第859回 「足摺① 大岩の巨石」

7月9日

高知県最南端の土佐清水市足摺岬では、古代巨石文化の跡ではないかと言われている「唐人駄馬」が非常に有名です。パワースポットとも言われるようになり、その神秘的な光景を見ようと県内外から、たくさんの観光客が訪れるようになりました。

私にとって足摺は、小学2年生の頃から毎夏 遊びに行っていた懐かしい場所でもあります。実は足摺は唐人駄馬以外にも印象的な巨石があるんですが、意外にネットにもほとんど載っていません。せっかくですので、ご紹介しましょう。

足摺スカイラインの終点から西に300mくらいに、その名も「大岩」というバス停があります。

そこには…

「灘の大岩」と呼ばれる巨岩があります。この大岩の近くに毎年遊びに行っていたこともあり、私には昔から慣れ親しんだスポットなんです。

てっぺんは、二階建ての屋根よりも高いのです。10m以上はあるんじゃないでしょうか。

この大岩には上れませんが、左の小道をずうっと上っていくとその上に太平洋が一望できる岩があり、そこは昔「日和見の岩」と呼ばれていたようです。(私と足摺の幼なじみは、そこも「大岩」と呼んでいましたが)
「ふるさと足摺」(昭和60年、発行所 土佐清水市足摺岬区長場)という本には、次のような一文が載っています。

県道から段々畑を登ること約百メートル、樹林に入ったところに山肌に突き出した大きな花崗岩があります。約10度の傾斜を保ち、上は6畳敷き程の平らな広さがあります。土地の人たちは、この岩を「日和見(ひよりみ)の岩」と呼んでいます。

この石からの景観は格別に素晴らしいものです。東は足摺岬の燈台、西はウスバエから遠く沖の島まで展望することができます。(中略)古老の話によりますと
“昔から日没時に、あの岩の上に登り、天候の観察を行っていたのでその名が付いた”といいます。

私も、子供の頃から眺めの良いこの岩が大好きで、よく上っていました。これはその景色を再現したいと、今から35年ほど前に撮った写真です。(クリックすると拡大します)

1984年頃。昔は遠くの岩礁まで、こんなにスッキリと見えてたんですよ。
岩の上の広さは、この下の写真くらいありました。
(もっと真面目に撮っておけば良かった…笑)

今年、どうしてもここからの景色を久しぶりに見てみたくて行ったのですが、道は荒れてほぼ廃道状態で、上るのに一苦労しました。何よりせっかく上ったのに、目の前や眼下の木々が茂りすぎていたのです。

2019年の同じ場所の写真。景色がほとんど見えなくなっているのです。ショック!
足下の岩にもびっしりとツタが生えていて、上がれるものではありませんでした。

手入れをしなくなると、こんなにも変わり果てるのですね。残念無念。

足摺岬一帯は国立公園に指定されているので、木々を切ることができないと聞いたことがあります。ここも整備すれば絶好の観光スポットになるでしょうが、あえてそうせずに埋もれさせておく方がいいのでしょうか…。

第858回 「感動の佐川イタリアン 【ダ ゼロ】」

7月6日

先日、中村が「たまたま、通りがかりに見つけました!」ということで、佐川町にあるイタリアンのお店に行ってみました。なんと6月15日にオープンしたばかりだとかで、ウキウキ♪

ところが行ってみると、11時のオープン時にすでに満席でした。改めて次の週に予約をして仕切り直し。自然イタリア料理「da zero」(ダゼロ)、すごい人気です。

兵庫から移住されてきた的場さんというご夫婦が経営なさっています。佐川町は高知市からは車で40分くらいかかりますが、この地域にこんなおいしいイタリアンのお店ができたなんて、ビッグニュースです。

席数は14席くらいでしょうか。こじんまりした感じです。
ランチの波が、一瞬途絶えたときに写した店内です。

パスタランチ1300円、それにメインがついたメインランチが2300円。
あと+800円で土佐赤牛か黒毛和牛のステーキに変更できるとのこと。せっかくなので沢山の情報を上げるために、思い切って土佐赤牛を頼んでみましょう!

旬野菜の一皿。「佐川町のトマトハウスナカムラさんのマトを使った冷製スープ」は、ガツン!と来ました。濃厚なトマトの甘みと酸味、そしてほのかな苦味が、ものすごく深い滋味を感じさせます。味付けはオリーブオイルと塩だけだそうですが、最初から全力投球って感じ。まるで宇宙船の椅子のような、後ろが立ったお皿も珍しいものでした。

前菜のお皿、クリアすぎて浮いてるみたい。左手手前から、サワラの燻製とスモモのソース、反時計回りに土佐久礼の有機野菜こどもピーマンとアンチョビ、焼きナスのマリネ、奥にはイタリア産生ハムとマンゴー、真ん中が土佐ジローのフリッタータ(卵焼き)。それぞれの素材の味が濃く、その良さが伝わる味でした。

パスタは2種類から選びます。この日は「イワシとおかわかめのパスタ」、「四万十豚のもも肉と豆を使ったパスタ」。「イワシとおかわかめのパスタ」、おかわかめは栄養たっぷりのスーパー野菜です。パスタもあっさりしてて、いくらでも食べられそう♪

四万十豚のパスタは、四万十豚やチーズの薫りがすごい!写真に写せないのが残念。豚のもも肉を白ワインでじっくり煮込んでいるそうですが、アニスというハーブと白ワインが豚肉をあっさりとした旨みに変えています。

