第947回 「トラブル回避へ 高知南国道路開通③」

3月27日

思いがけず3回シリーズになってしまった高知南国道路。

①高知ICから空港(室戸)方面に向かおうとして、誤進入。
②空港方面から高知市街地に行くのに、高知中央ICで下りなかったケース多発。

今回は最後の課題について取り上げます。

③高知中央ICは、高松・須崎方面に向かう高知自動車道方面と、高知龍馬空港方面では入り口が違う。

高速道路では進入してから分岐点で進行方向に分かれることが多いのですが、

高知中央ICでは入り口を間違うと目的の方向に行けません。知らないと空港までちょっとドライブ、のはずが反対方向の高知ICに誘導され、有料道路を通る羽目に…。

簡単ですが、下の図をご覧下さい。

まず、(A)の入り口。高知IC方面から2kmほど南進すると、室戸(空港)方面に行ける高知中央ICの進入路に来ます。

ここを、左折すると…

空港方面行きの高知南国道路に合流できます。こちらは無料。

下の写真は、同じ入り口(A)の反対車線から右折する進入路です。

道路を緑で色分けし、「室戸方面入口」と書いてあります。
これはわかりやすいですね!

もう一つは、北の高知道方面に向かう(B)の入り口です。

大津バイパスからの進入路です。電光掲示板には「高知東部道通行車は高知ICでは出られません」と出ています。「高知ICでは出られません」と標識の根本に追加の看板も設置されました。

進入路の風景は(A)も(B)も同じようなものですから、気をつけないといけないですね。ここからは有料道路になるわけです。

事故防止のため、土佐国道事務所も相当数の看板を追加設置して注意喚起していましたが、運転中でも何か考え事をしたり、夜間や雨で標識が見えにくかったりすることはよくあります。それに道に不案内な県外の方だっていらっしゃるでしょう。

しかし そもそも高知ICから高知南国道路にそのままアクセスできれば、お話ししてきた課題もなかったのではと思うのですが、なぜこういう構造になったのでしょう。用地買収がうまくいかなかったのでしょうか?それとも、山が多くて難工事になるから?
情報を知り理解できたら、より納得できるかと思います。

高速道の誤進入は一歩間違えれば大事故につながります。私たちも心して、ちょっと複雑な高速道を制覇していく必要がありそうですね。

第946回 「トラブル多発!高知南国道路開通②」

3月19日

先週、「新設された高知中央ICや高知ICで誤進入が多発」問題を取り上げましたが、3月17日の高知新聞にも「開通から17日間で306件の誤進入があった」と載っていました。そして早速、土佐国道事務所が改善に動きました。

前回、3つの課題を挙げたのですがそのうちの一つめ、
①高知ICから空港(室戸)方面に向かおうとして、誤進入。

「実際に走ると高知ICには、空港方面に向かう『高知南国道路』の表示は出ていません。これが逆に誤進入を生んでいるのではないでしょうか。」と13日に書きましたが、17日には早速 高知IC入り口の標識の根本に、緑の新しい看板が設置されていました。

「高知ICから東部道へは行けません」という、そのものズバリ!です。

その次には、「←高知道方面 東部道方面→」とあります。

東部道とは、高知南国道路ですね。さらにその先の分岐点にも、同じ物が。

写真では小さいのでわかりにくいですが。(クリックすると大きくなります)
ちなみに、高知インター方面へ進むと…

右側の東部道からの道と合流します。ここを逆走した車もいたようで「とまれ!逆走です」という看板と「誤進入された方 一般レーンでインターホンでお申し出を」と書かれています。これで高知ICから東部道へ行こうとする誤進入は大幅に減るでしょう。

さて、次の課題です。
②空港方面から高知市街地に行くのに、高知中央ICで下りなかったケース多発。
これが一番誤進入で多かったようです。高知中央ICで下りないと、そのまま高知ICにつながり、一般道に下りることができません。こういう場合は申し出れば救済措置として高知ICから南国ICまでの往復料金を無料にしてくれるようですが、時間と手間のロスになります。

