第978回 「秋の夕暮れ」

10月30日

秋は本当に夕空が美しく、見とれてしまうことが多いですよね。そう言えば、枕草子にも「秋は夕暮れ」との一節がありました。千年も昔から、人間の感性って変わらないんだなあと思います。

毎年この時期にある土佐リハビリテーションカレッジの仕事帰りには、夕焼けの見事な光景に 魅了されます。西一面に田んぼが開けている景色なので、空がとても広く見えるんです。今ではこういう場所自体が、少なくなりましたよね。刻一刻と変わる色合いは美しく、見飽きません。でも、急いで帰らなくちゃ。

わずか5分ほど後の、橋の上からの景色です。ちょうど赤信号で停まったのですが 写真を撮りたかったので、信号に感謝でした。水面に夕焼け空が映って、えも言われぬ色合いです。

ところでなぜ、こんなにも秋の夕焼けは美しいのでしょうか?

春は花粉や黄砂など、ほこりが多いために夕焼けの光をさえぎり、空気が澄んでいないのだそうです。
夏は夕立など湿気や水蒸気が多く、それが光を反射させるようです。また、夜7時を過ぎないと日が落ちないので、夕空を見上げる時間がずれる場合が多いのかもしれません。
逆に冬は空気が澄みすぎていて、光がうまく空となじまないのだとか。

先日のある夕方、カーテン越しに外が黄色く染まっているのに驚き「何ごと?」と思いのぞきました。空だけでなく、まるで世界全体が黄色いフィルターにかけられたかのように染まっています。ところが不思議なことに、小雨も降っている上、虹も出ていました。「これは珍しい!」と思わずスマホを手に外へ。邪魔な電線を避けるために、急いで近くの土手に向かいました。

ちょうど前から、子供たちが仲良く傘を差して歩いてきました。なんだか黄砂の中を、虹が出て歩いているようなふしぎな光景です。(あ、残念!一眼レフを持ってくれば良かったかなぁ)と思いました。(笑)この写真に もしもタイトルを付けるなら、「黄色い世界の虹」という感じですよね。

ところがホームページに載せるため、写真ソフトで大きさを縮小し、カラー調整を「自動レベル補正」にかけると、こうなって驚きました。

同じ写真なのに、世界が一変します。面白いものだなと思いました。

ふと、これって報道に似ているなと思いました。データをどう処理するかによって、見え方がまったく違ってくる。事実をどう切り取って、どう注釈を付けるかによって内容が一変してしまう。最近の眞子さんのご結婚や衆議院選挙など一連のメディア報道をどう読み解くのか、私たちも意識する必要があるのかもしれません。

第977回 【「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へよう こそ】~高知県立文学館

10月23日

昭和世代の私たちにとって、駄菓子屋は郷愁を誘う 特別な空間です。
そのタイトルから興味を引かれ、NHK教育テレビのアニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の世界観が好きになりました。ちょうど今、高知県立文学館で企画展【「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へようこそ】が開かれています。

子どもから大人までが虜になってしまう児童書「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」。
幸運な人だけがたどり着ける、ふしぎな銭天堂の店主・紅子が勧める駄菓子は、「釣り鯛焼き」「おもてなしティー」など、その人にピッタリのもの。でも食べ方や使い方を間違えると、幸運か不幸か大きく運命が違ってしまう展開に惹きつけられます。シリーズ累計350万部突破の人気シリーズです。

こちらの展覧会は、なんと全国初!高知県立文学館が独自に企画し、一年間かけて準備し、開催されているのです。すごいぞ、高知県立文学館!元々が児童書ということもあり楽しくわかりやすく、でも「さすが文学館」との深みも感じられるものでした。

まず2階の入り口には、銭天堂の店主、紅子さんの等身大パネルが。
紅子さん、身長高すぎ!アニメでも登場人物と比較して、身長180cm以上ではと予想されます。駄菓子屋の店主と言えば、こじんまりしたおばあさんというイメージを覆す恰幅の良さ。(笑)

