第988回 「ありえない話。」

1月15日        中村 覚

年の初め 大掃除の余韻?が残る中、棚に並べてあるCDやゲームソフトの整理をしていました。この手のものはしょっちゅう使うわけではないので、あれば納得です。すると「あら、同じゲームソフトが2つ…?」そう言えば以前、既に持っていることを忘れて2個目を購入してしまったことを何となく思い出します。

「カプセルトイ(ガチャガチャ)じゃあるまいに、ダブるかねぇ?」
でも やらかしてしまったことは仕方ありませんし、買ったのは2~3年前のことですので、まぁ こんなこともあったなぁと。何の気なしに中身を確認。

「ない、ないっ!」2個とも、中にソフトが入っていません。1個でいいものを2個買って、しかも中身はどっちもない。呆れすぎてちょっと笑えます。このゲームをすぐにプレイしたいとか そういうことではないので別にいいのですが、普通ではありえない気が…。(笑)

近所にホームセンターがあり、車で2~3分の所なので日頃から重宝しています。
いつものように手軽にパッと行って車を降りようとしたその時、松葉杖がないことに気付きました。杖がないと、困るわけで…。なぜないかと言えば、車に入れるのを忘れてきたからです。どこに忘れてきたかと言うと 多分、車庫。すぐにUターンして家に戻ると 案の定、車庫にありました。

車に乗り込む際にまず 杖を壁に立てかけて、先に自分が車に乗り、それから杖を入れるのですが、急いでもいないのに杖を入れずに買い物に出たのでした。素晴らしー!ありえない。近場だったから良かったものの、何時間かかけて着いた場所で「杖がない!」となると、これを笑ってすますにはかなりの度量が求められます。(笑)

またある時、玄関先でこんなものを見つけました。
さっぱり心当たりもなく、これが何なのか わかりません。

でも家の敷地内に落ちていたので、自分の暮らしに関連があるのでしょう。プラスティックで変な長方形っぽくて灰色。でも わからないんです、似たような物を見た覚えがないのです。何かの部品?
すると横から親が「あんた、松葉杖のじゃ ないかね。」
そんなことを言われても意味がわかりません。なんでこれと杖が関連するのか…。

ありえないだろうと思いつつ杖を調べると、ちゃんと関連したのです。ちょうど脇に当てる部分が、折れて取れていたのです!

左側にあるのが普通の状態です。
なぜ、こんなに壊れているのにわからなかったかというと~

上からこのようにラバーをかぶせて使用しているため、まったくわかりませんでした。このラバーが固くて意外と丈夫なため、違和感がなかったのです。それをいいことに? まさかのポッキリ。 支えとなる大事な部分は暗黙の内に、頑丈とばかり思い込んでいました。頼りにしていたのに意外ともろかった。 ありえません。(笑)ただ 日常的に5~6年使っていたので、買い替え時だったのかもしれません。

この3つの話、ありえないという思い込みがいかに、日常の中にあるのか。
年の初めから、思わぬことに色々と気づかされた次第です。

本年もよろしくお願いします。

第987回 「2022年の目標」

1月8日

新年おめでとうございます。今年もコロナ禍で迎える新年となりましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今年 人・みらい研究所として、ある目標を立てました。ここ数年来活動してきた高知追手前高校についての本を、出版することです。私自身、まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでしたが、追手前LOVEが思いがけずどんどん募ってきて、気づいたらこんなことに。(笑)

コラムにも時々書いて参りましたが、昭和6年に建てられた追手前高校の校舎は90年たった今も、現役として大活躍しています。時計台は有名ですが、元貴賓室、奉安殿、地下池など 卒業生にも知られていない伝説の宝庫です。その伝説の解明と、歴史的価値ある校舎建築を 未来へとつなぐ出版にし、広く知って頂こうというものです。

校友会事務局のご協力も頂き 写真は一通り撮りましたが、まだまだやることは多く、まとめに入ろうとした12月に姑が緊急入院になってしまいました。多分、これから大きく計画に遅れは出ると思いますが、無理をせずに少しずつ進めていこうと思っております。

出版に関しては素人ですし、写真を多く載せたいため費用がかかるだろうと覚悟していましたが、調べてみると やはり予想通り。(笑)全国的に売れる本ではないですし、高価な写真集にもしたくない。なるほど、今の時代、本を出すというのはなかなか大変な仕事なのだなぁと再確認した次第です。(笑)

思い出すのは この活動のきっかけになった、追手前高校の校舎を建築した間組の当時の社長、小谷清氏(明治25年卒業生)です。建築予算が大きく不足し、時計台不要論や移転案まで噴出した中を 「名誉な仕事だから」と、大きな赤字を補填した、その気概。胸を打たれ、「自分は追手前高校のために、何ができるのだろうか?」と自問自答し、出た答えがこの活動でした。たまたまスタッフの中村も追手前高校の卒業生で、人・みらい研究所はチーム追手前でもあるのです。(笑)

お正月に会った高校の同級生も「できることがあったら声をかけてね」と嬉しい言葉をかけてくれました。せっかくなので、追手前高校をよくご存じない方にも興味を持って頂けるような内容のものが作れたらと思っています。

さあ、はたしてどうなるのでしょうか?初夢だけで終わらないよう、頑張ってみます!(笑)