第686回 「コミュニケーションのバランス」

3月5日

IMG_3177

最近「Aさんは話す一方で人の話を聴かないから、次回から何かの時に呼ぶのはやめよう」という話を、何回か聞きました。そう言われる「Aさん」は男性の場合も女性の場合もあります。しかしそう話している人が意地悪ではなく、むしろ日頃面倒見が良い人だったりすると、(この人はそんなにそれが嫌だったのか…)と気づくのです。

人は誰しも、「話す」と「聞く」比率の心地良いバランスというものがあるのでしょう。たとえば2人で話している時なら一方的にならないよう、お互い半々の5:5が理想的でしょうか。もっとも、当事者の特性で「私は話すのが苦手」なら話し好きな相手にたくさん話してもらっても、もちろんOK。「この人の話を聴きたい」とか、「好きな人の話なら、ずっと聞いていても苦にならない」ってこともありますよね。

そういった場合なら「話す」のが1で「聞く」が9の1:9でも、うまく行くのでしょう。バランスが偏っていてもグループ内でお互いに納得がいっているのであれば、別にトラブルにはなりませんよね。

問題はそうではなく、一般的な場合です。何人かで話しているにも関わらず、特定の人がずっとしゃべり続けている場合。「Aさんは確かに話が面白いんだけど、『いつも』『ずっと』コミュニケーションを独占している」ように周りに映ると、継続的な人間関係の場合は、排除の論理が働く場合があることに、思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

通常 コミュニケーションのバランスについてまでは、あまり思いが至らないことが多い気がします。話し上手と言われているにも関わらず、そこに無頓着な方は結構いらっしゃいます。しかし話を独占するということは、常に自分中心に話が展開する、つまり相手に話を振っていない=相手を尊重していないように映るのではないでしょうか。

人は誰しも自分が話したい欲求があります。「いや、自分はそうではない」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、自己承認欲求=「私を認めて欲しい」思いは「自分の話を聴いて欲しい」につながると思います。

私自身、「Bさんは良い人なんだけれど、なぜ会うことに気が進まないのだろう?」と不思議に思うことがあり、思い返してみると「話す」と「聞く」比率が2:8くらいに感じられることに気づきました。「そう言えばBさんと会うと話を振られることがほぼなくて、Bさんの話ばかりだな」と思い当たり、納得したことでした。

人は若い時には長い学生生活で協調性が高く、話すより聞く方が得意の人が多いようですが、年を取るにつれ主体性が高くなり、おしゃべりになります。特に日本人はそうではないでしょうか。だから「年を重ねるほど、コミュニケーションのバランスに配慮しなければいけないなあ」と、これも他山の石です。

真の話し上手は、コミュニケーションのバランスにも配慮ができますから、もし「あ、今 自分がしゃべりすぎてるな」と感じたら、「◯◯さんはどう?」と話をしてない人にうまく振る。これ、大事だと思います。話をしてない人は話題がないのではなく、話す順番待ちをしている場合も多いのです。だから話を振ると、感心するような視点を提供してくれることも少なからずあります。

コミュニケーションのバランスに気をつけることができれば、あなたも「付き合って心地良い人」「よりコミュニケーションをとりたい人」に近づけることでしょう。ぜひ、時にはふり返ってみて下さい。

第685回 「ストローク研修」

2月26日

少し前に高知県医療ソーシャルワーカー協会さまからのご依頼で、研修を行いました。医療ソーシャルワーカーとは、病院などで社会福祉の視点から患者さまや家族の方々の相談に乗り、心理的・社会的な悩みの問題解決のお手伝いをする専門職です。状況に合わせた、わかりやすいアドバイスや援助などをもらえると困った時には助かりますよね。

685-3

今回は「人間力につながる、心の栄養源となるものを学びたい」ということで交流分析をお薦めし、その中でもストローク研修を3時間で、となりました。ストロークは「相手の存在を認める働きかけ」で、心の栄養素となるものです。いつも心を砕いてお仕事をなさる医療ソーシャルワーカーの方々に、気持ちにぽっと明かりが灯るような時間をお持ち頂こう、と思いました。

ストロークの定義から始まり、ストロークの種類と法則、ストロークの制限パターンなどを学んで、いくつものワークを体感して頂きました。

たとえば初めて医療相談室を訪れる患者さまに、パソコンを打ちながらあいさつするのと、仕事の手を止め・目を合わせ・笑顔で・立ち上がってあいさつする…など、何重ものストロークをかけるとどう感じ方が違うのか?など。

当日は34名の医療ソーシャルワーカーの皆さまがご参加くださいました。ほとんどの方が高知市内の病院勤務ですが、地域の病院や介護施設からもご参加くださいました。30代以下の女性がほとんどで、ワークをすると笑顔の花が咲き、ぱっと明るくなって「いいなあ」と私も楽しませて頂きました。