そして、圧倒されたのが土佐赤牛のステーキでした。もものランプ肉が使われています。下のグリーンのソースは焼きピーマンのソース、上にかかっているのはマルサラワインという甘口のワインのソースです。

一口食べて、「なにこれ!?こんなに美味しい土佐赤牛、初めて!」
厚みがあって噛みごたえもある、でも柔らかくて食べやすい。絶妙です。赤牛ってサシが少ない赤身の肉質なので、どうしても固くなりやすいと思うんですが。

焼きピーマンのソースは濃厚で、まろやかなのにかすかな苦みが 味に更なる深みと広がりを出していると感じました。いや~、土佐赤牛を頼んで良かった!これ、大人だけに許される味です。絶品! 県外の友人を連れて来たい。

聞けば、知る人ぞ知る越知町の松田精肉店のお肉だとか。越知町内の自社の牧場で育てた牛らしく、「生産者の顔が見える食材」にこだわるシェフらしいセレクトです。松田さんは「お肉をかみしめるごとに出てくるミルキーさにめざしている」そうで、シェフは「それを伺っているので、肉の良さを生かすようにしています」とのことでした。

最後のドルチェのチーズケーキ。甘みを抑えた味わいは、最後まで心をわしづかみにして離しません。自然に話題は、「次はいつ、ここに来る?」とスケジュール帳を見ることに。

高知市からは少し遠いので、満席だとがっかりしますよね。予約をお勧めします。
定休日は火曜・水曜だそうですよ。

第857回 「ホイットフィールド船長」

6月28日            中村 覚

前回のコラムで取り上げていた「ジョン万次郎資料館」。説明書きのボードを1枚1枚丁寧に読み 、展示を見終った後、濃密な1本の映画を観た気分になりました。日頃、展示会などに行っても要所 要所?をサッサと見て回るだけなのに。(笑)万次郎の壮大な人生に釘付けといった感じでした。

たゆまぬ努力を土台に その上に花開いたような運命の巡り合わせ、ホイットフィールド船長との出会い。それから10年の歳月をかけての帰国。その翌年、ペリー来航により日本国は大きなうねりの中へ。その後 幕府に取り立てられ日本の行く末を見守ることに。一個人のこだわりなど嘲笑うような運命に翻弄されながらも、太く生き抜いた人生。そんな人物に「決してあきらめてはいけない。」と言われれば、黙って頭を垂れる以外、もう何もありません!みたいな。

そんな万次郎の波乱に満ちた人生の中から、漂流した孤島で彼を救助したホイットフィールド船長に今回、スポットを当ててみたいと思います。

というのも、「ジョン万次郎資料館」でこの「漂巽紀畧」(ひょうそんきりゃく:万次郎の海外での体験を聞き取りをした本)を買って読んだことがきっかけです。

これを読むまでは船長の名前を聞いても「あぁ、そんな名前の人だっけ?」くらいのことでしたが、読んでからは 是非この人のことを紹介したい! と思うようになりました。

本の中でホイットフィールド船長についての描写はいくつかありますが、孤島から万次郎を含む5名を救助してから、途中 ハワイ諸島に寄港する、この期間に絞って紹介します。まずは船長と救助された万次郎らが初めて会う場面です。

ジョン・ハウランド号の船内。 食うや食わずの無人島生活で体が衰弱しきった彼らに、これを食べるようにと炊事係の男がイモ類の煮物を差し出します。 ところが、それを見た船長は炊事係の男をきつく叱責するのです。

長い間、島で飢えた暮らしをしていた人間が急にたくさんの物を食べるのは身体によくない。 お前はそんなことも分からんのかっ!といった具合です。

確かに ほとんど食べ物を口にしない生活で弱った人間が 急に固形物をたくさん食べるのは、百害あって一利なしです。私達も風邪で寝込んだ後などは、お粥を食べて体を慣らします。

飢えてボロボロになっている東洋人に対するこの言動が、ホイットフィールド船長の人物像を端的に表現していると思います。

救助した後にハワイ諸島のオアフ島に寄港し万次郎らの仲間の世話をし、それぞれの住まいが定まると船長は衣類や銀貨を贈りました。そして万次郎の仲間で年長者であり船頭にあたる者に「万次郎を母国に連れて行き養育をしたい。どうかこの願いを聞き届けてほしい。」と頼むのです。

この相手を尊重しながら無理強いをしない話の進め方、「俺がお前らを救助してやったのだから」という気持ちなど微塵もありません。
命の恩人である船長の願い、そして船長が愛情の深い人物であることを重々承知していた船頭は、そういうことであれば 「あとは万次郎自身が決めたらいい。」と返事をします。

ホイットフィールド船長が万次郎をここまで気に入った理由は、15歳という年少者であったため他の者よりも頭も柔らかく変化に対応する能力があったからだろうと私は思っていました。 ところが この本を読んで初めて知ったのですが、救助された5名の中に、五右衛門(16歳)という人物もいたのです。

最年少であった万次郎ですが、五右衛門とは1歳違いで大差ありません。これを考えると 年齢による頭の柔軟性とは別に、万次郎の天性の利発さを船長は見抜いていたのでしょうか。

30数名の船員を束ね、全責任を負う立場にあるホイットフィールド船長。実は船長はこの時36~7歳くらいだったと思われるのですが、人を見る目、人心掌握の術などを きっとすでに持ち合わせていたことと思います。そして、なによりも人間味のある言動が魅力的だと思いました。

「人生は出会いである」とはよく言いますが、誰とどこでいつ出会うのか、すでに神の領域のような話になってきますが(笑)、「出会い」をより良いものにしていくのは人の成せる業なのでしょうか。きっとそうですよね?(笑)