第832回 「2018年をふり返って」

12月30日

平成最後の年の瀬に、来し方をふり返っています。2018年も終わりますね。
大阪や北海道で大きな地震が起こり西日本豪雨などもあった「災」の年でしたが、皆さまはいかがお過ごしでしたか。

私は今年、LABプロファイルの上級クラスを講師仲間の八重田さんと共同開催という新しい形でチャレンジできました。全国的に見ても目新しいLABプロファイルにこういう形で関われたことは、学びの意欲が高い受講なさった方々と八重田さんのお陰さまで、本当に感謝しています。

実は私にとって50代最後となった今年なんですが、交流分析、NLP、LABプロファイルに続く新たな心理学の扉を開けることができました。4月に東京でポジティブ心理学の創設者 セリグマン博士から直接学ぶ機会を頂け、新たな仲間もできたのです。

世界が広がるのは若い人たちの特権だと思いがちですが、決してそうではないなぁと遅まきながら感じています。私は元々インドア派で旅行は嫌い、高知が大好き。障害を持つ娘の介護があり家を空けられない事情もあって、40代半ばから無理せず交流分析をコツコツ学んで来たのですが 研修で心理学の有用性は年々実感が高まりました。

そこで50代半ばで別の心理学も学びたいと一念発起、ビジネスに有効な心理学NLPを学びに大阪や東京へ出かけるようになりました。娘も成人し、数日ならショートステイに預けられるようになったことも大きかったです。知り合いゼロの中へ飛び込んでみると行動力と人間力が高い方々に出会え、昼夜 共に学ぶ中で、まるで新たに大学に入り直したようなつながりを得られました。

言葉で影響を与えられるLABプロファイルにも、その時に出会えました。この年になってもというかこの年だからこそ思い切って新しい世界に飛び込んでみて良かったと思えます。

こうして 何歳になっても学びに遅すぎることはないと思えたことが、今年のポジティブ心理学への推進力になりました。

ところでポジティブ心理学でセリグマン博士は、ウェルビーイング(持続的な幸せ)を築くために「PERMA(パーマ)」の5大要素を説いています。

P:ポジティブな感情Positive emotion
E:夢中になる状態Engagement
R:良い人間関係Relationships
M:人生の意味や意義Meaning
A:達成や成功Accomplishment

前向きな感情を持ち何かに夢中になれ、良い友人と生き甲斐を持つことが、達成につながる。これを実感させて頂いた2018年でした。
さて、来年は何をしようかな?

実はもう決まっています。2019年も4月に、ポジティブ心理学の大家の先生方が来日、講座を開講予定なのです。しかも今度はセリグマン博士だけでなく「ハーバードの人生を変える授業」で有名なタル・ベン・シャハー博士もワークショップをなさるとか。わぁ、楽しみ!頑張って貯金しなきゃ。(笑)

さてウイークリーNは、年明けの1月6日は年に一度のお休みを頂きます。
それでは皆さまも、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

第811回 「セリグマン博士のPERMA51」

8月1日

心理学の教科書にも載っている世界的権威、マーティン・セリグマン博士のポジティブ心理学のワークショップが2018年7月末、ついに開催されました。公式アシスタントとしては3月から学ばせて頂いていたので、感無量。写真は3日目のカンファレンスですが、ご覧下さい、すごい人数でしょう?千人くらいいたのかなぁ。最前列の左の方には鳩山元首相もいらっしゃいました。

このイベント、元々は矢澤祐史さんという方が、3年にわたり7回も博士にメールをし、99%断られるオファーをお願いし続けた熱い思いが形となったものです。矢澤さんの気概には、何度も圧倒されました。

ところでセリグマン博士曰く、ポジティブ心理学が誕生したきっかけは22年前の日本。アメリカの心理学会の会長だった時に初来日し、仏教の話を伺ったことだったそうです。

それまでは従来の心理学をベースに「人は心の病などの苦しみを解消すれば、幸せになれる」と信じていたのに、実際には苦しみを解消しても空虚になるだけの人を前に「ただ苦しみを取り除くのではなく、健全なものを積み上げるようにしたい」「いい人生を作るための心理学はないのか?」という思いが湧いたそうです。こうして、ポジティブ心理学は生まれました。

現在の日本は経済的豊かさは世界で6位なのに、幸福度はなんと58位だとか。
では、私たちがより幸せになるには、どうしたらいいのでしょうか?セリグマン博士は刹那的な快楽とは違う、ウェルビーイング(持続的な幸せ)を築くためには「PERMA(パーマ)」の5大要素を提唱されています。

Pは、Positive emotion(ポジティブな感情)
Eは、Engagement(夢中になる状態)
Rは、Relationships(良い人間関係)
Mは、Meaning(人生の意味や意義)
Aは、Accomplishment(達成や成功)

たとえば…

P:ポジティブ感情
土佐人は「脳と口が直結してる」人が多く、思ったことを臆せず表現しますよね。お酒好きで陽気なので「楽しい!」「大好き!」などのポジティブ表現は日常、多いように感じます。

E:夢中になる、何かに没頭する
「何かに集中して、時間があっという間にたった」。いわゆるフロー体験、スポーツでは「ゾーン」と呼ばれるものです。フィギュアスケートで金メダルを取った羽生結弦くんがその演技の最中は「風や川の中にドプンと入っている感覚、自然の中に溶け込んでいく感じだった」と語っていましたね。無心になり、今この瞬間に集中することです。

R:良い人間関係
「高知家は一つの家族やき。」という高知県のCMがありましたね。その通り、高知は人との関係性が近いし、お節介な世話焼き人が多い。お遍路さんに対してのおもてなし=お接待するなんていうのもそうでしょうね。良い人間関係が、ストレートに良い人生につながるのはご存じの通りです。

M:人生の意味や意義
セリグマン博士は、日本語なら「生き甲斐」ではないかとおっしゃっていました。生きる理由、「このために朝起きる」ことですね。沢山物を買うのは助けにならない、意義のある活動や人を助ける活動が必要とのことでした。でも「あなたの人生に意味はあるか?」は大きすぎる問いなので、「あなたは周りの人にとって大事な存在ですか?」でもいいそうです。

A:達成や成功
今までの4つがなくても、このAが重要、と追求されることも多いですね。成功なんてまさにそうで、勝つことさえできれば後の4つは犠牲にしても~、なんてことも珍しくありません。でも土佐人は成功するよりも、やりきることの方を重要視してるような気もするなぁ…。

このPERMAは驚くことに測定可能です。億を超えるネットのビッグデータから、「ツイッターなどで使う言葉の分析で、地域の心血管疾患の死亡率を予測できる」という論文まで出ているそうです。すごい時代!

そしてセリグマン博士は、PERMA51=「2051年までに世界中の51%の人が、ウェルビーイング(持続的な幸せ)を実現する」ことをめざしていらっしゃいます。スタッフの着用しているTシャツも、それをデザインしています。

ところが今回の日本のスタッフと来たら、せっかちなもんで
「2051年は遠すぎる!2025年までに、日本の25%の人がウェルビーイング(持続的な幸せ)を実現することをめざそう!」なんて花火を打ち上げちゃいました。PERMA25 JAPANです。いや~、なんて最幸なんでしょうか。(笑)

そしてもちろん私も、そのお手伝いをさせて頂ければ、と思っています。