一歩足を進めると、そこは黄昏時のレトロな路地裏。その奥に、銭天堂が見えます。
(写真はクリックで大きくなります。)この看板たちも昭和のテイストで、凝ったデザインで実にイイですね。そして 店の奥には…紅子さんが。

「いらっしゃいまし。ここは銭天堂。幸運な人だけが見つけられる店でござんす。お客さまのおのぞみ、この紅子さんがきっとかなえてさしあげましょう。」
紅子さんのセリフに、自分も物語の登場人物になった気分に。(笑)

会場には、ふしぎな駄菓子の再現展示や「たたりめ堂」のよどみを初めとするフォトスポット、金色の招き猫たち、作者の廣嶋玲子先生からのメッセージ、作画のjyajya先生の貴重な下絵、この展示のために書き下ろされたイラスト、「銭天堂ふしぎ手帳」がもらえるスタンプラリーなど、盛りだくさん。作者の廣嶋先生も、意気込みが伝わる企画書に胸を熱くなさったようです。

でもやっぱり、まず惹きつけられるのは 作品に登場する夢の駄菓子ですよね。それらが実際に目の前に、ランキング形式で紹介されています。
第1位は、こちら!

「ドクターラムネキット」。具合の悪いお母さんに元気になって欲しくて、5歳の女の子は銭天堂でこのキットを買います。白衣を着てしゃべるメガネをかけると患者の悪いところがわかり、お薬ラムネをあげるとお母さんの病気が治ります。もっと人を助けようと町に出る女の子に、悪意の手が…。事件を乗り越えて女の子がお医者さんをめざすラストは、感動的でした。

これも好きな、第3位の「虹色水あめ」。絵を学ぶ女子高生は友達との間で才能や人間関係に悩んでいたのですが、これを食べると友達も、心が鮮やかに晴れやかになっていきます。しかし…。

この展示は大人目線の角度で見ると、虹色水あめの色が、くすんでいますよね。
しかし、子どもの目線に低くなってみると…

ご覧下さい、鮮やかな色合いになるんです!これって狙っていたのかな?
何枚も写真を撮っていて偶然見つけられたので、とっても幸せな気分になれました。(笑)
そして私が一番「深い」と感じたのは、こちらのコーナーです。

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の作品の中で象徴的ともいえるのが登場人物の【選択】。
私たちは登場人物とともに物語を楽しみながら、「自分だったらどうするか」「自分はどの駄菓子が欲しいか」と思考をめぐらし、行動次第で運命は変わることや、思わぬ自分の願望などを発見していくことができます。

会場では「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」を①価値観、②神秘性、③無私(私欲のないこと)、④洒落、⑤欲望、⑥選択、⑦本当の望み、と7つのテーマに分けてご紹介しています。たとえば【価値観】。

ものごとを考えるとき、何を基準にして何を大切に思うか。それは、人それぞれ。(中略)登場人物の自分の価値観と似ている部分を発見して、共にワクワクできるのがこの作品の素晴らしさ。共感へと意識が転じる瞬間です。

この看板を「くるりと回して考えよう」

他人の評価が気になるあなたへ あなたなら、どれを選びますか?

聞き耳グミ 食べるとひそひそ話がふつうの大きさの音で聞こえるようになる。
見定メーター 相手にメーターを向けると自分との相性が一目でわかる。
悪魔あめ 自分に悪意を持つ人間が悪魔の姿に見えるあめ。

これって、今の子ども達にはすごく欲しいものでしょうね。
会場の館長のごあいさつ文にも、こうあります。

作品の魅力として注目したいのが「運も不運も紙一重」「幸運になるか不幸になるかはその人次第」という、登場人物の選択によって運が分かれる点です。(中略)これは「自分で考え、選択することの大切さ」を語りかけてくれる児童文学の根幹を成すものであり、「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズは子ども達の想像力を育み、一つの価値観が必ずしも正しいとは限らないという多様性を教えてくれる作品といえます。

