第990回 「人によって癒やされる」

1月29日

このところ、勘違いで小さなミスを2度してしまい 先方にご迷惑をかけ、「あぁ、自分はダメだなあ」と少し落ち込んでおりました。1回なら「まあ、そういうこともあるさ!」と思うのですが、1週間以内に続けて起こると、さすがにねぇ。年かなぁ、と少し弱気に。

ある朝、庭に水やりをしていると通りかかった女性が「以前通ったら、可愛い赤い実が一杯なっていた。あれは何というのですか?」と話しかけてくださいました。

庭の花は、たまに来る母が植えていますので、私はうろ覚え。(笑)
「え~と、フウセンカズラだと思います…」と答えると、「本当に可愛らしかった」とおっしゃるので「良かったら種が残っていると思いますので、どうぞ」と枯れた実をちぎって5~6個差し上げると、とても喜んで下さいました。

そんなささいなことで、心が和みました。
人に優しくされると嬉しいのはもちろんなんですが、人に優しくできると、それで
自分が癒やされるのだなあと実感しました。

後日、それを植えた86歳の母に聞くと「あれは、オキナワスズメウリ」と即答。
え、間違っちゃった!琉球オモチャウリとも言うそうです。確かにおもちゃっぽいし。
「お母さん、すぐに名前が出てくるってすごいね」と感心すると、「褒めてもらえた♪」と嬉しそうに解説が続きます。(大体、話が長いんです・笑)

「一年草だから、種をあげたら芽が出る。あれ、ちょっと珍しいと思って取り寄せて植えたのよ。あれよりも大きいカラスウリっていうのもあるけどね。オキナワスズメウリはそれよりも小さくて、赤い筋が目立って可愛いよねえ。」

確かに、よく下校途中の小学生が「これ、何~?」と興味を引かれ、中には「ちょうだい!」という無邪気な子もいます。見た目が小さなスイカみたいなので、興味を引かれるんでしょうね。(笑)「どうぞ!」と笑って言うと、喜んで持って帰ります。

また後日です。オンラインセミナーの後、ある会社の社長からメールを頂きました。「筒井さんの笑顔を画面で見て、励みになりました。実はコロナの荒波と厳しい経営に追われ、ギスギスした雰囲気になり批判も多く、満身創痍です…」と。今まで泣き言を伺ったことのない方でしたので、とても驚きました。

自分自身も落ち込んだ後でしたので、心の痛みがとてもよくわかりました。
その方は、強いリーダーです。ですから、主体的な強い言葉を選んで
「あなただからこそ、この波乱の時期を任されたのだと思います。それが、あなたの使命ではないでしょうか。もう少し、頑張ってみてください。応援しています」と、エールを送りました。非常に喜んで下さり、私も癒やしを頂けました。

それで、つくづく感じました。リーダーの孤独と大変さを。
このコロナ禍の大変な時期に、リーダーシップをとっている組織の長のみなさま。(戦前・戦後の時代を生き抜いてこられた方々以外)今のリーダーの皆さまは、今までほとんどの人が経験したことのないような苦難のまっただ中にいらっしゃると思います。本当に、お疲れさまです。敬意を表します。

そして組織を支えていらっしゃる社員の皆さん。大変な時期を運営するリーダーの方々に、笑顔とほんの少しのねぎらいを、(たまにでいいので)送ってあげてはいかがでしょうか?

第989回 「『本当の大人』になるための心理学」

1月22日

昨年、ここ数年で最高の本に出会いました。
「『本当の大人』になるための心理学」。作者は諸富祥彦(もろとみ よしひこ)さんという教育学博士で心理カウンセラーの方です。

昨年 心療内科医の芦原睦先生のセミナーをオンライン受講したとき、先生が良い情報源の1つとしてこの本を挙げていらしたので、取り寄せてみました。届いてしばらく寝かせていたのですが(笑)、ある日何気なく読んで軽く衝撃を受けました。

「今は、大人が真に内面的に成長・成熟した人間として、心から満たされた人生を生きるのが難しい時代である。
 なぜか、それは、今の日本社会では『いつまでも若々しくあること』といった外的な活動性ばかりに価値が置かれて、『中高年期における人格的成長・成熟』を重視する価値観が育まれてこなかったからである。」

中高年期における人格的成長・成熟! 日頃は聞けない 非常に魅力的なキーワードで、「まさにそうだ!」と目が覚める思いでした。そう言えば、駅員に暴行を働くのは60代の男性が一番多いのだそうです。まさに、年は取っても人格の未熟さゆえなのでしょう。

また 私もいつまでも若々しく、活動的であるのが良いことだとばかり思い込んでいたのですが、諸富さんはそうではないと言うのです。

「心が未成熟な人は、『若さ』に過剰な価値を置きますから、加齢によって体力が衰えても、若い頃と同じくらいの仕事量をずっと抱えています。結果、疲労感にさいなまれて脳が過労死状態になってうつになりがちです。」

多くの人は、たとえ還暦を超えてもバリバリ仕事をこなす人のことを、「すごい」「若い!」と羨望の目で見ていると思います。私もそうでした。
でも、異常な仕事量をこなそうとした結果、脳が過労死状態(!)になり、うつになりがちとは…。

「これは現実を受け入れられていないことの証拠だと思います。つまり、現実の状況を正確につかむ現実検討能力が低いのです。」

現実を受け入れられていない。言われてみれば、と思い当たります。
特に今はコロナ禍ですから、多くの業界で厳しい状況です。そのため「そこまで一人で頑張り過ぎなくても」と思うほど、 「できる」「もっとやらねば」と過度に仕事を背負い込み、結果、疲れ過ぎて無力感にさいなまれ、うつ状態を招くのですね。

諸富さんによると、完璧主義者も心の未熟さの表れだそうで、それも驚きでした。
すごく仕事ができる人は往々にして完璧主義者で、「私は完璧主義者」と どこか誇らしげに自負しているイメージだったからです。それが実は、未熟とは?

