第1024回 「着物つれづれ」

9月24日

白の彼岸花が庭に揺れる季節になりました。
二人目の孫として女の子が誕生し また違った喜びを味わっているのですが、昨日次女が「お宮参りの着物って、ある?」とLINEしてきました。写真で確認してみると…

赤い着物が写っていました。次女に見せると「みんな、若い!」と驚いていました。(笑)そうですね、私も30歳頃ですし、主人も若い。
何より、数えの百歳で亡くなった。私の祖母が元気な姿で写っていました。
当時、70歳くらいでしょうか。懐かしさで、胸が満たされていきます。

実は婚礼の時 母が私に着物を作ってくれたのですが、障害児の長女と元気な次女の子育てで忙しく、少し手が離れてからは仕事に没頭していたせいもあり、ゆったりと着物を着る機会は、まったくありませんでした。少し罪悪感…。手を通していない着物も、まだあります。

あらためて着物のタンスを開けてみました。引っ越し以来、20年ぶりかもしれません。今はもうなくなった数々の呉服屋さんの、たとう紙(し)と呼ばれる 着物を保存する紙包みまで懐かしく写ります。

特に年代物は、これでしょうか。「愛宕町踏切北 まきの呉服店」。
そう言えば昔、愛宕商店街に小さな呉服屋さんがあったっけ…。

なんと、電話番号の局番が一ケタです!50年ぐらい前のものでしょうか?
ひもが和紙をより合わせてあるのも、時代を感じます。

開いていくと、七五三で娘に着せた着物や もう忘れていた私の着物がたくさん出てきました。

職人さんの腕が感じられる、良い柄行きが目の保養になります。

そして、色の取り合わせの妙。日本文化の奥深さに改めて感心します。

着物の写真を次女にLINEで送ると、
「どうしてこんな良いものがありながら、着んかったのか不思議」と送られてきました。次女は成人式以来 着物好きになり、私や母と同じく古典柄好きなのです。

もっと娘に着せてあげたら良かったなあと悔やみつつ、いや、今からでも遅くない。着物は私から娘や孫に受け継いでいけばいいんだと思うと、少し気が楽になりました。

第1023回 「あらぬことから経営理念に」

9月17日         中村 覚

先日のこと。オイル交換をするためにお店に行くと、ちょうど出迎えてくれたのが、車を購入した時の担当の方でした。ちょっと世間話をしている流れで
「ところで、中村さんの車はハイブリッドではないですよねぇ。」と言われ、内心「5年も前のことなのに、この人、よく覚えているなぁ(笑)」と。
そんなこと、すぐ忘れてくれていいのに。 「ヘンなお客だったなぁ」と思われていたんじゃないかなと、ちょっと心配になりました。

どういうことかと言うと、私はトヨタのネッツ店でヴィッツを購入しました。ですから本来なら車体にはN字をデザインしたネッツエンブレムが付いています。しかし、トヨタと言えば ずっと前から知っているT字のマークが頭にあったので、購入する際にエンブレムを付け替えてもらいました。

取り外したのが、この元々付いていたネッツエンブレム。

新しく付けたのが、このT字のエンブレム。

ところがです。 後から知ったことですが、このようのにT字が青く縁取られているものを「シナジーブルー」といい、トヨタのハイブリッドの象徴の色で一般的にはハイブリッド車に装着するそうです。

私の車はハイブリッドではないのですが、この「シナジーブルー」が付いています。付いています、と言うか、最初に書いたように購入する時に無理?を言って付け替えてもらいました。ですから「中村さんの車はハイブリッドではないですよねぇ」
なーんてなことを言われるわけです。(笑)

あぁ あれから5年かぁ、早いなぁ。購入時のことが頭の中でよみがえります。取り外したN字のネッツエンブレムを丁寧にビニールに入れた状態で、「これは、もう要りませんよね」と車を取りに来た私に差し出してくれました。担当の方にすれば、わざわざ エンブレムを取り替えたのだから、もうこれは要らないですよね、という単純明快な話です。