子ども達がこれから人生を力強く生きていくため、とても大切なことですよね。私も教育現場で若い世代の自己肯定感の低さや自己決定できない悩みをよく聴くので、これらに強く共感したことでした。

最後に。こうした展示では著作権の関係で撮影禁止ということが多いのですが、こちらでは原画はダメですが「撮影OK」のスポットがいくつもあり、子ども達も喜ぶだろうなぁと感じました。

寂しさを癒やしてくれる友だちが現れ、一緒に楽しいティータイムを過ごせる「おもてなしティー」の撮影スポット。誰かと座って写真を撮るのもお勧めです♪

第976回 「なってみなけりゃわからない」

10月15日            中村 覚

少し離して見ないと書いてある字がわかりづらく、本を読んでいても20分ぐらいたつとショボショボしてきて目が疲れます。こんなことがしばらく前から続いていましたが、一過性のものでその内 放っておけば治るだろうと気楽に考えていました。でもいっこうに治る気配がなく、これがもしや老い? えっ 病院ですか? 行けば何らかの病名も授かり自他ともに認める公式の老いになってしまうので、しばらく先延ばしです。

考えてみれば、白髪も増えてきたので目にきてもおかしくありません。ただ白髪の場合はたいして困ることはなく、染めれば もう少し若くは見えるのかな?くらいのことです。ところが目の老化は不便さが付いて回るので身に迫るものがあります。

中学か高校の頃、好きなマンガを集めていて、年がいってお爺さんになっても読みやすいように、通常のコミックのサイズより一回り大きい愛蔵版とかで集めておく必要がある!などと半分 冗談で考えていましたが、冗談ではなくなってきました。マンガもさることながら、この先、宿敵となるのは文庫本です。収納が便利なのでちょこちょこ買い集めていますが、20年後、ページを開けば「なんだ、これはっ! 飼い犬に噛まれるとはこのことか!」
多分、こんな感じかと。(笑)

実は目よりも衝撃だったのが、指先の変化です。自分では思ってもいなかったのですが、かなり乾燥しているのです。これは今までずっとお肌の手入れを怠ってきたツケなのでしょうか? 聞いてないぞ。これのなにが困るかというと~

買い物をした際のレジ袋が有料になって久しいですが、店によっては液晶画面の「袋を購入」のボタンを押した後、 平らに積み上げられている袋の山?から購入した枚数分だけ自分で取る仕組みになっています。 で、1枚取って商品を入れようと袋の口を開けようとするのですが、袋の口はビタッとくっ付いたまま いくら指の腹でずらそうとしても開きません。「なんで?」というより、もうイライラです。以前はこんなことなかったのに、最近の袋は質が悪いなぁ。原因は自分の指先にあったのです。

後ろで次のお客さんが並んでいたりすると余計に焦ってきます。仕方ないので爪の先で少し破いて指を突っ込み 本来あるまじきところから袋を開けます。こんなことを数回やってからふと思い当たることがありました。今まで何度となくスーパーのレジで見た光景です。○百○十○円という支払い金額を全て小銭で払おうとする年配の方の姿です。おぼつかない手先で財布からゆっくりと小銭を取り出すわけですが、お札やポイントカードで払えば、もっとレジがスムースに運ぶのに。こんな不届きな考えをしていたのはどこのどいつか!(笑)

今回のようなことは「生老病死」のほんの入り口も入口 入門編ですから、たいしたことでないのは自分でもわかっています。でも こういった事から順を追って少しずつ体験していかないと、急に難問や応用問題が出されてしまうと、それはそれでまたちょっと心の準備が…。

でも考えようによっては「生老病死」は新たな経験のきっかけであるとも思います。

生まれてこなけりゃ わからない。
老いてみなけりゃ わからない。
病んでみなけりゃ わからない。
………。

その先にあるのは全てが新たな経験。その真っ只中にありながら、どうやってゆとりを持って過ごすのか?

なってみなけりゃわからない。(笑)