第1003回 「違う分野の面白さ」

4月29日

雨の休日。コラムのテーマを考えつつ、「TOP POINT」に手を伸ばします。

この本を教えてもらってから、もう20年は経つでしょうか。TOP POINTは簡単に言うと、新刊ビジネス書の要約本です。毎月数多く出版されるビジネス関連の書籍の中から、「一読の価値ある新刊書」を10冊厳選し、1冊当たり4ページに要約しているものです。

その分野は政治、経済、学術から哲学、心理学、宗教学に至るまで実に多様で、経営者が多く読んでいるのも、うなずけます。自分では絶対選ばない分野の本を垣間見ることができるのが魅力。これを読んで「面白そう」と思い買った本は数多くありますが、また要約が まさに達人技。1冊読んでも、残るのは結局 要約部分ということが多いのに感心します。ちなみに中村も同じ本を取っていて、二人であれこれ議論?することも。(笑)

最近の中で面白かったのは、AIの分野の本です。「ロボットと人間」「ブレインテックの衝撃」「脳と人工知能をつないだら、人間の能力はどこまで拡張できるのか」…。
中でも「ブレインテックの衝撃」は機械と脳を融合させ、直接情報をやりとりする技術の最前線が書かれていて、まさに衝撃でした。たとえば、念じるだけでスマホを操作することができるようになるかもしれないのです。

片腕を失った退役軍人が「ルーク・アーム」と呼ばれる最先端のロボット義手を付けた話も書かれていました。義手でグラスを持ち上げて水を飲めたとか、何か触ったりつかんだりすると情報が脳にフィードバックされ、その感触を得られるようになったとか。なんと この義手で、ロック・クライミングをした人までいるそうですが、今はここまで来ているんだなあと驚嘆するしかありません。

自分に置き換えて考えると小さなことですが、 私はかなりの近視で、コンタクトレンズに長くお世話になっています。50代になってからは老眼・近眼兼用レンズができて すごく助かっていますが、ここ1年ほどで急激に右目の視力が落ちてきました。年齢的に白内障も進んでいるようで、もう少ししたら眼内レンズを入れる手術をしないといけないんだろうなあと覚悟はしています。

でもレンズの性能が飛躍的に高まっている今、きっと手術をすると驚くほど世界が鮮明になるんだろうと思うと、それも悪くないと思えます。むしろ、ちょっと期待しているかも。(笑)

小学生の頃に見た石ノ森章太郎のマンガ「サイボーグ009」は、主人公の少年が最強の兵士=兵器であるサイボーグに改造されてしまった話ですが、それが今や現実のものになりつつあります。その進化スピードは「事実は小説よりも奇なり」のようですが、より良い世界につなげて欲しいものです。
決して、兵器には使うことがないように。

第1002回 「ご縁の不思議」

4月23日           中村 覚

以前、看護学校に仕事で行った時のことです。担当の教員の方に最初にお会いした時、「昔、小鹿園(現・療育福祉センター)に勤めていました。」というお話がありました。以前 コラムで書いたのですが、私も子供の頃、子鹿園で約4年間の入院生活を送りました。

4才で、親元を離れての病院での共同生活。同じような年頃の子どもがそれぞれの障害を持ち、6人部屋で寝食を共にする。~と話せば長くなるのですが、自分の中ではちょっと特別な経験、と言うか二度としたくない経験です。(笑)

お世話してもらう側とお世話する側、立場は違っても小鹿園の生活を知っている人と、まさか30数年経ってから会うとは思いませんでした。話は更に進んで、 その方、当時、入院していた 子供だった私の事を覚えているとのこと。そりゃ ビックリです! でも子供だった私には、この方の記憶はありません。

知っている者同士の再会なら思い出話に花も咲くでしょうが、そうはなりませんでした。でも、パチンッと、俗に言うパズルのピースが1個 はまったような気がしました。この方と会ったことで、幼少期の体験は自分にとってはやっぱり意味があったんだなぁと、再確認したのだと思います。

去年の話です。これも仕事で福祉関連の学校に行った時のこと。授業の一環として体育館に移動して様々な体験を学生たちにしてもらいます。その際に数個の机と椅子を教室から体育館まで運んでもらいます。この時役割に対して挙手をしてもらい、自発的に運んでもらっています。そして体育館での授業が終われば、持ってきてもらった机や椅子は、また各々で教室まで運んでもらいます。ちょっと面倒な役割ですが、毎年 学生達は積極的に手伝ってくれます。

~で、体育館から教室に戻る際に、ちょうど机を運んでくれている学生が横を通ったので「ありがとうございます。」と声をかけると、ニコッとして「どういたしまして」というような気持ちの良い返事をしてくれました。