でも「要ります」と答えて、ホントはたいして要りもしないのに、持って帰りました。 あぁ多分、この人、そのことも覚えているんじゃないかなぁ。どんどん心配になってきます。(笑)

なんで持って帰ったかというと、バックルにでもしようかと…。冗談です。

このT字のマーク。 実はずっと牛の顔のデザインだと思っていました。正面を向いた顔、そして長い角が両端に伸びてカッコ良い!そんなふうにしか見えていなかったのです。

意識が現実に戻ります。目の前にいる担当の方に「子供の頃、このマークが牛に見えて。牛にしか見えなくて。 でも大人になって考えたら、このマークは楕円形が3つ組み合わさったデザインになっているんですよね。」 ヘンな客だと思われたくないので、このあたりで大人な会話も少々。そして自然な雰囲気を装い軽いタッチで~

「この楕円形のデザインにはどんな意味があるんですか?」

無茶ブリとは思いましたが、まっとうな客になるための方便です。
真意はそこにありません。(笑)

「あぁそれはですね、新人研修の時に教わりました」と笑顔で柔らかなお返事。

『えっ? 知ってんのっ!』

「楕円形はですね、中心(焦点)が2つあるんですね。普通の円や他の形には 1つしかないんですよ。」

『…まさかの、数学ですか…。』

「(楕円形の)2つの中心を【製造】と【販売】に見立てて、経営を~」と、みるみる高尚な話になっていきます。

数分後、「勉強になりました。」と、失礼したわけですが…。
苦し紛れに放った質問が、まさか経営理念に至ると誰が想像しましょうや。
こわかったぁ。手持ちの駒の意味合いが違い過ぎます。(笑)

数日後、コラムを書くにあたり車のエンブレムについて調べていました。すると意外なことに? 車のエンブレムって、ネットで簡単に買えるんですね。全然知りませんでした。そして私のように「やっぱり、トヨタはT字のマークが良い」ということで、買って自分で取り付けました、という購入者のコメントもあるのです。

なんだ、それほどおかしなことを自分はやっていたわけではなく、しかも取り付けもプロに頼まなくても実は簡単に自分で出来たんだと、ただただ あっけにとられたのでした。

第1022回 「足摺七不思議をご存じですか?」

9月11日

先日の高知新聞に「土佐史談会が足摺岬などを巡り、地元同好会と交流」という記事が載っていました。足摺岬は地理や歴史,、文化的にもとても魅力のある所ですが、高知市からも車で3時間以上かかり気軽に行くのは難しいため、知られざる魅力があふれているのです。足摺七不思議も、その一つです。

有名な足摺岬灯台へ向かう手前で右に折れると、椿のトンネルに入ります。この遊歩道を通っていくと、足摺七不思議に出会えるのです。七不思議というのは七つの不思議ではなく、たくさんの不思議を指し、一説では21もあるとか。

実は七不思議のルートはUの字型になっていて、私たちは灯台に近い道から入る逆ルート?を通りました。ですので、一般的な七不思議の紹介とは順番が逆かもしれませんが、四国遍路も「逆打ち」という御利益が大きくなる逆ルートを回るパターンもあるくらいですので。(笑)

1.地獄の穴
まずはその名も怖い「地獄の穴」。この穴に硬貨を落とすと、チリンチリンと落ちて行く音がするとの言い伝えがあり、ずっと見てみたいと思っていました。

実はこの下には、金剛福寺付近まで洞穴が通じているといわれています。グーグルマップで測ってみたら、ここから金剛福寺までは直線距離で200m。海岸からここを通りお寺までは直線距離でも270mくらいあるので、いかに長い洞窟がこの下に通っているのかと神秘を感じます。地獄の穴は残念ながら今は塞がってしまったようですが、昭和52年にはおよそ1分ほど落ちていく音が聞こえたとの記録が書かれています。聞きたかったなぁ~!

