第880回 「須崎のイタリアン レガーロ」

12月7日              中村 覚

今回は知る人ぞ知る、隠れ家のようなお店を紹介したいと思います。今年の7月オープンですから、まだまだ知る人ぞ知るといったお店なんです。(笑)

須崎市の多ノ郷駅から500メートルほどの場所にあるイタリアン料理レガーロです。一見すると焼肉のお店のように見えますが、その2階です。

焼肉屋さんと共通の入口を入り、右手の階段を登ると御覧のように左に「レガーロ」の看板があります。

中に入ってみましょう。

店内は新しくきれいで、こじんまりとした感じです。

ランチのメニューはご覧の2種類。Aランチはいわゆるパスタランチで、900円。Bランチはパスタにメイン料理付きで、1800円です。私が頼んだのは、Aランチの魚介類の漁師風トマトソースパスタ。200円プラスすれば食後の飲み物とドルチェが付いてきます。

まずは前菜です。食事は味覚で楽しむ前に、まずは視覚で楽しむもの。

~などと人間 柄にもないことは言わないことです。(笑)
いやそれぐらい色とりどりの野菜です。

紫イモはレモン、ハチミツ、白ワインで味付けだったかな?右の紅白2色の大根はフェンネルで、ニンジンはクミンやバター、ブロッコリーはガーリックオイルで~と料理の説明をして下さるのですが、豊富な内容のため私のメモが全然追い付かず…。(違ってたらごめんなさい)

どれもおいしかったのですが、特にニンジンを食べた時の香りが良く、大根にはさっぱりしたお酢が効いていて、食が進む感じがしました。

2色のパンです。私を含め3名でしたので、黄色と薄緑のパンが1人、2個ずつ。黄色のパンはニンジン、緑のパンにはホウレンソウが入っているとのことです。

かわいらしい豚の顔をしたローズマリーや塩とコショウの入ったバターか、机の上に置かれているオイルを付けて食べるのですが、私はバターを付けて食べましたとさ。

いよいよ メイン、魚介類の漁師風トマトソースパスタです。

トマト味だと見た目がもっとトマト・トマトしているのが普通かと思いますが、全くそんなことはなく、パスタによくありがちなギトギトした油っこさもなく、良い意味で裏切ってくれる一品です。アオリイカの旨味を上手に出している感じで、あっさりしていて実に飽きのこないおいしさでした。

こちらは、四万十ポークと原木椎茸の煮込みソースパスタ。友人が頼みました。「味付けは濃すぎず薄すぎず、四万十ポークの味がしっかりして、美味しかった」そうです。どちらも見たときは「ちょっと少なめかな?」と思ったのですが、食べたら満足感がありました。

最後にドルチェです。

バニラアイスと少し苦めの効いたガトーショコラが最後に食事を締めくくってくれ、後味さっぱりといった感じです。

全体的な量のバランスが良いので、「物を残したくない」という方にも安心して 食べてもらえます。12時には、お店は満席になっていました。

本来、イタリアンは味がしっかりしているため、1度食べると、では また1か月後に!とか思うこともありますが、私はここのパスタなら1週間後にでも また食べたいと思いました。日本の風土にはあっさり系が合っているのかもしれません。
「さて、次はいつ来ようか?」と話に花が咲いたのでした。

第879回 「感謝の落ち穂拾い」

11月30日

突然ですが、ここ数日に起こった 感謝できることを思い出して頂けますか?
どんなことがあったでしょうか。

私は、あったか~いお風呂にざぶんと浸かって手足を伸ばした時、
「ああ、なんて幸せなんだろう!有り難いなあ」とつくづく感じました。

もちろん、お風呂に入るたびにそういう感慨にふけっているわけではありません。
これはたまたま、友人とのメールのやりとりから気づけたことなのです。

実は私の友人が今月急に入院し、2週間ずっとベッドの上でした。
メールのやりとりで、「今日はやっと、ベッドから足を下ろせた」
「車イスに自分で移れた」
「自力で5歩、歩けた」などの嬉しい進展を教えてもらえました。