「努力すれば、すべてのことがなんとかなるはずだし、そうなるべきだ。」
「問題を抱えている人は努力が足りないのだ」
人生の現実とは違ったこうした思い込みを心理学では「イラショナル・ビリーフ」と言います。「~せねばならない」「~すべき」という非合理的な信念です。

もちろん努力は悪いことではないのですが、完璧主義や努力至上主義の人は思うようにならないと 非常に落ち込んだり、怒って他人を責めたりするのが問題なのだそうです。確かに人生、思った通りにならないことだらけですよね。つまり、

「現実をあるがままに受け止めることができることが、成熟した人格の証。」

なるほど、と納得でした。あるがまま受け止める、簡単に思えますが難しいことです。
じゃあ、そのためにはどうしたら良いのでしょうか?諸富さんは書いています。

「辛いことがあったら『辛いよ』と言って弱音を吐く力-『援助希求力』こそ、中高年が現代を生き抜くために必要な力です。」

なんと、弱音を吐く方がいいというのです。ちょっと救われた気分。(笑)

「老い、病んでいくことで人格は成熟することができます。能力の低下は、人格の成熟にとって決して妨げにはなりません。このことをきちんと受け入れられることが成熟には欠かせないのです。」

年を取ると 若さ・健康・お金など 失っていくものだらけと聞き、どこか不安を感じていたのですが、実はそれが人格の成熟に役立つとは!私には、大きな救いに思えました。年を取り、何かを失うことにより心の成長を得られる。老いていくのは、実はとても豊かなことにつながるのかもしれません。そう思うと、かすかな希望が湧いてきました。

第988回 「ありえない話。」

1月15日        中村 覚

年の初め 大掃除の余韻?が残る中、棚に並べてあるCDやゲームソフトの整理をしていました。この手のものはしょっちゅう使うわけではないので、あれば納得です。すると「あら、同じゲームソフトが2つ…?」そう言えば以前、既に持っていることを忘れて2個目を購入してしまったことを何となく思い出します。

「カプセルトイ(ガチャガチャ)じゃあるまいに、ダブるかねぇ?」
でも やらかしてしまったことは仕方ありませんし、買ったのは2~3年前のことですので、まぁ こんなこともあったなぁと。何の気なしに中身を確認。

「ない、ないっ!」2個とも、中にソフトが入っていません。1個でいいものを2個買って、しかも中身はどっちもない。呆れすぎてちょっと笑えます。このゲームをすぐにプレイしたいとか そういうことではないので別にいいのですが、普通ではありえない気が…。(笑)

近所にホームセンターがあり、車で2~3分の所なので日頃から重宝しています。
いつものように手軽にパッと行って車を降りようとしたその時、松葉杖がないことに気付きました。杖がないと、困るわけで…。なぜないかと言えば、車に入れるのを忘れてきたからです。どこに忘れてきたかと言うと 多分、車庫。すぐにUターンして家に戻ると 案の定、車庫にありました。

車に乗り込む際にまず 杖を壁に立てかけて、先に自分が車に乗り、それから杖を入れるのですが、急いでもいないのに杖を入れずに買い物に出たのでした。素晴らしー!ありえない。近場だったから良かったものの、何時間かかけて着いた場所で「杖がない!」となると、これを笑ってすますにはかなりの度量が求められます。(笑)

またある時、玄関先でこんなものを見つけました。
さっぱり心当たりもなく、これが何なのか わかりません。

でも家の敷地内に落ちていたので、自分の暮らしに関連があるのでしょう。プラスティックで変な長方形っぽくて灰色。でも わからないんです、似たような物を見た覚えがないのです。何かの部品?
すると横から親が「あんた、松葉杖のじゃ ないかね。」
そんなことを言われても意味がわかりません。なんでこれと杖が関連するのか…。

ありえないだろうと思いつつ杖を調べると、ちゃんと関連したのです。ちょうど脇に当てる部分が、折れて取れていたのです!

左側にあるのが普通の状態です。
なぜ、こんなに壊れているのにわからなかったかというと~

上からこのようにラバーをかぶせて使用しているため、まったくわかりませんでした。このラバーが固くて意外と丈夫なため、違和感がなかったのです。それをいいことに? まさかのポッキリ。 支えとなる大事な部分は暗黙の内に、頑丈とばかり思い込んでいました。頼りにしていたのに意外ともろかった。 ありえません。(笑)ただ 日常的に5~6年使っていたので、買い替え時だったのかもしれません。

この3つの話、ありえないという思い込みがいかに、日常の中にあるのか。
年の初めから、思わぬことに色々と気づかされた次第です。

本年もよろしくお願いします。