第663回 「笑いと意識」

9月19日          (中村 覚)

先日、本屋さんで日本のお祭りについて書かれた「奇祭」という本を手にしました。題名の通り、日本全国で行われている祭りの中から一風変わったものをいくつか紹介しています。 その中に、“笑いのお祭り”というのがあり、 和歌山県のとある神社では顔を白く塗って頬に赤字で「笑」と書いた人物が、無理やり笑いを振りまきながら(何か笑える理由があるわけでもないのに) 地域の方や見物人を巻き込んで練り歩くそうです。

IMG_1757

著者はこの祭りの一連の流れを紹介した後、お祭りと笑いの関係性について語ります。そこで登場するのが天照大御神(あまてらすおおみかみ)の話。太陽神である天照大御神は天岩戸に隠れるのですが、外から八百万(やおよろず)の神々の笑い声がする! 「おかしい、外は真っ暗なはずなのに、何故 笑い声が?」と怪訝に思い、岩戸を開けて外を覗いてしまいます。結果、世界に再び光が戻ったという話ですが、このように“笑い”は神話の世界から重要視されていたというのです。

なるほど、今まで“笑い”というものをこういった角度で捉えたことがなかったので、その歴史の古さ(?)にガッテン。

そして笑いの効用へと話は続きます。笑うと気分が明るくなったり、リラックスしたり、体の免疫力がアップしたりなど、これを科学的に説明すれば笑うことで脳内にβ(ベータ)エンドルフィンが分泌されるので、幸福感が得られるのだそうです。

はて? βエンドルフィン? どこかで聞いたような気も・・・。ちょっと 調べました。このβエンドルフィンとは神経伝達物質のエンドルフィンの一つです。 鎮痛効果や気分の高揚、そして多幸感が得られることから脳内麻薬とも呼ばれているそうです。どうりで、笑えば楽しい気持ちになり どことなく充実した気持ちになるわけですね。

そして著者いわく、この笑う事で出ているβエンドルフィンは祈りの時にも出ているというのです。 つまり “笑い” も “祈り” も行き着く先は同じということ! 私はこのことに驚くと同時にとても納得しました。

祈りと言うと 日頃の生活からちょっと離れた感じもするので、私はこれを勝手にお参りと解釈しました。お参り となれば、神社、仏閣へのお参りや先祖のお墓参りを連想すると思います。 あのお参りをすませた後のさっぱり感や充実感は、βエンドルフィンのおかげだったのかと、長年の疑問(?)がフッ飛びました。

目を閉じて掌を合わせ 意識を集中すれば、体内で何かしらの変化がある、このことを昔の人は感覚的にわかっていたのでしょう、多分。それを今の時代、科学的に説明すればβエンドルフィン云々ということになるわけで・・・ でも 言ってしまえば、こんなのは感覚の後付けです。 そう考えると人間の感覚って、スゴイッ! 一人、一人、みんなが良いもの、持っているわけです。

ところで 皆さん 「マインドフルネス」 という言葉をご存知でしょうか。 日本で言うところの瞑想に近いものだそうですが、アメリカの研究者が座禅に注目し、集中力を高めたり ストレスを緩和させたりするためのスキルとして提案したものです。目をつむり座って自分の呼吸に意識を集中する。 結果として 雑念が去り、記憶力や免疫力が上がるということからストレス対処法として、医療、教育、ビジネスの現場で取り入れられているそうです。

人間の意識や感覚を科学的に説明できるようになったことで、(もちろん、全てではないと思いますが)自分自身の内なるものを大切にする時代に、もっともっとこの先 なっていくのではないでしょうか。それは良いことだと私は思います。

第662回 「関東・東北豪雨災害」

9月11日

一体誰が、こんな大変な災害になると予想できたでしょうか…。

栃木県、茨城県、宮城県で記録的な豪雨。大雨特別警報が出た上、茨城と宮城ではまさかの堤防決壊。家ごと流されたり、一面海のようになったりした街の様子を、ニュースでただ呆然と見ていました。豪雨被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

公共放送たるNHKはずっとニュースを流し続けていました。テレビだけでなくネットでも同時配信をし、情報が届きやすいようにしていましたが、被災地の方々は停電や浸水でそれどころではなかったでしょう。

合わせて7カ所の堤防が切れ、24カ所で浸水。まるで東日本大震災の津波を思わせる濁水の海の中、屋根の上やベランダ、電柱などで救助を待つ方々の姿がライブ映像でとらえられていました。濁流が押し寄せる中 救助要請が相次ぎ、消防・警察・自衛隊はボートやヘリコプターでの救助活動を続けています。

激甚災害にも指定された、今回の記録的災害。原因は「線状降水帯」と呼ばれる積乱雲の行列状態だったようです。昨年の広島の土砂災害もこれが原因だったそうですし、「’98豪雨」と言われた1998年(平成10年)、高知市が泥の海に沈んだ時もそうだったようです。

その時、ピーク時の高知市の時間雨量は129.5ミリ、2日間の降水量が800~1000mmに達する記録的な大雨となりました。雨には強い高知ですが、空前の豪雨に堤防が切れたわけではなく、越流して海になったのです。

662(写真は昨年8月の高知市浸水時)

わが家は床下浸水でしたが、それでもトラウマになって、しばらく雨の音が怖くてたまりませんでした。浸水がなかなか収まらない今回の被災者のみなさんは、どれだけ怖い思いをなさっていることでしょうか。胸が痛みます。