その後、教室に戻ってレポートを書いてもらい、一人ずつ手渡しで受け取ります。先ほどの体育館で声をかけた学生からレポートをもらった時に「先生のこと、私のおばあさんが知っていると言ってました。」と。

「えっ、えっ、どういうこと?」思わず提出してもらったレポートの名前を確認します。すると20代の頃にお世話になった方の苗字だったので、「あぁっ、お孫さんなんだ」と。最初の授業のレジュメを家で開いている時に表紙に写っている私の顔を見てわかったとのことでした。そう言えば、お孫さんが生まれた時に会わせてもらったことを思い出しました。

と言うことは今、目の前にいる子がまだ赤ちゃんだった頃を私は知っていることになります。あの赤ちゃんが、今、二十歳前後の大人になって目の前にいる。時間の経過とはそういうものなのでしょうが、不思議でなりません。一体何%の確率で再会したのかと…。また1つパズルのピースがはまったような瞬間でした。

ある時期に出会った人と、長い時間が経過した後、思いもよらない場所で再びまた会う確率。もちろんそれは「0」ではないでしょうが、もうこうなってくると確率の問題ではなく、最初から組み込まれていたの? そんな気持ちになります。

あと何回、こんな不思議な経験ができるか わかりませんが、これって、20代の時には考えもしなかった人生の醍醐味の一つなんだろうなぁと、一人悦に入ってます。

第1001回 「名前の効果」

4月16日

4月。新年度が始まり、様々なものが新しく変わるとき。この春、次女も職場復帰するにあたり、1歳半を過ぎた彼女の長男も保育園デビューしました。

実は どうも「孫」という言葉をこのコラムで使うのは、しっくり来ないのです。こちらから見ての「孫」という立場ではなく、彼自身を見ていると小さくてもちゃんと主張があり、「小さいひと」「小さな彼」みたいな感覚があるからです。

同様に「おばあちゃん」と呼ばれるのも、まだしっくり来ません。イタリア語でのおばあちゃんを意味する「ノンナ」という言葉を次女に提案したのですが、スルーされちゃいました。せっかくイタリアに短期留学させたのに。(笑)

私が名前や呼び方にこだわるのには、理由があります。
本名って、基本的に自分で選んでいませんよね。私の場合「北岡典子」として20数年育ち、その後 倍の時間を「筒井典子」として生きてきました。55歳で東京・大阪でビジネス心理学の学びを始めたとき「好きなニックネームを付けて下さい」と言われ、NLPを学びたいと思うきっかけになった「メンタリスト」というアメリカのドラマの主人公、パトリック・ジェーンから 女性でも通用する「ジェーン」という名前をもらい、名乗るようになりました。

自己紹介でその経緯から話すと、ある講座で休み時間に「ジェーンさん、私もメンタリスト見てますよ」と話しかけてきてくれたのが、後にLABプロファイルの講師仲間になったヒロさんでした。意気投合し、数年セミナーを通じて交流を続け、コロナ前は何度も高知に来てくれるような親友になりました。名前がきっかけで、そうなれたのです。

5年ほどそのセミナーでは様々なことを学びましたが、その場での私はとても自由で明るく積極的でした。環境と仲間がそうさせてくれたのですが、そういう状態の時に「ジェーンさん」と呼ばれ、自分の好きな自分でいられるのがとても心地よい経験でした。

NLPで、アンカリングという用語があります。自分の感情を調子のいい時の感覚に戻したり、何か新しい習慣をつけるために使われたりする手法で、簡単に言うと「条件付け」です。私の場合、5年ほどにわたって自分の好きな自分でいられた時に「ジェーンさん」とくり返しみんなから呼ばれたため、今も「ジェーンさん」と呼ばれると、いつもよりも明るく積極的な自分になれる気がするし、実際そうだと思います。

以前、高知で主宰したLABプロファイルの講座でも、同じことをやってみました。受講なさる皆さんに呼ばれたいニックネームを付けてもらい、6回の講座をそれで呼び合っってもらったのです。それもあってか お互いに親近感が高まり、講座修了後の打ち上げ会のお別れでは、10人ほどがハグし合って別れを惜しんでいたのを、今も鮮明に覚えています。高知でそんな講座は、私は初めてでした。

昨日も新人研修会でしたが、ある受講生の方にちょっと変わったニックネームの由来を尋ねると、その瞬間 彼の表情がパッと輝きました。とても嬉しそうに語ってくれ、見ていてこちらも嬉しくなったものです。

名前とはまさにその人自身で、アイデンティティ=自分らしさだと思います。だからこそ大切にしたいし、自分でこだわった呼び方を選びたいなぁと思うのです。