第925回 「心の豆電球」

10月17日

先日まで暑かったのが、一気に秋になったような神無月の週末です。

実は昨日、本当に素敵な出来事がありました。今年はコロナ禍でメインの仕事となったリハビリテーション・カレッジの授業で 7月に担当したAさんが、わざわざ休憩時間に訪ねてきてくれたのです。

私の授業では、必ず最後にレポートを書いて頂きます。障害ケース・スタディの授業で私と中村がこれまでの人生を自己開示すると、少なからぬ学生の皆さんが自分のこれまでの人生をふり返り、何かに気づいたり語ったりしてくれます。それによってわずか数回しか担当できなくても、ときに彼らの深い心のひだに触れさせてもらえることがあります。Aさんもまた、そうでした。

社会人体験の紆余曲折から再び学ぶことを選び、悩みつつ頑張っている姿にとても心を動かされ、私なりのエールを送れないかと考えました。手紙もいいのですが、聞いてもらいたい普遍的な言葉を贈れないかと。それなら、やなせたかしさんの「明日をひらく言葉」です。

アンパンマンの作者、やなせたかしさんのこの本は、やなせさんご自身の寂しかった幼少期や劣等感、70歳近くまで売れずに苦労された人生、それでも前を向くことの大切さが書かれています。文庫本なので読みやすく、でも何かのときにはきっと心を支えてくれる素晴らしい言葉が沢山載っている、大好きな本です。授業はもう終わって会えないので、担当の先生に本を渡して欲しいとお願いしました。

そして昨日、違う学年の授業の合間、Aさんがわざわざ来て、お礼を言ってくれたのです。大きな封筒を渡してくれ、中には心のこもった手紙と綺麗なカードが。

アンパンマンに込められた やなせ先生の思いやメッセージ、人生経験の中で見出されてきた考え方や物事の捉え方は、とても勇気と元気をもらえました、とあり「本当に良かった」と胸が一杯になりました。中でもAさんが気に入ったと書いてくれた言葉。

「人生は椅子取りゲーム、満員電車に乗り込み、あきらめて途中下車せず立ち続けていたら あるとき 目の前の席が空いた。」

まさに私が伝えたかった箇所を手紙に綴ってくれ、思いが伝わったことに、心の豆電球がぽっと灯ったような感じがしました。

秋が好きだというAさんが贈ってくれた、柿のスタンドカード。
私には、ダイヤモンドよりも輝いている 素晴らしい宝物です♪

「これから先、たぶん何度も生きづまることがあると思いますが、そんな時はあんぱんとコーヒーを飲みながらゆっくり読ませて頂きたいと思います。」

う~ん、いいなぁ!(笑)

心優しいAさんにとって、稔りある秋でありますように。
そして、皆さんの明日もひらけますように。

第924回 「進化するベビーグッズ」

10月10日

このところ、次女宅を訪れて赤ちゃんのお世話を手伝っているのですが、30年ぶりのベビーグッズを目の当たりにして、その進化に感心しています。ものすごい変化!というわけでもないんですが、「ほー」と思うことしきり。

以前ご紹介した哺乳瓶の写真、中村は「中に入ってるの、キャラメルみたいですね」と言ってました。(笑)固めてキューブ状にしている粉ミルクです。

軽量いらずでこぼれない、キューブ型の粉ミルク。一個を40mlのお湯で溶かします。1杯、2杯…といちいちスプーン計量する必要がないのでこぼさなくてすみ、便利です。

また哺乳瓶の消毒法は、煮沸・薬液以外に、今はこんなやり方も。

電子レンジでの消毒です。専用ケースに少量の水を入れ、5分で終了。除菌後、そのまま保管できるケースで進化だなあと思いました。

あと感心したのは、おむつ周辺グッズの数々。

紙おむつの中心に、青い線ガ入っていますよね?
じつはこれ、湿気で青く変化するお知らせラインです。乾いている時には黄色い線で、オシッコで濡れると青になるという素晴らしいテクノロジー。(笑)いちいち開けないとわからなかったのに、視覚だけで確認できるようになるなんてすごいなぁ。

