第661回 「めもあある美術館」

9月5日

私が小学生の頃、「若葉」という学校文集がありました。本が好きだった私は、そこに載っているみんなの感想文や作文を読むのが楽しみでした。

661-1

2学期に出される「若葉」に決まって載っていた多くの感想文が、「めもあある美術館」についてのものでした。最初、「何だ?このヘンテコな平仮名の言葉は?」と不思議だったのですが、いくつも読んでいく内にどうやら6年生の国語の教科書に掲載されている物語らしいとわかりました。毎年多くの上級生が、その文章に心を動かされているのを見て、「早くこの物語を読んでみたい」と思ったものでした。

やっと6年生になり、念願の「めもあある美術館」を読めたのですが、不思議な童話でした。

「ぼく」は兄弟げんかの末、かあさんに怒られ家を飛び出します。あてずっぽに歩くうちに、暗い古道具屋の片隅で 死んだおばあちゃんの油絵に出会い、衝撃を受けます。その絵に描かれた自分しか知らない場面を思い出していると、まるで自分が描いたような気もしてくるのでした。

そこにのっぽの男が現れ、その絵を買っていきます。「ぼく」がその男の後をついて行くと話しかけられ、「めもあある美術館」に招待されます。その美術館とは…。

誰しも自分だけの名札のかかった扉の向こうに、人生の1シーン1シーンを切り取った絵が飾られているんだと心が躍り、じゃあ自分の扉の向こうには、どんな絵が飾られているんだろうと小学生は想像をたくましくしたものでした。それらが「若葉」に載っていた感想文たちだったのです。

この「めもあある美術館」の不思議な読後感とぴったり合った幻想的な挿し絵が大好きで、ずっと心の奥に残り続けていました。最後の、地平線に伸びた真っ直ぐな道が、忘れられません。

先日、ふと「めもあある美術館」のことを思い出し、現代ならではのパソコン検索にかけてみたのです。

すると、色々なことがわかりました。東京書籍の「新しい国語 6上」(小学六年生用)に、昭和43年~54年まで10年ほど掲載されていたこと。

作者は大井三重子さん。驚いたのは、かつて大好きだったミステリー作家の仁木悦子さんの本名だったということ!童話作家からスタートなさっていたんですね。江戸川乱歩賞を受賞した「猫は知っていた」を初めとする明るい推理小説の作風が好きで、今でも当時の仁木悦子さんの本が20数冊残っています。

661-2

書庫でそれらを探していると、なんと「若葉」も1冊だけ残っているのを見つけました。残念ながら「めもあある美術館」の感想文は載っていませんでしたが、1971年(昭和46年)のものですから、これも貴重な記録です。

「めもあある美術館」は復刻版の童話集「水曜日のクルト」に収められ販売されていることがわかりました。きっと多くの方々からの復刊の要望が寄せられたのでしょう。感謝しつつ、早速購入して読みました。

661-3

 

さいごの絵といいましたが、額ぶちは、このさきにも無数にかかっていました。が、それらのなかは、まだなにもかかれてなくて、まっ白なのでした。

この文章から、「あなたたちの未来はまだまっ白で、これからその額縁に絵を入れていくのよ」という優しい作者のメッセージが見えるようでした。わずか16ページでしたが、40年ぶりにその世界観にどっぷりと浸り、「ぼく」になりきって 特別な追体験をしました。子どもの頃の気持ちに戻れて、とても懐かしかったです。

「めもあある」って英語でもないし、何なんだろう?とずっと不思議だったのですが、フランス語の「メモワール」(思い出)だったのですね。

新版 水曜日のクルト」(偕成社文庫、700円+税)はアマゾンで、こちらのページから入手できます。

実は、さらに驚いたことに「めもあある美術館」のサイトもあったのです。

「もう一度このお話を読んでみたいというかたはご連絡下さい。 昭和50年代後半のものですが、教科書のコピーなら差し上げられます。」

現代において、もうこれこそが童話の世界みたいで心が躍りました。
メールを出してみましたが、はたして、どうなるでしょうか?
小学生に戻ったような気持ちで、ウキウキして待ってみます。(笑)

第660回「土佐の日2015ご案内」

8月29日

突然ですが、10月3日は何の日かご存じですか?

正解は10(と)3(さ)ということで、土佐の日なんです。今年はこの土佐の日に、土佐の日実行委員会とGKH(高知県の幸福度を考える県民会議)がコラボすることになりました。「土佐の日2015 高知家のし・あ・わ・せ」というイベントをするのです。私もGKHの委員の末席におりますので、参加させて頂きます。
(上記をクリックすると、チラシが出て来ます)

IMG_7164

そう言えば、高知県が進めるプロモーションもいいですよね。高知に縁のある方すべてが、高知家の家族。プロモーションビデオでの広末涼子さんのセリフ、「高知家は一つの大家族やき。」このコンセプト、本当にいいなあと感心します。地縁が薄れてきている今、こういうつながりこそが大事になってきていますよね。