2.大師の爪書き石
1200年ほど前、弘法大師が金剛福寺を建立した時にこの花崗岩の大きな岩に、爪で「南無阿弥陀仏」と刻んだと言われています。

近くで見ると、うっすらと「南無阿」という字が見えますよ。
(写真をクリックして大きくすると見やすくなります。)

七不思議を巡るルートの途中には、足摺岬灯台もあります。
大正3年に作られ、昭和35年に画期的な「ロケット形灯台」に生まれ変わり、現在も活躍しています。「 日本の灯台50選 」にも選ばれ、水面からこの灯火までは60mあるとか。

3. 亀呼場
弘法大師がここから亀を呼び、亀の背中に乗って目の前の不動岩に渡り、身体安全、海上安全の祈祷をされたといわれています。「お亀さ~ん」とこの場所から亀を呼ぶと、亀が浮かび上がって来るんですって。写真を撮ってて忘れたので、次はやってみようっと。

4. 大師一夜建立ならずの華表
(弘法)大師が一夜で華表(とりい)を造らせようとしたが、夜明け前にあまのじゃくが鳥の鳴真似をしたため、夜が明けたと勘違いし、やめたといわれています。夏は草で覆われていてよく見えませんが、手前の石造りが痕跡のようです。

途中、林が途切れて眼下に黒潮が流れる太平洋が見えます。この神秘のルートを通ると、気持ちよい潮風に吹かれて体中が浄化されていくようにも思えます。

5. ゆるぎ石
かなり大きな石です。大師が金剛福寺を建立した時発見した石といわれています。
大きな石の上に小石が三つ積んであるんですが、親孝行者ならこの大石を動かすと、上に積んでいる小石が落ち、親不孝者なら落ちないとか。親の肩をもむ要領が身についているかどうかということらしいです。ちなみに私はびくともしませんでした。(笑)

6. 不増不滅の手水鉢(ちょうずばち)
平安時代、賀東上人と弟子の日円上人が、補陀落(お釈迦様の住む浄土)に渡海しようとしたとき、弟子の日円上人が先に渡海してしまったそうです。残された賀東上人は非常に悲しみ、この岩の上に身を投げ出して涙を流し、それが不増不減の水となって残っているといわれています。

7.犬塚
昔、生まれ変わり一国一城の主となって世の平和をもたらすことを願った僧が、右手に「南無阿弥陀仏」の文字を書いてこの断崖から身を投げたとか。飼っていた犬は飼い主をひたすら待ち続け、ついにこの場で息絶えてしまい、村人は哀れと思って犬塚(墓)を建てたと言われています。

その後、土佐藩二代目・山内忠義公の右手に墨のような生まれつきの痣があり、この故事を知った忠義は自らを僧の生まれ変わりと想い、金剛福寺再興を行ったそうです。

8. 根(寝)笹
この地に生えている笹はこれ以上大きくならない笹だといわれています。
夜になると、龍が馬の姿に変わり、ここでコロコロ寝っ転がって遊んだため、笹が大きくならないのだという伝承があります。

9 汐の満干手水鉢
岩の上に手水鉢に似た小さなくぼみがあり、汐が満ちているときは水がたまり、引いているときは水がなくなるといわれ、非常に不思議とされています。

実際に測ってみると面白いと思うのですが、しばらく滞在しないといけませんし、断崖の上で柵からかなり身を乗り出さないといけないので、危険ですので無理ですね。(笑)

10.亀石
この亀石は自然石ですが、亀にそっくりです。人との比較でわかるように、かなり大きな物です。弘法大師が亀の背中に乗って燈台の前の海中にある不動岩に渡った亀呼場の方向に向かっています。

ところで、七不思議の伝承は、どういったものから生まれたのでしょうか?
昔からお遍路さんは四国各地を回っていました。その先々でお寺の人や地元の世話役との交流があり、そこで土地土地の話を聞き、地元を知ることになったわけです。

ですから四国遍路は、観光の元とも言えます。
「観光」という言葉自体が戦後の用語であり、七不思議も伝来は古いものではなく、昭和の観光ブームの折に地元の伝承を元にたくさんある不思議を「七不思議」として、まとめたのでしょう。

それにしても改めて足摺七不思議は、魅力を感じます。もっと深く研究してみるのも面白そうだと思ったことでした。