第976回 「なってみなけりゃわからない」

10月15日            中村 覚

少し離して見ないと書いてある字がわかりづらく、本を読んでいても20分ぐらいたつとショボショボしてきて目が疲れます。こんなことがしばらく前から続いていましたが、一過性のものでその内 放っておけば治るだろうと気楽に考えていました。でもいっこうに治る気配がなく、これがもしや老い? えっ 病院ですか? 行けば何らかの病名も授かり自他ともに認める公式の老いになってしまうので、しばらく先延ばしです。

考えてみれば、白髪も増えてきたので目にきてもおかしくありません。ただ白髪の場合はたいして困ることはなく、染めれば もう少し若くは見えるのかな?くらいのことです。ところが目の老化は不便さが付いて回るので身に迫るものがあります。

中学か高校の頃、好きなマンガを集めていて、年がいってお爺さんになっても読みやすいように、通常のコミックのサイズより一回り大きい愛蔵版とかで集めておく必要がある!などと半分 冗談で考えていましたが、冗談ではなくなってきました。マンガもさることながら、この先、宿敵となるのは文庫本です。収納が便利なのでちょこちょこ買い集めていますが、20年後、ページを開けば「なんだ、これはっ! 飼い犬に噛まれるとはこのことか!」
多分、こんな感じかと。(笑)

実は目よりも衝撃だったのが、指先の変化です。自分では思ってもいなかったのですが、かなり乾燥しているのです。これは今までずっとお肌の手入れを怠ってきたツケなのでしょうか? 聞いてないぞ。これのなにが困るかというと~

買い物をした際のレジ袋が有料になって久しいですが、店によっては液晶画面の「袋を購入」のボタンを押した後、 平らに積み上げられている袋の山?から購入した枚数分だけ自分で取る仕組みになっています。 で、1枚取って商品を入れようと袋の口を開けようとするのですが、袋の口はビタッとくっ付いたまま いくら指の腹でずらそうとしても開きません。「なんで?」というより、もうイライラです。以前はこんなことなかったのに、最近の袋は質が悪いなぁ。原因は自分の指先にあったのです。

後ろで次のお客さんが並んでいたりすると余計に焦ってきます。仕方ないので爪の先で少し破いて指を突っ込み 本来あるまじきところから袋を開けます。こんなことを数回やってからふと思い当たることがありました。今まで何度となくスーパーのレジで見た光景です。○百○十○円という支払い金額を全て小銭で払おうとする年配の方の姿です。おぼつかない手先で財布からゆっくりと小銭を取り出すわけですが、お札やポイントカードで払えば、もっとレジがスムースに運ぶのに。こんな不届きな考えをしていたのはどこのどいつか!(笑)

今回のようなことは「生老病死」のほんの入り口も入口 入門編ですから、たいしたことでないのは自分でもわかっています。でも こういった事から順を追って少しずつ体験していかないと、急に難問や応用問題が出されてしまうと、それはそれでまたちょっと心の準備が…。

でも考えようによっては「生老病死」は新たな経験のきっかけであるとも思います。

生まれてこなけりゃ わからない。
老いてみなけりゃ わからない。
病んでみなけりゃ わからない。
………。

その先にあるのは全てが新たな経験。その真っ只中にありながら、どうやってゆとりを持って過ごすのか?

なってみなけりゃわからない。(笑)

第975回 「10月の愉しみ」

10月9日

10月になったのに 連日最高気温30度という、夏のような暑さ。
でも緊急事態宣言も解除され、日本中で新規感染者数も目に見えて減り、ちょっと心が軽くなっています。高知にも県外からの観光客が増えてきました。

さて、秋と言えば食欲の秋!(一択です・笑)
栗、新高梨、お芋、チャーテ、四方竹、他にも美味しいものが沢山♪
中でも、ツガニ汁!

10年ほど前、「遅咲きのヒマワリ」という 四万十市を舞台にしたドラマのフェスでふるまわれたツガニ雑炊を四万十市で初めて食したのですが、その美味しさは衝撃的でした。高知市では一般的でなかったので、食べたことがなかったんです。今はネット注文もできますが、結構高い。(笑)そこで、産地の一つ 四万十市西土佐に出かけました。

高知市からは車で2時間ちょっと。1時間ほど、四万十川沿いを走ります。

西土佐は以前、最高気温41度を記録し暑さ日本一になった頃、よく仕事で訪れていました。

道の駅「よって西土佐」に到着♪ 久しぶりです。

農産物満載の軽トラが、相変わらずキュートです。(笑)
今回は、まずお買い物の前に、美味しいお昼ご飯を!

今回初めて入る「西土佐食堂」。

セルフ方式の食堂ですが「ツガニ汁、ないかなあ」と探していたら、ネットでサプライズの一品を見つけたのです。

はいっ!「四万十牛ステーキ丼」です。
あの年間70頭しか出荷されない、幻と言われている黒毛の四万十牛をお昼から食べられるんですよ!?