高知新聞によると周知対策に高速道や幹線道路に新たな看板を60カ所追加するとか。実際、空港方面から高速道路を高知中央ICに向かって走ってみると…

五台山トンネル付近から、「高知ICでは出られません」の緑のタテ看板が何枚か追加設置されていました。

この看板は、先週はなかったものです。

高知中央IC出口近くの路面には、「無料区間おわり」の文字があります。
これを見ればわかるでしょうが、夜や雨だと難しいかもしれませんからねぇ。

「この先高知ICでは一般道へ出られません」の電光掲示板。
左には「無料区間最終出口」と左へ誘導しています。

五台山のトンネルを抜けると わずか2分、2kmほどで高知中央ICの分岐ですので、気を抜かないようにしなければいけませんね。これも知っていれば「行き過ぎて高知ICへの誤進入」を防げるのではないでしょうか。

それにしても、道路の説明って本当に難しいですね。このコラムを重ねて946回にもなりますが、写真を使っても説明が難しいのは今までで一番です。県民が混乱するのも無理はない気がします。

というわけで、今回も三つめの課題は次回へ持ち越すことになってしまいました。想定外ですが 乗りかかった船、いや高速だけに車でしょうか(笑)。次回でこの問題をまとめたいと思います。

第945回 「トラブル多発!高知南国道路開通①」

3月13日

先月2月27日に高知東部自動車道「高知南国道路」が、めでたく開通となりました。これで高速の入り口 高知IC(インターチェンジ)と高知龍馬空港、高知新港が およそ30年かけて一つの道路で直結されました。
ところが、新設された高知中央ICや高知ICで誤進入が多発しているのです。

その数、開通5日間で178件!高速道路ですから事故につながる恐れもあり、これはもう「勘違いした人がいる」レベルではなく、明らかに問題があると思えます。

起こっている運転ミスは、次の3つです。
①高知ICから空港(室戸)方面に向かおうとして、誤進入。
実は高知ICから、東の空港方面に直結で向かうことはできません。
料金所をくぐれば逆走できず、最低でも高知自動車道を一区画走る必要があります。

②空港方面から高知市街地に行くのに、高知中央ICで下りなかった。
そのまま高知ICの料金所に進まなければいけなくなり、そこからも一般道に下りられません。これも最低でも高速道を一区画走る必要があります。

③高知中央ICは、高松・須崎方面に向かう高知自動車道方面と、空港方面では入り口が違う。
間違うと、正反対の方向にしか行けません。南向きの空港方面に行こうとしているのに、北向きの高知自動車道に乗らざるを得ない、という痛恨のミスを生みます。
これらは、詳しくお伝えしないとわかりにくいと思います。

①高知ICから空港方面に向かおうとして、誤進入。
実はこれ、私も間違った思い込みがありました。「今回の開通で、北環状線から高知IC、そこから空港方面に直結で向かえる!」と。大間違いでした。

実際に走ると高知ICには、空港方面に向かう「高知南国道路」の表示は出ていません。これが逆に誤進入を生んでいるのではないでしょうか。標識の所に「高知道」の反対方面に「一宮・五台山・空港」や「高知南国道路」を付け足してくれれば良かったのに。「標識にないけど、右かな?」と進むと、いつも通りトンネルをくぐり…

こうなります。右側の、フェンスで区切られているのが「高知南国道路」です。空港方面に行きたければ このまま2kmほど直進すると高知中央ICに着き、そこから高速に入るのが正しいアクセスです。

知らないと さっきの分岐点で高知ICの料金所に入ってしまい、インターホンで
「高知南国道路に行きたいんですが」
「ここからは行けないですよ」
「ええーっ!?」となるのでしょう。
もっともこういう間違った場合には申し出れば、救済措置として高知道の南国ICまでの往復料金を無料にしてくれるようです。

ちなみに、高速道路から高知南国道路へはどうつながっているかというと…

高松あるいは四万十市方面から高知インターに下りてくると、料金所からはこういう看板が見えます。

室戸・空港方面に向かう「高知東部道」は右(高知市街は左)という看板ができています。

料金所を出て、すぐに右の道を選んで侵入します。
路面に「←高知東部道路」と書いてありました。

 

そのまま、南に進んで行きます。4kmほどで、高知中央ICです。

すみません。3つの問題のうち1つしか取り上げていないのに、この長さになってしまいました。仕方ありません。残り2つは、次回にご紹介しますね。