第919回 「暑さのせい。」

9月5日              中村 覚

ムワァ~っと熱波が体中にまといつくような暑さ。日中 家の中の温度計が35℃前後をさしても もう驚きません。慣れちゃった。いつものように冷房をかけて適度に涼しくなった頃合いをみて再び温度計に目をやると30℃。暑さの基準が昔と違います。異様な暑さを感じ始めたのは4~5年前ぐらいでしょうか。いや、もうちょっと前のような気もしますが、とにかく地球がおかしい。

昼間、車で移動する際も冷房の強さを「2」か「3」にしなければ効きません。「1」だと音もうるさくなくて良いのですが、暑さに負けてしまい何の効果もありません。すっかり冷房に慣れてしまい体が贅沢になったのか? いいえ、暑すぎるのです。

先日のこと。店に立ち寄り、数十分後 車に戻ってきて、エンジンをかけると外気温40℃と表示されました。こんな数値は初めて。駐車中に太陽の熱で焼かれたボンネット辺りで(?)測定している数値だとは思います。走行し始めて数分も経てば35℃前後に戻ります。~にしても、やっぱり暑いです。

とっぷり日が暮れた後も 部屋の温度は昼の続きですから、扇風機では ただ熱風をまき散らすだけ、何の役にも立ちません。テレビではアナウンサーが熱中症予防のため夜間も冷房をつけたままでの就寝を促します。

そんな暑さの続くある日の午後。家に届く郵便物を楽しみにしていました。追跡番号をネットで検索すると郵便局を通過して「持ち出し中」とあり、もうそろそろ届くころだと若干気持ちも弾みます。何気なく庭を見ると、熱気で空気がゆがんでいるかのよう。

暑すぎるせいでしょうか、今まで考えもしなかったことが頭に浮かびます。
「荷物を持ってきてくれる人に 飲み物を渡そう。」
ちょうど 知り合いから箱でもらった缶ジュースがまだ数本残っていました。しかし常温で保存してあったので、あわてて冷凍庫に入れて急ピッチで冷やします。配達の人はもうすぐ来るはず。

ピンポーン、ほどなくインターフォンが鳴ります。「えっ?」思っていた以上に早い到着に あたふた。まだジュースは冷えていません。 仕方ない。 気は心? 荷物を受け取る際に「暑いですね、よかったら これ どうぞ。ちょっと(いや かなり)冷えてないですけど・・・。」

と出したものの 小さめの缶とはいえ、ゴミになってもいけないと思い「ここで飲んで行きませんか?」と聞くと「(車内に)急冷ボックスがあるので。」と言い そのまま持って帰ってくれました。

こんなことをしたのは人生で初めて。突発的なことでした。暑さのせいです。これほどの暑さでなければこんなこと・・・。(笑)

ところが、ジュースを渡した後、どうもしっくりこない このわだかまり。20分ぐらい経って、はたと気付きます。そう言えばあの配達の人「ありがとう」はなかったなと。

別に「ありがとう」と言われたくて出したわけではないのですが・・・。あぁ、そうか。 好きなジュースじゃなかったのかな? じゃぁ 断ってくれればいいのにぃ。(笑)

暑さのせい。こんなことを言うなんて。(笑)

第918回 「前に進む小さな勇気」

8月30日

本当なら東京オリンピックで賑わっていたはずの年。コロナ禍で生活、経済を始め社会は大きく変化しました。そして、安倍首相の突然の辞意。まさに、大変革の年になっていると感じます。

翻って、日々の暮らしの中で毎日行くスーパーマーケット。変化の規模は小さいですが、ここ数ヶ月でセルフレジが台頭してきたり、レジ袋が有料になったりと変わって来ていますね。スーパーのカードも支払い機能のあるプリペイド式になるなど、キャッシュレス化が進んでいます。急な変化について行きにくい高齢者ですが、実は高齢者こそ、こうしたカード払いを使うと小銭の出し入れがなくなるのでとても便利なのにと思います。

でも多分「私には無理!」という思いこみがあり、現金払い以外には二の足を踏んでいる方も少なくないのでしょう。レジで支払いに時間がかかっている高齢者の方を見ると、「少しだけ勇気を持って前に進めば、世界が変わって楽になるのにな」と思うことがあります。私の85歳の母も3つのスーパーでプリペイドカードを使い分けていますが、高齢でもセルフレジやカード類をささっと使いこなす方を見かけると、「カッコイイ!私も変わって行く勇気を持たなければ」と触発されます。

