第849回「交流分析はいかが?」

4月30日

実は令和初日から1週間 東京でセミナーに出るため、今週のコラムはかなり先走って書いています。(笑)

さて、今回は交流分析のお話。名前は固いですが、心と行動によく効く楽しい心理学です。そう、交流分析を知ると、コミュニケーションが楽になるんです。

私が交流分析と出会ったのは、15年ほど前。初めて学んだ時には、「私も親に、こんな風に肯定して育てて欲しかった」と思うと同時に、当時高1だった次女の子育てにも「もっと早く知りたかった!」と、反省することばかりでした。
そしてその後は、日常生活で人間関係が存在する所すべてで応用でき、「こんなにも使える学びってあるだろうか。心理学ってすごい!」と思うベースになりました。

交流分析には7つのジャンルがあり、すべて自己成長や自己変革に役立つため、より良い生き方につながります。同時に「なるほど、あの人がああいう行動をするのは、こういう心理が働いているんだな」と他者理解にも使えるため、人財育成(子育てからビジネスまで)にも役に立ちます。(私もこれを学んでから、母との関係性がずいぶん楽になりました。)

では、7つのジャンルを少しご紹介しましょう。

1 自我状態(心のなり立ち)
人には三つの心(自我)があります。社会のルールを守ろうとしたり、相手をほめたりする親の心(P)、状況判断をする成人の心(A)、天真爛漫にふるまったり、頼ったりする子どもの心(C)です。これをさらに5つに分け、グラフ化したものがエゴグラムです。自分の特性と改善の方法を知ることができます。

2 やりとり分析(コミュニケーション)
私たちは、この三つの心を使って情報を伝えたり、相手を理解したりします。自分と相手の三つの心が、どう反応すると どういう対話になるのかを学びます。

3 ストローク(ふれ合い)
相手の存在を認める働きかけをストロークと言い、良いふれあいとは何かを学びます。人が幸せを感じるのも、不幸せになるのも原点はストロークの出し方、受け取り方によります。

4 人生の立場(人生の基本的立場)
日常生活で自分または他人に対し、また何かを決定するときに、どんな態度をとっているかを人生の立場と言います。自己肯定/自己否定と他者肯定/他者否定を自己分析し、できるだけ自己肯定/他者肯定(OK-OK)のタイプに近づくためにはどうしたらいいのかを学びます。

5 心理ゲーム(いつものトラブルパターン)
くり返される日常の人間関係での様々なトラブル。交流分析のゲームとは、必ず不快な結末になることが分かっているのに、くり返しやってしまう人間関係のトラブル行動です。なぜ人はこのような心理になりトラブルを起こし、また巻き込まれるのか、そして、そうならないためにはどうしたらいいかを学びます。

6 時間の構造化(時間の過ごし方)
時間の使い方の上手・下手が、豊かな一日か嫌な一日かの決定要因ともなります。そして人生はその一日の集約です。生きがいのある豊かな人生のために、時間の使い方について学びます。

7 人生脚本(自分で描いた人生のシナリオ)
あなたは、本当に自分が望む人生を生きているでしょうか。
私たちは、育てられた環境によって作られた行動パターンを持っています。知らず知らずのうちに縛られた行動パターンがありますが、なかなかやめられません。このような現象が起きることを交流分析では、「人生脚本」と言います。自分の人生の主役は自分であり、人生のシナリオは自分で作っています。これからの人生を悔いがないように生きるためには、どうしたら良いかを学びます。

いかがでしょうか?「これ、もっと知りたい!」と思うことがあれば、あなたは今、それを学ぶ時期に来ているのかもしれませんね。

講座は7月21日から月に1回、第3日曜日の9時~17時までです。このホームページのトップからも、講座案内をリンクしています。様々な方々が集まり、少人数制で和やかに行います。

日本交流分析協会認定の交流分析士2級の資格を取りたい方は、この講座を修了すると、2級認定試験を受けて頂くことができます。講座のお申し込みは日本交流分析協会・四国支部にして頂くことになりますが、その前のご質問やご相談などは何でも人・みらい研究所にどうぞお気軽にお問い合わせ下さいね。(088-871-0818、Email: info@h-mirai.comへ)

あなたにお目にかかれることを楽しみにしています♪

第827回 「LABプロファイル®リポート」

11月23日

前回、LABプロファイル®マスタープラクティショナー認定講座のことを書きましたが、今回はそのリポートです。

マスタープラクティショナー講座では、基本の理論を学んだ後、チーム分析も学びました。メンバーのパターンを付き合わせると、面白いことに顔合わせの前でも、チームがどうなるのかがわかるのです。講座最終日には、新規事業をプレゼンするという課題をやってもらったのですが…