これは里帰り中に使っていた、おむつの処理袋です。ビニールの傘袋のように長く、おむつを入れて縛っていきます。臭わない処理をしており、ベビー用の小さなおむつは4つくらい入ります。その後、まとめてトイレのおむつペールへポイ。

次女の家に行くと、こんなものもありました。

使用後の紙おむつを入れて・・・

取っ手を動かすと、フタが閉まっておむつが下に落ちます。簡単。

最後に、次女が「買って一番良かった!」と喜んでいたのが、これ。

「バウンサー」と呼ばれる、赤ちゃんの動きに合わせて上下に揺れるベビーチェアです。授乳したあと、赤ちゃんがミルクを吐き戻さないように縦抱きしないといけないのですが、ずっと抱いていなきゃいけないので、腱鞘炎になってしまいました。

でもここに座らせると赤ちゃんの動きに合わせて揺れるため、赤ちゃんの機嫌を保て、ママの体の負担を軽減できるお助けツールです。

今はメリーゴーラウンドも、こんな布でできたおもちゃで、取り外しできるようになっています。可愛らしいグッズを見ていると、赤ちゃんに健やかに育って欲しい願いが形になっているように思えるのでした。

第923回 「おっかしな発言」

10月2日          中村 覚

何もしない敬老の日が、また過ぎました。祖母もすでに亡くなり7年。そうこうしていると、今では母親が70歳を超えていることを再確認したことです。

つまり、今後は敬老の日もその範ちゅうなのでしょうか? そもそもの「誕生日」そして「母の日」それにプラスして「敬老の日」となると、年に3回も祝えと?まことに恐れ入ります。人間、歳を重ねると なににつけ「足るを知る」ようになると本に書いてあったのに…。 あれはウソか。(笑)

まぁ それはまた おいおい考えるとして、親子というのはどうもいけません。なんの因果か しょっちゅう しょっちゅう言い合いばっかり。
人さまに親の愚痴を聞いてもらうのもなんですので、これまでの母親のおっかしな発言を覚えている限り書いてみます。

以前、家族で県外に行った時のことです。はるばる愛媛県! ちょっとハイカラ気分でスターバックスのコーヒーをみんなで飲むことに。多分 母親はこの時 が初めてのスターバックス。甘くておいしかったのでしょう。真顔で「おいしい おいしい、オートバックスのコーヒーはおいしいねぇ。」

オイルじゃないよ。

も一つ、コーヒーの話です。今でこそ、コンビニで買う淹れたてのコーヒーは、自分で淹れなくてはならない所がほとんどですが、以前は店員さんが淹れてくれる店もありました。その頃のことです。注文の際に店員さんに

母親「ノン ブラックで。」
店員さん「?」
母親「ノン ブラックで…。」
私が横から「ノン シュガーやろ?」
母親「ノン シュガーで。」

ノン ブラック…。 一体 何を飲みたかったのか?

これは先日のことです。 知り合いとお茶をして夕方 家に帰ってきて 私に言うのです。「○○さんがね、いつかUFOに乗ってみたいらしい」と。想像力を刺激する話は年齢を問わず やっぱり楽しいのでしょう。折しも政府が自衛隊に対して未確認飛行物体(UFO)に遭遇した時の対応について指示したと新聞に出た時期と重なりました。

「あぁ(それなら) 一緒に乗せてもろうたら ええやんか。」
「あんたっ (地球に) 帰ってこれんなったら どうするがぞね。」

この星に未練でも?(笑)

こんなこともありました。母親と言い合いをしている時です。
「これは こういうふうにした方が(常識的に)良いに決まってる!」と少々強い口調で私が言い放ちます。無言のまま反応がないので、ちゃんとわかっているのかと顔を覗き込むと、すでに違うことを考えている様子。 またや。

「ちゃんと聞きゆうかえ?(聞いているのか?)」と、より強い口調になるというものです。母は私を見て、
「あんたの言うことは いっつも うわの空で 一生懸命 聞きゆう!」

聞いてねーじゃん。(笑)

こんなことで今日も一日、日が暮れる…。