日だったので混むことが予想されたため、11時過ぎでしたがまずはランチに。

690-4

レストランは1階です。外壁補修工事のため、シートがかかっていて外が見えなかったのが残念。「うずしお海鮮丼」(1200円)を頂きました。

690-5

タイ、エビ、サーモン、イカ、イクラ…などが入っていて、なかなか美味でした。おつゆのワカメの量がハンパじゃない、さすがは産地。タイのアラもおいしかったです。

690-6

妹は3月までの企画展に合わせた期間限定のテーマランチ、「悪(ワル)のランチ」(1000円)。うーん、和食の方がこちらは得意なのかな?と感じました。

さて、地下3階に戻り、いよいよ探索開始です!

まず入ったのが正面にある「システィーナ礼拝堂」。いきなりの広大な空間に、圧倒されます。ぜひクリックしてご覧下さい。

690-7

こちらの美術館の売りは、「環境展示」。行動や生活を見せる旭山動物園の「行動展示」が有名ですね。こちらは環境ですから、古代遺跡や教会の壁画などを原寸大でまるごと再現してあるのです。そして、その材料はなんと「陶板」。つまり、すべて焼き物で本物と寸分違わず作られているのです。凄すぎる!

690-8

臨場感、圧倒感、とにかくその迫力に打たれます。私は本場バチカンのシスティーナ礼拝堂にはきっと死ぬまでご縁がないでしょうが、行った気に十分なれます。(笑)この天井画の一部分を展示してありました。

690-9

とにかく大きい。一見プロポーションが悪く感じられますが、天井に設置し15m下から見上げると、遠近法、短縮法、明暗法によって完璧なバランスに見えるそうです。(残念ながら、彼女が天井のどこにいるのかまったくわからずじまいでしたが…)

690-11

バチカンのシスティーナ礼拝堂は、ミケランジェロが1508年からわずか4年で描き上げたそうで、聖書の「天地創造」から始まる神と人類の壮大な物語が描かれています。ちなみにこの礼拝堂では結婚式もでき、女優の水野真紀さんもこちらで挙式なさったそうです。

690-10

しかし1998年の開館時には、この複雑な曲面で構成された天井と壁を結ぶ部分や微妙な反りを陶板で再現することは至難の業で、一部は再現できなかったそうです。

690-15

2008年の開館10周年にあたり、陶板を制作した大塚オーミ陶業株式会社は総力を挙げてミケランジェロの完全再構成を行い、ついに現在の姿に完成させたとか。なんだかもう、「プロジェクトX」の世界ですねぇ。

690-12

このように大塚国際美術館には、世界25カ国190以上の美術館が所蔵する1000点以上の名画が最新の技術によってすべて原寸大で忠実に再現されているのです。絵画は退色劣化しますが、陶板はそのままの色と形を2千年保てるとか。

だから、ここの美術館はロープもなく間近で鑑賞できるのです。それどころか、写真撮影もOK!みんな、パシャパシャ写真を撮っていました。(ただし作品のみの撮影や、ストロボや三脚の使用は禁止です)

その上、オリジナル作品の美術館なら絶対にできないことがもう一つ。

690-14

実は触るのもOK!なんです。

690-13

だから、デコボコした筆のタッチまでわかるんですよ。
入場料3千円オーバーも納得!さすがは日本の技術です。

次回も、大塚国際美術館についてお届けします。