今回のチームは全員が、仕事の時にはオプション型でした。オプション型とは、様々なやり方や多様な選択肢に惹かれるパターンです。だからAさんが言っている意見にBさんが被せて言い、違うことをCさんが提案し、Dさんは話が戻る…という混沌としたカオス状態。でも、どんどん新しい話が出て、全員が「楽しい!」と笑顔。

一般的に仕事を進めるなら、ここにプロセス型の人が入ればいいのです。プロセス型は手順や順番を重んじますので、「じゃあちょっと流れを書いてみましょう」と全体の話をまとめたり整理したりしやすいのです。
後でふり返りの時にそれを聞き、全員納得していました。

そして最後に「LABプロファイルを学んで」の個人プレゼンをして頂きました。

中谷優子さん

「職場のリーダークラス以上の方には、ぜひLABプロファイルをやってもらいたいですね。今、どこの職場でもモチベーションアップが課題ですが、給与など物質的なことで満たそうと思っても、そう簡単ではありません。
でも人間重視で影響言語(相手に影響を与える言葉)を使うことによって、モチベーションアップしていけば経費もかからないし、メンタルヘルス不調の予防もできる。今の日本社会に、LABプロファイルはとても実践的で使えるツールです。」

後藤 誠治さん

「接客や部下指導に役立てるために、どういう言葉を使ったら伝わりやすいかを知りたいと思ってLABプロファイルを受講しました。相手の言葉や行動で相手のパターンがわかり、コミュニケーションの取り方が変わりました。お客さまや部下に、自分の言葉が届きやすくなったと実感もしています。マスターを受講してチーム分析を学び、職場メンバーがどういうパターンか考え、発する言葉も変えていけるようになりました。」

森 久晃さん

「仕事の交渉の場で意識してみると、LABプロファイルのセオリー通りだとわかりました。例えば人員計画の時に『こういう問題が起きたときに対応ができないが、構いませんか?』と問題回避型の人にそのパターンで提案すると『それはいけない』と提案が通ったり、『人数を二人増やすとこうできるからスムーズで、工期も短縮できますよ』と目的志向型の人に合わせて話したらそうなったり。
LABプロファイルは交渉の場面で特に、使えるメリットが大きいですね。」

こうして皆さん、本当に優秀なLABプロファイル®マスタープラクティショナーとなられました。きっと日常の様々な場面でどんどん役立てて行かれることでしょう。

来年度はまた5月以降に、基礎編のLABプロファイル®プラクティショナー講座を計画しています。皆さんも、この「使える」LABプロファイルを一緒に学んでみませんか?

第826回 「LABプロファイル®・マスターコース第1期終了!」

11月16日

お釈迦様は相手によって説法を変えたそうです。これは、相手によって響く言葉を変えるLABプロファイルに通じることではないかと思います。

お陰さまで、9月から始まった【影響言語で人を動かす】LABプロファイル®マスタープラクティショナー認定講座第1期を、無事終えることができました。共同開催した神奈川の八重田(やえだ)洋 講師とみんなでLABプロファイルの「L」でニッコリ(笑)。

LABプロファイルを使うとパターンを聞き取り、相手に響く言葉を選んでコミュニケーションをとることで、信頼関係を構築できる/お客さまを惹きつける/チーム分析ができるなど、戦略的にビジネス展開をすることができます。

思えば昨年、基礎コースのLABプロファイル®プラクティショナー認定講座を高知で初開催した時、言葉と行動の分析がいかに役立つものか自信はあっても、半日×6回で10万円を超す講座が はたして高知で開催可能なのか?半信半疑でした。

それが無事に終了でき、思ってもいなかった「上級コースも開催を!」というご要望に力を頂き、今年のマスターコース開催につながったのです。初めはあまりに急展開で少し不安だった私を、昨年手弁当でアシスタントに来て下さった八重田さんが「じゃあ、僕も一緒にやるよ。共同開催しよう!」と力強いお言葉。どれだけ嬉しかったことでしょう!八重田さん、ありがとうございます。

こうして、今年は1日コースを3ヶ月、月1開催となりました。
受講なさった皆さんは本当に素晴らしい方々で、もう受講生と言うよりも仲間です!和気あいあい、しかししっかりと試験勉強もしてマスターの資格を取られ、「LABプロファイルは仕事のこういう場面で、このように役立っています」という実践についてのプレゼンもして頂きました。次回、ご紹介させて頂きますね。

来年は6月以降にLABプロファイル®プラクティショナー認定講座を開催予定です。また2019年1月22日(火)に産業訓練協会主催で「ビジネス心理学入門セミナー」を半日行うのですが、そこでもLABプロファイルを少しご紹介いたします。
ご興味のある方は、ぜひおいでくださいませ。お待ちしております。