実は私も、人のことは言えないんです。政府が新型コロナ対策として打ち出した事業者への「持続化給付金」は申請が難しそうと、最初からあきらめていました。

しかし昨夜、高知工科大学大学院の同窓の友人から「やってみて!そんなに難しくないし、期限は9月末までだよ」と勧められたのを期に、重い腰を上げることにしました。(笑)

「持続化給付金」で検索し、中小企業庁のホームページを見つけ、個人事業者用の申請方法を読み、必要書類について学びます。2019年の確定申告書類、対象月の売り上げ台帳、通帳のコピー、本人確認書類…。まずは登録し、マイページを作成し、申請情報を入力。とは言っても数字に弱い体質なので(笑)、必要書類を1つ1つ確認し写真を撮り、事業の業種分類に頭を悩ませ…とやっていると、次女から連絡が。

乳腺炎になってしまい、熱が出て病院で診てもらうとかで、手続きは急遽中止に。まあ、そんなもんです。途中まででも画面を保存できることを確かめて、パソコンを切りました。まぁ要領も悪いので、時間をかけて少しずつ進めていくようにしようっと。

今日はとりあえず、前に進む小さな勇気を出せて半歩進めたことに満足です。(笑)

第916回 「ようこそ、赤ちゃん」

8月16日

今週 我が家に、初孫となる次女の赤ちゃんがやって来ました。

初め 里帰りの予定はなかったのですが、急遽帰ることになりました。私は長女が出産時のトラブルで障害児になってしまったため、「とにかく母子ともに元気で生まれて欲しい!」というのが一番の願いでした。ありがたいことに、二人とも元気に退院してくれて安堵しました。

コロナ禍での出産で、病院もお見舞い禁止になっていました。次女に付き添った婿も、出産後2時間しかいられなかったそうです。もちろん私たち親族も退院するまで会えませんでしたが、「忙しい入院スケジュールを自分のペースで過ごせたことは返って良かったね」と言うと、次女も「そうやね」と同意していました。

およそ30年ぶりの赤ちゃんのお世話です。わが家ではご存じの通り、「老障介護」(高齢の親が障がいのある子どもの介護をし続けること)の状況です。育児と介護を続けて34年、仕事が加わって23年なので、言わばベテラン(のはず・笑)。お世話の要領は基本同じなので、わりとすんなり育児サポートができました。

それにしても昔ながらの里帰りというシステムは、つくづくよくできているなと思います。授乳、おむつ替え、お風呂、赤ちゃんのタオルなど3~4倍になる洗濯物、食事や洗い物、掃除、環境を整えるなど、やることは山のようにあるわけです。育児に言わばチームであたれば、お母さんは授乳などにより集中できるわけですもんね。

これを経験すると、現在よく言われている「ワンオペ育児」=子育てと家事(+仕事も)のすべてを1人でこなさなければならない状況が、いかに大変なことかわかります。まして上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合には…。

私も朝 寝不足の次女を少しだけベッドに行かせ、長女のデイサービスの連絡帳を横目で見ながら赤ちゃんをあやし、その日の仕事の優先順位をつけた時、ほんの少しわかった気がしました。すべてのワンオペ育児をなさるママ(パパ)に、敬意を表します。

子育てツールの変化も驚きです。上のラッコのエアーバスタブもびっくりでしたが、授乳の時に次女が携帯を手にしているので注意しようとしたら、授乳タイマーでした。なんでも「ぴよログ」という育児記録アプリだそうで、おしっこや授乳、寝た時間など両親でデータ共有ができるそうです。協力して子育てをする時代の象徴ですね。特に授乳は左右それぞれ何分飲ませたとか、授乳を始めて5分過ぎると音でお知らせするなど、なかなか便利で感心しました。

新米ママは大変ですが、赤ちゃんからのプレゼントもあります。生まれたての赤ちゃんが見せる、笑顔のような表情のことを「新生児微笑(しんせいじびしょう)」と言うそうです。生後1ヶ月までの新生児期に、寝入りばなや寝ている間、ほんの一瞬赤ちゃんが目を閉じたままにっこりすることです。私も見ましたが、「あっ、笑った!」と嬉しい気分になりました。反射みたいなものでしょうが、「天使の微笑」とも言われるそうです。

小さな赤ちゃんは本当に無力ですが、澄んだ瞳で見つめられ、弱々しい声で泣いていると誰かが助けてやらねば、という気持ちになります。あの大統領も気難しい学者も口うるさいおばさんも、み~んな最初は同じ小ちゃな赤ちゃんだったんだ、と思うとちょっと愉快です。そして、すべての赤ちゃんが幸せに育って欲しいと心から思います。