まるで震災の時の津波のような状況になっている今回の映像を見て、長女にニュースを見せないように気をつけています。長女は東日本大震災の後、震災の映像で心を病んでしまったからです。残念ながら、今も完治していません。

しかし、救いもありました。昨日・今日の災害に、早速ネットで緊急募金が立ち上がっているのです。

台風18号大雨被害 Yahoo!基金緊急募金

9月11日午後6時現在、約2万8千人の方々から、1400万円あまりの浄財が集まっていました。「寄付が2倍に。みなさまの寄付額と同額を、Yahoo! JAPANからも寄付させていただきます。」って その気概が頼もしい、Yahoo!
(寄付金上限は200万円、クレジットカードとTポイントでの募金です。)

ピースボート 災害ボランティアセンター

ここは現地に先遣隊を派遣する予定だとか。現地のニーズに合った支援をするそうです。(こちらは郵便振替、銀行振り込み、VISAとマスターカードが使えます。)

クレジットカードで募金もできる時代になったんだなぁとつくづく感じます。

机の前から動かなくても 心を届けられるのはありがたいです。
せめて少しだけでも、被災された皆さまのお力になれますように。

そして被災された皆さまのお気持ちが、早く 少しでも安らげますように
お祈り申し上げます。

 

第661回 「めもあある美術館」

9月5日

私が小学生の頃、「若葉」という学校文集がありました。本が好きだった私は、そこに載っているみんなの感想文や作文を読むのが楽しみでした。

661-1

2学期に出される「若葉」に決まって載っていた多くの感想文が、「めもあある美術館」についてのものでした。最初、「何だ?このヘンテコな平仮名の言葉は?」と不思議だったのですが、いくつも読んでいく内にどうやら6年生の国語の教科書に掲載されている物語らしいとわかりました。毎年多くの上級生が、その文章に心を動かされているのを見て、「早くこの物語を読んでみたい」と思ったものでした。

やっと6年生になり、念願の「めもあある美術館」を読めたのですが、不思議な童話でした。

「ぼく」は兄弟げんかの末、かあさんに怒られ家を飛び出します。あてずっぽに歩くうちに、暗い古道具屋の片隅で 死んだおばあちゃんの油絵に出会い、衝撃を受けます。その絵に描かれた自分しか知らない場面を思い出していると、まるで自分が描いたような気もしてくるのでした。

そこにのっぽの男が現れ、その絵を買っていきます。「ぼく」がその男の後をついて行くと話しかけられ、「めもあある美術館」に招待されます。その美術館とは…。

誰しも自分だけの名札のかかった扉の向こうに、人生の1シーン1シーンを切り取った絵が飾られているんだと心が躍り、じゃあ自分の扉の向こうには、どんな絵が飾られているんだろうと小学生は想像をたくましくしたものでした。それらが「若葉」に載っていた感想文たちだったのです。

この「めもあある美術館」の不思議な読後感とぴったり合った幻想的な挿し絵が大好きで、ずっと心の奥に残り続けていました。最後の、地平線に伸びた真っ直ぐな道が、忘れられません。

先日、ふと「めもあある美術館」のことを思い出し、現代ならではのパソコン検索にかけてみたのです。

すると、色々なことがわかりました。東京書籍の「新しい国語 6上」(小学六年生用)に、昭和43年~54年まで10年ほど掲載されていたこと。

作者は大井三重子さん。驚いたのは、かつて大好きだったミステリー作家の仁木悦子さんの本名だったということ!童話作家からスタートなさっていたんですね。江戸川乱歩賞を受賞した「猫は知っていた」を初めとする明るい推理小説の作風が好きで、今でも当時の仁木悦子さんの本が20数冊残っています。

661-2

書庫でそれらを探していると、なんと「若葉」も1冊だけ残っているのを見つけました。残念ながら「めもあある美術館」の感想文は載っていませんでしたが、1971年(昭和46年)のものですから、これも貴重な記録です。

「めもあある美術館」は復刻版の童話集「水曜日のクルト」に収められ販売されていることがわかりました。きっと多くの方々からの復刊の要望が寄せられたのでしょう。感謝しつつ、早速購入して読みました。

661-3

 

さいごの絵といいましたが、額ぶちは、このさきにも無数にかかっていました。が、それらのなかは、まだなにもかかれてなくて、まっ白なのでした。

この文章から、「あなたたちの未来はまだまっ白で、これからその額縁に絵を入れていくのよ」という優しい作者のメッセージが見えるようでした。わずか16ページでしたが、40年ぶりにその世界観にどっぷりと浸り、「ぼく」になりきって 特別な追体験をしました。子どもの頃の気持ちに戻れて、とても懐かしかったです。

「めもあある」って英語でもないし、何なんだろう?とずっと不思議だったのですが、フランス語の「メモワール」(思い出)だったのですね。

新版 水曜日のクルト」(偕成社文庫、700円+税)はアマゾンで、こちらのページから入手できます。

実は、さらに驚いたことに「めもあある美術館」のサイトもあったのです。

「もう一度このお話を読んでみたいというかたはご連絡下さい。 昭和50年代後半のものですが、教科書のコピーなら差し上げられます。」

現代において、もうこれこそが童話の世界みたいで心が躍りました。
メールを出してみましたが、はたして、どうなるでしょうか?
小学生に戻ったような気持ちで、ウキウキして待ってみます。(笑)