そりゃあ本格的に食べるとしたら、西土佐の「四万十牛本舗 焼き肉よこやま」に行けばいいんですが、夜しか営業していない(涙)。兼業主婦の私には無理なので、ずーーっと憧れだったんです。

一口食べると…うわぁ、これはすごい!ふわっととろける甘みのある肉質。ここ、レストランじゃないよね!?(笑)こんな上質な味が2,950円、2千円台で食べられるなんて~。都会に持っていくと、倍の値段になると思います。道の駅、バンザイ!!

もっとお手軽に、なら四万十牛ハンバーグ定食(1,120円)を。
こちらも四万十牛のうまみとスパイスが素晴らしいハーモニーを奏でています。片道2時間でなければ、毎週来たい(笑)。

思わず脱線しちゃいましたが、今日の本題はこちら。

「四万十川 鮎市場」でツガニのスープ「がねスープ」を買う!

四万十川では、モクズガニのことを「がね」「ツガニ」といいます。海のカニより濃厚な味で、「がね」をまるごと石臼でついて布でこしたスープは、様々な地元料理のだしで使われてきました。極上の独特な風味の濃厚スープは全て手作りで、何も加えない四万十川産「がね」100%です。

殻付きで丸のままのツガニを料理するのは大変なので、冷凍がねスープをゲット。さすが産地で、一袋300gで 800円です。私は今までネットで送料込みで数千円で買ってました。解凍したら一度沸かし直して調味しないといけないそうで、大きな保冷剤でしっかりとガードして帰りました。

後日、倍に薄めて醤油とみりんで味付けし、リュウキュウとなすを具にしてツガニ汁に。口いっぱいに広がるカニの滋味。あ~、なんて贅沢!(笑)

戻りガツオと四方竹の炒め物と一緒に、秋の味を楽しんだのでした。
高知の豊かな食の恵みに感謝です♪

第974回 「公」と「私」

10月2日

秋篠宮眞子さまのご結婚にあたり、国民誰しもが自由に発言できる時代で 実に様々な意見が出ています。眞子様にとってはこのご結婚が、ご自身を縛る皇室から唯一、自由にはばたけるチャンスと感じていらっしゃるのではないでしょうか。

私自身もそうでしたが 自分が嫁ぎ、親として娘を嫁がせ、違う立場を経験した方も多いですよね。娘の立場の時には、「なぜ結婚に反対するの?自分のことだし、自分で決めたい!」と思う。ところが親の立場になると「危うげでそう動けば転ぶ、とわかっているものを放置できるわけがない。」どちらの気持ちもわかります。が、「公」が「私」よりも優先されてきた皇室ならば、なおのこと苦悩が深くなられるかと。

眞子様の場合、これだけ多くの国民が反対するのは 小室さんの持つ危うさを感じ取り、ご苦労をなさって頂きたくない、という言わば親心のような表れにも思います。
ただ もう大人でいらっしゃいますので、ご結婚もすべては自己責任。今の時代、失敗したりつまずいたりする「私」の権利だっておありかと存じます。

かなり強靱にご自身の思いを貫かれようとなさる眞子様のお姿には、かつて秋篠宮様が紀子様とのご結婚を熱望されたお姿が重なります。兄宮様を差し置いてのご順番に異論もあった中、「聞き入れなければ皇室離脱も辞さない」との強い思いを発せられ、ご結婚を遂げられました。しかし、秋篠宮様もご自身が親の立場におなりだと、「公」の立場に悩み抜かれた末に、今回のご決断に至られたのでしょう。

眞子様は上皇様の初孫でいらっしゃり、今までずっと優等生としての「公」のふるまいを期待され、皇族としての責務を果たしていらっしゃいました。本当に大変でいらしたことでしょう。皇室を巡る諸々の問題やプレッシャーからもう解放されたい、そういったお気持ちでいらっしゃるのかもしれません。

しかし これからニューヨークでの生活に視点を移せば、毎日12時間勤務と言われる激務、厳しい成果主義の世界に身を置く小室さんなので、眞子様もご結婚後は、今までとはまったく違った厳しい「私」のご苦労がおありでしょう。窮屈でも守られていた日本の「公」なるお立場とは、根本的に違うニューヨークですから…。

最後に、ふと思います。「愛情の反対は、無関心である。」

眞子様と次女は年齢がほぼ同じです。そのため眞子様のお小さい頃からの可愛らしいお姿が、今も心に残っています。ご結婚にこれだけ多くの国民の声が寄せられるのは、眞子様にとっては「複雑性PTSD」を発症なさるほど苦痛でいらっしゃるのでしょうが、国民は心配申し上げ、「公」でいらしたお立場にふさわしいお幸せを、との思いがあるからこそではないでしょうか。

誰しも、結婚において整った幸せが最初からあるわけではありません。
様々な「公」の問題を乗り越えられ、どうぞお二人で「私」の幸せをお築きになられますように。