それで自分自身が入院していた時のことを思い出し、
(ああそうだ、久しぶりにベッドから起き上がった時には、ふらついたなあ)
(ベッドから車イスに移ったら、目線が違ったよなあ)
(自分で歩けた時は感慨深かったなあ…)
友人のお陰で、あれこれと当時のことを思い出せたのです。

先日のメールは、「2週間ぶりのシャワーは最高!」でした。
そう言えば入院していたとき、シャワーを浴びたくてたまらなかったっけ。
(温かいお風呂に浸かれる。なんて幸せなの!?)って、退院した時に感動したなあ。
友人のお陰で、それがいかにありがたいことか、改めて確認できたのでした。

ですから、こうしたなんでもない日常で起こっていることだけでも、実は人生って豊かさにあふれているんですよね。日頃は当たり前すぎて気づけないことにスポットが当たると、見慣れた景色も光り輝く気がします。

このやり方は「感謝の落ち穂拾い」とも言われています。
ポジティブ心理学でも、「感謝する人はストレスに強い」ことがわかっているとか。
感謝の態度を持つ人は、トラウマ、逆境、苦しみからの回復が早いことが明らかになっているんだそうです。

日常生活の中で沢山の感謝を拾い、心豊かに暮らしていけたらいいですね。
節目の年を迎え、改めて心しようと思いました。

第878回 「素晴らしき50代」

11月21日

今日は私の50代最後の日です。
ふり返ってみれば、この10年間は 本当に色々あった怒濤の日々でした。

10年前の2009年、かなり仕事を忙しくこなし、当時も充実していました。
家庭では身体障害がある長女が24歳。養護学校の高等部を卒業し、デイサービスで楽しく毎日を過ごしていました。次女は大学生、夫は病院勤務を続けていました。

それから2年たった2011年。東日本大震災が起こりました。多くの方々が亡くなり、わが家の運命も大きく変わりました。長女が一週間続いた震災のテレビ画面により、メンタルを患ってしまったのです。

24時間寝ようとせず、ものを食べることを拒否する長女と格闘した日々。何より辛かったのは、彼女と一切話が通じなくなったことでした。睡眠不足でフラフラになりながら仕事をこなしましたっけ。我ながらよく頑張ったなあ、夫も私も。

その後、長女は元通りまでは行かないですが落ち着き、今では会話も半分くらいは成立できています。この出来事により、レジリエンスは相当鍛えられました。今では医療系専門学校で、この体験を語って参考にしてもらっているほどです。(笑)

その後、2015年に「交流分析以外の心理学を学んでみたい」との思いで、大阪・東京にNLPを学びに出かけるようになりました。長女も落ち着きショートステイに泊まれるようになり、以前は考えられなかった県外のセミナーに行くこともできるようになり、世界が広がりました。

学んだ中でも「これは役立つ!」と直感したLABプロファイルのトレーナー資格を取り、高知で基本と上級の講座を開く夢も叶いました。そうした結果、沢山の同期や友人に出逢え、様々な人生での学びが深く、より楽しくなりました。

そう言えば、五十にして天命を知る、って本当ですね。
「心理学を使って人生を豊かにし、人間力を高めるお手伝いをさせて頂く。」
今はこういったことを目指しています。研修で関わらせて頂く皆さんが、より心豊かな人生を送るためにはどうしたら良いのか。そのために自分には、何ができるのか。辛い体験にも、そのための意味があるのでしょう。

ふり返れば50代は台湾への同窓会旅行に始まり、次女は嫁ぎ、舅は亡くなり、悲喜こもごもあったけれど、人生の最も充実した日々だったかもしれません。ありがたいことです。

「人生は素晴らしい。」これは私が信じていることです。無意識のうちに決めていることかもしれません。もちろん辛いことに打ちのめされることもありますが、この年まで生かされ、家族や親友や仲間がいてくれ、天命と思える仕事ができ、なんてありがたいのだろうとつくづく思います。

これから50代を迎える皆さん、「もう年だわ」なんて思わないで。
仮に人生を100年とすれば、24時間で表すと今は何時になるのかな?
計算すると、14時半過ぎ。おお、まだ真っ昼間!
では90歳なら?16時。そろそろ夕方に入る頃です。
ここは、100歳の前提で行きましょう~♪