今行われているのが「高知家ALL STARS」。「高知家の家族はみんなぁがスターやき。」これもいいですよね!一人一人がスターで大切な存在だよ、と尊重しているような(しかも楽しい)言葉です。愛がありますよね。なんでも、スター眼鏡をかけてスター登録なるものをすると、誰でもスターになれるらしいです。

「土佐の日2015 高知家のし・あ・わ・せ」第1部では、「高知のスターが高知家のしあわせを徹底討論!」ということで、GKHのメンバー11人が「◯◯スター」の名前を冠して、参加します。

「マンガ家スター」は、くさか里樹さん。実は追手前高校の1年先輩で、当時の漫画同好会でご一緒させて頂いていたんです。当時から漫画の実力は抜きん出ていて、卒業後はプロとして高知にいながら全国区のご活躍をなさっています。数十年ぶりに同じ会合に出てやりとりをして、「優しくて楽しくて謙虚で、素敵なお人柄だなあ」と改めて感じました。

あと、学生さんもたくさん参加なさっています。「高知商業スター」や「高知工科大学スター」「高知大学スター」もいらっしゃるんですよ。この学生さん達が、すごく真剣で熱心に活動に取り組まれていて、主体的な発言もでき、すごいなあ~といつも感心しています。私が学生の時には自分のことばかりで、こんなに地域活性のための活動なんてしなかったなあ、と反省。

「釣りバカ移住スター」や「農家民宿スター」、「龍馬が好きすぎて移住しちゃったスター」(笑)なんて方もいらっしゃいます。私は「ひとづくりスター」のネーミングをつけて頂きました。とっても気に入っています♪

実は「高知家の皆さんは、何を幸せと感じているのか?」ということで、個人的にもアンケートなどを少し行ってきました。年代を問わず圧倒的に多いのは「自然」と「食べ物の美味しさ」です。高知の良さを全国にもっとアピールするにはどうしたらいいのかを、ぜひ会場のみなさんもご一緒に考えてみませんか。

そして土佐の日第2部は三翠園に場所を移して、大懇親会です。こちらは有料ですが、旬の食材を囲み、土佐のお酒を酌み交わしながら高知の海山里を丸ごと味わう「ふるさと高知の市町村味自慢コーナー」もあるそうです。何より、高知家の新たな家族との出会いが楽しみです。

お申込みはこちらをクリックして、用紙を印刷してFAXなさるか、人・みらい研究所までメールを下さいませ。

ぜひぜひ、ご参加をお待ちしております。

 

第659回 「明治村②」

8月23日

前回に引き続いて、明治村の近代建築のご紹介です。
(写真はクリックすると大きくなります)

博物館明治村は明治時代の文化財が取り壊されていくのを惜しんで、昭和40年に開村しました。最初は15件だったものが、現在では国の重要文化財10件を含む67件になり、敷地も当初の倍、100万平方メートルに広がっているそうです。私が前回行ったのが昭和51年でしたから、そりゃあ変わってるはずですよね。(笑)

659-0

建造物はただ単に移築するだけでなく、文化財としての価値が最もよく発揮されるように配置され、周囲の庭園や植樹なども配慮して村の環境を創作しています。歴史資料の展示はもちろん、実際に当時の電車やバスを走らせているのは、その頃の生活をできるだけ体感できるようにとの配慮でしょう。

1

こちらの建物は、内閣文庫。明治44年、皇居大手門内に明治政府が、中央図書館として建てた内閣文庫庁舎の本館です。石とレンガ造りのルネッサンス様式で、手前の豪華な電灯は、明治26年頃に皇居正門前の石橋に設置されたものです。

659-5

正面には高さ7mの4本の円柱と2本の角柱があり、古代ギリシャの神殿を思わせるデザインです。

659-2

玄関部分も優美な線で構成されています。

659-3

この建物の隣には、ちょっと変わった形の建造物が遠くからも見えました。なんだかミステリアスな雰囲気。

659-8

こちらは、川崎銀行本店です。時代は少し新しく、昭和2年に建てられました。銀行は当時は日本銀行を始めあちこちに素晴らしい近代建築を造りましたが、ここもその内の一つです。

東京の中心地、日本橋のシンボルだったこの建物は、昭和61年、ビル立て替えのため惜しくも取り壊され、正面左側角の外壁部分が明治村へ移築されました。後ろ側から3階の展望部分に上がることができます。

659-6

ところで明治村の中には、現役の郵便局もあります。

659-11

明治42年に現伊勢市に建てられた、宇治山田郵便局です。玄関脇には明治20年代の黒い郵便ポストが復元され、現在も利用されています。

659-12

天井はドーム型です。

659-13

窓口で明治村の記念切手を購入しました。

最後はこちら。聖ザビエル天主堂です。
明治23年の建築で、昭和48年に移築されました。

659-9

高校生の頃見た時は白亜の教会で、それはきれいでした。
年月の流れを感じますが、中に入ると…

659-10

たまたま西日が差してステンドグラスの色が床に映り、 時の流れが一瞬に思えて、クリスチャンではない私もなんだか荘厳な気分になりました。

659-14

短時間でしたが本物の近代建築を満喫でき、幸せな時間でした。
次の機会があれば、もうすこしゆっくり見て回りたいものです。