685-4

・「ストローク」とは何だろうと思っての参加でしたが、ストローク、心の栄養素というとても身近で大切なものであることを学べました。日頃ストレスを感じることが多いですが、職場内でストロークのやり取りができ、双方支えあえるような関係性づくりにつなげていければいいなと思いました。

・ストロークの分類やパターンを研修で教えていただいたことで、自分の苦手とするストロークを知ることができ、それについてどう逆転させていくかをワークもできたので、明後日からの業務に生かしていきたいと思います。

・あっという間でとても楽しく充実した時間でした。「ストロークを与えること、たくさん与えることで豊かになる」今日の研修で実感、体感しながら学ぶことができました。今とてもあたたかい気持ちとパワーで満たされています。会場全体でも笑いと笑顔、明るい声であふれて、豊かで幸せな空間になっていたと思います。明日からとても苦手な「断り上手」になれるよう、ストロークを磨いていきたいと思います。ありがとうございました。

685-2
ちなみに会場は最近できた「ちより街テラス」という、とてもきれいな所でした。

この後、新年会にもお呼び頂いて、医療ソーシャルワーカーの皆さんと楽しくストロークを交わしたのでした。ご縁を頂けて、とても嬉しい一日でした。

 

 

第684回 「土佐弁シリーズ④ 生活感」

2月19日              (中村 覚)

683

私が学生だった頃、食べ物や場所、特定の人物などを指して「ヤバイ」という言葉は、良くない、危険だ、避けた方がいいなど、マイナスの意味を持つものでした。ところが近頃、「ヤバイ」の意味合いは180度変わり プラスの表現として使われています。何かを食べて とてもおいしければ「ヤバイ」という具合に、賛辞になっています。

次世代が語感の響きに新しい意味付けをして頻繁に使用すれば、いつの間にか世間に根付きます。言葉は生き物と言いますが、まさにそうです。とは言うものの 最初に耳にした時には違和感があったのも事実です。(笑)

こういった言葉の世代間ギャップは、いつの世にもあるのでしょう。以前、叔父から珍しい話を聞いた時に、突発的に 「ウソッ!?」と 声が出ました。すると叔父は「ウソなもんか。」と戒めるように答えました。 私は話の内容を疑ったのではなく、「えぇ、本当にっ!」という感嘆詞的な意味合いで使った言葉でした。同世代なら普通の会話だと思うのですが、叔父は80歳を超えているので、「ウソ」という言葉に対して、私とは認識が違ったのです。「ウソ」は「嘘」で、嘘は言ってはいけないの「嘘」なわけです。

使い慣れた言葉は端的に感情を表現でき ニュアンス的にもバッチリです。多少の世代間ギャップがあっても です。そして、他県の人には わかってもらえなくても。

すっかり前置きが長くなりましたが、言葉のニュアンスなら地域に根付く方言が飛び抜けているのではないでしょうか。~という事で、土佐弁の4回目です。

【だきな】きたない。

だきな部屋や。→「きたない、散らかっている部屋だ」という意味です。整理整頓された状態からはほど遠いわけです。 いつもきれいにしておくのが理想ですが、忙しくてしばらく掃除ができておらず、最近 散らかっているな、(でも また掃除をすれば そこそこ きれいになる。) 部屋なんてのは こういった状態の繰り返しではないでしょうか。

しかし「だきな部屋」となると、掃除ができていなかった諸事情は一切許されず、掃き溜め ワースト1状態が頭をちらつきます。言葉の意味自体は普通なのに、ニュアンスがどぎついのです。友人宅に行って、ちょっと しかめっ面しながら「だきな部屋や」と言えば、友達関係 終われます。(笑)

【もぶれつく】 群がりつく、小さなものが群れている状態。

みかんや柿の木にたくさん実がなっている様を見て「もぶれつく、もぶれついちゅう」と言います。たくさん実っていれば たくさん食べられるわけですから豊かな状態、喜ばしい状態なはず。しかし、それを「もぶれつく」などと言うと、ちょっと どこか悪口? みたいな気も・・・。 土佐の先人達よ、ちょい ひねり過ぎた? でも、わかります。 「鈴なり」なんて目じゃねーぜ、やっぱ「もぶれつく」でしょ。

【ねぶる】舐める。

最近は服の袖で鼻をふく子を見かけなくなりました。同様に口元をねぶって、手のあかぎれのように、口元の皮膚が赤くひび割れている子もいなくなった気がします。かつての私自身がそうでした。意味もなく口元をねぶって、やがてひび割れてきて、口をちょっとでも大きく開けようものなら、皮膚が割れて血が出て 痛い、痛い・・・ 何が面白かったのでしょう、でも なぜか やってました。「そんなに ねぶったら いかん!」冬場、よく怒られたのでした。

3つとも、生活感みなぎる言葉を選んでみました。考えてみれば方言とは、生活の中から生まれてきたので、たくましさも感じられます。ただ残念?ながら、これら3つは ほとんど使われなくなってきています。平成の世にはそぐわないのかな。